《岡山》自然療法院【想~てとてと~】のつれづれ

岡山県岡山市で 自然療法院として
日々の生活や健康 カラダとココロのサポートをさせていただいてます。
代替医療・自然療法として
オステオパシー、ホロソフィーの哲学や施術
ホメオパシー、メディカルアロマ、ファスティング、などを組み合わせています。


テーマ:
ヒト塾自分クリエイション科 一期生の Yoshimiさんのブログです。
 
 
何にもないところから飛び込んで
自分のやりたいことを見つけて
形にして 起業という形で始めてみる。
 
それは 今やだれでも気軽にやっているように見えるから
 
まるで簡単にできるように見えるけれど。
 
 
 
やってみて初めてわかる苦労があって。
 
一歩進んだらまた壁。
 
そこを乗り越えたらまた壁。
 
 
そこを 勢いで進んでしまうこともできるけど
 
結局無理やり逃げたような 力ずくでないものにしてみせた壁は
 
また現れる。
 
 
 
 
そういった意味では 修了生の方で 結構もがきにもがいた方だと思います。
 
 
今やだれでも起業起業っていうけれど。
 
「起業」と「開業」って違うよね。
 
言葉がそもそも違う。
 
 
 
起業ってことは 新しく 業をおこすこと。
 
はっきりいって 二番煎じ 誰かの真似してるうちは 
 
私は「起業」とは言わないと思ってる。
 
 
 
「開業」はだれでもできるさ。
 
コンビニのフランチャイズになったら 開業でしょ?
 
でも コンビニ業界でもし起業ってなったら
 
全く新しいコンセプトで ロゴから何から全部一から始めることになる。
 
 
 
もちろん 「守 破 離」っていう言葉の通り
 
まずは 基本が大事で やってみるっていうことも必要な時期がある。
 
 
 
それでも 目新しいものを組み合わせるんじゃなくて
 
自分の経験から掘り起こす。
 
自分を見つめて。
 
弱い自分も かっこ悪い自分も見つめて その中で
 
自分の中に光るものを見つけ出す。
 
 
 
私にとっては 起業ってそういう「生き方」が体現できるもの かな(^^)
 
 
 
Yoshimiさん これからもよろしく!



つか!
そういえばずっと聞こうと思ってたんだけど

アロマオイルでマッサージした後って
ちょっと 冷やっとするでしょう? 空気に触れて。


あの感覚苦手なんですけど 私だけ?(笑)

・・・・初めての公開質問w
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

ちょっと 今は寝かせておりますが
昨年初夏から ヒト塾自分クリエイション科 という 個人コースもやっていました。

image

 

1期生である 滝さゆりさんが 記事にも書いてくれましたが

 

ビジネスサポートなどももちろんするけれど

 

その前に

 

「ヒトとして自分はどうありたいか」

 

自分の根本に向き合うことが 目的のものでした。

 

 

 

2期生も もうフォローアップ期間として仕上げに入っています。

 

結局は 自分がどうありたいか 何をしたいか だと思うんです。

 

 

私自身も 昨年 本当にいろんなことがあって
(そもそも 岡山移住自体 本当に大きなこと)

 

迷走もしたなぁと 思うし

 

「迷走することだってあっていいじゃん。すべて経験なんだから。」

 

って キレイごとで済ますつもりもなく

 

反省すべきところはやっぱりするし

 

次に生かしたいと思うけれど。

 

 

 

それでも 結果として やってみて わかったことってたくさんありました。

 

それらがあったから もう今は そうそう簡単に揺らがない自信もつきました。

(でも しんどかったので しばらくはあーいうのは 味わいたくないっすw)

 

 

昨年末の1期生とのランチ会で

 

「これからもヒト塾自分クリエイション科は続けるんですか?」と

 

ある方に聞かれまして。

 

 

正直迷っている部分があるのは確かです。

 

 

どうしても ビジネス色が強いような 印象があってね。

 

たぶん やり方や 出し方がどうしても そういう傾向に走ってるからなんでしょうが

他の表現が今のところわからんのです。


別にビジネスが悪いとかではなく

好みの話  向き不向きの話です

 

 

でも

 

教員という 安定している公務員を退職して起業し

自分のやりたいことを 仕事として維持してきていて

一時期は がっつり ビジネス手法も学んでやってみて

そして 

自分の本当にやりたいことをやることに

落ち着いてきた私自身の 経過があって経験があって。

 

そんな私のところで 近い将来ぜひ といってくださる方々がいるのもたしかで。

 

 

なので これからもしばらくは メニューとして残しておいて

 

「他の誰でもなく あおいさんのサポートを受けて 自分を見つめ直していきたい」

 

という方がいらしてくださったときには

 

随時 お力にならせていただく という形にするつもりでいます。

 

 

 

 

単発個人セッションのリファインタイムも多分これからはそういう感じになっていきます。

 

 

もしかしたら そのうちなくなるかもしれないけれど。

 

 

でも とりあえず 自分で考えるのが嫌で 泣くのが嫌なら 

来ないでください。

 

覚悟ない人は無理!

