あおいさんの部屋

matamura aoi blog


テーマ:
相模原市「津久井やまゆり園」の事件を受けて、障害者団体などが声明やメッセージを公開しています。以下、参考までまとめましたのでご参照ください。

【全国手をつなぐ育成会連合会】
http://zen-iku.jp/info/release/3220.html(一般向け)
http://zen-iku.jp/info/member/3223.html(障がいのある人向け)
【日本自閉症協会】
http://www.autism.or.jp/action/
声明・自閉症の皆さま、ご家族の皆さまへ 
【全国重症心身障害児(者)を守る会】
http://www.normanet.ne.jp/~ww100092/
【日本知的障害者福祉協会】
http://www.aigo.or.jp/info/yamayurien.pdf
【きょうされん】
http://www.kyosaren.com/statement/2016/07/post-51.html
【DPI日本会議】
http://dpi.cocolog-nifty.com/website/work2/20160727_seimei.pdf
【ろうあ連盟】
http://www.jfd.or.jp/2016/07/28/pid15342
【全国精神保健福祉会連合会 (みんなねっと) 】
http://seishinhoken.jp/attachments/view/articles_files/src/b5c94193371ae9270ce6a6924307f578.pdf
【社会福祉士会】
http://www.jacsw.or.jp/05_seisakuteigen/files/016/0160726.pdf

NHKでは、上記のかなりを網羅した紹介ページを作成してくれています。

【NHK福祉ポータル】
http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/3400/249882.html#a

【首相官邸】
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201607/28kakuryokaigi.html
【神奈川県】
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f535096/
【相模原市】
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/034230.html
【アメリカ合衆国】
(ホワイトハウス声明)
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20160726-01.html
(ケネディ大使声明)
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20160726-02.html
【フランス】
http://www.ambafrance-jp.org/article10339

【読売新聞社説】
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20160726-OYT1T50134.html
【朝日新聞社説】
http://www.asahi.com/articles/DA3S12481485.html?ref=editorial_backnumber(登録が必要です)
【毎日新聞社説】
http://mainichi.jp/articles/20160729/ddm/005/070/050000c
【毎日新聞・野澤論説委員】
http://mainichi.jp/articles/20160727/ddm/002/040/058000c
【毎日新聞の特集記事】
http://mainichi.jp/ch160723576i/%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E5%8E%9F%E6%AE%BA%E5%82%B7
【東京新聞社説】
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016072702000147.html

その他、テレビでも多くの報道等がなされています。特にNHKには育成会の久保会長が出演予定です。

【日曜討論】
http://www4.nhk.or.jp/touron/
【NHKニュース】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160727/k10010610911000.html
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160729/k10010613571000.html?utm_int=detail_contents_news-related-manual_001
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160727/k10010610461000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_002
【緊急生放送 WEB連動企画 障害者施設殺傷事件(仮)】
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2016-08/08.html

何かのご参考になれば幸いです。
では、今回はこれくらいに。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
あえていつもどおりに。又村です。

神奈川県の津久井やまゆり園で起きた未曽有の事件には、本当に言葉もありません。まず何より、お亡くなりになった方のご冥福をお祈り申し上げます。また、怪我をされた方や現場にいらっしゃった方の1日も早い心身の回復をお祈り申し上げます。
又村としては、お世話になっている全国手をつなぐ育成会連合会の対応をお手伝いをさせていただくくらいしかできることがないのですが、こういう時だからこそ「いつもどおり」も大切と思い、敢えて通常の投稿をしたいと思います。

・・というわけで、今回も引き続き、障害者部会で議論された総合支援法3年後見直し議論を取り上げていきたいと思います。

【障害者部会報告書はこちらから】
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000107941.html

【障害者総合福祉法制定に向けた議論テーマ】
※ 今後は、原則としてこの順番で取り上げていきます

5 障害者の意思決定支援・成年後見制度の利用促進の在り方について
6 手話通訳等を行う者の派遣その他の聴覚、言語機能、音声機能その他の障害のため意思疎通を図ることに支障がある障害者等に対する支援の在り方について
7 高齢の障害者に対する支援の在り方について
8 障害支援区分の認定を含めた支給決定の在り方について
9 障害児支援について
10 その他の障害福祉サービスの在り方等について

(財務省が示した課題等はこちらから)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000091249.pdf
※ PDFファイルとなります

前回までで「4 精神障害者に対する支援について」が終わりましたので、今回からは、「5 障害者の意思決定支援・成年後見制度の利用促進の在り方について」を取り上げたいと思います。まず、報告書の中から「議論項目」と「報告書の報告書に示されている方向性」をご紹介いたします。

(具体的な議論項目は・・)
○ 障害者に対する意思決定支援についてどう考えるか。
 ・ 意思決定支援の定義
 ・ 支援の具体的な内容や仕組み(誰が・どの場面で・どのような障害を有する者に対し、どのように実施するのか)
 ・ 意思決定支援に係る人材育成

