京都の楽しい着付け教室 ~ 心に花を咲かせましょう ~ 葵桜 きもの着付教室 松嵜まゆみ(出町/四条/西陣)

京都市北区を拠点とし、出町・四条・西陣(他)にて着付や和のマナー教室を開講しています。
こちらでは、着物のことや京都のこと、子どもと過ごす日常などを綴っています。

~ 心に花を咲かせましょう ~ 葵桜 きもの着付教室 


京都市北区を拠点とし、出町・祇園・西陣(他)にて着付教室を開講しています。

手順を削ぎ落としたシンプルな着付で、『簡単×快適』着物生活のお手伝いをしています。

「女性が輝くお稽古サロン」をコンセプトに、着付けレッスンの他にも楽しいお稽古ごとを提供しています。

あなたも一緒にワクワクしませんか?


*さくら* お知らせ
  ├  教室のホームページ>> 
葵桜 きもの着付教室

  ├  教室に関するお知らせ>> 生徒さん・お客様へのお知らせ

  ├  教室の場所>> 河原町今出川四条烏丸

  └  教室へのお問合せ>> お問合せはこちらから

*さくら* レッスンメニュー

  ├  全8回で普段着付けをマスターできる>> 「初心者向け」着付けコース

  ├  もう一度着付けを習いたい方>> 「経験者向け」着付けコース

  ├  4時間で完成する名古屋帯作り>>  「名古屋帯作り」ワークショップ

  └  その他レッスンメニュー>> レッスンメニュー一覧



NEW !
テーマ:

~ 心に花を咲かせましょう ~ 葵桜きもの着付教室 まつさき まゆみ です。


ご訪問いただきありがとうございます。




シーズンになったので、過去記事の再投稿です。


季節の変わり目の衣替えの話です。

注ややこしい話なので、初心者の方はスルーしてくださいね。



この時期は、着物の衣替えにともない、着物周りの小物や帯も夏用にシフトしてきます。


(でないと、暑いしね)


一応ルールがあります。

必ず守らなければいけないわけではありませんが、参考までにご覧ください。



・絽の半衿について・・・

某大手着付け教室では、6月1日になると一斉に絽の半衿になります。(今も)


私自身、20年前にインターンをしていた頃からそのように決まっていたように記憶しています。


でも、実はもっと細かいルールがあるということを知りました。


半衿が豊富な「荒川商店」さんに伺った際に、

「単衣用」と「盛夏用(薄物用)」を区別して半衿を作られているということを教えてもらいました。



単衣の時期の半衿は、楊柳が主流だと言われますが、

絽を用いる場合は、絽縮緬やたて絽と言って、透け感がやや少ないものが販売されているそうです。


そして、薄物の時期になると、薄めの絽や紗や麻を用いるそうです。


※単衣に麻帯を締める際は、素材合わせといって麻の半衿を用いてもOK



参考までに、右側の半衿がたて絽(単衣用)。左側の半衿が絽(薄物用)。



たて絽の半衿を着用してみると、ほとんど絽目が見えないです。





・夏帯について・・・

※夏用(絽・紗・羅・麻など透け感のある帯)


上記に

「※単衣に麻帯を締める際は、素材合わせといって麻の半衿を用いてもOK」と書いてますが、


帯は着物よりも一足早く夏物を用います。


5月の終わりごろに、「いつから夏物使ってもいいの?」と聞かれました。

一応、私が参考にしている衣替え表によると、6/10頃になっています。


が、着物の衣替えも衣替え表よりも早めに単衣を使っているので、帯も早めに夏用を使い始めて良いかと思います。


※このように麻の帯を使う場合は、半衿も麻を使ってもよいそうです。


・帯周りの小物について・・・

帯締め帯揚げは6月入ったら夏物(透け感があるもの)を使います。

※ゆるぎの帯締めは年間通して使うことができます


この時期は、めまぐるしく季節が変わっていってコーディネイトが追い付かないですね。。。



そもそも、「この時期に着られる着物がないよ」という方もあるかもしれませんね。


・着物初心者に強い味方の夏の着物(浴衣)