 

 

 

さゆりさん おつかれさまでした(^^)

これからも 仲間としてよろしく♡

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は 結構がっつりとした記事を 頻繁に更新することが多いので

 

起業したときから どうしたら文章をうまくかけるか、と聞かれることが多くありました。

 

最近も ありがたいことに そんな風にお言葉をいただいたりします。

 

 

言葉が全てではないけれど

 

読んでくれた人の心の片隅で 未来で芽吹く種になるかもしれない

 

 

自分の想いを 言葉にのせる

 

それをし始めたのは 教員時代からでした。

 

 

 

子ども達一人ひとりと向き合いたい

 

そう思っても カラダは一つで 時間は限られていて。
 

 


でも 伝えたいことがある。

 

 

 

そう思って書きはじめた 教科通信(生物通信)や学級通信。

 

書くときによって目的は様々で。

 

 

 

教科に関係する面白そうな内容のときもあれば

 

ココロの在り方を問いかける内容。

 

ときには 自省を促すきっかけを願った内容。

 

 

色々でした。

 

 

 

でも そのときそのとき 必要だと感じたことや

 

伝えたいと思ったこと そういうことを 伝え続けてきました。

 

 

 

 

私にとって 書くという行為の前には

 

「想い」や「伝えたいこと」があることが 大前提です。

 

 

 

 

でも ビジネスや 起業 発信 という意味で 数をこなす必要があると聞けば

 

それを試した時期もありました。

 

やってみなきゃわからないと決め込むと 結構がむしゃらにやるっす
(そこが不器用なとこでもあるんですよね・・・意地っ張りというか・・・・)

 

 

 

そして 今感じているのは

 

「想い」がない 内容を書くのはしんどいということ。

 

 

書こうと思えば書けます。

 

努力すればできます。

 

訓練を積めば書けます。

 

 

 

でも 自分の「想い」が無い内容を書くのは ほんとうにしんどい。

 

私はね。

 

 

 

だから 数をこなすためだけに 書くという行為をすることは もうなくなりました。

 


「書く」という行為によって 自分は何をしたいのか

 

それによるんだと思います。

 

 

 

数をこなすことで 自分は何をしたいのか

 

文章というツールを使って 何を伝えたいのか

 

 

 

文章のうまい下手ではなく

 

想いがあればそれは 必ず言葉にのっていく。

 

 

 

「行間を読む」

 

という言葉が日本にはありますね。

 

 

 

言葉に表れていない世界を伝えるために

 

言葉をチョイスする

 

 

 

そんな狭間で いつも文章を書くことが 好きです。

 

 

 

文章を書けない と お困りの方は

 

もしかしたら まず 

 

「何を どんな【想い】を 伝えたいのか」

 

「自分だけの【唯一】はなにか」

 

そこから 始めるといいかもしれませんね(^^)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ビジネスノウハウ的なことの目次です

少しずつ記事にしていき その都度更新していきます♪

【知識編 目次】
①告知前にすること

   →募集開始後すぐに満席にするための方法『告知 その前に』【起業はじめの一歩 知識編その2】

   →告知っていつから?手帳の一部公開(///∇//)【起業家はじめの一歩 知識&番外編 その3】


②告知文に入れる項目

   →告知ってなあに?告知文に絶対欠かせない7項目 【起業家はじめの一歩 知識編 その1】

  
③フォーム作りで気を付けたいこと

   →お申込みフォームの項目は少ない方が申し込みは増える?【起業家はじめの一歩 知識編 その4】
 

④自動返信や案内メールのひな型

    →自動返信メールのひな型(テンプレート)【起業家はじめの一歩 知識編 その5】 
   →ご案内メールのひな型(テンプレート)【起業家はじめの一歩 知識編 その6】


