あおいさんの部屋

matamura aoi blog


テーマ:
相鉄に特急。又村です。

神奈川県に住んでいる人でも、県央地域でないとなかなか乗車機会がない相鉄線ですが、なんと今年から「特急」を新設!途中停車駅は驚きの大和・二俣川のみ!海老名から横浜まで25分!!いやあ、来年には東部方面線も開通するし、相鉄はじまったな。

・・という、ご愛読くださっている方の9割以上には通じないネタはさておき、今日は、又村がお伺いする、三重県知的障害者福祉連盟の大会開催のお知らせです。

【連盟事務局である育成会のホームページはこちらから】
http://www12.ocn.ne.jp/~oyanokai/

第48回三重県知的障がい者福祉大会
(開催趣旨)
昨年度、障害者総合支援法が施行されました。
知的障害者にとってはかかせない意思決定支援は、付帯決議の中でも関心の高い分野です。
また、今年度中に策定が求められています全サービス利用者にサービス等利用計画の策定が思うほども進んでいません。県内、市町の状況も年度末までに間に合うのか危惧されるところがあり、地域間格差がさらに拡がっています。
障害者の権利擁護の面では、「障害者の虐待防止、障害者の擁護者に対する支援等に関する法律」平成24年10月施行、国連の「障害者の権利に関する条約」が本年2月19日発効、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」が平成25年6月成立し、平成28年度から施行されます。
めまぐるしく変わる障害に関わる様々な法律の見直しや制定が進められています。
そのような社会の動きの中で、知的障害者がどこで暮らそうとも当たり前に地域の一員として存在が認められる社会の実現を願って、本大会を開催するものです。

(スローガン)
ともに育ち ともにくらし 自分らしく生きる

日時
平成26年9月7日(日)
13:00~16:00

会場
伊勢市ハートプラザみその(伊勢市御園町長屋2767)多目的ホール
電話:0596-22-6602
http://www.city.ise.mie.jp/4335.htm

日程
12:00 ~ 13:00 受付
13:00 ~ 14:00 式典
14:00 ~ 14:10 休憩
14:10 ~ 16:00 記念講演
式典
①開式のことば
②主催者あいさつ
③歓迎のことば
④表彰
⑤来賓祝辞・祝電披露
⑥大会宣言
⑦閉式のことば

記念講演(講演題は、仮称です)
「障害者の意思決定支援」~重度の方の意思の尊重と権利擁護~
講師 又村 あおい氏
前・全日本手をつなぐ育成会 政策開発研究センター委員
機関誌「手をつなぐ」編集委員
平塚市手をつなぐ育成会 会員

参加費
500円

申込み
連盟事務局へ文書・FAXにて、氏名・所属団体・地域会名又は勤務先(施設・学校等)をお知らせください。

主催
三重県知的障害者福祉連盟
事務局
〒514-0811
津市阿漕町津興205番地2
三重県知的障害者育成会内
電話:059-225-3930
FAX:059-225-3935
構成団体
三重県知的障害者福祉協会
三重県特別支援教育研究会
㈶三重県知的障害者育成会

共催
三重県知的障害児者生活サポート協会


公共交通機関ご利用の方へ

伊勢市駅前 和食のさと前バス停から、会場に直行するマイクロバスが出ます。
ご利用の方は、伊勢市駅JR側改札口で係員待機しておりますので、12時10分までにお集まりください。なお、マイクロバスの発車時刻は12時20分を予定しております。送迎バスは、この一便のみです。
送迎バスをご利用の方は、申込時にお申し出ください。


・・というわけで、今回は「意思決定支援」を中心にお話したいと思います。事務局さんのご好意により、興味をお持ちの方はどなたでも参加可能となっておりますので、よろしければ、お申込みくださいね。


では、今回はこれにて。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
通勤より混んでる。又村です。

先日、よせばいいのにGWの観光地へ、観光以外の目的で向かったのですが、鉄道は間違いなく通勤ラッシュより混んでいました。みんなで遊びに行くなら、混雑もまた楽しいのか、殺伐とした雰囲気ではなかったですが(笑)

