ワンコ達のヘルパーさん

ゆっくりですが、幸薄いワンコニャンコ達に新しい家族と、幸せをプレゼントするためのお手伝いをしています。


テーマ:

     ラブラブ優しい家族ができましたラブラブ



月曜日、日曜日の譲渡会に来て下さった希望者さまが連絡をくださり


昨夜、子猫とのお見合いも済ませ 三毛の女の子の引き取が決まりました。


お見合いでは4匹の子猫に大歓迎され大喜び、ご自分たち家族との相性を大切にされ この子に決めました音譜



名前も可愛い名前を考えてきて下さり 『メイちゃん』 になりました。

猫目のメイちゃん、とっても美人さんです♪



先住のワンちゃんは、酷い状態で飼われていたミックスの子を引き取ったそうです。

完全室内飼育と不妊手術もお約束グッド!


優しい気持ちの方は犬にも猫にも優しいんですね♪



メイちゃん、ステキな家族に巡り会いましたよ恋の矢


よかった、よかったチョキアップ




残りの3匹も後につづけ~~~!!





AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

7日、日曜日 朝から大雨の中 譲渡会場に到着!


続々と参加する猫ちゃんが集まってきました。


雨のせいでしょう見に来られる人たちもチラホラ~♪


そして、昼過ぎには雨もやみお日様が出てきました。



シーちゃんを見た方は一目で気に入って下さり

条件もクリアして 譲渡決定となりました。


そして、1日も早く迎えたいとの事だったので、8日(月曜日) 

優しい家族の元にお届けしてきました。


既に、迎える準備も出来ていてケージやベッドも用意されていました。


ステキな名前も用意していただき


シオンちゃんになりましたクラッカー



                   

                   ドキドキ しーちゃんクラッカー おめでとう~音譜




そして、茶トラの男の子も優しい家族に巡り会えたんですよ♪


里親さまのご都合で、お届けは1週間後の14日(日曜日) になりました。


もう、準備は整ったでしょうか♪


きっと楽しみに待っていてくれることでしょう♪


なんてお名前になるのかな~~音譜





AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



実は、私の所にも子猫を保護した近所の方から 里親探しを手伝ってという依頼が来ています。



このご近所さんは、70歳代のお婆ちゃんですが、自宅前で轢かれて死んでしまった母猫から子猫を頼まれたのでしょうね。


目が空いていない子猫5匹をお世話し その子たちが3ヶ月になりました。


何度か里親募集サイトに掲載もし、譲渡会場にも参加しましたが残念ながらご縁がありませんでした。



しかし、このお婆ちゃんの年齢を考えると 子猫を飼うわけにはいかず 


本人も、何とか手放さなくてはと言っています。





そこで明日、9月7日 (日) つくばで開催されている犬猫の譲渡会に参加することになりました。



会場は、 lalaガーデンつくば 


  時間は 12時~15時


  お時間のある方は、ぜひ子猫たちに会いに来て下さい。


  心よりお待ちしております。




どの子も性格の良い子です♪


 ・生後3ヶ月くらい


 ・健康状態 良好


 ・寄生虫駆除済み


 ・ウィルス検査済み(FIV・FeLV どちらも陰性)


 ・感染症予防ワクチン接種(2回)





(メス) 三毛



(メス) サバトラ


(オス) 茶トラ



(メス) 黒トラ



(メス) 三毛





AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

ご無沙汰しています。


1年3ヶ月ぶりのご無沙汰でした。


我が家のワンズ、ニャンズは元気にしています。


が、残念なことに、今年1月末、最愛の娘 さくら(16歳3ヶ月)が天に召されていきました。


しばらく落ち込んではいたものの、残った4ワンズと 2ニャンズのお世話もあるので落ち込んだままではいられず、何とか日常を取り戻し今に至っています。


 


なんとか保護活動も細々と続けております。


しかし、昨年秋からニャンコばかりに関わり、7匹の子猫も無事 幸せに送り出しました。




今年に入ってからは子猫のベビーラッシュで、地元の譲渡会場ではあり得ない数の20匹、30匹という子猫の遺棄が行われていました。


これだけの遺棄がありながら、地元の譲渡会場では、遺棄防止の啓発もせず、ただ棄てられた子猫たちを保護という名目で連れ帰っています。


引き取った子たちはメンバーがお世話をし里親探しをしていますが、その会場は他団体の会場でした。


自分たちの譲渡会場は、意識の低い希望者しか来ないからという理由からです。


この団体は 棄てられないための啓発、努力もせず、棄てた飼い主達の尻ぬぐいをしています。


これでは遺棄する人間の思うつぼです!


棄てられた子猫のゴミ箱と化してしまったこの団体  メンバー達は確かに命を救っているかも知れません


でも、もういい加減に目を覚まさなくてはいけないのではないでしょうか!!!




3年前、この現実に嫌気か差し 手伝いをお断りしましたが、いま尚続いているこの現実  何とかしなくてはいけないのでしょうね!



この団体の代表2名は 60歳代後半と、70歳代と高齢で、私たちが後継者を育てて一刻も早く退くよう説得しても聞く耳持たずで 長年通してきた子犬・子猫の手渡し譲渡を実施しています。


手渡し譲渡、未だにこの様な時代錯誤の譲渡が行われている現実、信じられますか?




譲渡会を開催する側がこんな事をしているから、茨城県はいつまで経っても


殺処分数が全国ワーストワンなんですね!


(涙)


いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