あおいさんの部屋

matamura aoi blog


テーマ:

つま楊枝かあ。又村です。

割とエンドウ豆が好きなのですが、あのスジを取るのがうまくいかずにイライラすることしきり。でも、つま楊枝を使うとスッキリ取れることが判明。これで取り放題(笑)

・・という、だからといってそんなには食べないネタはさておき、今日は、日ごろからお世話になっている、日本財団の山田泰久さんが業務執行理事をなさっている「(一財)非営利組織評価センター」の組織評価に関するお知らせです。

【(一財)非営利組織評価センター(JCNE)】
https://jcne.or.jp/

(組織評価とは)
JCNEが行う第三者組織評価は、特定非営利活動法人・非営利型の一般法人(以下「NPO等」と総称)が継続的に活動するために組織運営の状態について評価を行うものです。
第三者評価機関であるJCNEが中立の立場で、評価基準項目に照らしてNPO等の組織運営状況を書面で評価します。そして、その評価結果をこのサイトで公開します。
これまでNPO等が自身では説明しづらかった“組織の運営をきちんと行っている”ことについて第三者機関が評価することで、そのNPO等の客観的な運営状況を広く社会に伝えることができます。結果、支援者は安心してそのNPO等の事業を支援することができます。
さらにNPO等は、この評価に取り組む際、自己評価を実施していただきます。自己評価により、組織運営の整備に取り組みを図り、基盤強化の一助とすることができます。

(対象法人)
特定非営利活動法人(認定・特例認定含む)
一般社団法人(非営利型)
一般財団法人(非営利型)
(評価対象領域)
団体の組織運営と事業運営の状況。
これまでNPO自身がアピールしづらかった組織マネジメント力を評価する。
信頼できる組織であることを評価するため、5つの評価対象領域(1.組織の目的と事業の実施、2.ガバナンス、3.コンプライアンス、4.情報公開、5.事務局運営)について、それぞれ評価項目を設けて評価する。
(評価基準)
1. 組織の目的と事業の実施
2. ガバナンス
3. コンプライアンス
4. 情報公開
5. 事務局運営
の5領域23基準
(費用負担)
なし(無料で組織評価が受けられます)
(良くある問合せ)
Q 地方の団体も評価を申し込めますか?
A 地方の団体様にもお申込みいただけます。インターネット(フォームやメール)でやり取りさせていただく他、郵便等にも対応します。
Q この評価を受けることで信用度が高まる等メリットはありますか?
A 2016年にスタートしたばかりの評価制度ですが、ぜひそういった効果が得られる評価となるよう育てていきます。評価を受けてくださる団体様を募集する一方、助成財団をはじめ、企業CSRご担当者や一般寄付者の皆様にこの制度をご案内していきます。
また、評価を受ける団体様には、自己評価を通じて自団体の運営状況を知っていただき、組織基盤強化にご活用いただくことも目指しています。
Q 評価者が団体に見に来られるのですか?
A 現在のスタンダード基準(23基準)での評価は書面評価です。評価の過程でお電話やメールで問い合わせをさせていただくことがありますが、訪問は行いません(2017年度現在)。
(申込)
https://jcne.or.jp/catalog/
(問合せ)
https://jcne.or.jp/about/contact/
それぞれ、上記URLからメールにて


・・ということで、特定非営利活動法人(認定・特例認定含む)、一般社団法人(非営利型)、一般財団法人(非営利型)であれば、組織運営に関する客観評価を無料で受けることができるチャンスです。
ご関心のある団体さんへ、上記からお問い合わせくださいね。

では、今回はこれくらいに。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

あおいさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。