着物として着られるような柄行きの浴衣の下に夏用の長襦袢を着て、

半巾帯を締めて、この時期をやり過ごすのもありかなーと思います。


セオαは重宝する浴衣の代表格になってますが少々お高い。

予算的にまたは、柄が気に入ったものがない・・・と言う方は、

セオαでなくても着物っぽい浴衣を探してみると良いと思います。


・襦袢について・・・


この季節は、着物のルール関係なく、夏用の長襦袢(半襦袢)も用いることをおススメします。


でないと暑いしね。。。



一口に夏用の長襦袢といっても色々あります。


正絹/洗える正絹/綿/綿麻/麻/ポリ/爽竹


などなど。



私は去年までは主にポリの洗える長襦袢を着ていたのですが、少々暑かったです。

一昨年までは、夏に着物を着るのは週2回程度だったので、さほど気にならなかったのですが、

去年の夏に、ガッツリ着物ですごした結果、少しでも涼しいものを・・・と夏の終わりに色々物色していたようです。


夏物の引き出しに沢山襦袢が眠ってました。


IMG_20150602_235923762.jpg


綿(さらし)/綿(サッカー)/綿麻/


白物は季節に一枚あったら充分なので、他は染料で染めて着用してます。

http://ameblo.jp/aoisakura-blog/entry-12038169479.html


私はサンプルとして色々揃えるてますが、生徒さんはその必要は無いので、使えるアイテムを少しずつ揃えていってください!!


そのあたりはレッスンでお伝えしていきますね。



着物の楽しさお伝えします。あなたも一緒に着物ライフを楽しみませんか!?


*葵桜*きもの着付け教室

*さくら*お問合せ/お申込みはこちらからお願いします。

※48時間以内にメールにてお返事いたします(土日祝を除く)。

お問合せ/お申し込みの際は、「@gmail.com 」からのメールが受信可能なメールアドレスをお知らせください。

送信後すぐに自動返信メールをお送りしております。

10分以内に自動返信メールの返信がない場合は、メールアドレスに不備(入力ミス・フィルタの設定など)が考えられますので、再度ご確認の上、送信をお願いします。


※日中はレッスンを行っております関係上、返信が真夜中になる可能性があります。

真夜中の受信に不都合がある場合は、備考欄に受信可能な時間帯をご記入いただけましたら考慮させていただきますので、よろしくお願いします。

*さくら*お知らせ
 ├ ホームページ >>
葵桜 きもの着付教室
 ├ お申し込みの前にご一読ください >>
教室のご利用案内
 ├ キャンセル等に関するお知らせ >>
キャンセルポリシーと同意事項
*さくら*レッスンメニュー
 ├ おすすめレッスンメニュー >>
「初級」コース
 ├ その他レッスンメニュー >>
レッスンメニュー一覧
*さくら*お問合せ/お申込み
 ├ お問合せ/お申込み >>
お問合せ/お申込みフォーム
 └ 空き状況 >>
レッスンの空き状況



