あおいさんの部屋

matamura aoi blog


テーマ:
ソフトサラダ。又村です。

なんで塩味なのに「サラダ」なのかなあ、と以前から不思議だったのですが、サラダ油をまぶして焼かれたおせんべいのことだったんですね。初めて知ったわ・・ってことは、「サラダ味のソフトサラダ」も理論的には可能ってことか(笑)

・・という、何とか記念日になりそうなネタはさておき、今日は一般財団法人ゆうちょ財団さんが提供する「知的障がい者等に対する金融教育講座」のお知らせです。

【HPはこちらから】
https://www.yu-cho-f.jp/kyotoku/literacy.html

【講座のチラシはこちらから】
https://www.yu-cho-f.jp/kyotoku/literacy_chiteki.pdf

一般財団法人ゆうちょ財団さんでは、金融相談等事業「金融教育講座」として、知的障がいのある人やご家族・支援者さん向けに「知的障がい者等に対する金融教育講座」を実施しています。

この講座、何がすごいって「日本全国どこへでも」「講演料や講師交通費などは財団負担」で講座を開けるんですね。具体的には、次のようなコンテンツが用意されているようです。

<生徒・当事者向け講座>
・「勉強しよう! お金のこと」
・「考えよう だいじなお金の使い方・まもり方」
・「お金のことをもっと知ろう」
・「お金と楽しく、仲良くなれるセミナー」
・「めざせ自立生活!しっかり管理・かしこく使おう」
・「やりくりべたのための~家計管理術レッスン~」 など

<保護者・支援者向け講座>
・「“お金”をめぐる 課題と支援を考える」
・「お金に関する問題へのアプローチと金銭管理について」
・「障がいのある子がいるご家庭の聞いておきたい“親なき後対策”」
・「障がいのある子がいるご家庭の聞いておきたい“金銭教育”」
・「知的障がいの方の障がい特性の理解に立ったコミュニケーション」
・「特別支援学校における金銭管理教育を考える」 など

ということで、特にお金にまつわる研修会をお考えの団体さんには、選択肢の1つになるのではないでしょうか。
ご担当の方からお聞きしたところ、団体の大小は問わないそうです。また、たとえば「午前中にご本人向け、午後に保護者・支援者向け」というプログラムの組み方もありえるそうです。

ただし、講師の方々との日程調整など派遣条件がありますので、まずは下記連絡先へお問い合わせください。

(お問い合わせ)
〒101-0061
東京都千代田区三崎町3-7-4
一般財団法人ゆうちょ財団 教育出版部(金融相談等事業担当)
TEL.03-5275-1811

また、ゆうちょ財団さんでは、「知的障がい者等に対する金融教育支援員養成講座」も開設しています。こちらもあわせてご覧くださいね。

【HPはこちらから】
http://www.yucho-shien.com/

知的・発達障がいのある人が地域で暮らすことを考えるとき、「お金」のことは避けて通れないポイントとなります。開催費用のこと気にせずにこうした講座を開くことができる仕組みは、とてもありがたいですね。

では、今回はこれくらいに。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゴン太君の声。又村です。

「できるかな」に出てくる不思議な生き物(?)ゴン太君ですが、つい先日、あの鳴き声(?)話し声(?)は楽器で奏でられていたことを知り、結構な驚愕っぷり。ちなみにブラジルの楽器で「クイーカ」という名前なのだそうで。

・・という、まさかタラちゃんの足音(?)も楽器なのかと勘ぐってしまうネタはさておき、今日は、内閣府がホームページで提供している「障害者施策の主な歩み」に関するお知らせです。

【HPはこちらから】
http://www8.cao.go.jp/shougai/ayumi.html

このページでは、終戦後(昭和21年)から平成25年までの、障害のある人に関する主な法制度の創設や改正などがまとめられています。
また、表の右側には主な国際的動向も掲載されていますので、見比べることも可能です。たとえば、終戦直後の昭和22年には、オランダで「障害者雇用法」という法律が制定され、障害者雇用率が「2%」とされていたことなどは、かなりビックリさせられますね。

