あおいさんの部屋

matamura aoi blog


テーマ:
シャンプーにボディソープ。又村です。

先日、久しぶりに我ながら唖然とするミスをやらかしまして、シャンプーが少なくなったな・・と思い、リフィルを投入!したのは良かったのですが、それはボディソープでした(笑)

・・という、(笑)じゃねえだろ!的なネタはさておき、今日も9月24日に開催された社会保障審議会の障害者部会で示された資料などから、気になった点を取り上げていきたいと思います。

【第51回障害者部会の資料はこちらから】
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000023963.html


今回は、(4)地域移行支援の対象拡大について の3回目ということで、実際の変更内容を取り上げたいと思います。

【拡大される施設など】
(刑務所系)刑務所、少年刑務所、拘置所、少年院、出所後に一定期間入所する更生保護施設(自立準備ホーム、自立更生促進センター、就業支援センター)
(生活保護法施設系)救護施設、更生施設

もともと、総合支援法の法律上の規定では、地域移行支援の対象を「入所施設」「精神科病院」に加えて「その他の地域における生活に移行するために重点的な支援を必要とする者であって厚生労働省令で定めるもの」となっていました。
この具体的な内容として、前回ご紹介した刑務所などのほか、生活保護法で規定される入所施設のうち、障がいのある人が入所することになっている「救護施設」や「更生施設」を対象としたものです。


【刑務所などを出所する場合】
刑務所などでの出所に向けた支援のうち、施設内で行わるものは、すでに保護観察所や地域生活定着支援センターとの連携により行われているため、地域定着支援の対象となるのは、刑務所などの長が「施設外で障害福祉サービスの体験利用や体験宿泊などを実施することが可能である」と認めた人に限られる見込みです。
具体的には、刑務所などの職員が同行して対応できる人、あるいは職員の同行なしでの外出や外泊を許可した人・・になりそうです。


【刑務所などを出所後の場合】
刑務所などから出所した人のうち、全員ではありませんが必要性が認められた人は「更生保護施設」という施設に入所することがあります。

更生保護施設の概要はこちらから
http://www.moj.go.jp/hogo1/kouseihogoshinkou/hogo_hogo10-01.html

この施設からの地域移行についても、刑務所などから地域移行する場合と同じく住まいの確保などに支援を要することから、地域移行支援の対象となる見込みです。


【生活保護法施設を退所する場合】
生活保護法では、生活に困窮している人のための入所施設を規定していますが、その中でも「救護施設」や「更生施設」さらに「授産施設」の3種類については、何らかの障がいがあることを入所の要件にしています。
このうち、授産施設は職を得て退所するイメージなのですが、特に「救護施設」はこれまで退所に向けた支援が手薄かったこともあり、入所期間の長期化(つまり、入所している人の高齢化)が課題とされてきました。こうしたことから、「救護施設」や「更生施設」に入所している人も地域移行支援の対象となる見込みです。


では、今回はこれくらいに。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ベルギーに勝った。又村です。

先日のサッカー親善試合で、日本代表はオランダに引き分けでベルギーに勝利!しかも合計5点入れて、全て流れからの得点!いやあ、10年前からは考えられないわ。

・・という、自分の10年前と比べるのは差し控えたいネタはさておき、今日も9月24日に開催された社会保障審議会の障害者部会で示された資料などから、気になった点を取り上げていきたいと思います。

【第51回障害者部会の資料はこちらから】
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000023963.html

主な議題は

(1)障害者部会の今後の進め方について
(2)重度訪問介護の対象拡大について
(3)ケアホームとグループホームの一元化等について
(4)地域移行支援の対象拡大について
(5)障害支援区分への見直しについて

今回は、(4)地域移行支援の対象拡大について の2回目ということで、「そもそもなぜ刑務所から出所する人に地域移行相談が必要なのか」を取り上げたいと思います。

この問題については、すでにご存じの方が多いと思いますが、一般的に知られるようになったのは2006年に出版された「累犯障害者」という書籍によるところが大きいと言われています。

著者である山本譲司氏は、衆議院議員でしたが2001年に秘書給与流用の罪で刑務所で収監されることとなりました。
そこで氏は、多くの障がいのある人(著書によると、収監されている人のうち、約25%が何らかの知的・発達障がいが疑われ、その他にも身体障がい、精神障がいの人もいたそうです)が、地域で暮らすことができず、軽微犯罪を(意図的に)繰り返すことで、最後の「セーフティネット」である刑務所へやってきている現状を目の当たりにします。

