演技講師

テーマ:
演技講師の依頼をうけて、

マンツーマンで6時間。
あっという間の6時間。

むしろ、依頼した側の方が後悔するくらい?しつこいですよ。

やっぱでも、感謝されるって嬉しい。







西武電車の、999電車をみかけました。

{DA735DD2-2882-4E2C-A9F4-88C544764347}

メーテル…

でも電車の正面のメーテルの顔はコワイと思う。


これ。

{F557673D-7BC3-4A71-B842-2284C72F483A}


AD
各地で37度、38度て、、、体温超えてるやんっ

そんな日でも我が家はクーラーなしで扇風機で過ごせます。
室温が外気と全然違うのでたすかります。








舞台を観に、六本木ブルーシアターへ。




超進化ステージ「デジモンアドベンチャーtri.〜8月1日の冒険〜」


脚本・演出 谷賢一

出演
松本岳
橋本祥平
森田涼花
上村海成
田上真里奈
小松準弥
野見山拳太
重石巴菜
オレノグラフィティ(劇団鹿殺し)                  他



{20707F48-60D9-4FE3-A6B0-5B95ED4470DC}
 
「8月1日」それは八神太一、石田ヤマトら”選ばれし子どもたち”にとって特別な日。夏の間もサッカーの練習に打ち込んでいる太一はヒカリから「みんなで8月1日にキャンプに行こう」と誘われる。思い出の日にみんなで集まろうとミミと光子郎が提案したという。受験勉強で忙しい丈も今回は参加すると聞き、快諾する太一。一方、バンド活動を続けているヤマトにはタケルが声をかけにいくことに。弟のタケルに一緒に行こうと頼まれ断れないヤマトは渋々ながらキャンプへ行く準備をはじめる。
キャンプ当日。ミミが用意するはずのキャンプ用具を忘れてしまい、前途多難なスタートに。「これじゃキャンプできないよ!」と騒ぐ丈。「困りましたね」と打開策を考える光子郎。ミミをフォローする空。そんなみんなの姿をみて、「デジタルワールドに初めてきた時みたいだな!」と笑顔になる太一。「あのころは、力を合わせて何でも乗り越えたよな!」「そうだな」と頷くヤマト。


{2647CE88-93A8-4A29-B7DB-F718157B461A}


6年前の気持ちをよみがえらせ、8月1日のキャンプが始まった ー。
しかし、そのキャンプ場には秘密があり ー。








演出、DULL-COLORED POPの谷さんだし‼︎
エテモン、鹿殺しのオレノグラフィティさんだし‼︎

デジモンは、全て人形遣い。
その中でも、アグモンを繰っていた彼が素敵だったなー。
黒子(舞台では全身グレーだけど)と、俳優としての表現の良いバランスを突いています。


エテモン良い味です。

後半が見応えあり。
アグモン進化。
アグモンとガブモンの合体進化。


{90D53227-5360-4607-B984-5927BCEFDD99}


{E2522747-F299-4145-84F0-BAC4EC4E4684}






やはり、音の体感が、ブルーシアター最高です。
ブルーシアターが今年なくなるのは、ほんとザンネン。

AD