あおいさんの部屋

matamura aoi blog


テーマ:
レンゲが立つスープ。又村です。

何でも愛知県内には「スープがペースト状」になっているラーメンが存在するそうで、あまりの粘度にレンゲを立てることができるのだそうです。美味しいのかなあ。

・・という、ライスおかわり無料との情報もあるネタはさておき、今回も引き続き、障害者部会で議論された総合支援法3年後見直し議論を取り上げていきたいと思います。

【障害者部会報告書はこちらから】
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000107941.html

【障害者総合福祉法制定に向けた議論テーマ】
※ 今後は、原則としてこの順番で取り上げていきます

8 障害支援区分の認定を含めた支給決定の在り方について
9 障害児支援について
10 その他の障害福祉サービスの在り方等について

(財務省が示した課題等はこちらから)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000091249.pdf
※ PDFファイルとなります

前回までで「7 高齢の障害者に対する支援の在り方について」が終わりましたので、今回からは、「8 障害支援区分の認定を含めた支給決定の在り方について」を取り上げたいと思います。まず、報告書の中から「議論項目」と「報告書の報告書に示されている方向性」をご紹介いたします。

(具体的な議論項目は・・)
○ 支給決定プロセスの在り方についてどう考えるか。
 ・ 利用者本人の意向を反映させる観点からの支給決定プロセスの課題
 ・ 適切な支給決定に資する計画相談支援の質の確保
○ 障害支援区分の意義・必要性・役割についてどう考えるか。
 ・ 障害程度区分から障害支援区分に見直したことの評価
 ・ 障害支援区分の役割(国庫負担基準、報酬体系、利用できるサービス)
○ 障害支援区分の認定における障害特性の更なる反映についてどう考えるか。
 ・ 区分認定の審査判定プロセスにおいて、改善が必要な事項
 ・ 認定調査員等の質の向上の取組
○ 障害者が地域で必要な介護が受けられるような国庫負担基準の在り方についてどう考えるか。
 ・ 自治体の適切な支給決定
 ・ 国庫負担基準の水準や仕組み

(障害者部会の報告書として示されている方向性は・・)
(基本的な考え方)
○ 基本的には現行の仕組みにおいてより適切な支給決定が行われるべき。
○ 現行の支給決定プロセスについては、関係者の資質の向上など様々な課題が指摘されている
○ 一方、公平性や透明性を確保しつつ、サービス等利用計画案の作成過程等を通じて、利用者の意向が反映される仕組みとなっていると考えられる。

(相談支援の取組等)
○ 都道府県・市町村の協議会(自立支援協議会)の機能強化や基幹相談支援センター等の設置などの取組を推進すべき。
○ 市町村が適切にマネジメントを行うとともに、行政職員の資質向上を図る必要がある。
○ 支給決定に関わる関係者において、利用者の状況をより適切に反映できる仕組みを工夫していく必要がある。
○ 計画相談支援については、利用者本人にとって最適な支援につなげることができるよう、相談支援専門員の確保と資質の向上に向け、実地研修の実施を含めた研修制度を見直す必要がある。
○ 指導的役割を担う人材(主任相談支援専門員(仮称))の育成を行うとともに、適切な活用を進めるべきである。なお、主任相談支援専門員の育成に当たっては、求められる支援技術、育成のカリキュラム、実務経験の評価等の
在り方を検討する必要がある。

(障害支援区分の認定)
○ 障害支援区分及びその役割については、2次判定の引上げ割合に地域差が見られることなどの指摘がある。
○ その要因を分析し、判定プロセス(1次判定・2次判定)における課題を把握した上で、その結果を踏まえて、必要な改善策を検討すべき。
○ 市町村ごとの審査判定実績等必要な情報を国が把握し、自治体に対して継続的に提供するなど、認定事務の適正な運用を図るべき。
○ 全国の都道府県において、認定調査員等を対象に、それぞれの障害特性にも対応した標準的な研修が実施できるよう、国において研修会用の資料を作成する等の方策を講じるべき。

