あおいさんの部屋

matamura aoi blog


テーマ:

つま楊枝かあ。又村です。

割とエンドウ豆が好きなのですが、あのスジを取るのがうまくいかずにイライラすることしきり。でも、つま楊枝を使うとスッキリ取れることが判明。これで取り放題(笑)

・・という、だからといってそんなには食べないネタはさておき、今日は、日ごろからお世話になっている、日本財団の山田泰久さんが業務執行理事をなさっている「(一財)非営利組織評価センター」の組織評価に関するお知らせです。

【(一財)非営利組織評価センター(JCNE)】
https://jcne.or.jp/

(組織評価とは)
JCNEが行う第三者組織評価は、特定非営利活動法人・非営利型の一般法人(以下「NPO等」と総称)が継続的に活動するために組織運営の状態について評価を行うものです。
第三者評価機関であるJCNEが中立の立場で、評価基準項目に照らしてNPO等の組織運営状況を書面で評価します。そして、その評価結果をこのサイトで公開します。
これまでNPO等が自身では説明しづらかった“組織の運営をきちんと行っている”ことについて第三者機関が評価することで、そのNPO等の客観的な運営状況を広く社会に伝えることができます。結果、支援者は安心してそのNPO等の事業を支援することができます。
さらにNPO等は、この評価に取り組む際、自己評価を実施していただきます。自己評価により、組織運営の整備に取り組みを図り、基盤強化の一助とすることができます。

(対象法人)
特定非営利活動法人(認定・特例認定含む)
一般社団法人(非営利型)
一般財団法人(非営利型)
(評価対象領域)
団体の組織運営と事業運営の状況。
これまでNPO自身がアピールしづらかった組織マネジメント力を評価する。
信頼できる組織であることを評価するため、5つの評価対象領域(1.組織の目的と事業の実施、2.ガバナンス、3.コンプライアンス、4.情報公開、5.事務局運営)について、それぞれ評価項目を設けて評価する。
(評価基準)
1. 組織の目的と事業の実施
2. ガバナンス
3. コンプライアンス
4. 情報公開
5. 事務局運営
の5領域23基準
(費用負担)
なし(無料で組織評価が受けられます)
(良くある問合せ)
Q 地方の団体も評価を申し込めますか?
A 地方の団体様にもお申込みいただけます。インターネット(フォームやメール)でやり取りさせていただく他、郵便等にも対応します。
Q この評価を受けることで信用度が高まる等メリットはありますか?
A 2016年にスタートしたばかりの評価制度ですが、ぜひそういった効果が得られる評価となるよう育てていきます。評価を受けてくださる団体様を募集する一方、助成財団をはじめ、企業CSRご担当者や一般寄付者の皆様にこの制度をご案内していきます。
また、評価を受ける団体様には、自己評価を通じて自団体の運営状況を知っていただき、組織基盤強化にご活用いただくことも目指しています。
Q 評価者が団体に見に来られるのですか?
A 現在のスタンダード基準(23基準)での評価は書面評価です。評価の過程でお電話やメールで問い合わせをさせていただくことがありますが、訪問は行いません(2017年度現在)。
(申込)
https://jcne.or.jp/catalog/
(問合せ)
https://jcne.or.jp/about/contact/
それぞれ、上記URLからメールにて


・・ということで、特定非営利活動法人(認定・特例認定含む)、一般社団法人(非営利型)、一般財団法人(非営利型)であれば、組織運営に関する客観評価を無料で受けることができるチャンスです。
ご関心のある団体さんへ、上記からお問い合わせくださいね。

では、今回はこれくらいに。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

揚げバター。又村です。

 

このところバターネタが続いておりますが、大好きだからです。最近流行りの塩バターパンとか、マジ天国。しかし、アメリカで実際に販売されたという「揚げバター」に関しては・・もちろん食べてみたいです(笑)

 

・・という、動脈硬化待ったなしのネタはさておき、今日は、毎年恒例の「青い鳥郵便葉書」無償配付が始まりました、というお知らせです。

 

【青い鳥郵便葉書のHPはこちらから】
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/00_honsha/0317_01.html

 

(青い鳥郵便葉書とは)
1976(昭和51)年度に当時の厚生省が提唱していた「身体障害者福祉強調運動」に合わせ、身体障がい者及び知的障がい者の福祉に対する国民の理解と認識をさらに深めることを目的とし、実施されているものです。「青い鳥郵便葉書」は、青い鳥をデザインしたオリジナル封筒に通常郵便葉書20枚を封入したものです。

 