いいね!(20)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

~ 心に花を咲かせましょう ~ 葵桜きもの着付教室 まつさき まゆみ です。


ご訪問いただきありがとうございます。



今日は月一きものサロンの日。


以前は、薄茶のいただき方講座やらお誕生会をしていたのですが、


担当の先生や私の膝都合やらで、今月から思考を変えて行うことになりました。


今日は、お茶を出せない代わりに、生徒さんのご要望をお尋ねしたところ


「半衿つけ」と「座学(着物の基礎知識)」が知りたいです。


とのこと。



当初、「半衿つけ」⇒ランチ⇒「座学(着物の基礎知識)」という予定でしたが、


午前中に半衿つけをご希望されてた方のうち2名様からキャンセルがあったので、


「それなら予定を変更して、朝から座学やりましょう!!」


と、着物の基礎知識をみっちり2時間弱。


通常の話に加えて、暑さ対策もお伝えしたので、ずいぶん盛り沢山な内容になったと思います。


講座中はひたすらしゃべってたので、終了後、講座に使った資料の一部を並べてみました。



袋帯、しゃれ袋帯、染の名古屋帯(九寸)、紬の名古屋帯(八寸)、京袋帯、半巾帯、夏帯


大島紬、塩沢紬、染の着物、平織の綿の着物、しじら織の綿の着物、麻の着物


コートや羽織、帯締め帯揚げ帯留めなどなど、いろんなものを使ってご説明しました。


私自身は大島紬も塩沢紬もほとんど着ることはないですが、資料として大活躍してます。



本日こちらをご受講いただいた生徒さんは、経験者コースをご受講の生徒さんなのですが、経験者コースには座学がないので、追加でご受講の希望をいただきました。


※初級コースと経験者コースの差額分(2,000円)でご受講いただいてます。



自分でいうのもなんですが、なかなかいい感じの組み立てだと自画自賛。


こちらの講座は、以前法人様向けに組み立てた内容なのですが・・・

ご依頼があれば、どこででもやりますにひひ



その後、午後のレッスンに備えて、生徒さんとランチタイム。


ランチを一口食べて「ビールが欲しくなる」と生徒さん。

願ったりかなったりで、食後のコーヒーがビールに変わりました(笑)




昼からアルコールって、フランス人みたいですが、

私たちもビールはお茶替わりですから!!


午後のレッスンに何ら支障ございません(笑)



こちらの生徒さんは、ヘナアートをお仕事にされている生徒さん。

http://aiko-tanaka.net/aiko.html


施術だけでなく教室もされてます。

お仕事の話もいろいろしている中で、


「今回、着付を受講させてもらって、教室の仕組み作りとかもすごく勉強になりました!!」


とのこと。


私よりもキャリアは長い方にそう言っていただき、なんだか自信になりました。


「なんか、コンサルみたいなことまでしてもらってスミマセン」と言われましたが、


ただのお節介ですから(笑)



そして、午後からもちゃんとしました、半衿つけレッスン。


IMG_20160525_164715963.jpg

あ、写真はないけど、その前に半巾帯の結び方もやりましたよーーー。(ホンマに盛りだくさん)


午前と午後を組み替えたお陰で、生徒さんも眠気に襲われることもなく充実した一日となりました。



器用な生徒さんなので、盛りだくさんでも消化吸収していただけましたが、普通だったら溢れてる内容だったかも!?



お疲れ様でした!!


あー、楽しかった音譜



着物の楽しさお伝えします。あなたも一緒に着物ライフを楽しみませんか!?


*葵桜*きもの着付け教室

*さくら*お問合せ/お申込みはこちらからお願いします。

※48時間以内にメールにてお返事いたします(土日祝を除く)。

お問合せ/お申し込みの際は、「@gmail.com 」からのメールが受信可能なメールアドレスをお知らせください。

送信後すぐに自動返信メールをお送りしております。

10分以内に自動返信メールの返信がない場合は、メールアドレスに不備(入力ミス・フィルタの設定など)が考えられますので、再度ご確認の上、送信をお願いします。


※日中はレッスンを行っております関係上、返信が真夜中になる可能性があります。

真夜中の受信に不都合がある場合は、備考欄に受信可能な時間帯をご記入いただけましたら考慮させていただきますので、よろしくお願いします。

*さくら*お知らせ
 ├ ホームページ >>
葵桜 きもの着付教室
 ├ お申し込みの前にご一読ください >>
教室のご利用案内
 ├ キャンセル等に関するお知らせ >>
キャンセルポリシーと同意事項
*さくら*レッスンメニュー
 ├ おすすめレッスンメニュー >>
「初級」コース
 ├ その他レッスンメニュー >>
レッスンメニュー一覧
*さくら*お問合せ/お申込み
 ├ お問合せ/お申込み >>
お問合せ/お申込みフォーム
 └ 空き状況 >>
レッスンの空き状況


いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

~ 心に花を咲かせましょう ~ 葵桜きもの着付教室 まつさき まゆみ です。


ご訪問いただきありがとうございます。




昨日投稿した記事で 、「麻の着物は、まだ着るには早い」と書きました。


でも、こちらの麻は、そろそろ違和感なく着れますね。



これは、洋服生地で作られたもので、
ミミズクヤ さんの着物です。

着物:ミミズクヤ
半幅帯:ミミズクヤ
帯留め:ミミズクヤ(BISOU )
帯締め:真田紐(伊藤組紐店


この時期に着れるかどうかについては、素材の透け感や色味で決めてます。


細かい決まりに従う必要は無くて、ご本人の感覚的なものでOK!!


特にこの生地の場合は、綿なのか、綿麻なのか、麻なのか、パッと見ではわかりませんから。



個人的にはこれはバカンスな気分の時に着たい柄ですけどね。

今日お越しの生徒さんがこういうの好きそうなので、これにしてみました。



はい、バカンス気分で、今日もレッスン♪


今日はスクール型に配置してみました。




正座椅子もあるよ(笑)



もう、いっそのこと、正座禁止の着付け教室にしようかと思ってます(笑)


着物の楽しさお伝えします。あなたも一緒に着物ライフを楽しみませんか!?


*葵桜*きもの着付け教室

*さくら*お問合せ/お申込みはこちらからお願いします。

※48時間以内にメールにてお返事いたします(土日祝を除く)。

お問合せ/お申し込みの際は、「@gmail.com 」からのメールが受信可能なメールアドレスをお知らせください。

送信後すぐに自動返信メールをお送りしております。

10分以内に自動返信メールの返信がない場合は、メールアドレスに不備(入力ミス・フィルタの設定など)が考えられますので、再度ご確認の上、送信をお願いします。


※日中はレッスンを行っております関係上、返信が真夜中になる可能性があります。

真夜中の受信に不都合がある場合は、備考欄に受信可能な時間帯をご記入いただけましたら考慮させていただきますので、よろしくお願いします。

*さくら*お知らせ
 ├ ホームページ >>
葵桜 きもの着付教室
 ├ お申し込みの前にご一読ください >>
教室のご利用案内
 ├ キャンセル等に関するお知らせ >>
キャンセルポリシーと同意事項
*さくら*レッスンメニュー
 ├ おすすめレッスンメニュー >>
「初級」コース
 ├ その他レッスンメニュー >>
レッスンメニュー一覧
*さくら*お問合せ/お申込み
 ├ お問合せ/お申込み >>
お問合せ/お申込みフォーム
 └ 空き状況 >>
レッスンの空き状況


いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

~ 心に花を咲かせましょう ~ 葵桜きもの着付教室 まつさき まゆみ です。


ご訪問いただきありがとうございます。



突然ですが、挨拶の基本は・・・


文字「明るく(笑顔で元気に)」
文字「いつでも(いつでも忘れずに)」
さ「先に(自分から進んで)」
つ「続けて(一言添えて)」

です。


挨拶するときは、

明るく元気に、いつも忘れずに、自分から、あいさつの後に続けて一言添える。


大人の女性でも、「だるー」って言うのを全開で挨拶される方もありますが、それは挨拶ではないよ。

そりゃ、暑いかもしれんけど、そこは爽やかにあいさつをした後に「今日は暑いですね!sss」のところで、暑さを表現してくださいね。


小うるさいことを言うようですが、ちょっと気を付けるだけで全然印象が違うので、今まで意識してなかった方はちょっと気を付けてみてくださいね。


それだけでいい関係性が生まれるからニコニコ


そんなこんなで、「こんにちは。今日も暑いですね!!」というのがセットになってる今日この頃です。



まだ5月ですが、気分はすっかり夏!


