あおいさんの部屋

matamura aoi blog


テーマ:

ブンデスつええ。又村です。

サッカーファンならご存知の方も多い「欧州チャンピオンズリーグ」の準決勝(第一レグ)で、スペインの超有名2クラブが、揃ってドイツ・ブンデスリーガの2クラブに大敗。いや、バイエルンとドルトムント、マジで強い。時代の変わり目を目撃した思いです。


・・という、サッカーファン以外の人には何をそんなに興奮しているのかサッパリ分からないネタはさておき、今日は「青い鳥郵便葉書」手続きのお知らせです。

「青い鳥郵便葉書」とは、重度の身体障がいのある人または重度の知的障がいのある人を対象とて無償配布される郵便はがきのことで、一人「20枚」配付されます。

【日本郵便の専用ページはこちらから】
http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2012/0316_02.html

【2013年度のお知らせはこちらから】
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2013/00_honsha/0319_01_01.pdf
※ PDFファイルですのでご注意ください

(制度の趣旨)
「青い鳥郵便葉書の無償配布」は、厚生労働省が提唱している「身体障害者福祉強調運動」に合わせて、身体障がい者及び知的障がい者の福祉に対する国民の理解と認識をさらに深めることを目的として、昭和51年度から実施しております。

(配布の対象)
重度の身体障がい者(1級又は2級の方)
重度の知的障がい者(療育手帳に「A」(又は1度、2度)と表記されている方)

(受付期間)
平成25(2013)年4月1日(月)から同年5月31日(金)まで

(配布葉書)
通常郵便葉書(「くぼみ入り※」、「無地」、「インクジェット紙」)
※ くぼみ入り通常郵便葉書は、目の不自由な方が使いやすいように、葉書の表面左下部に半円形のくぼみを入れ、上下・表裏が分かるようにした葉書です。

(配布枚数)
お一人につき20枚

(手続方法)
★ 窓口
最寄りの郵便局(簡易郵便局を除きます。以下同じとします。)に身体障害者手帳又は療育手帳をご提示いただいた上、所定の用紙に必要事項をご記入の上、ご提出願います。なお、代理の方によるご提出でも結構です。
お申込みに必要な用紙は、郵便局、市町村の福祉事務所(障がい福祉担当部署)及び児童相談所の窓口に備え置いています。
★ 郵送
郵送により配布の希望をお申出いただく場合は、任意の用紙に、次の事項を記入して最寄りの郵便局に郵送してください。
ア 「青い鳥郵便葉書配布申込書」
イ 手帳の種類
ウ 手帳番号
エ 級別又は程度
オ 住所又は居所及び氏名

(配布の方法)
基本的には、最寄りの集配を受け持つ郵便局からお届けいたします。(窓口での配布はいたしません)ただし、4月22日(月)以降、ゆうゆう窓口にお申し込みいただいた場合に限り、必要事項を確認の上、その場でお渡しすることができます。

ゆうゆう窓口というのは、大規模な郵便局に設置してある窓口のことで、下記のHPから検索することができます。すでに4月22日を過ぎていますから、ゆうゆう窓口を探してから直接手続きに行ってくださいね。

【ゆうゆう窓口の検索はこちらから】
http://www.post.japanpost.jp/shiten_search/index.html


では、今回はこれくらいに。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ゴム長最強。又村です。

このところ、雨の日の通勤(主に自転車)対策でゴム長を履いているのですが、当然のことながら足元はまったくが濡れませんし、雨合羽との相性も良好で、自転車でもほとんど影響なし。唯一の難点である「見た目」さえ気にしなければ、雨天時最強グッズであることを再確認。

・・という、気にする見た目なんかないだろが!的な異論は認めざるを得ないネタはさておき、今日も差別解消推進法に関する最新の動きと、公職選挙法改正の動きをお伝えいたします。

まず、障害者差別解消推進法の状況から。

【差別禁止部会の経過はこちらから】http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/seisaku_iinkai/
※ 下の方に差別禁止部会のページがあります

