こんばんは。えの字です。

 

娘が4歳になった日の朝、起きて第一声が「ダメです!」でした。

 

「ダメです。お布団から出たらダメです」

 

おチビでも寒い朝にぬくぬくのお布団からは出たくないという事実。

 

まさか4歳の第一声が「ダメです」とはなぁ笑

 

 

 

■□■□■□■□■□

 

 

 

週に2回の幼稚園年少さんのお弁当の記録です。

12月ver.をどどーんと!

 

 

メインはエビマヨ。

…だけど、おかずの1/3が玉こんにゃくという(^^;)

娘のリクエストに応えたらこうなりました。

 

 

 

 

この日もなかなかのシニア弁当。

塩サバ、玉こん、かぼちゃの煮物、しいたけのチーズ焼き。

 

地味さを少しでもカバー出来ればと

ハート型に切り抜いた海苔をのせたら大喜びしてくれました^^

 

 

 

 

前夜から味をつけておいた鶏もも肉を朝焼く、いつものパターン。

 

 

 

 

プルコギビーフ弁当。

 

 

 

 

海苔弁にハートの海苔をトッピング。

前回のハート海苔が思った以上に喜ばれたのでまたのせました。

 

主菜は塩サバ。

 

 

 

 

エビをパプリカと中華炒めに。

 

にんじんの赤とパプリカの赤、

卵焼きの黄色とパプリカの黄色、というように

アクセントカラーに濃淡があるとよりおいしそうに見える!

数か月のお弁当生活で学んだ法則のひとつです。

 

 

 

■□■

 

 

 

先日、娘が学芸会の集合写真を持ち帰ってきました。

 

それを見ながら娘が一言。

 

「ブレブレだよ~」

 

え?業者さんが撮った写真でブレてなんていないけど。

 

どうやら写っている自分の表情が気にくわないということらしく(;´▽`A``

それをブレている、と表現したようでした。

 

写りが気に入らないという概念がもうあるのね。

…女子やん!

 

そこはお姉さんぽいのに、“ブレている”の意味を取り違えている

そのアンバランスさや良し!

 

 

 

 

 

 

 

AD

【E】誕生日、前夜。

テーマ:

こんばんは。えの字です。

 

日付が変わると娘が4歳になります。

 

本人は幼稚園から帰ってくると一体何度言うんだというくらい

「私、明日誕生日~♪」を連呼。

 

よっぽど誕生日が楽しみなようです。

 

 

 

さて、4歳の誕生日を明日に控えて思うことをつらつらと。

 

娘は性格がかわいくて、付き合いやすいタイプだと思います。

 

母である私自身は真面目でお堅いところがあるし、時折ど根性で

やや王貞治が入っているけれど、娘には長嶋茂雄的な明るさがある!

 

警戒心が強いのでいついかなる場所でもその明るさが

発揮されるわけではないけれど、根っこの部分がふわりと朗らか^^

 

幸せになれる女の子だ、と確信しています。

 

 

 

おそらく、幼稚園に通い始めて

親子で離れる時間が増えたからこその発言なのですが、

3歳の1年間は「ママ大好き」「ママと一緒にいたい」と

数えきれないほど繰り返し言ってもらった1年でした。

 

なんでそんなに私のことが好きなのかが不思議で

娘に理由を尋ねたことがありました。

 

すると「だって好きだから」と。

 

答えになっていない、、ような気もしますが、

私はこう解釈しました。

 

好きな人を選んで生まれてくるんだ。

お腹に入る前からすでに自分の母親が好きなんだ。

 

そう考えるとスッと腑に落ちて

娘の気持ちをそのまま受け取れるようになりました。

 

 

 

柄にもない表現をすると娘の無償の愛に私は

支えてもらっているし、助けてもらっているし、

守ってもらっているし、進む道を照らしてもらっています。

 

娘なしで過ごしてきた人生の方が長いのに

今となってはそれがずいぶん遠い昔のように思える不思議。

 

 

 

今日で3歳の娘はいなくなってしまうのだと考えると

うれしさよりも寂しい気持ちの方が大きくて(´;ω;`)

 

 

どんな子に育ってほしいというよりも、まずは

娘が持って生まれた美点をゆがめたり、萎縮させないように

接したいと決意する、誕生日前夜。

 

そのままの娘が好きだよ。

4歳のお誕生日おめでとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

こんばんは。えの字です。

 

帰省していた三連休のこと。

 

まの字の好きなアイドルグループ、でんぱ組.incの

『幕神アリーナツアー2017電波良好Wi-Fi完備!』@幕張メッセに

夫婦で参戦してきました!