○ 成年後見制度の利用支援についてどう考えるか。
 ・ 現在行っている利用支援を踏まえたさらなる利用支援(費用の助成、担い手の育成・確保)のあり方
 ・ 後見・補助・保佐の適切な類型の利用に資する利用者への支援
 ・ 意思決定支援との関係
 ・ 障害者権利条約(第12条「法の前にひとしく認められる権利」)を踏まえた対応との関係


(障害者部会の報告書(案)として示されている方向性は・・)
(意思決定支援ガイドライン)
○ 意思決定支援の定義や意義、標準的なプロセス(サービス等利用計画や個別支援計画の作成と一体的に実施するなど)、留意点(意思決定の前提となる情報等の伝達するなど)等を取りまとめた「意思決定支援ガイドライン(仮称)」を作成し、事業者や成年後見の担い手を含めた関係者間で共有し、普及を図るべき
○ あわせて、意思決定支援の質の向上を図るため、このようなガイドラインを活用した研修を実施するとともに、相談支援専門員やサービス管理責任者等の研修のカリキュラムの中にも位置付けるべき
○ ガイドラインの普及に当たっては、その形式的な適用にとらわれるあまり実質的な自己決定権が阻害されることのないよう留意
○ 障害福祉サービスの具体的なサービス内容の要素として「意思決定支援」が含まれる旨を明確化すべき

(入院中の精神障害者の意思決定支援)
○ 計画相談支援や地域移行支援といった障害福祉サービスの利用に関して、意思決定支援の対応を検討するとともに、精神保健福祉法改正(平成25 年)に係る検討規定に基づく見直しの中でもさらに検討すべき

(成年後見制度の利用支援など)
○ 「親亡き後」への備えも含め、障害者の親族等を対象とし、成年後見制度利用の理解促進(例えば、支援者に伝達するために作成する本人の成長・生活に関わる情報等の記録の活用)や、個々の必要性に応じた適切な後見類型の選択につなげることを目的とした研修を実施すべき
○ 成年後見制度そのものの課題については、当部会の調査審議事項を超える
○ 障害者部会における議論の内容については、内閣府に設置されている障害者政策委員会や法務省に伝え、今後の議論に活かされるようにしていくべき


以上が、「障害者の意思決定支援・成年後見制度の利用促進の在り方について」で取り上げられた「議論項目」と「報告書に示されている方向性」となります。次回は、このテーマのまとめと将来予測をしたいと思います。

・・気持ちは落ち着きませんが、次回以降も通常の投稿を基本にしたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
着るだけ・・だと?又村です。

前々からあったらいいなあ、と思っていた「着るだけで虫除けになる服」が存在することが判明。70回洗濯して防虫効果が90%持続とのこと。普通に欲しいわ。

・・という、技術革新万歳なネタはさておき、今日は毎年の恒例となりましたNPO法人「夢かぼちゃ」と輪島市手をつなぐ育成会共催の研修会が開催されます、というお知らせです。

【夢かぼちゃ研修会 ~親子で参加できて、べつべつに学べる!~】
(開催趣旨)
今回の研修会は、親子で参加できてべつべつに学べるのが特徴です。本人向けの研修会には支援者もいるので安心。「親離れ子離れ」の一歩におススメです!
本人向けの研修会では、知的障害のある人の「本人活動支援」において国内で中心的存在である吉川かおりさん(明星大学)が「本人の声」を引き出します。
保護者・関係者向け研修では、制度のわかりやすい解説で知られる「制度王子」こと又村あおいさん(全国手をつなぐ育成会連合会政策センター委員)が障害福祉制度の超基礎から解説します。
全国的に著名なお二人が奥能登に来てくださる機会はなかなかありません。お誘いあわせのうえ、ふるってご参加ください!

主催:
NPO法人夢かぼちゃ(共催:輪島市手をつなぐ育成会)
日時:
8月20日(土) 10時30分から16時(受付は10時から)
場所:
門前保健センター別館
輪島市門前町深田21-17-1
0768-42-0114
内容:
本人向け「自分の気持ちを知ろう、話そう」
講師 吉川 かおり(明星大学)
家族・関係者向け「超基礎から学ぶ障害福祉制度」
講師 又村 あおい(全国手をつなぐ育成会連合会政策センター委員)
※ スケジュールはそれぞれで異なります。
※ おおむね、12時から13時が昼食時間です
参加費:
夢かぼちゃ会員は無料、非会員は500円
その他、昼食弁当希望の方は800円
また、終了後に懇親会があります。会費は3000円です。
申込:
夢かぼちゃ事務局(平日10時から17時まで)
電話 050-2020ー7910
申込みの〆切は8月10日(火)です。
その他:
持ち物は筆記用具です。また、申込み時に本人向け「自分の気持ちを知ろう、話そう」または家族・関係者向け「超基礎から学ぶ障害福祉制度」を選択してください。


今回は、明星大学の吉川さんと講座を分け合い、障がいのある本人向け研修会と家族・関係者向けを同時並行で開催予定です。親子で参加できるプログラムになっていますので、お近く方、ご関心のある方はどうぞお問い合わせくださいね。

では、今回はこれくらいに。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。