配付の対象
(1)重度の身体障がい者
1級又は2 級の方
(2) 重度の知的障がい者
療育手帳に「A」(又は1度、2度)の表記がある方

 

受付期間
2017年4月1日から7月11日まで
配布期間
2017年6月1日から7月11日まで

 

配付葉書
通常郵便葉書(無地、インクジェット紙又はくぼみ入り(注))
通常郵便葉書胡蝶蘭(無地又はインクジェット紙)
注:
「くぼみ入り」は、目の不自由な方が使いやすいように、郵便葉書の表面左下部に半円形のくぼみを入れ、上下・表裏が分かるようにした郵便葉書です。

 

配付枚数
お一人につき上記配付葉書の中からいずれか1種類を20枚

 

お申出方法
(1)窓口でのお申出方法
窓口で配付の希望をお申出いただく場合は、最寄りの郵便局(簡易郵便局を除きます。以下同じとします。)に身体障害者手帳又は療育手帳をご提示いただいた上、「青い鳥郵便葉書配付申込書」に必要事項をご記入の上、ご提出ください。なお、代理人によるご提出も可能です。お申込みに必要な用紙は、郵便局の窓口に備え置いています。
(2)郵送でのお申出方法
郵送により配付の希望をお申出いただく場合は、適宜の用紙に、「青い鳥郵便葉書配付申込書」と同等の内容を記入して最寄りの郵便局に郵送してください。

 

配付の方法
2017年6月1日以降、最寄りの配達を受け持つ郵便局からお届けします。なお、申出者又は代理人の住所又は居所の配達を担当する郵便局の窓口にお申込みいただいた場合に限り、「青い鳥郵便葉書配付申込書」の記載内容を確認の上、その場でお渡しします。

 

問合せ
お客様サービス相談センター
<電話番号>
0120-23-28-86(フリーコール)
携帯電話からご利用のお客さま
0570-046-666
(通話料はお客さま負担です。)
<ご案内時間>
平日:8:00~22:00
土・日・休日:9:00~22:00
※おかけ間違いのないようにご注意ください。

メールなどでの問合せはこちらから。
https://www.post.japanpost.jp/question/contact_us/index2.html

 

今年も受付が始まった「青い鳥郵便葉書」ですが、40年以上の歴史がある取組みということに驚かされます。使い切れなかった葉書は所属団体などへ寄付することもできますので、取組みを継続してくださっている日本郵便さんへ感謝しつつ活用したいですね。

 

では、今回はこれくらいに。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これは欲しい。又村です。

 

なんと、グーグルカレンダーと同期する壁かけ型カレンダーが開発されたのだとか。パソコンで入力した予定が電子文字が表示される壁かけカレンダー上に浮かび上がるらしい・・おお、これがIoTというやつか。

 

という、「IoT」が未だに良く分からないのは内緒なネタはさておき、今日は「共生社会を創る愛の基金」などの助成金募集情報をお知らせします。

 

【2017年全労済地域貢献助成】
https://www.zenrosai.coop/zenrosai/csr/joseijigyou.html
趣旨:
「人と人とがささえあい、安心して暮らせる未来へ」をテーマに、地域の人々がたすけあって自然災害に備えいのちを守る活動、環境を守る活動および子どもの健やかな育ちを支える活動を支援します。
助成金額:
1件あたり最大で30万円
募集期間・〆切:
3月22日(水)から4月5日(水)
問い合わせ:
全労済総務部内 地域貢献助成事業事務局

 

【「共生社会を創る愛の基金」2017年度助成】
http://www.airinkai.or.jp/ainokikin/aid.html
趣旨:
各地域で行われている「罪に問われた障がい者」を支援する活動に対して、助成します。
助成金額:
1件あたり最大で20万円
募集期間・〆切
すでに募集中で、〆切は4月7日(金)
問い合わせ:
「共生社会を創る愛の基金」事務局 ((社福)南高愛隣会内)

 

【木下財団・障がい者支援団体助成】
http://www.kinoshita-zaidan.or.jp/subsidy/
趣旨:
社会福祉を目的とする民間団体(原則として非法人・特定非営利活動法人)を対象とし、 増改築、補修又は備品等の調達に必要な資金の一部を助成します。
助成金額:
1件あたり最大で30万円
募集期間・〆切:
すでに募集中で、〆切は5月31日(火)
問い合わせ:
(社福)木下財団


いずれの助成も、障がいのある人や障がいのある子どもの支援に活用できそうな内容となっています。ご関心のある方は早目にお問い合わせくださいね。

 

では、今回はこれくらいに。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。