アオキンZ 日本全国ラーメン三昧

2011年9月4日、念願のラーメンブログを開設。食したラーメンについて綴って参ります。
対象はラーメンとつけ麺。蕎麦、うどん、焼きそばはナシにします。
評価は個人的な感想を気まぐれで。データは来店時のもの(必ずご確認を!LO時間を記載していない場合あり)。


テーマ:

今回は静岡より。静岡駅近くの繁華街にある「伊駄天」さん。

ONLY ONE RA-MENって書いてある。なんだかその外観からも期待できそう。


伊駄天外観


外に設置されているメニューはややポップな感じ。

おっ、平日のランチタイムは大盛無料ですかい。

伊駄天看板1    伊駄天看板2


というわけでさっそく店内へ。

なんと!ご当地ラーメンでしょう、「静岡ラーメン」なんていうのがあるらしい。

麺に静岡産の抹茶を練り込む・・・ほぉ、そのパタンですか。

スープに鮪節、トッピングにはみかんと地域の素材にこだわる系。てっぺんと呼ぶようだ。

伊駄天店内掲示1    伊駄天店内掲示2


入口の券売機で食券を買う。

決して「静岡らーめん てっぺん」がイチオシというわけでもないようで。

オーソドックスの「らー麺」でもよかったんだけれど、せっかくなので店名を冠した1番人気「伊駄天らー麺」に決定。


伊駄天券売機


1人だったけれど、テーブル席に案内してくれた。

食券を出すと、醤油か塩かを尋ねられる。今回は、醤油。そしてランチサービスの大盛もオーダー。


店内は黒を基調としたおしゃれな感じ。大きなテレビでお昼のニュースが放映されている。

5月というのに、今日は各地で真夏日とのこと、暑いわけだ。


伊駄天店内


卓上のメニュー。いろいろチャレンジングな企画をしているようだ。


伊駄天店内メニュー


おおよそ待つこと7分ほどで着丼。


伊駄天ラーメン


くっきりとした醤油色。かえしがしっかりしてそうだ。早速食べてみる。


伊駄天スープ    伊駄天麺

うん、うん、見た目通りに醤油の旨みが極立つね。

奥深い甘みを感じながらじっくりと堪能したくなるスープ。

メインの丸鶏に各種素材をまぜて2日間じっくり時間をかけて作っているとのこと。


合わせるのは自家製の切れのある極細ストレート。

あくまで主役はスープ、それを引き立たせるための麺という位置づけか。

全体的に日本そばを彷彿させるタイプ。大盛サービスは嬉しいが、この麺量には器が心持ち小さい。


芳ばしいチャーシュー、味よく染みた穂先メンマ、卵もハイレベル。

うん、こりゃなかなか美味しいや。静岡でいい店、みっけた。




[オーダー]

伊駄天らー麺 醤油 780円


[勝手に評価(5点満点)]

総合 

★★★★☆


味   

★★★★☆ <醤油の甘みがしっかりと伝わる上質な一杯!>

雰囲気

★★★★☆ <黒を基調としたシックなお店>

CP

★★★★☆ <ランチタイムは大盛無料>

★★★★☆ <よく冷えていて美味しい>


[データ]

店名:伊駄天

住所:静岡県静岡市葵区御幸町7-5

最寄駅:新静岡

定休日:無休

営業時間:1100~1430、1730~2230(日・祝は1100~2100)

席数:カウンター12席、テーブル席12席

水:冷水ポット

BGM:テレビ

HP:http://www.idaten-ramen.net/


♯436




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

アオキンZ(ゼット)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。