あおいさんの部屋

matamura aoi blog


テーマ:
フレクサトーン。又村です。

明らかに聞き慣れない名前ですが、これは楽器でして、しかもガンダム好きなら知らぬ者はいない「ニュータイプが何かを感じた時の音」を出すのだそうで。又村の耳には、確かに聞こえました。

・・という、刻(とき)の鼓動が聞こえちゃうかも知れないネタはさておき、今日も引き続き、3月6日に開催された全国課長会議の振り返りを続けます。

【課長会議の全体資料はこちらから】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigi_shiryou/

前回までで、駆け足でしたが企画課の議題が終わりまして、今日は企画課施設管理室の議題に進みたいと思います。
まずは、企画課施設管理室から。

企画課施設管理室
1 国立障害者リハビリテーションセンター等について(★)
2 独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園について(★)

【企画課施設管理室の資料はこちら】
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000076980.pdf

現在、国内には国立(運営は独立行政法人)の障害者支援施設が7か所、特に知的・発達障がいのある人への支援に特化した「国立重度知的障害者総合施設(以前の呼び名はコロニー)」が1か所あります。概要は以下のとおりです。

★国立障害者リハビリテーションセンター(身体・知的・精神対象)
・・提供サービスは自立訓練(機能訓練、生活訓練)、就労移行支援
★国立光明寮(視覚障がい)
函館視力障害センター
神戸視力障害センター
福岡視力障害センター
・・提供サービスは自立訓練(機能訓練)、就労移行支援
★国立保養所
伊東重度障害者センター
別府重度障害者センター
・・提供サービスは自立訓練(機能訓練)
★国立福祉型障害児入所施設・秩父学園
・・提供サービスは障害児入所
★国立重度知的障害者総合施設のぞみの園
・・提供サービスは障害者入所、生活介護など

この中でも、のぞみの園では、利用している人への支援だけでなく、研究事業や研修会やセミナーの主催のみならず、職員(講師)派遣なども行っており、研究テーマも今日的な内容が多数含まれています。
主な調査・研究テーマは、次のとおりです。

地域及び施設で生活する高齢知的・発達障害者の実態把握及びニーズ把握の研究
福祉の支援を必要とする矯正施設等を退所した者の地域生活支援に関する調査研究
強度行動障害支援初任者養成研修プログラム及びテキストの開発
障害者虐待の防止及び養護者・被虐待障害者の支援の在り方に関する研究
施設入所支援を活用した精神科病院等の退院促進に関する調査
知的障害者支援における支援内容の変更と情報共有の方法について(実践研究)
高齢知的障害者のグループホームにおける支援の実際(実践研究)
中年期・高齢期にさしかかったダウン症の人たちの医療のニーズの実態調査(実践研究)

また、のぞみの園で開催した主な研修会やセミナー実績は、次のとおりです。おそらく、今年度も同じくらいのペースで(テーマは少し変更されると思いますが)開催されるものと思われます。

強度行動障害支援者養成研修(基礎研修・実践研修)指導者研修
国立のぞみの園福祉セミナー
・~発達障害と性教育~
・~高齢知的・発達障害者とその支援~
・福祉サービスを必要とする罪を犯した知的障害者等の地域生活支援に向けてPart7
・福祉のサービスを必要とする罪を犯した知的障害者等の地域生活支援を行う施設職員等研修会〈中央研修会〉
・非行・犯罪行為に至った知的障害者を支援し続ける人のための双方向・参加型研修会
支援者養成現任研修
・高齢知的障害者支援コース
・矯正施設等を退所した知的障害者支援コース
・行動障害者コース
国立のぞみの園医療福祉セミナー
・うつにならない働き方~ヘルスケア・ワーカーのメンタルヘルス~

なお、職員(講師)派遣については、都道府県等が実施する研修に職員派遣を行っており、特に高齢知的障害、強度行動障害、発達障害及び矯正施設退所者支援の分野について職員派遣を行っているとのことです。興味のある方は、のぞみの園へ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

