幸せの上昇氣流

    幸せ=平和=調和=美しさ=愛=成長

みなさん ごきげんよう(^-^)/

ふと思ったんですけれどね、
私は昔、推理小説が大好きでした。

シャーロックホームズや、
金田一幸助シリーズなどは読破しました。

死ぬとか殺すなんて、
できれば目にしたくもないのに、
なぜ推理小説に惹かれていたのかというのが、
ここに来てようやくわかりましたよ。

つまり、
紐解きに惹きつけられていたんですね。

推理小説だから紐解きが面白いのはあたりまえ?
かもしれませんが、
当時は、何が面白いのか、
自分ではよくわかっていませんでした。

ただ、やみくもに、
読みあさっていたんです。


今思えば、
これも布石だったわけですよね。

私は紐解きが好きなんです。
そして、
好きだから得意なんです。

紐解きには、
洞察力と分析力と推理力と、
そして、直感が必要です。

この直感と言うのは、
違う言い方をすると、
普通だったら見逃してしまう違和感や不自然に氣づく、
ということかもしれません。

私はヒーラーですが霊能者ではありませんから、
霊界の人と直接話すということはしませんが、
とにかく波動には敏感です。

ですので、波動を通じて、
様々なことを感じ取ったり観たり聴いたりします。

また、波動には、
過去、現在、未来の垣根があまりありません。



一般的には客観事実と言うかもしれない、
けれども厳密に言えば個々の心象風景は、
紐解きの大事な推理要素となります。

この材料は、
多ければ多いほど良いです。

本人がどうでも良いこと、
と思っているようなところにこそ、
大事な要素が隠れていたりするので、

魂の紐解きは、
どれだけよもやま話ができるか、
というあたりも重要な要素になってきます。

材料は出揃うことが望ましく、
そういう意味でも、
よもやま話は重要な位置を占めてきます。

材料が揃ったなら、
魂の紐解きは数式と同じように、

一つの答えに向かって導き出されていきます。

私としては、
その分析の中で、
客観事実と心象風景を直感で寄り分けて、
どこまで立体的に見分けることが出来るか、
によって、推理の道の見え方が決まってきます。

つまり、
本人が言っているようで言っていない核心、
もしくは嘘、隠し事、というようなものが必ずあって、
そこをどこまで引っ張り出せるかも重要ですし、
波動で見抜くということも重要になってくるわけです。

そこは、私から見たら嘘であったとしても、
本人だからこそ、
自分で嘘と氣がついていないようなことも
あったりするものなんですよね。

いいとかわるいとか、
そういうことではなくて、
そういう複雑にからみあった波動を、

過去と現在と未来の、
ありとあらゆるところから引っ張り出してきて、
数式を立ち上げ、
計算式を解いていくと、

一つの答えが、
導き出されてくる、
というわけです。

もちろん、
誰でもいつでも道の途中ですから、
死ぬまでのすべてが明白にはなりません。

が、しかし、
あなたがなぜ今ここにいるのか?
という問いの答えは、
今までの人生すべてがヒントとなっていますから、

自分では観えにくくても、
紐解きは可能なのです。



これが一番重要だと思うのですけれどね、

魂を紐解くと、
これからの生きる力となります。


自己肯定感を生みだしたり、
安心を生みだしたりするからです。



ところで、
波動に意図的に敏感であろうとするとき、
それはおそらく人がイメージするのとは真逆な姿であろう、
リラックスが必要となります。

なので、リラックスしたセッションというのは、
私にも必要不可欠な要素なんです。

お酒を飲みながら?
あなたがそれが良いなら、
それはそれでありかもしれません。

フレキシブルに、
いろいろな魂に、
対応したいと思っています。



魂の紐解きセッション(又はその他心の相談)の
詳細&お申込は

コチラ


※HPをご覧になれない方は、
  以下のブログ記事で内容をご確認いただけます。

http://ameblo.jp/aokimaria115/entry-12202945042.html






読者登録してね

 |  リブログ(0)