目覚めて生きるためのサロン ・大橋 和

~おかえりなさい、無条件の愛の源へ。

プレゼンス(今、ここ)に生き、
無条件の愛の光の中で生きるために
ヒプノセラピー、瞑想、ヒーリング、
ライトランゲージ(宇宙の光の音)、
個人セッションとさまざまなワークショップを行っています

  

あなたは、自分が誰かを 知っていますか



あなたは愛で、
あなたは、永遠の存在です。
                
La vie(ラ、ヴィ)は
人生を、目覚めて生きたい方のためのサロンです。
                  
               



 
        

テーマ:


こんにちは、大橋 和(なごみ)です。
出逢えた方々の 目覚め を導いています。
               


この出逢いに、心から感謝を想います。

あなたが、
深い愛と叡智を体験しながら
すべてのみなもと、はじまりの場所と繋がり
その大いなる意志と出逢って
自分とは誰か、を思い出すことをサポートしています。


そして、

真の姿に目覚め、
本当の人生を生きることをお手伝い
しています。

 

 

 

 

昨日の朝、

身体にちょっと短い休息を、と思って

(ほんの数分、意識をボディから緩めると、身体が回復するのです。 

それを、地球では、うたた寝、と呼んでると思います 笑)

 

意識を緩めたら宇宙の仲間たちを強く感じて、

彼らと光で交流したら

 

また少し意識が高まっています。

 

 

 

そして、サロンでのセッションを終えた後、

 

静かに瞑想に入って、

 

じぶんが何者か、

それが現われてくるのを受け入れ

 

そして、

じぶんの魂の声を受け入れ

 

それを宇宙の根源に伝えたとき

じぶんに起こったエネルギーシフトを受け入れて

 

 

 

夜、今度は自宅で瞑想に入り、

 

そこでまた、根源と対話をして

 

また、じぶんに起こったバイブレーションのシフトを受け取りました。

 

 

 

 

 

わたしは、愛で

 

 

統合への変容そのものです。

 

 

わたしは、赦しであり、解放です。

 

 

わたしは、調和であり、目覚めで、

 

 

そして、光への教師です。

 

 

 

 

メニューは、何でもいいのですけれど、とか、

 

レイキのことはよく分からないのですけれど、とか、

 

よく分かっていないのですけれど、とおっしゃって、

 

とにかく、和さんにお逢いしたくて、や

 

和さんに逢わなくちゃ、と思ったんです 

 

と、話してくださることがあります。

 

 

 

それは、

 

わたしが、

変容そのもので、ヒーリングと解放そのものだからです。

 

 

そして、

 

根源の愛を体現しようとする魂の意図を受け入れて、

 

ここに生きているからです。

 

 

 

だから、

 

ひとりでも多くの方と、

 

そして、繰り返しお逢いして、

 

その、<そのもの>としての光を お伝えさせていただけたらと

 

そんな風に願いながら、

 

この瞬間に、ここに生きています。

 

 

 

大橋 和という人もまた、

大いなる宇宙と、I AM、というわたしの全存在に導かれながら

ここで生きています。

 

 

 

真に愛であろうとする方へ

 

真に光で在ろうとする方へ

 

みずからの真実に目覚めようとする方へ

 

いつもと同じように、

エーテル界で、ラブレターを出していますラブラブ

 

 

お逢いしましょうねドキドキ

 

そして、目を覚まし続けましょうねラブラブ

 

 

こうして出逢ってくださって

本当に、ほんとうに、ありがとう

 

 

 

サロンで咲いてくれていた、シャクヤクの花びらたち。

満開を過ぎて、はらりとなったから、集めてみましたハート

 

 

 

 

 

 


あなたの日常に、
新しい気づきが生まれますように。


そして、このブログが
一人でも多くの方と 出逢っていきますように。



花 開催するワークショップやセレモニーはこちら 

 


  目覚めて生きるための場所 ~ ラ、ヴィ 
       
   ◇メニュー
   ◇ご予約可能日  
   ◇予約・お問合せ  
   
◇みなさまのご感想 (専用ページ準備中)
   ◇サロン  
  
 ◇メルマガ購読の登録
   ◇ホームページ   
   ◇気づきを綴っています フェイスブック     
 

 

ようこそ、本当の自分に出逢う道へ。
さあ、共にすすみましょうね。

 

 

 

 

 

いいね!(78)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)