(国庫負担基準)
○ 国庫負担基準については、財源の確保にも留意しつつ、重度障害者が多いなど訪問系サービスの支給額が国庫負担基準を超過せざるを得ない小規模な市町村により配慮した方策を講じるべき。


以上が、「障害支援区分の認定を含めた支給決定の在り方について」で取り上げられた「議論項目」と「報告書に示されている方向性」となります。次回は、このテーマのまとめと将来予測をしたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
保冷バッグ。又村です。

研修会などで各地にお伺いした際にはできるだけ地元産の食材を購入することが常となっている又村としては、鮮度を保つ保冷バッグはマストアイテム。でも、製品特性上仕方ないのか、今イチ決め手に欠くんですよね・・いいヤツが欲しい。

・・という、久しぶりの情報求むネタはさておき、今日は、又村がお呼ばれの研修会を3つご紹介いたします。

【第3回サーバントセミナー】
今から準備!卒業後の進路はどうなるの?

主催:
(株)サーバント
https://www.nijinohashi.co.jp/
日時:
10月16日(日)13時~15時 12時半開場
会場:
可児市川合公民館
可児市川合北2丁目14(駐車場完備)
スケジュール:
13時
00分 開会
05分 講演 今から準備!卒業後の進路はどうなるの?
14時
50分 質疑応答
15時
00分 終了(質問が多い場合は終了時間が延びる場合があります)
参加費:
無料(ただし、会場の人数把握のため予約制とします)定員は200名です。
申込み:
参加希望の方は、予約を電話もしくはWEBページよりお申し込みください。
問合せ:
(株)サーバント
岐阜県可児市川合2793-24
TEL:0574-60-3260
FAX:0574-63-6512

【NPO法人日向市手をつなぐ育成会研修会~私たちが主役です~】
意思決定支援に必要なこと

主催:
NPO法人日向市手をつなぐ育成会
http://www2.hp-ez.com/hp/snyk/page1
※ 全国手をつなぐ育成会連合会 平成28年度地域育成会活性化のための研修等助成金事業
日時:
平成28年10月22日(土) 午前9時30分~午後0時00分 受付開始 9時00分
会場:
日向市大王谷コミュニティーセンター
日向市亀崎東4丁目10番地
スケジュール:
9時
30分 開会
35分 第一部:講演 知的・発達障がいのある人の意思決定支援に必要なこと
10時
50分 第二部:シンポジウム(ご本人、家族、支援者)テーマ『みんなで考える意思決定!』
12時
00分 閉会(内容によっては終了が多少伸びる場合があります)
参加費:
500円(資料代含む)定員は100名です。
申込み:
参加希望の方は、下記のFAX番号へFAXにてお申し込みください。
記載事項は「氏名(ふりがな)」「連作先(携帯電話可能)」「研修会への協力可否」となります。
※ 研修会への協力について
当日の受付、司会、開会・閉会のあいさつを障がいのあるご本人にお願いしたいと思います。ご協力いただける方は研修会協力を「○」としてください。
問合せ:
NPO法人 日向市手をつなぐ育成会 スマイルホーム360
日向市東郷町山陰乙1812
電 話:0982―69―3610
FAX:0982―69―3620

【スーパー又村塾in日田2016】
日田市障がい児療育訓練事業 又村あおい氏公演会
「ここが大事!!地域で生活するために」

主催:
NPO法人障害児支援の会 ぱれっと
http://www.palette-hita.com/about.html
日時:
10月23日(日) 9時30分から13時まで 9時から受付開始
会場:
日田市桂林公民館 集会室
日田市上城内町2−11
スケジュール:
9時
30分 開会
35分 第一部 卒業後の進路と生活について
11時
00分 休憩
10分 第二部 障害者差別解消法について
12時
40分 質疑応答
13時
00分 終了(質問が多い場合は終了時間が延びる場合があります)
参加費:
無料(ただし、会場の人数把握のため予約制とします)
申込み:
参加希望の方は、予約を下記のメールもしくはFAXによりお申し込みください。
記載事項は「名前」「連絡先(携帯電話可)」「住所」「参加人数」となります。
申込先:
(株)シンシアリー
FAX 0973ー27ー7338
E-mail ekubo@net.jp
問合せ:
(株)シンシアリー
電話:0973ー27ー7337(担当・平川 090ー8765ー6468)


