あおいさんの部屋

matamura aoi blog


テーマ:
なぜかノドにくる。又村です。

いよいよ、木々が景気良く花粉やら何やらを振りまく季節がやって参りました。又村は、今のところ目も鼻もほとんど問題ないのですが、なぜかノドが痛くなります。それこそ、扁桃腺が腫れたかと思うくらいなんですよね。しかも朝方だけ。

・・という、だからといって花粉が原因とは決して認めないネタはさておき、今日は又村がお世話になっている全日本手をつなぐ育成会が行っている、独立行政法人福祉医療機構の助成金研究事業「知的障害児者を含む世帯の「孤立死」を防ぐ事業・知的障害のある人のいる世帯の「孤立死」のリスクに関する調査」のご紹介とご協力のお願いです。


【調査趣旨】
全日本手をつなぐ育成会では、社会的な問題として関心を集めている、知的障害のある人のいる世帯でのいわゆる「孤立死」の問題について「孤立死」に至るリスク要因の分析を主とする研究事業を行ってまいりました。
その一環として、今年度は独立行政法人福祉医療機構より助成金を受け、行政機関や相談支援事業所等での活用を念頭に、知的障害のある人を含む世帯の「孤立死」のリスク度合いをはかるチェックリストの作成を進めております。
入力いただいた情報は上記研究事業において、チェックリスト作成の基礎資料として活用させていただきますが、個人のお名前や住所地等は収集せず、また個人が特定されない形で分析・管理させていただきます。また、個々の回答が公表されることはありませんし、この回答を本研究の目的以外で使用することはありません。
お忙しいところお手数おかけしますが、本研究事業の趣旨をご理解いただき、多くの皆様に入力いただけますと幸いです。よろしくご協力賜りますようお願い申し上げます。

【調査票のHPはこちらから】
http://ikuseikai-japan.jp/info/release/2492.html


調査については、知的障害のある人を含む世帯の「孤立死」のリスク度合いをはかるチェックリストの作成を目的としていますので、ご自身のことを回答していただくのではなく、日ごろの育成会活動や知的障害者相談員活動の中などで感じる【孤立死のリスクが高いと思われるケース】と【それ以外のケース】を5件くらいずつ抽出してお答えいただくイメージとなります。(5件より少なくてもOKですが、できるだけ両方のケースが同数になるようにしていただけると幸いです)

なお、今回の調査では、孤立死のリスクが高い状態を次のとおり定義しています。

【孤立死のリスクが高い状態】
本調査で対象とするのは、障害のある人のいる家庭(独居も含む)の「社会的孤立」に伴う心身上のリスクです。障害のある人のいる家庭において、社会との接点が乏しいことに加え、養護者の疾患等の発生により障害のある人の生命・健康が危険にさらされる状態を、本調査では「孤立死の可能性のあるハイリスク状態」とします。

また、今回の調査は事前に育成会からお声かけした相談支援事業所などの方々と、オープン参加でご協力くださる方が混在しますので、もしこの投稿をご覧になってご協力いただける場合には、お手数ですが調査ページの「一般の方はこちらから」をクリックしてご回答ください。


いろいろと細かい条件が付いてしまい恐縮ですが、立川市や札幌市で起きてしまったような悲しい出来事をできるだけなくしていくことができれば・・という思いでスタートした研究事業ですので、お力添えいただけます方がいらっしゃいましたら、ご協力のほどお願い申し上げます。

では、今回はこれくらいに。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
0時30分までカラオケ。又村です。

先日、研修会でお招きいただいた岩沼市で、懇親会のカラオケを深夜0時30分まで熱唱してしまいました。もちろん終電もなく、事務局さんに宿まで送っていただくことに・・地元の神奈川でもありえないほど盛り上がってしまいました(笑)

・・という、これで一滴も酒が飲めないっていうんだから自分でもビックリなネタはさておき、今日も国連の「障害者の権利に関する条約(障害者権条約)」が批准されました!というお知らせ(前回の続き)です。

【外務省のHPはこちらから】
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinken/index_shogaisha.html

前回は、主にメディアで取り上げられた内容をお伝えしましたが、今回は、簡単に世界各国における権利条約の批准状況などについて。



障害者権利条約は、平成19年に国連で採択された条約で、これまでに139カ国が批准(条約の仲間入りをすること)しています。日本は140番目の批准国ということですね。(実際にはヨーロッパ連合(EU)も批准しているので、国家連合まで含めると141番目となります)

これまでの批准国をみてみると、スウェーデンやデンマークなどの、いわゆる「福祉先進国」が含まれているのは当然として、アジア諸国、アフリカ諸国など、経済的には発展途上の国も多数批准しているのが目に止まります。実際のところはリサーチしていないので何とも言えませんが、おそらく、まずは条約を批准して、国連とも連携しながら少しずつ障がいのある人への支援を拡充させていこう・・という意図ではないかと推測しています。