・・という、通勤ラッシュは殺伐としていることを間接的に明かしてしまったネタはさておき、今日は、平成25年度の使用者による障害者虐待の状況等が取りまとめられました、というお知らせです。

【HPはこちらから】
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000051485.html

平成24年10月からスタートした障害者虐待防止法(以下、虐待防止法)では、障がいのある人が受けた虐待事案について毎年度取りまとめて公表することとなっています。
そして、虐待防止法では「1養護者(家族)」「2障害者福祉施設従事者等(支援者) 」「3使用者(雇い主や会社同僚など)」の3類型が虐待してしまう(かも知れない)人と定義しているのですが、1・2は福祉サイドになるので障害福祉課、3は労働サイドになるので労働紛争処理業務室が取りまとめることになっています。そのため、今回は労働サイドにおける障害者虐待の状況等の取りまとめ・・ということになります。

【ご参考まで、平成24年度における1・2の取りまとめはこちらから】
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000028282.html

昨年の例でいくと、1・2については11月くらいに取りまとめ結果が公表されるものと思われます。

さて、それでは公表された「平成25年度の使用者による障害者虐待の状況等」の概要を見ていきましょう。

【全体をご覧になる場合はこちらから】
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10401000-Daijinkanbouchihouka-Chihouka/0000051484.pdf


○ 労働局(労働分野における障害者虐待の相談窓口)に寄せられた使用者による障害者虐待の通報・届出の事業所は、全体で775事業所
○ 通報・届出の対象となった障害者は、全体で998人
○ 虐待の類型ごとの内訳は、次のとおり
 ・ 身体的虐待 136
 ・ 性的虐待 27
 ・ 心理的虐待 369
 ・ 放置等 71
 ・ 経済的虐待 619
○ 実際に使用者から何らかの虐待を受けていた障がいのある人(被虐待者)は393人
○ 障がい種別でみると、身体 57人、知的 292人、精神 56人、発達 4人
○ 虐待の類型ごとの内訳は、次のとおり
 ・ 身体的虐待 27
 ・ 性的虐待 7
 ・ 心理的虐待 47
 ・ 放置等 5
 ・ 経済的虐待 345
○ 直接虐待を行っていた者の内訳は、次のとおり
 ・ 事業主 215人(82.7%)
 ・ 所属の上司 29人(11.2%)
 ・ 所属以外の上司 2人(0.8%)、
 ・ その他 14人(5.4%)
○ 虐待が発生した事業所の規模は、次のとおり
 ・ 5人未満 45(17.8%)
 ・ 5~29人 129(51.0%)
 ・ 30~99人 48(19.0%)
 ・ 100~499人 17(6.7%)
 ・ 500~999人 1(0.4%)
 ・ 1,000人以上 0(0.0%)
 ・ 不明 13(5.1%)

今回の結果を見ると、労働分野における障害者虐待のうち、実際に「虐待」と認定されている事例の多くが経済的虐待であることに気づきます。そして、詳細をチェックすると、その多くが最低賃金法関係となっており、つまり障がいのある人を不当な低賃金(最低賃金を下回るような賃金)で働かせている事例が多いようです。これについては、いわゆる「最低賃金の減額(除外)」との関係性もあり、今後も注視が必要と思われます。

【最低賃金についてはこちらをご参照ください】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/chingin/minimum/minimum-01.html

一方、相談件数としては369件が計上されているものの、実際に虐待として認定されたのは47件にとどまっている「心理的虐待」については、認定の難しさも含めて、考えさせられる結果となりました。
取りまとめ結果の中にある具体例でも、明らかな暴言を言われていた事例が紹介されていますが、逆に話しかけても返答しないなどの問題行為も存在すると思われますので、少なくとも相談として受け付けた事例の分析などが期待されます。


では、今回はこれくらいに。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
サクマ式ドロップスとサクマドロップス。又村です。

普段何気なく食べている(舐めている)缶入りドロップですが、最近になって「サクマ式ドロップス」と「サクマドロップス」があること知り、しかも味が微妙に異なることを知りました。ちなみに、「サクマ式」にはブドウとチョコが入っており、「サクマ」にはメロンとスモモが入っているのだそうで。


