あおいさんの部屋

matamura aoi blog


テーマ:
皆さま、お疲れさまでした。又村です。

先週末に島根県で開催された「全国手をつなぐ育成会連合会」の第一回全国大会へ参加してきました。会場でご挨拶できなかった方には、大変失礼いたしました。

・・という、鷹の爪の吉田くんにはまったく及ばないネタはさておき、今日は、又村がお呼ばれの研修会に関するお知らせです。

【網走地区手をつなぐ育成会研修会】
(ブログはこちらから)
http://ameblo.jp/abaiku/entry-11928409926.html

(開催趣旨)
昨年4月からスタートした「障害者総合支援法」は、今年4月に完全施行され、障害支援区分の導入や重度訪問介護の対象拡大、グループホームとケアホームの一元化などが施行されています。
全日本育成会で「手をつなぐ」の編集委員だった又村さんのお話、その後に網走地区手をつなぐ育成会の交流会を予定しています。

(主催)
網走地区手をつなぐ育成会連絡協議会
(日時)
平成26年10月18日(土)
13時30分から15時30分(受付開始は13時から)
(会場)
北見市端野町公民館・多目的ホール
http://www.city.kitami.lg.jp/docs/7122/
(スケジュール)
13時30分から14時30分
講演
14時30分から15時30分
網走地区手をつなぐ育成会交流会
(参加費)
無料
(申込方法)
任意の用紙に所属と名前、連絡先を記入した上で、FAXで申し込んでください。なお、〆切は10月14日(火)となります
FAX番号
0157221018
(問合せ)
北見市手をつなぐ育成会
電話番号
0157618181


【愛知県知的障害者育成会・知多ブロック研修会】
(開催趣旨)
昨年4月からスタートした「障害者総合支援法」を中心に、障がいのある人に関する制度の研修会です。
特に総合支援法では、障害支援区分の導入や重度訪問介護の対象拡大、グループホームとケアホームの一元化などを取り上げます。

(主催)
愛知県知的障害者育成会・知多ブロック
(日時)
平成26年11月1日(土)
13時30分から16時00分(受付開始は13時から)
(会場)
アイプラザ半田・小ホール
http://www.city.handa.lg.jp/contents/50110000.html
(スケジュール)
13時30分から15時30分
講演
15時30分から16時00分
質疑応答
(参加費)
無料。ただし、定員は250名で、育成会会員が優先です
(問合せ)
愛知県知的障害者育成会
電話番号
0526719045


今回は、網走エリア、知多エリアともに総合支援法(特に平成26年4月施行分)をテーマにお話させていただく予定です。ご興味を持たれた方やお近くの方は、ぜひお問い合わせくださいね。

では、今回はこれにて。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
生グソ。又村です。

生グソとは、秋田のソウルフード(?)でして、初めて聞きたときは「なに?!」と思いましたが、生グレープフルーツソフトの略なんだそうです。とても美味しいようなのですが、まあ、何でも略せばいいってわけじゃないですね(笑)

・・という、チョベリバな感じのネタはさておき、今日は障がいのある人や支援者向け助成制度を2つほどご紹介いたします。

【日本財団2015年度助成金申請(通常募集)】
http://www.nippon-foundation.or.jp/what/grant_application/programs/common/

(内容)
社会福祉、教育、文化などの事業
行政の厳しい財政状況や人口減少、高齢化、少子化、教育の在り方や、地方分権等、日本はたくさんの課題を抱えながら、大きく変化しています。この変化に対応しながら、わたしたちは、一人ひとりが自分の足で立ちながら、共に支えあえる、個性豊かな活力に満ちた地域社会を作り出すことで、世界に誇れる日本を次世代に引き継ぐことを目指して、次のテーマを柱に支援します。

(1)あなたのまちづくり(つながり、支えあう地域社会)
障害者や高齢者の地域生活を支える車両の整備
市民が連携し、防災を目的に地域一帯で取り組む植樹活動
地域の特色を生かした住民を主体とした新たな地域づくり
(2)みんなのいのち(一人ひとりを大事にする地域社会)
障害者の地域生活や社会参加を支える仕組みづくり
在宅ホスピス・緩和ケア等の推進
(3)子ども・若者の未来(人を育み、未来にわたす地域社会)
学生が行うボランティア活動を全国的に広げていく取り組み
次世代の福祉を担う人材の育成
特別養子縁組の推進
(4)豊かな文化(豊かな文化を培う地域社会)
地域に伝わる伝統芸能や文化の継承と発展
障害の有無を超えた価値ある芸術作品を、社会に伝え広める取り組み