条約の批准には、まず国会における承認が必要となります。仲間入りの意思表示をするかしないかは、政府(国の役所)が勝手に決めて良いわけではなく、国民の代表である国会が決めるわけです。
これが、昨年の12月に終わり、あとは政府として実務的な批准手続きを残すのみとなっていました。それが1月20日に行われた・・ということですね。
ちなみに、日本国内で効力を発揮するのは、一ヶ月後の2月19日からとなります。

これで、ようやく日本も障害者権利条約の批准国となりました。
しかし、条約の仲間入りをしたからといって万事解決!ではありません。
今後は、定期的に国連へ条約に基づく取組みを報告し、チェックを受けることになります。もしもそこで対応が不十分な部分が見つかれば、指摘(ひどい場合は勧告)されることになります。
その意味では、これから権利条約がどのように活かされていくのか、関係する人々が関心を持ち続けていくことが大切です。


では、障害者権利条約の批准はこれにて終了です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
湯治宿大好き。又村です。

すでに無理の温泉(共同湯)好きであることはカミングアウト済みですが(笑)最近はお宿も湯治宿があれば、多少遠くとも泊まりに行くように・・徐々に鉄道並みのマニア度になっています。

・・という、そのうち研修会場が湯治宿になりかねないネタはさておき、今日はついに国連の「障害者の権利に関する条約(障害者権条約)」が批准されました!というお知らせです。

【外務省のHPはこちらから】
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinken/index_shogaisha.html


今回は、各報道機関のサイトから。例によって、閲覧期間が限られていますので、チェックはお早めに。

【産経新聞】
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140121/erp14012108540000-n1.htm

障害者条約で批准書 来月から日本でも効力

日本の吉川元偉国連大使は20日、障害者への差別を禁止する障害者権利条約の批准書を国連に提出した。これで締結の手続きが正式に完了し、日本でも同条約の効力が2月19日から生じる。
同条約にはこれまで139カ国のほか欧州連合(EU)が加わっており日本は141番目。
吉川大使は「条約の完全な履行に向け努力を続ける」と述べて国連の担当者に批准書を手渡した。記者団に、141番目になったのは「誇れることではないが、これから模範的な(同条約)締約国となって遅れを取り戻したい」と話した。
同条約は、障害者に健常者と同じ権利を保障し、社会参加できるような措置を締約国に求めている。昨年6月に障害者差別解消法が成立して国内法整備が完了、同12月に国会が同条約を承認・・などと伝えています。

【NHK】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140121/k10014638591000.html

障害者権利条約 日本140番目の締約国に

障害者の尊厳と権利を保障することを目的とした、国連の障害者権利条約が、去年、国会で承認されたことを受けて、日本の国連大使が国連に条約の批准書を提出し、日本が140番目の締約国となりました。
2006年に国連総会で承認された「障害者権利条約」は、障害に基づくあらゆる差別を禁止することや、障害者の社会参加を促進することを定めていて、これまでに139か国とEU=ヨーロッパ連合が批准しています。
日本は2007年に条約に署名しましたが、国内の法律が整備されていなかったことから、去年、障害者への差別をなくす法律を成立させたうえで、国会が条約を承認しました。
ニューヨークの国連本部では20日、吉川元偉国連大使が国連法務局のビジャルパンド課長に条約の批准書を提出し、日本は正式に140番目の締約国となりました。
吉川国連大使は「国内法を整備するために批准に時間がかかったが、障害者の権利が守られることで、東京オリンピックやパラリンピックを迎えるうえでも大きな意義があると思う」と述べ、条約の批准の意義を強調・・などと伝えています。

【朝日新聞】
http://www.asahi.com/articles/ASG1P1TDTG1PUHBI001.html

国連の障害者権利条約、日本が批准 発効5年でやっと

日本政府は20日、障害者の差別禁止や社会参加を促す国連の障害者権利条約を批准した。条約発効から5年余りでようやく日本の批准が実現した。2月19日から日本でも効力が生じる。
吉川元偉・国連大使が20日、国連本部を訪れ、批准書を国連のビジャルパンド条約課長に手渡した。
国連によると、日本の批准は世界141番目(欧州連合を含む)。中国や韓国などはすでに批准しており、吉川大使は「たいへん長い時間がかかってしまい、国際的に誇れることではないが、模範的な締約国となれるべく努力していきたい」と語った。
同条約は2006年12月に国連総会で採択され、08年5月に発効。「障害に基づくあらゆる差別」の禁止や、障害者の権利・尊厳を守ることをうたう。締結国は障害者が公共施設を使いやすくするなど、さまざまな分野で対応を求められる。
日本では昨年6月に障害者差別解消法を成立させるなど国内法を整備し、同12月、条約の承認案が国会で正式承認され、批准が実現・・などと伝えています。


ちなみに、記事によって「141番目」と「140番目」が混在しているのは、ヨーロッパ連合(EU)を含めるかどうかの違いです。EUは国ではないので、批准そのものの順番でいうと141番目なのですが、批准国の順番でいうと140番目になるわけです。


・・というわけで、今回はこれくらいに。次回は、権利条約批准までの流れなどをまとめたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。