【問い合わせ先】
独立行政法人 国立重度知的障害者総合施設のぞみの園
TEL:027-325-1501(代表)
FAX:027-327-7628
URL:http://www.nozomi.go.jp
e-mail:webmaster@nozomi.go.jp

では、今回はこれくらいに。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
フライパンで炊飯。又村です。

たぶんできるんだろうなあ、とは思っていましたが、ホームページなどの情報を総合すると、普通にお米を研いで炊飯器にいれるようにフライパンに入れ、何やらかんやらもろもろ含めて20分くらいで炊き上がるらしい。本当か?炊飯器よりだいぶ早いんだが(笑)試しにやってみようかな。

・・という、典型的な興味本位で失敗するパターンなネタはさておき、今日は又村がお呼ばれの研修会などを2つご紹介いたします。

【障害児の親の茶話会ドーナツクラブ主催講演会】
卒業後のココが知りたい!~子どもの通所先・年金・親亡き後~

(開催趣旨)
学校生活が終わったら…
親がいなくなったら…
子どもの生活はどうなるの?
預かってくれる事業所がないと働けない…
我が子が大きくなって嬉しいけれど、不安や悩みもいっぱい。親は子どものために、何をどう準備しておけばいいの?
そんな不安に応えるために、いま全国の親たちからひっぱりだこの、「かながわの制度王子」又村さんが、やってきます!
いままでわからなかった事や知りたかった事が、「そうなんだ~!」と理解できること必至です。是非ふるってご参加ください。

主催:
障害児の親の茶話会ドーナツクラブ
日時:
2015年5月10日(日)13:30~16:00
会場:
茅ヶ崎市民文化会館 大会議室
http://www.chigasaki-hall.jp/koutu/
内容:
13時30分 開会あいさつ
13時40分 講演(途中で休憩あります)
(主なテーマ)
★ 子ども向けの福祉サービス、卒業後の福祉サービスって何があるの?
★ どんな福祉サービスがあるの?
★ 子どもが独立した後、お金の心配はどうやって解決するの?
15時45分 質疑応答
16時00分 終了
参加費:
無料(障がい児者とそのご家族、教職員、その他どなたでも参加可能ですが、当日先着70名で締め切ります)
※ドーナツクラブ会員のみ事前予約可
問合せ:
ドーナツクラブ・峯尾
電話 090-9959-8062(携帯電話ですのでおかけ間違えにご注意ください)


【栃木県手をつなぐ育成会・平成27年度「家族教室」(県北地区)】
(開催趣旨)
今年度の家族教室は県北地区(那須塩原)と県央東地区(真岡)で開催します。
多くの皆様のご出席のもと研修を進めたいと思いますので、参加協力のほどよろしくお願いいたします。

主催:
栃木県手をつなぐ育成会
日時:
2015年5月16日(土)13:00~15:30
会場:
那須塩原市 健康長寿センター
http://www.city.nasushiobara.lg.jp/157/2751/
内容:
12時30分 受付開始
13時00分 開会あいさつ
13時10分 講演「障害のある人が地域で暮らすために親としてこころがけたいこと」(途中で休憩あります)
(主なテーマ)
★ 障害者権利条約ってなんだろう
★ ライフステージに応じた「お金」のこと
★ お金の管理を含む、成年後見制度や信託制度のこと
15時15分 質疑応答
15時30分 終了
参加費:
無料(育成会会員以外のどなたでも参加可能です。お誘いあわせの上お申込みください)
申込期限:
平成27年5月8日(金)
問合せ:
那須塩原市手をつなぐ育成会事務局・那須塩原市社会福祉協議会地域福祉課(担当 石崎、植野)
電話 0287-37-5122
FAX 0287-36-8710
その他:
質問事項や相談したいことがありましたら申込時にご連絡ください


