ははは日記

テーマ:
{534EA7FA-E4BD-436A-BEA2-FAD5DA87D7FD}

みなさん、「こけの一念岩をも通す」って言葉聞いたことありますか?
「こけにする」という言い回しもありますね。

この二つで言うこけは虚仮と書きます。

虚仮とは仏教の言葉で妄想や偽りといった意味でした。
そこから愚か者、馬鹿といった意味に使われるようになったそうです。


あの地面に生える苔ではなかったんですね。





AD

青木ひとしの仏教豆知識の新作動画が公開されました。

今回のテーマは乞食です。

乞食と仏教、一体どんなつながりがあるのか、

ぜひ動画でご確認下さい!



https://www.youtube.com/watch?v=hlLw1slmikM&list=PL_9BrI8-qZIzCiS6MrEMnfHJFnnxyEX72

AD

ははは日記

テーマ:
{6F253025-A9F0-460F-8AB5-B31CF6C4AA58}
みなさん、さもしいって言葉使いますか?
卑しいとか見苦しい、みすぼらしいといった意味の、どちらかと言うとネガティヴな意味の言葉です。

これが実は修行僧を意味する沙門(しゃもん)からきているそうです。

托鉢してまわる修行僧の様子からさもしいと言う言葉が生まれたというのが有力な説なんですが、ちょっとお坊さんに対する敬意がない感じで残念に思ってたんですが、異説がありました。
様悪(さまあ)しが変化してさもしいになったという説です。

自分としてはこちらの方がしっくりくる気がします。
AD

関侊雲仏所 所属の仏画師 川端貴子、菊池藍がデザインをした

新作Tシャツが完成いたしました。


amazonの平原堂アパレルより販売しております。


【仏T 唐草光背】


デザイン:仏画師 川端貴子



ブラック・ライトブルー

¥3,500‐


amazon.co.jp


グレー・ピンク

¥3,500‐


amazon.co.jp




【仏T 波涛昇龍】


デザイン:仏画師 菊池藍

グリーン

¥3,500‐


amazon.co.jp





ホワイト・ブルー

¥3,500‐


amazon.co.jp




その他の仏画Tシャツ→amazonサイト



仏画師が伝統の技術により描いた仏画をTシャツに施したアイテム。

 仏教美術の世界をより身近に楽しんでいただければと思います。

ははは日記

テーマ:
{4021E9F6-47C8-4DBA-ADE3-4AB75A161020}



何かを作ったり、何かをする為の用具を道具って言いますよね。
でも、なんで道の具なんでしょう?

実はこの道は仏道の道なんですね。

つまり仏道の修行をしているお坊さんの持っている用具を指して道具と言ったんです。

自分はお坊さんではないですが、仏師の修行の一番最初は道具作りでした。

まさに道の具って思います。
師匠の関侊雲先生が会長を務められる「一般社団法人 日本木彫刻協会」主催の展覧会のお知らせです


第二回 日本木彫刻展

主催 一般社団法人 日本木彫刻協会
会期 2016年9月23日(金)~9月29日(木)
会場 上野の森美術館 別館ギャラリー
(〒110-0007 東京都台東区上野公園 1-2)
開館時間 10:00~17:00
(最終日のみ14:00閉館)
入場料 無料
展示物 仏像・パネル・置物などの木彫刻
出展者 協会会員、準会員を中心とした、プロ及びプロを目指す木彫刻作家数名


昨年の展覧会についての動画



作品紹介動画





昨年の様子
リンク:木彫刻協会HP 過去の展覧会の様子











なおそれに伴いクラウドファンディングにてご協力のお願いを致しております。

詳細 リンク[クラウドファンディン グページへ]




当協会、展覧会の趣旨にご賛同いただける方に、もしよろしければご助力を賜りたいと考え、現在クラウドファンディングによってご協力頂ける方を募集しております。


※クラウドファンディングとは
クラウドファンディングとは不特定多数の人からプロジェクトの資金を募るという近年発達した資金調達の仕組みです。

今回の企画はクラウドファンディングをまとめたプラットフォームサイト「MotionGallery 」様に掲載させて頂いております。

どうぞ応援のほどよろしくお願い致します。

青木ひとしの仏教豆知識の新作動画が公開されました。


みなさん仏像のおでこに付いてる小さな出っ張り、見たことありますよね。


あれってなんなんでしょうか?

ほくろ?ピアス?


答えは動画でご確認下さい!


https://www.youtube.com/watch?v=_ztFBTZLBnI&list=PL_9BrI8-qZIzCiS6MrEMnfHJFnnxyEX72

ははは日記

テーマ:
{5628A02C-7922-436B-857C-291E5C90A452}


今日は一味についてお話ししたいと思います。
と言っても唐辛子のことではないですよ。

「悪の一味」とか言ったりするときの一味です。

仏教では、お釈迦さまは相手や時と場合に応じて様々に教えを説いているけれども、本来意味するところは同じである、という意味で一味といいました。

また仏典には、いろんな川も海に流れ込めば一つの味になるという例えもあります。

そこから同じ目的で集まった集団を一味と言うようになったんです。

それが、主に悪い集団に使われるようになったのはなんでですかね・・・?

雑誌記事掲載のお知らせ。

テーマ:
朝日新聞出版様から出版されている月刊情報誌『男の隠れ家』9月号(7月27日発売)に師匠の関侊雲先生が運営されている『侊心会 仏像彫刻・木彫刻教室』の紹介記事を掲載していただきました。
朝日新聞出版様に厚く御礼申し上げます。


男の隠れ家 2016年 09 月号 [雑誌]/三栄書房
¥780
Amazon.co.jp

男の隠れ家 ONLINE
http://www.kakurega-online.com/ 

ははは日記

テーマ:

{32FC85F8-C34B-4B20-8CFE-26A7FFBD4BE7}


最近、何か無茶(むちゃ)してますか?
年をとってくると、あまり無茶はしなくなるとかいいますがいかがでしょうか。

無茶苦茶の語源はお客さんにお茶を出さなかったり苦いお茶を出すこと、という話しが、ありますが、これは後付けのようです。

もともとは仏教語の無作(むさ)から来ていて、人為的にではなく、自然に発生することを言いました。

お釈迦さまは王子の地位を捨てて出家したり、阿弥陀さまは自分の名前を唱えただけで誰でも助けると言ったり、仏さまは結構無茶をするようです。