以上のうち、2015 年4 月1 日以降に開始し、2016年3月31日までに完了することを原則とします。

(募集期間)
2014年10月1日 ~ 10月31日

(対象団体等)
財団法人、社団法人、社会福祉法人、NPO 法人(特定非営利活動法人)、ボランティア団体など非営利活動・公益事業を行う団体
※財団法人、社団法人とは、一般財団法人、一般社団法人、公益財団法人、公益社団法人、特例民法法人(従来の民法により設立された公益法人)を指します。

(応募方法)
STEP1.【CANPAN団体登録】 10/30(木)23:59まで
STEP2.【申請の準備】※インターネット申請をするまでに
STEP3.【インターネット申請】 10/31(金)17:00まで

(決定時期)
2015年3月中旬から下旬までに文書をもって、採否の結果をお知らせします。 それ以前の採否のお問い合わせには、お答えできませんのでご了承ください。

(助成金額)
1件あたりの上限額: なし

(問合せ先)
公益ボランティア支援グループ
TEL: 03-6229-5161


【ヤマト福祉財団・平成27年度福祉助成金】
http://www.yamato-fukushi.jp/works/subsidy/

(趣旨)
ヤマト福祉財団は、障がいのある方々の収入が増えれば豊かで幸せな人生の夢が実現すると信じ、福祉施設が「経済的自立力」を兼ね備えることが、障がい者の望む「夢の福祉」であると考えています。そこでヤマト福祉財団は、福祉施設の方々へのお手伝いとして、「経済的自立力」向上のため新規事業の立上げや生産性向上に必要な設備や機器の購入を支援する助成金事業を行っています。
本年度は応募期間を変更して「障がい者給料増額支援助成金」ならびに「障がい者福祉助成金」の募集を開始します。応募される施設・団体は、募集要項をご精読のうえ、希望の助成金申請書に記入し、期限までに提出して下さい。
募集要項はPDFファイルでもご覧いただけます。

I.障がい者給料増額支援助成金
1.ジャンプアップ助成金
(内容)
すでに障がい者の給料増額に一定の実績がある施設・事業所に対し、更に多くの給料を支払うための事業資金のうち、不足する自己資金の一部として定額500万円を助成します。
(1)助 成 金 定額500万円
(2)助成件数 最大15件程度
(3)助成対象
・障がい者の給料増額のモデルケースに成り得る、より本格的なしくみを取り入れた事業
・総事業費500万円以上の事業を対象にします
・現在ある備品等の代替費用は対象になりません

(対象)
(1)平均工賃一人当り既に月額2万円以上支給していること
※年間給料総支給額÷(施設定員×12ヶ月)で試算した月額平均2万円以上支給していれば可
(2)平成25年4月から1年間の給料支給実績が無い事業所・施設は対象になりません
(3)平成28年3月までに整備を完了し、助成金を受給すること
(4)助成対象となる事業所・施設
就労継続支援A型事業所・就労継続支援B型事業所・福祉工場・地域活動支援センター・生活介護事業所
※地元の信用金庫等から融資を受ける事業を優先的に助成します

2.ステップアップ助成金
(内容)
ステップアップ助成金は、障がい者の給料増額に努力し、全国平均以上の給料支給実績がある施設・事業所に対し、更に多くの給料を支払うための事業の開始、設備の導入などに支援します。
(1)助 成 金 上限200万円
(2)助成件数 最大30件
(3)助成対象
・障がい者の給料増額に効果的な事業、設備に限ります
・現在ある備品等の代替費用は対象になりません

(対象)
(1)厚生労働省発表の平成24年度全国平均工賃額14,190円以上を 支給していること。
※年間給料総支給額÷(施設定員×12ヶ月)で試算して全国平均14,190円以上支給していれば可
(2)平成25年4月から1年間の給料支給実績が無い事業所・施設は対象になりません
(3)平成28年3月までに整備を完了し、助成金を受給すること
(4)助成対象となる事業所・施設
就労継続支援A型事業所・就労継続支援B型事業所・福祉工場・地域活動支援センター・生活介護事業所

II.障がい者福祉助成金
(内容)
下記の助成対象事業に該当する助成金を「障がい者福祉助成金」とします。対象となる事業を1つ選択して応募してください。
(1)助 成 金 上限100万円
(2)助成件数 最大10件
(3)助成対象
会議・講演会・研修・出版・啓発・調査・研究・スポーツ・文化事業・活動に対する助成

(対象)
平成28年2月15日までに完了する事業に限ります

(応募方法)
1.提出書類
(1)障がい者給料増額支援助成金を申請する施設・事業所
「1.ジャンプアップ助成金申請書」
「2.ステップアップ助成金申請書」
いずれかの申請書を使用し、必要事項を記入のうえ資料を添えて提出してください
※ 申請書と記入例はホームページからダウンロードしてください

(2)障がい者福祉助成金を申請する団体・事業所
「3.障がい者福祉助成金申請書」
を使用し必要事項を記入のうえ資料を添えて提出してください(対象となる事業・活動はいずれか1つを選択してください)
※ 申請書と記入例はホームページからダウンロードしてください