・・という、そう言われればそうだったわ的なネタはさておき、今日は多くの方からお問い合わせをいただいております「あたらしいほうりつの本」の内容や注文方法などについて、又村が分かる範囲でお知らせいしたいと思います。

(内容について)
良くお問い合わせいただくのが「これまで「手をつなぐ」で連載されたものと同じなのですか?」というもの。特に「手をつなぐ」のバックナンバーをお持ちの方には気になるところかと思います。
本の内容については、「手をつなぐ」の連載をベースとしつつ、内容を大幅に追補・修正してあります。たとえば、各種サービスや手当などの申請手続きのながれや障害者年金、成年後見制度に関するコンテンツなどは、追補してあります。
一方、障害程度区分が「障害支援区分」へ変更されたり、重度訪問介護の利用対象に重度の発達障がいが加わったりした制度変更など、連載時点の内容から修正して掲載しています。
さらに、巻末にはこの間の制度変更をまとめたページもご用意しました。(この部分はイラストなどがないので、少し取り付きにくいのですが)前書きやあとがきなども含めると、だいたい半分くらいは追補・修正したかな、と思います。もちろん、新作イラストも多数お願いしました。

(注文について)
全日本手をつなぐ育成会が社会福祉法人格を返上したことに伴い、冊子類の頒布も含めて混乱していた時期がありましたが、現在は(公社)日本発達障害連盟さんのご協力により、全日本手をつなぐ育成会のホームページからの注文が可能となっています。

【注文ページはこちらから】
https://wx04.wadax.ne.jp/~ikuseikai-japan-jp/publish/book

以下、ホームページからの抜粋です。

書籍販売について
全日本手をつなぐ育成会発行の書籍は、2014年5月14日より、公益社団法人日本発達障害連盟が販売代行者となっております。このため、本ページからのご注文内容は日本発達障害連盟に送信されます。お客様の個人情報につきましては全日本手をつなぐ育成会では保持せず、日本発達障害連盟にて厳重に管理いたします。
なお、販売の取り扱いが一部変更となっております。ご理解の上ご注文ください。ご不明な点につきましては、日本発達障害連盟までお問い合わせください。

公益社団法人日本発達障害連盟
お問い合わせ
電話番号:03-5814-0391
ファクス番号:03-5814-0393

お支払いについて
代金は、商品に同封された郵便振替用紙を使って、到着後15日以内に郵便局にてお支払いください。または、指定の銀行口座にお振込みください。手数料はお客様負担とさせていただきます。

送料について
送料は、梱包のサイズ・個数に応じて実費で頂戴いたします。発送方法は宅急便(¥380~実費)と一部商品につきましてゆうメール(¥82)での発送を承っております。ご希望の発送方法をお選びください。
なお、ゆうメールをご利用のお客様におかれましては、以下の注意事項をご了承頂きましたものとして商品を発送させていただいております。あらかじめご了承頂けない場合は必ず宅配便をご利用ください。なお、購入金額2000円以上の送料無料サービスは終了いたしました。


また、「障害者関係専門書店」として有名な「スペース96」さんでも、取扱ってくださっています。

【スペース96のホームページはこちらから】
https://www.space96.com/php/user/index_read.php?store_id=space96

【あたらしいほうりつの本のページはこちらから】
https://www.space96.com/php/user/item_detail.php?store_id=space96&flow_id=oGha2M&from_page_id=keyword_list19283900&youto_kbn=1&andor=and&item_cd=s14042404

【注文のながれはこちらから】
https://www.space96.com/php/user/index_read.php?store_id=space96&base=howtobuy&flow_id=oGha2M&from_page_id=index_read17932200


これまで、注文しようと思ったのに問合せ先も不明でご迷惑をおかけしてしまった方もいらっしゃるかと思います。申し訳ありませんでした。
もしよろしければ、上記の方法でご注文いただくことができますので、興味をお持ちの方はページを覗いてくださいますと幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。