また、2007年には厚労省の研究事業(虞犯・触法等の障害者の地域生活支援に関する研究)により、山本氏が体感した状況が決して偶然ではなく、全国的な課題であることも明らかとなっています。

【虞犯・触法等の障害者の地域生活支援に関する研究のサマリはこちらから】
http://www.airinkai.or.jp/hasshin/kenkyu/tsumi/pdf/h18/01_tashima.pdf

この報告書によると、調査対象となった知的障害のある服役者(約400人)のうち、いわゆる「累犯」の人が約70%おられたそうです。さらに、出所時の「身元引受人」は両親や家族が20%程度にとどまり、「未定」「不詳」が約50%という結果が出ています。
つまり、知的・発達障がいのある人が犯罪を犯して刑務所へ収監されると、出所後に家族が迎えに来てくれる割合は2割程度で、約半数は身元引受人すら決まらない状態・・というわけです。

そうなると、出所する人の約半数は「帰るべき家」すら存在せず、所持金も(服役中に作業した工賃が多少あるとは思いますが)非常に少ない状態で地域へ戻ることとなります。多少でも手持ち金があれば、ビジネスホテルやネットカフェで寝泊まり可能ですが、そんなに長くは続きません。
いずれは、身寄りもない、所持金もない、食べるものすら手に入らない状態となり・・結果として、少なくとも「3食」と「寝場所」が保障されている刑務所へ戻りたいと思う可能性は十分に考えられます。
あるいは、いよいよお金に困った結果、甘い言葉で誘いをかけてくる反社会的組織の構成員となってしまうリスクも考えられます。(この場合は、反社会的組織で活動しているがゆえに、逮捕されてしまう可能性が高まります)

こうしたことを防ぐために、刑務所などを出所する際に、相談支援事業所が住まいの確保や出所後に利用する福祉サービスなどを予め調整し、できるだけ安定した暮らしを用意する仕組みを導入したわけです。


では、今回はこれくらいに。次回は実際の運用イメージなどを取り上げたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本当にすぐ止まるのか?!又村です。

最近電車の吊り広告で良く見る、水なしで飲める即効性の下痢止め。基本的に突発的な腹痛にはならない人ではありますが、あれは本当に飲んだらすぐに腹痛が収まるものなんでしょうか。

・・という、飲まないなら聞くな的なネタはさておき、今日は間が空いてしまいましたが、9月24日に開催された社会保障審議会の障害者部会で示された資料などから、気になった点を取り上げていきたいと思います。

【第51回障害者部会の資料はこちらから】
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000023963.html


前回の投稿でも触れたとおり、9月の障害者部会では

(1)障害者部会の今後の進め方について
(2)重度訪問介護の対象拡大について
(3)ケアホームとグループホームの一元化等について
(4)地域移行支援の対象拡大について
(5)障害支援区分への見直しについて

の5点がテーマでしたが、これまでのブログで触れていないテーマは(4)(5)になりますので、まずは「(4)地域移行支援の対象拡大」を取り上げたいと思います。

地域移行相談とは、平成24年4月の「つなぎ法」から制度化された相談支援事業の1類型で、現在は

・ 入所施設
・ 精神科病院

で生活している人が地域生活へ移行する際の支援(住まいの確保や障害福祉サービスの体験利用・体験宿泊のサポートなど)を行う相談のことを指します。

ただ、地域生活へ移行するために支援を必要としているのは、入所施設や精神科病院に入院している人だけではありません。そこで総合支援法では、上記に加えて

・ 生活保護法における「救護施設」「更生施設」
・ 刑務所や少年刑務所、拘置所や少年院

から地域生活へ移行する人も対象とする方向を示しました。

生活保護法における「救護施設」「更生施設」とは、障がいがあることで日常生活を送ることが困難な人や生活上の見守りを要する人(生活保護対象となる人)が入所している施設のことです。
入所している人は、生活保護の対象となっている点を除けば、まさに障害福祉サービスにおける入所施設で暮らす人と同じ状況にありますので、施設を出て地域で生活するための相談支援を地域移行相談のとする取扱いも納得できると思います。

一方、刑務所や少年刑務所、拘置所や少年院については、そもそもなぜ刑務所から出所する人に地域移行相談が必要なのか・・という点から整理する必要があります。


では、今回はこれくらに。次回は「そもそもなぜ刑務所から出所する人に地域移行相談が必要なのか」へ進みたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。