2007-11-29 14:56:49

山坊主、東京へ。

テーマ:日々色々

「わかりました。「中野」ってところへ行けばいいんですね」

「東京は、人がいっぱいですねぇ。すごいなあ」


と、電話の先で外国人みたな発言をし私を不安にさせつつも、新宿の難関乗り継ぎに成功し、無事、待ち合わせ場所までやってきてくれた山坊主ことJUN


初めて会うのに、すぐに分かったのは、人通り多い待ち合わせの雑多な駅前の景色で、彼だけ浮き上がって・・・馴染んでいない様子で、所在なげに立っていたから。


JUNは、フランス山岳ガイド目指してシャモニーで勉強中の若者だ。(冬の間日本に一時帰国中。)植村直己に憧れ、山の世界へと入った、魂アツイ、28歳。(省略しすぎ。長い紹介は このページ


何かを成し遂げてすでに有名な人はもちろんすごいけれど、今は何者でもないけれど、自分を信じてその道に向かって、すべての楽な道を切り捨て、ストイックに邁進しつづけている人に出会うほうが、ドキドキする。まだ掴み切れていないその夢は、でも、迷いのない目を見ていると、きっと、手中にする日がくるんだろうなと思わせてくれる。


その直球の熱は、戸惑うほどに熱くて、魅惑的で、そして、自分の弱い心を静かに叱咤激励してくれる。久々に、この熱に触った夜だった。




街中より、きっと、山で会った方がかっこいいであろう、彼のフランスの写真を借りて載せておきます。今後、彼とどう関わっていけるか、楽しみ。楽しみ。



1125

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

aonodokutsuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

3 ■無題

仙石さんが山岳ガイドの道を選ばざるを得なかった境遇を思うと、かっこいいという言葉は不謹慎に聞こえるかも知れない。けれど、成功するかしないか分からない、前途も開けていない道を、「この道しか俺にはないんだ」と思いつめて一途に追求して行く姿っていうのは、青春の一時期にだけきらめく特有の美しさだと思う。この切実さ、熱さに戸惑う自分は、汚くなったなぁと悲しくなる。

2 ■かっこいい理由は

甘えるものがないバックグラウンド、だからかな。
http://www.euro.co.jp/trek/advisarystaff/senngoku_msg.html

1 ■無題

かなりかっこいいっす。
嫉妬するっす。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。