夏が待ち遠しくて、見た目に涼しい着物着てみました。



IMG_20160524_191445552.jpg



着物:麻(近江ちぢみ)
帯:麻
襦袢:麻(小千谷ちぢみ)

と、麻のオンパレード(半衿は木綿)。


といっても、まだこの夏色の麻着物を着る時期としては少し早いのですが、今回はサイズ確認のために試着してみました。

こちらの着物はいつもの寸法より「少し前巾後ろ巾出しましょう」ということで、若干余裕があります。


そのため少し太って見えますが、これは着付けでカバーします。

帯は腰に巻いただけなので、後ろから尻尾出てるのは気にしんといてね。



夏物はテンション上がりますねー。


単衣よりも夏物が好きです♪


夏はそんなに好きではないけど、夏着物のことを考えると、


夏が待ち遠しすぎます!!!!夏

着物の楽しさお伝えします。あなたも一緒に着物ライフを楽しみませんか!?


*葵桜*きもの着付け教室

*さくら*お問合せ/お申込みはこちらからお願いします。

※48時間以内にメールにてお返事いたします(土日祝を除く)。

お問合せ/お申し込みの際は、「@gmail.com 」からのメールが受信可能なメールアドレスをお知らせください。

送信後すぐに自動返信メールをお送りしております。

10分以内に自動返信メールの返信がない場合は、メールアドレスに不備(入力ミス・フィルタの設定など)が考えられますので、再度ご確認の上、送信をお願いします。


※日中はレッスンを行っております関係上、返信が真夜中になる可能性があります。

真夜中の受信に不都合がある場合は、備考欄に受信可能な時間帯をご記入いただけましたら考慮させていただきますので、よろしくお願いします。

*さくら*お知らせ
 ├ ホームページ >>
*葵桜*きもの着付教室
 ├ お申し込みの前にご一読ください >>
教室のご利用案内
 ├ キャンセル等に関するお知らせ >>
キャンセルポリシーと同意事項
*さくら*レッスンメニュー
 ├ おすすめレッスンメニュー >>
「初級」コース
 ├ その他レッスンメニュー >>
レッスンメニュー一覧
*さくら*お問合せ/お申込み
 ├ お問合せ/お申込み >>
お問合せ/お申込みフォーム
 └ 空き状況 >>
レッスンの空き状況



いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

~ 心に花を咲かせましょう ~ 葵桜きもの着付教室 まつさき まゆみ です。


ご訪問いただきありがとうございます。




他装の生徒さんにはやる気のある方(ご本人がご希望された場合)には、お仕事をお任せしたいと思ってます。




ただ、着物を自分で着れるようになることは趣味ですが、

着物を人に着せるとなると、お仕事です。



これにはビジネスマンとしての心構えが必要。


だからこそ、厳しいことも言います。


それは、生徒さんのためでもあり、お客様のためでもあり、教室のためでもあります。



正直、この認識は、社会人であれば誰もが備わっていると思ってましたが、それは私の思い込みでした。



実は以前、ここの認識に温度差が生じて、生徒さんにお伝えしたところ、残念な結果になりました。



ずっとずっと、その時のことを振り返っては不甲斐ない気持ちでいました。



あの時、他にも私にできたことがあったんじゃないかな?



