2007-11-30 19:22:34

ノースウッズがどこだか知らないけれど

テーマ:本・映画・音楽

「ノースウッズはあまりに広く、ひとつしかない肉体と、人生という限られた時間について考えると、しばらく途方にくれてしまいます。」


***


9月、ユーコンの川下りに行ったとき、お客さんのよっちゃんが、一冊の本を鞄に忍ばせてきてくれた。「bettyはこの本好きだと思って」と、渡されたその本。まあ、よく日本からこんな場所までやってきてくれたねぇ、と、何だか嬉しく、早速ユーコンの川の音を聞きながら、アスペンの木漏れ日を暖かく背中に受けながら、ゆっくりと、ページをめくった。


小学生向けに平易に書かれたその写真絵本は、

キースにどこか面影が似た白髭の男性が、春、湖を、カヌーで旅する物語、で。


手作りの使い込まれたパドルや、古い形のテントやバックパック、ちょっと頑固そうな男性の横顔、苔むした森にひっそり落ちているカリブの角・・・、


どのページをめくってもめくっても、はぁ、とため息ついてしまうような広がりのある写真ばかりで、まあ、それを読んでいた、ユーコン川ほとり、という、絶好の環境も手伝って、私はどっぷりと、その世界に入り込んでしまったのだ。瞬間、仕事も忘れて、時間も忘れるくらいに。


北の大地を書いた本、北の大地を写した写真集は、星野道夫はじめ、数多く見てきたけれど、今までのどれよりも、惹かれる視点で見ていて、そして編み上げた作品だった。


作者の、大竹英洋 、という名前は初耳だったが、プロフィールを見ていたら、3つ違いの大学の後輩だ、ってことも手伝ってより親しみを覚え、その名前を、手帳に書き留めておき、日本に戻ってから、感想を送った。




そうしたら、この秋、久々に日本に戻ってき写真展を開くのだ、と、BCCで受け取ったメールに書いてあった。どんな方かもしらないし、会ったこともないのだけれど、なんだか、そのメールにあった、「限られた時間に途方にくれる」というその一文にカッツーンとやられてしまったので、直感を信じて、さっそく見に行こうと思う、明日からの写真展。



よっちゃんが見せてくれた写真絵本は、

たくさんのふしぎ ・・・「春をさがして 」っていう本で、


最近、大竹さんからきたメールに書いてあった写真展は、

明日から、学芸大学の喫茶店で、開催。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

aonodokutsuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■手作りコート

「素朴で真摯」、大竹さんにぴったりの形容詞ですね。
彼の周り半径1mは、東京じゃない、もっとゆったりした大きな時間が流れていました。

「このコート(アノラック)、自分でつくってみたんですよ」と、何気なくおっしゃってましたが、

コートを手作りするあたりで、もう、その目線というか基準値というか、価値観に、釘付けです。

ああ、たくさんの方にあの写真と世界観を見て欲しい!

1 ■うれしいぃ!

いつも、このブログで北米の自然の息吹と人とを繋ぐ旅の魅力に引き込まれています。

大竹さんは、私にとって、心を触れ合わせることができる大切な友達。

こうやって「青の洞窟」ブログで紹介していただけるのがすごく嬉しいです。

あおさきさんは、プロフィールでもとても優秀で健やかに自分を伸ばしていかれる方だなぁと思っていましたが、大竹さんと大学が一緒って・・・。才色兼備で文武両道な人っていらっしゃるんですね。

アメリカとカナダではスライド&トークショーをいくつかやったそうなのですが、1年半ぶりに戻ってきた日本で、初のスライドトークショーも12月14日に立教大学でやるとのこと。

素朴で真摯に自然や人に向き合って紡ぎ出す言葉の選び方や物腰に一度会うと、応援したくなるナイスガイです。
よろしくお願いします。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。