週末映画~卒業式編~

テーマ:
今週は卒業式をちらほらみかけます。

桜の季節ももうすぐですね。

3年生の皆さんは毎日忙しいと思いますが
本腰をいれて頑張りましょう!!

焦る必要はありませんが企業の動きも活発なので
乗り遅れることがないよう、興味がある会社の説明会には
なるべく参加してくださいね。

さて、先週末は泣くつもりで泣ける映画にいきました。
2本です。

「風に立つライオン」
風に立つライオン オリジナル・サウンドトラック/バップ
¥2,700
Amazon.co.jp

私の中では大沢たかおさん→泣くという
回路ができているのでは、という気がするのですが・・・

自分ではできないな、と思いつつ、
ではなにができるのか、ということもそれぞれの立場で
考えさせられる映画でもあります。

さだまさしさんの曲は知らなかったのですが、胸に染みます。

「博士と彼女のセオリー」
【映画パンフレット】 博士と彼女のセオリー/東宝東和
¥価格不明
Amazon.co.jp

やはりアカデミーということでおさえておくべきかな、と
見に行きましたが実話を元になのでやはり
胸にくるものがあります。

本人でなければわからないとは思いますが
研究テーマを「時」としたことも、
ホーキング博士ならではなんだと思います。


AD