下呂市では主に卒業進路に関すること、日向市では意思決定支援に関すること、日田市では卒業進路に関することと差別解消法についてお話させていただきます。お近くの方、ご関心のある方はどうぞお問い合わせくださいね。

では、今回はこれくらいに。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
天才降臨。又村です。

やはり食に関して人は無限の才能を発揮できるのですね。先日お聞きしたレシピ、それは「カステラで作るフレンチトースト」。そんなもん、美味いに決まってます。ハチミツとかメイプルシロップとかを添えれば・・イヒヒ。

・・という、気持ち悪いオッサンであることは認めるネタはさておき、今日は、埼玉県新座市と三重県名張市で研修会が開催されます、というお知らせです。

【教えて!「意思決定支援」について】
(開催趣旨)
「意思決定支援」って初めて聞くけど、いったいなに?法律にはなんて書いてあるの?どんな考え方なの?
うちの子どもはしゃべれないけど、どうやって支援をするの?
またまた、又村さんが新座にやってきます。第3弾となる今回の講演会。
全国を飛び回る又村さんから最新情報を教えてもらい、皆さんと一緒に「これから」を考えていきましょう!

主催:
社会福祉法人新座市障害者を守る会 相談支援事業所ぽけっと
http://www.niiza-mamorukai.org/about
後援:
社会福祉法人新座市障害者を守る会後援会 さくらの会
日時:
平成27年10月1日(土) 9:30~12:00
講師:
又村 あおい 氏
全国手をつなぐ育成会連合会政策センター委員・機関誌「手をつなぐ」編集委員
日本発達障害連盟・JLニュース編集長
場所:
新座市民会館(2階) 第1・2会議室 ※駐車場あり、エレベーターあり
http://www.city.niiza.lg.jp/soshiki/44/shiminkaikan-info.html
対象者:
障がいのある本人および家族(支援者・地域の皆さんもOKです)
参加費:
無料(定員100名(定員に達した場合、締め切らせて頂く場合があります))
申込・問合せ:
pocket@niiza-mamorukai.orgに参加者氏名、参加人数を送って頂くか、相談支援事業所ぽけっとのスタッフにお声かけください
相談支援事業所ぽけっと
080-8872-6618(担当:石川・牧野)

【ともに生きる~障害者差別解消法の施行を受けて~】
(開催趣旨)
本年4月から障害者差別解消法が施行されました。この法律は障害を理由とする差別を解消し、事業所等で合理的配慮を求められるようになりました。昨年、障害者差別解消法の施行に向けて研修会を開催しましたが、あらためて法律の概要について再確認し、事例検討しながら、障がいのある人への意思決定支援をふまえた合理的配慮ができるように研修会を開催します。

主催:
名張市共生地域デザイン会議 権利擁護部会
日時:
平成28年10月15日(土) 午後1時~4時 受付開始 12時30分~
場所:
名張市教育センター 大会議室(名張市百合が丘西5番町22)
http://www.nabari-mie.ed.jp/minakuru/04_shisetu/index.html
講師:
又村 あおい 氏
全国手をつなぐ育成会連合会政策センター委員・機関誌「手をつなぐ」編集委員
日本発達障害連盟・JLニュース編集長
内容:
講義(法律の概要)・ワークショップ形式での事例検討
参加費:
無料(9月23日(金)〆切(定員(50名)になり次第受付を終了させていただきます)
申込:
参加をご希望の方は下記の電話番号に連絡し、所属と氏名をお知らせください。
問合せ:
名張市役所 障害福祉室
TEL:0595-63-7591
FAX:0595-63-4629


新座市では意思決定支援、名張市では差別解消法をテーマにお話させていただきます。どちらも近年の注目キーワードですので、お近くの方、ご関心のある方はどうぞお問い合わせくださいね。

では、今回はこれくらいに。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。