障がいのある人に関する各種の施策は、福祉サービスだけでなく、教育分野や雇用分野、医療保険分や公共交通分野など、多岐にわたります。
また、それぞれの法律や制度にはそれなりの歴史があり、戦後の70年を振り返っても、終戦直後の児童福祉法・身体障害者福祉法の施行を皮切りに、精神衛生法(現在の精神保健福祉法)、精神薄弱者福祉法(現在の知的障害者福祉法)、発達障害者支援法など、障がいのある人の定義や手帳制度などを定めた法律が制定されてきました。

一方で、教育の分野では終戦直後の昭和22年に公布された教育基本法や学校教育法に「養護学校(現在の特別支援学校)」や「特殊教育(現在の特別支援教育)」が位置づけられていることからも分かるとおり、早い段階から取組みが進められていた分野といえます。(ただし、養護学校の義務化は昭和54年まで待たねばなりませんが)

福祉サービスの分野では、それまでの身体障害者福祉法、知的障害者福祉法、児童福祉法に基づくサービス提供の仕組みが長く続いていたことが分かります。
特に昭和45年に公布された「心身障害者福祉協会法」は、その後のコロニー設立の設置運営主体を定めたもので、翌年の「心身障害者福祉協会国立コロニーのぞみの園」の開所を皮切りに、大型入所施設が整備されることとなりました。
また、平成15年度からスタートした支援費制度によって利用契約の仕組みが導入され、平成18年からスタートした障害者自立支援法によって、精神障がいのある人も含めて法律上の一元化が図られたことを考えると、行政主導型のサービス提供体制が長く続いていたことが分かります。

その他、就労の分野、権利擁護の分野などについても主な法制度の成立や改正が年表形式で紹介されていますので、ご興味のある方はご覧くださいね。

では、今回はこれくらいに。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
チョコがヤバい。又村です。

最近読んだ雑誌に、チョコの原材料となるカカオの生産量がガタ落ちしているという記事があり、このままでいくとチョコレートは庶民のお菓子ではなくなってしまうのだとか。
チョコなら黒も白も好きなので、だいぶショック。

・・という、ガセであることを祈るばかりのネタはさておき、今日は、それぞれ間近に迫った「国際デー」(毎年定められた日に、特定の事項に対して、特に重点的問題解決を全世界の団体・個人に呼びかけるための日。国際デー当日や前後には、世界各地で記念行事が行われています)を2つご紹介いたします。

まず、3日後に迫った「世界ダウン症の日」から。
ほとんどのダウン症がある人たちには“21”番目の染色体が“3”本あることから「3月21日」が「世界ダウン症の日」として定められたそうです。

【世界ダウン症の日】
(HPはこちらから)
http://www.jdss.or.jp/321/about.html
(趣旨)
2004年に世界ダウン症連合(DSI=DOWN SYNDROME INTERNATIONAL:本部はイギリスのロンドン)が制定し、2006年から「世界ダウン症の日」が始まりました。
2012年から国連が国際デーの一つとして、3月21日を「世界ダウン症の日」として制定しました。
ダウン症のある人たちとその家族、支援者への理解がより一層深まり、ダウン症のある人たちがその人らしく安心して暮らしていけるように、さまざまな啓発のイベントを通して世界中の人々に訴えていくための日です。
(ダウン症とは)
正式名称は「ダウン症候群」で、1886年にダウン症についての考察を初めて発表したイギリスの眼科医、ジョン・ラングドン・ダウン博士の名前に因んでいます。どの国にも800人から1,000人に1人の割合で生まれます。染色体の突然変異によって起こり、通常、21番目の染色体が1本多くなっています。

(21トリソミー)。
ダウン症のある人の特徴として、筋肉の緊張度が低く、多くの場合、知的な発達に遅れがみられます。発達の道筋は通常の場合と同じですが、全体的にゆっくり発達します。心疾患などを伴うことも多いのですが、医療や療育、教育が進み、最近ではほとんどの人が普通に学校生活や社会生活を送っています。
(2015年のイベント)
※ チケットは完売しているそうです
<JDS主催 世界ダウン症の日記念イベント>
STEP FORWARD TOGETHER みんなで一緒に前へ進んでいこう 2015
「夢だなんて、思ってない。」
JDSは2015年も、3月21日(土・祝)に東京で「世界ダウン症の日」記念イベントを開催します。
21日を中心に、3月の「ダウン症啓発月間」を全国規模で盛り上げていきましょう!!
●日時:3月21日(土)  12:30開場/13:00開演(16:00終演予定)
●会場:かめありリリオホール (JR・地下鉄千代田線 亀有駅南口 徒歩1分)
<プログラムの主な内容>
○クロストークショー
*奥山 佳恵さん:女優、タレント(次男にダウン症がある)
*たちばな かおるさん:漫画家(長男にダウン症がある)
*玉井 邦夫JDS代表理事(長男にダウン症がある)
○JDSからのアピール
○ダウン症がある方からのメッセージ
○ゲストステージパフォーマンス
*韓国から参加のダウン症等がある方5名と日本のダウン症のある方3名の合同演奏
○公募によるステージパフォーマンス:4人と3組

