2007-12-25 13:25:04

Likelihood X Consequence

テーマ:NOLS ALASKA

Likelihood

NOLSでは、見渡す限りの青空の下で、リスクマネージメントの授業も行われる。そう、ここは、アウトドア学校であると同時に、リーダー養成学校でもあるのだ。山を登る、とか、嵐に遭う、とか、原野で生きるとか、机上でなく、生の体験からこそ、身につくことはある、という。


判断を間違えれば、それは同時に、「崖から落ちてビバークする」「びしょ濡れになる」「眠れない」「体調不良になる」「怪我をする」と、自分が不快・危険な目にあうことを意味するから、イヤでも真剣にならざるを得ないのだ。


***

物事へのリスクは、上の4つの枠で捉える。

likelihood = 可能性

consequence = 困る結果 


たとえば、

HIGH L X LOW C ... 天気の悪化

LOW L X LOW C .... 足首の高さまでしかない川で溺れる

HIGH L X HIGH C ...夏の山の中で低体温症になる

LOW L X HIGH C ... 熊に襲われる



もう少し詳しい例を挙げると


「あんまり起こらないとは思うけど(LOW L)、もしそれが起こったら、超やばい事態だ(HIGH C)」というのに、


「添乗で海外にいくときに、パスポートを忘れて成田に向かう」というのがある。うぅぅ。考えただるだけでも肝が冷える。


以前いた旅行会社では、でも、それは可能性ゼロではないから、と、対策を取っていた。見送りヘルプ社員は、必ずパスポート持参で、空港に行くのだ。そして実際、同僚は、先輩添乗員の代わりに、1泊3日で、カナダに向かったことがある。着の身着のまま。



そう、肝が冷えるリスクは、減らしていかないといけなくて、減らすには、以下の4つの方法がある。


a) avoid... 回避する(常に4人行動で声を出し、熊を近づけない)

b) mitigate... 緩和する (岩場は、落石を避けるためにヘルメットを被る)

c) retain.... そのままやりつづける 

d) transfer... 委譲する (難しいデナリに登るので技術あるガイドを雇う)




昼間のハイキングだけど、日が暮れても困らないよう、一応ヘッドランプ(と、正しいサイズの換えの電池)を持って行く、とか、


毎日続く忘年会、二日酔いを緩和するために、予め牛乳飲んでから参加する、とか、


朝5時起きしてでかける仕事は、「寝坊」を a) avoid するために、目覚まし5個かける、とか、いや、いっそ寝ずにいる、とか。 いや、b)mitigate で、4時半に起きて、1本早い電車に乗る、電車が少しくらい遅れても、集合時間に間に合うように、とか。


まあ普段から、意識せずとも、皆やっていることなのだけれど。



***


なんで、こんな話が出てくるか、というと、自分の失敗談を書きとめておきたいからだ。

戒め戒め。


先週、スライドショーのために、googleのプレゼンテーション・ツールを使って、プレゼン資料(写真100枚なので重たい。googleのサーバに保存されている)を用意した。家の最新パソコンと高速ネット環境では、何の問題もなく、作れた資料だ。


まさか、そのファイルが、当日、開いてくれないリスクがあろうとは・・・、作っているときに、一瞬だけ考えたけど、コンピュータの苦手意識と、LOW-L (きっとおこらないだろう)を信じて・・・、面倒くさがっただけ、なのだけれど・・・、そのまま、何の対策も取らずに当日を迎えてしまった。


で、案の定、会場で開けないその資料。サイズが重すぎて、すぐにパソコンが固まってしまう。書面に原稿を落としておく、とか、他のメディアにコピーを落としてもってくる、というリスクマネージメントをしなかった私は、目の前で固まりつづけるパソコンに、自分の頭も、フリーズだ。



ふーむ、写真なしで、話だけで2時間語るのか・・・と、覚悟を決めた瞬間に、まさかの天使が現れ、その状況を救ってくれた。無事復活した資料で、Leave No Traceの話を、来てくださった19名の方々にすることができたのだけれど、


正直、3日くらい、寿命が縮まった。


***


来年の課題: 好ましくない事態の発生に慌てない。理想の「オプションA」がうまくいかないこともある。「オプションB」「オプションC」を考えておくこと!





AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

aonodokutsuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

自分だけのことで済まないことには、2重3重のオプションが必要ですね。特にPC関係はどうにもならなくなるので、外付けHDDと、CDかDVDに焼いておいて最悪他のPCで出来るようにあらかじめの用意が必要ですね。

単独で極地に行く際にはまず何があってもとりあえず帰還できる用意が一番でしょうか。

でも日本でプレゼンしている途中にPCが固まったら、極地で困難があるよりあせりますね~。(笑)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。