【障害者権利条約はこちらから】http://www8.cao.go.jp/shougai/kyougi/kyougi6/pdf/s2.pdf
※ PDFファイルなのでご注意ください


すでに所沢の村上さんからも情報提供していただきましたが、本日の閣議で「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」の案を国会へ提出することが決まりました。

【こちらのHPから資料がダウンロードできます(おそらく週明け以降)】
http://www.cao.go.jp/houan/183/index.html


法案の内容については、前回ご紹介したとおりですので、そちらをご覧ください。当初の「障害者差別禁止法」のイメージと比較すると、法律名称や内容などの面で踏み込みが十分ではないように感じられる部分もありますが、多くの当事者団体は法案の成立を応援する立場とのことで、与野党の理念的な差異もないと思われますから、あとは国会運営が不安定化しないことを祈るばかりとなりそうです。


続いて、公職選挙法改正の動きですが、新聞報道等でも取り上げられています。例によって、ぜんち共済の榎本社長さんから情報を頂戴しました。ありがとうございました。

【いずれ削除されますので、アクセスはお早めに】
★今国会で法改正を=「成年後見」の選挙権—安倍首相/時事通信
http://jp.wsj.com/article/JJ10943429526890284419216651008793209444007.html

安倍晋三首相は26日午前、首相官邸で自民党の逢沢一郎選挙制度調査会長らと会い、成年後見人が付いた人にも選挙権を認めるための法改正を、今国会で行うよう求めた・・などと伝えています。

★ 成年被後見人:参院選から選挙権回復 法改正/毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20130426k0000m040141000c.html

認知症や知的障害で成年後見人を付けた人の選挙権が、夏の参院選から全面的に回復される見通しとなった。自民党が25日の選挙制度調査会(逢沢一郎会長)などの合同会議で、被後見人の選挙権喪失を定めた公職選挙法の規定を削除する改正案の議員提案を確認した。野党も同様の改正を主張しており、改正案は6月上旬にも成立する。
現行の公選法は、被後見人は「選挙権及び被選挙権を有しない」と規定している。東京地裁が3月に「一律の選挙権剥奪はやむを得ないとはいえない」と違憲判決を下し、自民、公明両党が法改正を検討してきた。政府は「各地の選挙が混乱する」と東京高裁に控訴しているが、法が改正されれば取り下げる。施行日は参院選の公示日として有力視されている7月4日を想定している。
選挙権の回復で、被後見人への投票の誘導など不正行為が起きる懸念もあるため、防止策も策定する。公選法は身体障害者などを対象に補助者を指名して代筆を行う代理投票を認めており、補助者を選挙管理委員会の職員など第三者に限定することなどを検討している。
自民党の合同会議は、改正案について逢沢氏に一任。逢沢氏は終了後、記者団に対して「被後見人の選挙権を回復する方向で議員提案する。民主党など野党とも速やかに調整したい」と表明した。
 実際に選挙権を付与するには、約13万6000人(最高裁調べ)の被後見人を市町村選管ごとの選挙人名簿に登録する作業が必要だ。被後見人や家族、介護施設など関係者に制度改正を徹底するため、「1カ月程度の周知期間」(総務省幹部)も必要となるが、総務省は6月上旬までに成立すれば、参院選から適用できるとみている・・などと伝えています。

★ その他
成年後見人が付いた人にも選挙権…自民が方針/読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130425-OYT1T01155.htm

成年後見の知的障害者らに選挙権付与へ 与党方針/朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/0425/TKY201304250063.html

自民、被後見人に選挙権の法案/日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS25015_V20C13A4EB1000/

成年被後見人への一律選挙権付与の方針決める 自民合同会議/産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130425/stt13042513210004-n1.htm


なども参考まで。

この問題については、東京地裁における違憲判決を受けて、政府が控訴していたところですが、こうした動きが実現した場合には、6月24日に予定されている控訴審そのものが取り下げ(少なくとも延期)になる可能性も十分に考えられるところです。引き続き、状況を注視していきたいと思います。