その他、各地で関連イベントが開催されるようです。以下のURLからどうぞ。
http://www.jdss.or.jp/321/event2015other.html


続いて、来月2日の「世界自閉症啓発デー」のご紹介。
【世界自閉症啓発デー】
(HPはこちらから)
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/
(趣旨)
国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。
わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。
具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。
自閉症をはじめとする発達障害について知っていただくこと、理解をしていただくことは、発達障害のある人だけでなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながるものと考えております。みなさまのご理解とご支援をお願いいたします。
(自閉症を知っていますか?~誤解されやすい自閉症~)
自閉症は、「常に自分の殻に閉じこもっている状態」と考えられたり、「親の育て方が冷たかったということが原因ではないか」と思われることがありますが、これは正しくありません。
脳の発達の仕方の違いから「他の人の気持ちや感情を理解すること」「言葉を適切に使うこと」「新しいことを学習すること」などが苦手であり、一般的な「常識」と思われることを身につけることも苦手です。このため、真面目に取り組んでいても、誤解されることがあります。
なお、自閉症の人たちは、とても「純粋」で、自分の感じたままに話したり、行動したりすることがあり、感覚が過敏であったり記憶が抜群な人もいます。
このような、自閉症の人たちの行動や態度の意味を理解していただき、愛情をもって支援していただくことを願っています。自閉症の人たちは、周囲の愛情と支援によって大きく育つことができるのです。
(2015年のイベント)
世界自閉症啓発デー2015・シンポジウム
日時:2015年4月4日(土) 10:00 ~ 16:20
会場:全社協・灘尾ホール(新霞が関ビル内)
  東京都千代田区霞が関3-3-2(定員500名)
テーマ:『共に支え合う-一人ひとりのつながりが大きな輪に-』
総合司会:国沢真弓 (一般社団法人発達障がいファミリーサポートMarble)
内容:(1)開会式 10:00 ~ 10:40
  主催者挨拶・来賓祝辞・来賓紹介・国連事務総長メッセージ
   (2)シンポジウム1 10:50 ~ 12:50
  テーマ「共に支え合う-子どもの育ちをはぐくむ“輪”-」
    「良い支援は財産」子どもから大人まで確実に引き継ぎたい。出番です、市長。
  司会 寺山 千代子(日本自閉症スペクトラム学会)
シンポジスト
石坂 務(国立特別支援教育総合研究所)
國定 勇人(新潟県三条市長)
谷畑 英吾(滋賀県湖南市長)
指定発言
江口 寧子(日本自閉症協会)
日戸 由刈(日本発達障害ネットワーク)
有澤 直人(全国情緒障害教育研究会)
   (3)昼食 12:50 ~ 14:00
   (4)シンポジウム2 14:00 ~ 16:00
  テーマ「共に支え合う-暮らしと仕事を支える“輪”-」
    「暮らす」や「働く」には、練習場が必要でした。出番です、市長。
  司会 日詰 正文(厚生労働省)
シンポジスト
福本 康之(日本自閉症協会)
片岡 聡一(岡山県総社市長)
久元 喜造(兵庫県神戸市長)
指定発言
松上 利男(全国自閉症者施設協議会)
西村 浩二(発達障害者支援センター全国連絡協議会)
ソルト(日本自閉症スペクトラム学会)
   (5)閉会式 16:10 ~ 16:20
  当事者のメッセージ・主催者挨拶

また、「Light It Up Blue」という、ランドマークのブルーライトアップするイベントでは、4月2日に世界各地の有名建築物が青くライトアップされるようです。

興味をお持ちの方は、イベントへ足を運んでみてはいかがでしょうか。これを機に、ダウン症や自閉症、発達障がいへの理解が深まると良いですね。

では、今回はこれくらいに。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。