青木ひとしの仏教豆知識動画の新作が公開されました。

今回のテーマは「おしゃかにする」!

今回は言葉の由来を3つご紹介しています。

中でも、仏師にとって恐ろしいある語源とは。

是非、動画でお確かめ下さい。



https://www.youtube.com/watch?v=BUXMkWIXsgk&list=PL_9BrI8-qZIzCiS6MrEMnfHJFnnxyEX72

AD

ははは日記

テーマ:
{68B23FED-92AB-440E-A5C4-555324690F82}
「うそも方便(ほうべん)」と言う言葉は聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

目的のためにうそを言うときなどに使いますよね。

方便とはもともと悟りに近づくための方法のことでした。

お釈迦さまは対機説法(たいきせっぽう)と言って、そのときどきの相手や場面に応じて教えを説きました。
なのでときに矛盾したことや、うそも言ったりしたようです。

お釈迦さまの言ったうそについてはまたご紹介したいと思います。


AD


「木彫刻師 吉川浩市展~井波彫刻の技を伝える木彫アート~」



関侊雲仏所 井波工房の吉川浩市先生が生まれ故郷の羽咋市、ギャラリー雲様にて7回目の作品展を開催致します。



富山県南砺(なんと)市で修行した吉川浩市先生による「井波彫刻欄間」の技を駆使し制作したレリーフや置物の個展です。

無垢の木材から動植物を想像し彫りだした作品には本来木の持つエネルギーとモチーフの生命力があふれております。

広々とした空間でゆっくりと作品をご覧いただけます。

また、関侊雲仏所より仏像、仏画を協賛出展していただきます。

この機会に巧みな技の作品をお楽しみください。



■会期 平成28年7月1日(金)~7日3日(日) 

開場時間:午前10時~午後6時30分(最終日は午後4時閉場)


■会場 ギャラリー雲

羽咋市川原町テ1-1 あだちストア 御陵前店 2階
TEL 0767ー22ー3588



主催 関侊雲仏所 後援 北國新聞社

AD
この度、関雲仏所所員仏師 米澤侊力の公式ホームページが開設されました。



こちらでは米澤侊力の作品紹介や新着情報など今後の活動をご覧いただけます。
以下のリンクからご覧いただけます。


http://kohriki.com/


米澤こうりき』でも検索、閲覧できます。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ハッシュタグ

ははは日記

テーマ:
{8EDCEC6F-E43E-4207-A0F1-C7F3FC48A35D}

今回の絵は、ははは日記を始めたばかりの頃に白黒で描いたものに新たな言葉を添えて描いてみました。

皆さんお布施(ふせ)って聞いたことありますよね。
仏教では修行者や貧し人、困っている人に施しをすることを進めています。

でもそれってお金持ちほどいいってこと?
いえいえ、お経では無財の七施(しちせ)と言って、お金が無くても出来るお布施を説いています。
その内の一つが和顔悦色施(わがんえつじきせ)と言って、人に笑顔で接することなんです。

スマイル0円とは言いますが、向けられた方にはお金には代え難い価値がありますよね。

笑顔のお布施をどんどんしていきましょう。

来年はとり年!


招福とりカット


今から彫刻で制作して

新しい年を迎えてみませんか

この度「木彫り広場」で

「こころの木彫」として

木彫刻のシリーズを販売致しました

招福とり扉



干支の縁起物としてだけでなく動物の置物としても

ご利用頂ける様可愛いデザインとなっております。

貴方だけのインテリアとして

手作りしてはいかがでしょうか。

この「招福とり」は

面取りという技法で彫られています。

関侊雲仏所所属の

木彫刻師 吉川浩市が

講師として実技、解説をおこなっております。

来年まで半年ありますので

これから始めれば十分間に合います。



招福とり1


木目を活かした彫り方で

木の温もりを感じる事ができます。

彫る楽しみ、置物としても

飽きのこない造りとなっております。

ご購入は こちら から

アマゾンでも販売しております。


こころの木彫刻DVD 「招福とり」/株式会社 平原堂

¥3,500
Amazon.co.jp



招福とり5




招福とり4


招福とり2
青木ひとしの仏教豆知識の新作動画が公開されています。

皆さんお寺と神社の違いは分かりますか?

今回の動画を見ればお寺と神社を簡単に見分けられるかもしれません。

動画は二分半ほどです。
字幕つきで音を出さなくても分かります。
是非ご覧下さい。



ははは日記

テーマ:
{0399681E-CD10-4DE3-9D01-858BFD0B9347}

気が付けば猫も杓子もインターネットをするような時代ですね。
ところで誰でも彼でも、という意味の猫も杓子も、もともとどんな意味なんでしょうか。

幾つか説があるんですが、神道の神官をさす禰子(ねこ、禰宜の子孫)と、僧侶を表す釈子(しゃくし)からきていると言われています。
 昔の日本では宗教と言えば神道か仏教だったので、これで誰でも彼でもと言い意味だったんですね。

夏美のホタル

テーマ:

本日公開の映画「夏美のホタル」、以前にもお伝えいたしましたが、師匠の関侊雲先生が仏師役の小林薫さんに演技指導をしています。


早速見てきました。

人生に大切なものはなにか、親子とは、考えさせられる映画です。

出てくる人がみんないい人で暖かい気持ちになれます。

ぜひご覧下さい。


夏美のホタル

http://natsumi-hotaru.com/




ははは日記

テーマ:
{74F237D8-1850-4E86-86AF-9DA04360DDF4}

先週内証(内緒)についてお話ししましたのでが、今週は暗証で。

仏教に暗証の禅師という言葉があります。
この証は先週同様さとりを意味してましています。
言葉の意味は、禅宗のお坊さんが坐禅に夢中になって経典の勉強が不十分になり悟れずにいることを表しています。
同様に他宗に対して

  • 文字法師(もんじのほうし):教理の研究ばかりするあまり、実践である修行の方面を忘れている
  • 誦文法師(じゅもんのほうし):経典をただ唱えているだけ
    • といった表現もあります。
    • ようするに勉強と実践のバランスが大事ということでしょう。

    暗証の意味が変わってしまったわけは、パスワードのやくとして暗証番号という造語を作ったら既存の仏教語と被ってしまったというのが真相ではないでしょうか。