では、どちらもまた動きがありましたらお知らせしますね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

片手打ちは便利。又村です。

iPhoneに変えてから3ヶ月、相変わらず機能の100分の1も活用していない状況ですが、文字入力が完全に片手で行えるのは便利ですね。左手に紙の資料を持ちながら右手でブログの文章なんかを入力できます。


・・という、だからといってブログの更新頻度が上がるわけではないネタはさておき、今日はとても素敵な書籍が刊行されました!というお知らせです。

【「働く」の教科書】
働く楽しさ、伝えたい。知的・発達障害のある人のハローワーク
仕事を選んだきっかけ、働くことの喜び、職場の人たちとの関係、お金の使い方、将来の夢・・企業等で働く本人の生の姿と声を紹介。

(又村のおススメ文)
これまでも、知的・発達障害のある人の就労に関する書籍は刊行されてきましたが、「働く」の教科書は、実際に企業や福祉的就労の場で働いている人たちに密着取材して、さまざまな「働く」を多面的に捉えることができることができるように工夫されています。
さらに目を引くのが、徹底した「読みやすさ」のクオリティです。こればかりは実際に読んでいただかないと分からないのですが、「働く」の教科書は、知的・発達障害のある人自身が読むことで、自分が「働く」ことのイメージを具体的につかめるような構成、そして文章の親しみやすさになっています。
そして、そのことが(良く考えれば当然のことなのですが)結果的に「誰にでも読みやすい」本であることにつながっています。たとえば、この本が小学校の図書室に置いてあったとしたら、仕事に興味を持ち始めた子どもたちにとっても素晴らしい「「働く」の教科書」になることでしょう。
一方で、職場の上司や同僚、支援者の声も丁寧に取り上げていますし、何より幅広い職種で知的・発達障害のある人が働いていることを実感できる1冊ですので、これから知的・発達障害のある人の採用を考えている、あるいはすでに採用している事業所さんにも役立つことでしょう。
折しも4月から障害者雇用率が引き上げられました。障害のある人の「働く」を考える入門書(かつ実践書)として、おススメの1冊です。

○「働く」の教科書 —15人の先輩とやりたい仕事を見つけよう!
中央法規出版
菊地一文=監修
社会福祉法人全日本手をつなぐ育成会=編集
(羽村 龍=企画・執筆)
価格 1,575円(税込)

○内容
特別支援学校に通う知的・発達障害のある高校生・中学生にむけた「仕事・職業」を考えるためのテキスト。仕事を選んだきっかけ、働く喜び、悩み、将来の夢など、 社会人となった15人の先輩たちの生の姿と声を紹介し、卒業後の「やりたい仕事」を具体的に考える。

○目次
01「働く」を考えよう。
 はじめに
 働くとは?
先輩の姿から「働く」を学ぶ
 いろいろな職業を知る
 自分の将来
 自分のやりたいこと
02「働く」ってなんだろう?
 どんなところで働くの? どんなふうに働くの?
 自分の仕事は、どんなふうに役に立つの?
 仕事にはどんな種類があるの?
03先輩たちの「働く」を見てみよう!
 物を運ぶ仕事【物流】
 机でする仕事【事務】
 物を作る仕事【製造】
 食べ物屋で働く仕事【飲食厨房】
物を売る仕事【小売販売】
 サービスの仕事
 アートの活動
 おわりに

○ご購入の際は・・
・中央法規オンラインショップ
http://www.chuohoki.jp/ebooks/commodity_param/ctc/c14/shc/0/cmc/3789/backURL/http(++www.chuohoki.jp+ebooks+main
・hontoネットストア
http://honto.jp/netstore/pd-book_25522819.html
・Amazonで購入
http://www.amazon.co.jp/dp/4805837896/ref=cm_sw_r_fa_dp_rukBrb1VSXE5T

※ 全国の書店にも並ぶ予定です


・・というわけで、ご興味をお持ちの方、どうぞ実際にご覧くださいね。ちなみに、又村は本のデザインとかにはまったくの素人ですが、その又村が見ても、明らかに「オシャレ」な仕上がりですよ!


では、今回はこれくらいに。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。