ずっとモヤモヤしてましたが、先日とある講座の「講師養成講座」を受講した際に、気づきました。



そっか、そもそも最初に生徒さんに「ビジネスとは」というお話をお伝えしていればこういうことにはならなかったんですね。


計画が進行してから、生徒さんとの温度差を感じたので、

「そんな気持ちでは仕事として成り立たない」と指導させていただいたのですが、


これは未然に防ぐ努力を怠った私の責任。

最初の時点で認識を擦り合わせておくべきでした。



たまたま先日受講したとある「講師養成講座」の中で、


『ビジネスパーソンとしての心構え』という内容があり、


「今度からこれをそっくりそのままお伝えしよう」と思いました。



社会人ならだれもがわかっていることだと思っていたけれど、

一口に社会人と言っても、どんな会社環境なのかはそれぞれ。


私が勤めていた会社は、「京都で一番厳しい」という噂が立つほど、(実際に)とても厳しい会社でした。


その中で、愛のある指導をたくさんいただきました。


39度の熱があって会社休んでも「月末は這ってでも出てこい」と言われるような会社。


もちろん私はそれらの指導を心の底からありがたいと思っています。


だけど、そう感じない(感じられない)人もおられるのも確か。


ちなみに、私自身はそこまでは言いません。

そこは助っ人に入れる状況を作るのが私の仕事だと思っているので。


そもそも今の時代、そんなこと言う上司もいないかもね。


時代は変わってますしね。


時代も違えば育った環境も違う。


実際、今現在社会人として活躍されている方と一緒に仕事してても、ビジネスに対する考え方が違って「ん??」って思う事ありますものね。



だけど、私からお仕事をご依頼する生徒さんには、最低限のビジネスパーソンとしての心構えはお伝えしたいと思ってます。


その他にも、お客様への心配りや正しい名刺交換の仕方・・・などなどについてもお伝えしたいと思ってます。


逆に言うと、これが備わってない方にはお仕事をお任せすることはできません。


そういった考えから、今後、他装コースには、着付を習いながら社会人としての資質も身に着けていただく、そんなメニュー構成としていきますので、ご承知おきください。


着付師に大切なのは、お客様にご満足いただくこと。


いくら綺麗に着付けができても、接客マナーやコミュニケーション能力がなってなかったら満足はしていただけません。


それ以前に、ビジネスパーソンとしての心構えがなってなかったら、問題外。


厳しいようですが、ここは抑えていきたいと思ってます。


私自身も、せっかくいただいた生徒さんとのご縁を気まずいものにしたくないので・・・


覚悟しておいてください(笑)





色んな捉え方があるので、こういう事を書くと勇気がいりますが、思い切って投稿。


これ書くの時間かかるだろうな・・・とずっと温めてましたが、さくっと20分で書けました。


ずっとずっと考えていたことだからこそですね。



着物の楽しさお伝えします。あなたも一緒に着物ライフを楽しみませんか!?


*葵桜*きもの着付け教室

*さくら*お問合せ/お申込みはこちらからお願いします。

※48時間以内にメールにてお返事いたします(土日祝を除く)。

お問合せ/お申し込みの際は、「@gmail.com 」からのメールが受信可能なメールアドレスをお知らせください。

送信後すぐに自動返信メールをお送りしております。

10分以内に自動返信メールの返信がない場合は、メールアドレスに不備(入力ミス・フィルタの設定など)が考えられますので、再度ご確認の上、送信をお願いします。


※日中はレッスンを行っております関係上、返信が真夜中になる可能性があります。

真夜中の受信に不都合がある場合は、備考欄に受信可能な時間帯をご記入いただけましたら考慮させていただきますので、よろしくお願いします。

*さくら*お知らせ
 ├ ホームページ >>
*葵桜*きもの着付教室
 ├ お申し込みの前にご一読ください >>
教室のご利用案内
 ├ キャンセル等に関するお知らせ >>
キャンセルポリシーと同意事項
*さくら*レッスンメニュー
 ├ おすすめレッスンメニュー >>
「初級」コース
 ├ その他レッスンメニュー >>
レッスンメニュー一覧
*さくら*お問合せ/お申込み
 ├ お問合せ/お申込み >>
お問合せ/お申込みフォーム
 └ 空き状況 >>
レッスンの空き状況



いいね!(35)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)