 

 

まの字にとっては6回目、

私にとっては初めてのでんぱ組のライブ。

 

オープニングからフルスロットルの熟練ファンの方々に圧倒されましたが、

4曲目の「ファンファーレはぼくらのために」が好きな曲だったので

徐々に私のエンジンも始動。

 

気付けばまの字のお下がりのペンライトを振り回し、

恥ずかしげもなく「フワッフワッ フッフー」とコールまでやっていました。

 

ノリノリ笑

 

メドレーを含めて30曲以上あった中で、まったく知らない曲は1曲のみ。

 

日頃からライブDVDを見せられたり、

でんぱ組出演のバラエティ番組「でんぱの神神」を見せられたり、

片道3、4時間の帰省の車内でアルバムを聴かされたり、と

まの字の英才教育を受けていた効果が発揮されました。

 

 

 

まの字のお下がりのペンライト、これが曲者でしたヽ(;´ω`)ノ

 

元々は赤・白・緑・青・ピンク・オレンジ・紫・黄色とボタンで切り替えられたのに

接触不良で青と緑しかつかない!しかも無意味に点滅してる。

 

困るよ~、私が求めているのは黄色なんだよーーーーー!!

 

(青か緑だったら緑のねむさん派なので緑を振っていました)

 

そう、黄色。

 

以前はまの字に「君はメンバーで誰が好き?」と聞かれると

「未鈴さん(赤)か、えいたそ(黄色)かな」と言っていましたが

ライブに行って自分はえいたそ推しだとハッキリとわかりました。

 

えいたそこと成瀬瑛美さんはSMAPでいうところの草彅くん、

NEWSのまっすー、関ジャニ∞の丸ちゃん、Sexy Zoneの松島くん的な

ポジションの子。

 

どこがどう好きと言葉ではうまく表現出来ないけれど

えいたそばかりにときめく自分がいました(///∇//)

 

 

 

でで、ライブ中に興奮する出来事が…

 

ライブ終盤のメドレーとアンコールの2回、

メンバーがトロッコに乗って会場を回ってきたときに

もがさん(『重版出来!』にも出演していた、金髪ショートの子)と

目が合いました!

 

(↑ファンがよく言うやつ、「目が合った」)

 

メドレーのときは一瞬、アンコールで再び来たときには

完全にばっちり、なんなら長い時間目が合ったと思うんだよな~

 

もがさん、おそらく慢性的に目が潤んでいる女性で。

 

あんな小動物みたいな女の子にうるんだ瞳で見つめられて、、

どうしようかと思いました。

 

 

 

肉眼で見たでんぱ組のメンバーは小柄なかわいい女の子でした。

 

でも街を歩けばかわいい女の子は少なからずいるわけで。

 

彼女たちは努力や鍛錬、挫折、葛藤、苦悩などによって自分を磨くことで

単なる“かわいい女の子”ではなく、

数千人を熱狂させるアイドルになったんだなぁと、強烈なパワーに圧倒されました。

 

前向きで泥臭くアツい歌詞に感化されたこともあり、

自分の人生に責任をもつということ、覚悟を決めることの大切さ、

人生を輝かすためにはどうしたらいいのか、そんなことまで頭に浮かんできました。

 

 

 

(ふなっしーからお花が!)

 

 

 

長くなりました。

 

オタクの妻歴数年で自分もオタクに片足つっこんでるかもと思っていましたが

もうこうなれば世間的には立派なオタクと言えるかもしれません(;´▽`A``

というレポでした。

 

ちなみにまの字、行かないつもりだったツアー最終日の武道館公演にも

有休をとって行くことにしたそうです。

 

感動冷めやらぬライブ直後にLINEで

同僚に勢いで休みをもらえないか相談してたもんね。

翌日にはチケット買ってたし。

 

こういうときのフットワークの軽さよ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD