記録と観察

音楽・映画・アニメ・本など、ロジ子が観た・聴いた・読んだ・感じたモノの記録。

職業柄、忘れないようにするためです。

 

テーマ:
兄貴、渋谷に現るっ!!
いや~、熱いです。熱かったです、アンドリュー。 なんて凄い奴なんだ彼はっっ!!!(笑)


てなわけで、11月7日渋谷O-EASTにて行われた「兄貴」ことAndrew W.K.のライブに行ってきました。
といっても今回は、お客としてではなくボランティアスタッフとして。
丸々鑑賞とまではいかないですが、タダで8割はライブが観れるのでお金のない私には助かっています(笑)

実は今の今まで兄貴のCDは聞いたことがございませんでした。サマソニも観ていないし、まったくの情報不足・・・
すみません(*_ _)人 私あまり洋楽詳しくないんです;;

とうことで一緒に勉強しましょうね!


Andrew W.K.


・・・
アンドリュー(vo)率いる米カリフォルニア出身の6人組。
2001年1stアルバム『アイ・ゲット・ウェット~パーティー一直線!』にリリース。“オールドスクール・パーティ・ロック”を展開し日本でも人気を集めている。楽曲にはバカっぽい邦題が付けられている。(はてな抜粋)
(Official Site)

みなさん、どうやらアンドリューWKはバンドのようです! 一人ではないのですね!
そして日本では「兄貴」という愛称で親しまれています。由来はあるのかな? それとも彼の人柄? 生き様がそう呼ばせているのかもしれません。
ちなみに、このアルバムジャケットの血は本物らしいです。足りない分は豚の血(?)で補ったとか・・・さすがだぜ!


“オールドスクール・パーティ・ロック”って?
オールドスクールとは、主に70年~85年前後のヒップホップを指すそうですが、ロック・パンクなどにも当てはまります。
自分的解釈ですが、ストレートなサウンドで荒削りさのあるサウンド・・・みたいな^^; テクニックどうこうというよりも心に響け! 熱き魂! みたいなものですかね・・・
パーティ・ロックっていうのは、心のそこから楽しむサウンドだと思います。とにかく、ノレ!みたいな(笑)気がついたら体が動いて、いたるところでヘッドバッキング! バカのバカ騒ぎのといったところでしょうか。
(※私個人の解釈ですんで、詳しい方教えてください^^;)


さてさて、一度も聞いたことがなかった私ですが、ライブの一週間前にあわてて聞きましたよ。
「あ~、こりゃライブは相当踊り狂うな」。それが一番に感じた印象です。正にこれがパーティーロックなのでしょう。曲自体のメロディもそうなんだけど、楽器のメロディや前奏なんかでもズチャズチャとノリノリにさせられます。
「Ready To Die」っていう曲(邦題は「爆死上等!」です笑)なんか、キーボードの音一つ一つで、頭振りたくなります。
・・・というか、邦題見ただけで、いかに彼が馬鹿サウンドなのかってのがムンムン伝わってくるんだけどね。

きっと、こんな曲を奏でる彼らならライブは煮えたぎること間違いなし! そう思いながら会場に足を運ぶのでした・・・

(続)
AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

テーマ:
「音楽」を「文字」にして表現することってとても難しい・・・
自分の好きなもの、好きなことだからスラスラと言葉が出てくるかというと大間違いです!

自分の好きな音楽をこのブログに綴っていこうと思ってみたは良いのですが、一向に手が進みませんでした。


でも書かないことには始まらない!ということで本日からゆっくりではありますが
私の好きな「音楽」について語っていこうと思います。


さて、先月10月26日に人生初の一人ライブに行ってまいりました!
そのアーティストとは・・・
MANDO DIAO
です。

MANDO DIAOって誰? という方たちのためにちょっと紹介。




メンバー
* グスタフ・ノリアン (Gustaf Noren) - リズムギター、ボーカル
* ビヨルン・ディクスクウォット (Bjorn Dixgard) - リードギター、ボーカル
* カール・ヨハン・フォーゲルクロウ (Carl-Johan Fogelklou) - ベース
* サミュエル・ギールス (Samuel Giers) - ドラム
* マッツ・ビョーク (Mats Björke) - キーボード

から構成される、スウェーデン出身のロックバンドで、現在までにアルバムを3枚リリースしています。
2003年のサマソニでは入場規制されたり、再来日公演でもチケットが即日ソールドアウトするなど、日本でも人気のあるバンドです。

(オフィシャルサイト) (myspace)  ←詳しい情報はコチラでゲット!


東京という地で、初めての一人・・・とまどいや不安もありましたが、いざライブ会場に入るとそんな気持ちは一気に吹っ飛びました! 意外と一人で参加されている方が多いんです。そして女性も・・・よかった~~

初めてということもあり、最前列は避け、柵の一番前のど真ん中を確保。
ライブが始まると、前にいた人たちがドドッっと詰め寄せ、それに反応するように後ろの人たちも走って前へ詰め寄ります。

間近で見るマンドゥにロジ子も大興奮です! グズタフ&ビルヨンはカッチリ細身のスーツ姿で、それがまた最高にカッコよかった!

(セットリスト)
:01. Tony Zoulias
02. White Wall
03. Clean Town
04. Good Morning, Herr Horst
05. Motown Blood
06. Killer K.
07. Paralyzed
08. Mr. Moon
09. TV & Me
10. Ochrasy
11. Sheepdog
12. God Knows
13. The Band
14. Long Before Rock'N'Roll
(Encore:)
15. Next to be Lowered
16. Chi Ga
17. Welcome Home, Luc Robitaille
*27日のセットリストのために、多少の違いはあるかもしれません

11曲目のSheepdogからの流れはもう最高でした。
踊り狂うとはまさにこの事?? もう周りのみんなと一緒になって騒ぎまくりました!

マンドゥの好きなところは、ノレる曲が多いこと。まさにライブに打ってつけの曲目ばかりです。
しかーし、Mr.Moonなんていうしっとりした名曲も持ち合わせています。

私はグズタフのようなちょっと掠れた質感の声が大好きなのですが、今回のライブでビルヨンの伸びやかな声に圧倒されました。
曲の最後になると、若干ハリがなくなりはしましたが、CDと変わらないんじゃないかっていうくらいのとおりの良い声でした。
さすが、何百回(?)もライブを重ねているだけはあるなぁと、ただただ感心するばかりです。

曲もノレることながら、客ののせ方も非常にうまい。客のあおり方やパフォーマンスひとつで、観客がうぉーってなるんです。
もちろんロジ子もウヒョーって騒ぎまくりですよ! ただただ最高、ただただ楽しい、それしか言うことがないんです。

最後にはグズタフさんの結婚を祝ってか、花束の贈呈なんかもあったりして。
その花束も客席に投げていましたが(笑)


今度のライブは一番前に行こう!と決意したロジ子でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日から音楽に関するブログを発信します。

いつかは音楽に関わる仕事がしたいなと思い、文章力UPや情報収集のためにBLOG開設を決意!
目標は長くこまめに続けること!
そして音楽を通じて色んな人と知り合いになりたい( ・(ェ)・)☆




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。