カラルの水晶

テーマ:
その人に行くと言ってくれた水晶で カラルのハートの波動を受け取った水晶は その人にとって 特別な水晶になってます
それは 言葉では説明出来ません

ある人の水晶に カラルのハートを伝えようとしたら 水晶がこう言います
私に心を向けてくれていません
それでは カラルのハートを受け取れません と
水晶との関係性が薄くなっていると言う事です
その方の水晶にカラルのハートを伝えるのは 次回という事になりました

大切なのは ハートです
エネルギーだけ欲しでは 本質から離れます

自分の水晶を欲しい方は連絡下さい 探します







AD

ヒーリング

テーマ:
一例です
浅間神社の湧水の写真に
向き合って 心を向けます
湧水の波動を感じながら ゆっくり声を出していきます
うまくいったら
あなたのハートが湧水に届き
湧水のハートがあなたに届きます
お互いが ヒーリングし合う感じになります
とても微細な波動です





AD

ヒーリング

テーマ:
まず 花に心を合わせて 声を出します
次に 仏様かハクラに心を合わせて 声を出します
それがうまくいったら
ヒーリングしたい人に心を合わせて 声を出します
その時 カラルの神聖な水晶の波動を受け取った水晶を手に持てば 自分の愛の波動をベースに ヒーリング出来ます






AD

テーマ:
課題とは何か
自我が 宇宙の愛から分離して 旅が始まった
それは迷いの旅ではあるが
また 自我の自由な旅でもある
愛は問題を生まないが
自由な自我の展開は 多くの問題をつくりだした
問題と言えば 悪いように聞こえるかもしれないが
それはそれで楽しいものである
しかしながら 自由な自我の展開がつくりだした多くの課題は
どうしようなく解決できなくなった
それは どんな強力なエネルギーでもってしても
その極限に立って
突き進んできた自我が 歩みを止め 自我が迷いの中に立っていることに気付く
そして こう自分につぶやくのだ
この道にもう先はないと
そして 新たな道を探すのだけれど 随分と自我の旅をしたその魂は 道に迷った
魂の本質である愛の光が みえないくらい奥底に沈んでしまっていたからだ
魂は叫ぶ
どう歩めばいいのかと
その魂が自らの中に光を見つけ出すのに
どれ程の困難な道を歩んできただろう
しかし その先に行くしか選択肢はない
そして小さな光を見つけた時
その光は ハーモニーであった
自我の展開が ハーモニーの下に行われていたのなら
魂はこんなに道を迷うことはなかっただろう
魂がこんなに苦しみの中に留まることはなかっただろう
しかし思うに その永い旅のおかげで
私は私の愛にたどり着き
困難だった道を静かにみつめる事が出来る
感謝と共に
失った友に 出逢った友に












.