ということで、茅ケ崎では主に学齢期のお子さんをターゲットに、卒業進路のことや生活のために必要なお金のことをお話する予定です。一方、那須塩原市では、成人期の方をターゲットに、障害者権利条約の概要や生活のために必要なお金のことをお話する予定です。
いずれも参加費は無料ですので、お近くの方、興味をお持ちの方は、事務局さんへお問い合わせくださいね。

では、今回はこれくらいに。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
にぎり寿司メーカー。又村です。

いや、どこかにはあるだろうと思っていましたが、やっぱりありましたよ、にぎり寿司メーカー。型に酢飯を詰めてネタを置いて、最後は押し出す・・とってもアナログですが、映像で見る限り、確かにそれっぽい仕上がりになる模様。

・・という、宅配寿司の方が安上がりなのは言うたらあかんネタはさておき、今日も引き続き、3月6日に開催された全国課長会議の振り返りを続けます。

【課長会議の全体資料はこちらから】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigi_shiryou/
【企画課の資料(PDF)はこちらから】
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000076976.pdf

企画課の議題(取り上げる議題)は次のとおりです。(すでに取り上げたものは省きます)

6 身体障害者手帳制度について(★)
7 特別児童扶養手当等について
8 特別児童扶養手当の受給資格の認定に係る指定都市への権限移譲について
9 特別障害給付金制度の周知について

今回は、身体障害者手帳制度について取り上げたいと思います。

身体障害者福祉法(身障法)においては、身体障がいの定義を次のように定めています。

(身体障害者)
第四条
この法律において、「身体障害者」とは、別表に掲げる身体上の障害がある十八歳以上の者であつて、都道府県知事から身体障害者手帳の交付を受けたものをいう。
※ 別表とは、視覚・聴覚・肢体不自由など身体の部位と手帳の該当になる障がい状況を定めた表のことです

別表で手帳の交付対象とされている障がい種別は、次のとおりです。

視覚障害・聴覚障害・平衡機能障害・音声、言語機能障害・そしゃく機能障害・肢体不自由・心臓機能障害・じん臓機能障害・呼吸器機能障害・ぼうこう直腸機能障害・小腸機能障害・免疫機能障害・肝臓機能障害

上記の障がい種別ごとに、たとえば視覚障がいであれば

1級 両眼の視力の和が0.01以下のもの
2級
(1)両眼の視力の和が0.02以上0.04以下のもの
(2)両眼の視野がそれぞれ10度以内でかつ両眼による視野について視能率による損失率が95%以上のもの
3級
(1)両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
(2)両眼の視野がそれぞれ10度以内でかつ両眼による視野について視能率による損失率が90%以上のもの

のように、状態像に応じて等級が割り当てられています。

このように、身障法では身体障害者手帳(手帳)を持っていなければ「障害者」として認められない規定になっています。そのため、手帳の交付条件が「障害者」かどうかを分けることになります。
一方で、手帳の認定基準等については医学の進歩などに応じて見直しする必要があり、医学の進歩などとは異なりますが、いわゆる詐病などが社会問題になると、それを理由に認定要件を適正化することも求められるようになります。
今回の課長会議では、主に聴覚障がいの認定方法見直しについて示されています。

聴覚障がいについては、これまで聴力検査結果に基づいて専門医が聞こえのレベルを判定する方法で障がいの有無や軽重を認定してきましたが、聴覚障がいがあることを「売り」にしていた作曲家が、実は聴力を回復していた・・という報道が大々的になされた結果、これまでの判定方法を見直す動きが高まり、国では「聴覚障害の認定方法に関する検討会」を立ち上げ、認定要件を適正化を検討してきました。
新しい聴覚障がいの認定方法では、特に2級(全ろう・・聞こえのレベルがもっとも重いレベル)の診断を実施する場合には、他覚的聴力検査(ABR検査等)を実施し、その結果(実施した検査方法及び検査所見)を記載して記録データのコピー等を添付することが示されています。

その他、平成27年度中には肝臓機能障がいや視覚障がいなどの検討が予定されています。いずれも、27年度中に検討会を立ち上げる予定ですので、動向を注視したいところです。

では、今回はこれくらいに。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。