みなさん

いつもありがとうございます。

社長のSumikaです。

 

 

先日、

23日のあおのほし日曜マーケットに出店していただく

無農薬有機野菜を栽培しておられる山根さんのお宅に

ご挨拶に行ってきました。

 

 

 

緑に囲まれた東出雲の民家。

農業をやっていた私の実家が思い出される風景が広がっていました。

 

 

 

「無農薬で栽培されるのは大変ではないですか?」

とお尋ねすると、

「そりゃ、一言で言えない苦労がありますよ」と奥様。

 

 

 

お孫さんには

畑で採れた野菜を離乳食として食べさせておられるとのこと。

 

 

 

お孫さんは、野菜の味の違いがわかるらしく、

畑のものと違うキャベツをいつものように調理して食べさせようとしたところ

口から吐き出したそうで。

 

 

 

何度も口に入れようと大人は試みるけれど

まったく拒否されたとのことで。

 

 

 

聞くと、キャベツの農薬散布は

通常20回以上。

減農薬といわれているものでも、20回弱。

 

 

 

これぐらい撒かないと

市場に出回るようなきれいな野菜は育たないということです。

 

 

 

無農薬の野菜を手に入れることが出来やすくなった時代だと

個人的には感じていますが、

農家さんにとっては

それを求めておられる人に出会う機会がないらしいとのこと。

 

 

 

お話を伺いながら、

その需要と供給の結び役をするのが

わたしたちの役割ではないかと感じました。

 

 

 

私は、山陰自然育児の会という子育てサークルに入っていたことがあり

子供の口に入るものや生活用品については

かなりこだわりを持って選んでいました。

 

 

 

子育てがひと段落した今でも

もちろんその意識はあります。

 

 

 

山根さんのような農家さんが

これからも無農薬栽培を続けていけるよう

そういう情報を発信していきたいと思いました。

 

 

 

市場に出回っているものがどうだとかいうつもりはありません。

ただ、子育て中の保護者のみなさんんには、

本当にいいものを選ぶ目を持っていてほしいという願いはあります。

 

 

 

株式会社蒼の地球としてオススメしたいものは

安心安全なものを。

 

 

 

次回の日曜マーケットは23日。

10時~17時(商品なくなり次第終了)

今回は大正屋醤油さんの商品と山根さんの無農薬野菜の販売のみとなっています。

 

 

 

大正屋醤油さんの商品は、前回とは違うものもご用意いたします。

お野菜は、さつまいも、さといも、ピーマンなどの予定です。

 

 

 

当日は、トムさんの撮影会もあります。

http://ameblo.jp/aonohoshi08/entry-12195143258.html

ご希望の方はあおのほしまでご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

AD