2.添付資料
(1)障がい者給料増額支援助成金
(1)企画書 (書式自由 具体的な売上・給料増額計画をA4用紙3枚程度にまとめたもの)
(2)平成25年度の収入・給料支給実績、平成26年度、平成27年度、平成28年度の収入・給料支給計画(別紙 障がい者給料増額支援助成金 添付資料NO.1・NO.2を使用)
添付資料 No.1
添付資料 No.2
※ 添付書類と記入例はホームページからダウンロードしてください

(3)平成25年度工賃実績報告書のコピー(利用者の給料支給実績を都道 府県へ提出している事業所)
(4)平成25年度の給料総支給額と定員数がわかる書類のコピー(利用者の給料支給実績を都道府県へ提出していない事業所)
(5)平成25年度収支決算書コピー(就労支援会計と福祉会計の収支が記載されたもの)
(6)見積書・パンフレットなど価格のわかる資料

II.障がい者福祉助成金
企画書・スケジュール・費用積算表(書式自由、A4用紙に限ります)

(応募期間)
平成26年11月1日(土) ~ 平成27年1月10日(土)(当日消印有効)

(決定時期)
財団の選考委員会で選考し、その結果を平成27年3月下旬に文書にて通知します(ホームページに掲載)

(提出・問合せ先等)
提出先
〒104-0061 東京都中央区銀座2-12-18 ヤマト銀座ビル7階
公益財団法人ヤマト福祉財団 助成金事務局あて
問合せ先
電話 03-3248-0691
FAX 03-3542-5165
公益財団法人ヤマト福祉財団 助成金事務局


今回は以上です。助成金はハードルが高そう・・と思っている方もおられるかも知れませんが、事業の立ち上げやイベントの開催などに活用できるものがたくさんあります。日本財団さんでは定期的に助成金情報を提供していますので、リサーチしてみてはいかがでしょうか。

【日本財団の助成金情報】
http://fields.canpan.info/grant/

では、今回はこれくらいに。興味のある方はお問い合わせくださいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
そうめんと冷麦。又村です。

まだまだ暑いし、そうめん食べたい!いやいや、冷麦!・・あれ?こいつら何が違うんだっけ?と思って調べてみたら、なんと麺の太さなんだそうで。簡単にいうと、細いと「そうめん」太いと「冷麦」、もっと太いと「うどん」とか「きしめん」になるらしい。

・・という、イタリアにおけるパスタの細かすぎる呼称は決して笑えないネタはさておき、久しぶりの更新となりましたが、今回から新ネタです。
これまで3月に開かれた全国課長会議で気になった点をまとめてきましたが、あまりにもノンビリ進めてきたので、他にもいろいろな検討会が開催され、報告書などがまとめられています。

本来であれば、その一つひとつを振り返りたいところなのですが、時間的に不可能なので、今回と次回に分けて、今年の3月くらいならこれまでの間に開かれた主な検討会などをご紹介したいと思います。
今のところ紹介を予定している検討会等は、次のとおりです。一部はまだ議論継続中だったりしますが、その場合はできるだけ最新の情報でまとめたいと思います。ご参考まで、各検討会等のメインページURLを貼り付けますので、お急ぎの方は直接チェックしてくださいね。


【厚生労働省】
障害児支援の在り方に関する検討会
※ これについては詳しく取り上げますので、今回はパスします
(検討会)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syougai.html?tid=175271
(報告書)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000050945.html

長期入院精神障害者の地域移行に向けた具体的方策に係る検討会
※ すでに報告書が提示されています
(検討会)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syougai.html?tid=141270
(とりまとめ)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000051136.html

障害福祉サービス等報酬改定検討チーム
※ 現在も議論中途です
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syougai.html?tid=199442

改正障害者雇用促進法に基づく差別禁止・合理的配慮の提供の指針の在り方に関する研究会
※ すでに報告書が提示されています
(研究会)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syokuan.html?tid=157916
(報告書)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000047446.html

難病医療費助成対象検討会(総合支援法の対象も)
※ 現在も議論中途です
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syougai.html?tid=212409


【文部科学省】
インクルーシブ教育システム構築支援データベース(インクルDB)
※ 国立特別支援教育総合研究所の情報提供ページです
http://inclusive.nise.go.jp/

中央教育審議会初等中等教育分科会特別支援教育の在り方に関する特別委員会報告1(共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進)
※ 上記の参考資料として
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/siryo/attach/1325881.htm


【内閣府】
障害者政策委員会
※ 障害者差別解消法の基本方針に関する議論中途です
※ 議事録公開までは動画を公開しています
(第13回)
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/seisaku_iinkai/


では、今回はこれくらいに。次回以降、上記の検討会等について概要をご紹介したいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。