⑤キャンセルポリシーの作り方

   →キャンセルポリシーの作り方【起業家はじめの一歩 知識編 その7】


⑥事務のやり取りの仕方


⑦ブログ記事更新頻度


⑧ブログPV数を2倍~3倍にする方法

 

 

【番外編 目次】

→*お申し込み0から卒業!自分の講座を絶対に不開催にしない方法【起業はじめの一歩 番外編その1】

 

→*申し込み0だよそれじゃ・・・・よくある例と防止策 【起業家はじめの一歩 番外編 その2】

 

→*ブログ読者登録1000人について思うこと 【起業はじめの一歩 番外編その3】

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっと 間があいてしまいましたが、

シリーズちゃんと完結させないと・・・・(笑)

 

 

ということで 起業したて または起業する予定の方向けの記事です。

シリーズの目次は最後に付けておきますね。

 

 

今回は キャンセルポリシーの作り方です。

 

 

そもそも キャンセルポリシーとは何かというと

 

 

講座主催者側や セミナー講師が

 

自分の提供するセミナー・講座などに

 

申し込んだ後にキャンセルしたときには 

 

こういう対応をさせていただきますね

 

 

 

という 言ってみれば キャンセルするときには条件が付くよ、というイメージです。

 

 

 

一番大事なのは

 

先にきちんと キャンセルポリシーを提示して 

 

納得したうえでお申し込みしてもらうことで

 

来てくださる方も 自分も 嫌な思いをしないようにする ということです。

 

 

 

 

私もそうですが

 

SNSを通して募集や申し込みをする場合、

 

いくら 連絡先などを書いてもらっても それが本当かどうかなんてわかりません。

 

 

 

気楽に申し込んで 気楽に取り消しがしやすい。

 

それはメリットでもありデメリットでもあります。

 

 

 

開催する側からすると

 

お申し込みが入った時点で 資料を用意したり 材料を用意したり 

 

事務連絡のやり取りをしたりと

 

準備が始まるので

 

途中でキャンセルとかってなると ちょっと大変です。

 

予定が狂うのでね。

 

 

 

とはいっても 誰にだってやむを得ない事情ができることもあるから。

 

そういう場合に スムーズに キャンセルができるように

 

先に 決まり事を作っておく。

 

 

 

 

 

また 申し込む側としては キャンセルポリシーがきちんと示されていると

 

きちんとしているところなのだなという安心感も得られます。

 

 

 

お金の流れの停滞は やはり 信頼からは離れるもの。

 

きちんとしておくべきでしょう。

 

 

 

 

 

肝心の キャンセルポリシーの作り方 ですが。

 


私は 自分が初めて作るときは

 

すでに起業されて 長年続けられてる方のを いくつか見て回りました。

 

 

 

代表的な感じとしては

 

・入金後の返金は一切致しません。

 

・開催7日前までは受講料の30%   開催3日前~当日は 全額キャンセル手数料として発生します。

 

・申し込み後 3日前までは半額  前々日~当日は全額キャンセル手数料として発生します。

 

 

という感じでしょうか。

 

 

どの形のものを自分のキャンセルポリシーとするのかどうかは 自分で決めてください(笑)

 

 

 

それこそ 上記にもあるように

 

キャンセル手数料 という意味で

 

・キャンセルについての返金などのやり取り

・再募集のし直し

・講座の再告知

 

などの 労働時間に 労働対価を見込むもよし。

 

 

 

そういう細かいことは気にする方がめんどくさいから

 

キャンセル料とかとらないでもよし。

 

(でも この場合は 返金する際の手数料どうするか 

  くらいはきちんとしておくべきですね)

 

 

 

自分が どれなら しっくりきて 胸を張っていられるか でよいと思います。

(ただし 説明ができないのは困ります。設定するからには説明責任があります。

それは 自分だけの納得ではなく お互いに納得できる理由です。)

 

 

ちなみに 私は

申込み後から キャンセル手数料は発生の形をとってるものが多いです。

 

事務を スタッフさんにお願いしているので、

 

スタッフさんの労働対価も発生しているのです。

 


 

連続講座の場合は

連続に意味があるので 返金はしないけど 

 

次回開催時に振り替え という形を とったこともあります。

 

 

 

とにかく 起業 仕事 ビジネス という面において

 

また 人間関係において 「お金」ってデリケートなものなので

 

なににせよ クリアにしておく意識は大切でしょうね。

 

 

 

起業予定の方、起業したての方向けのシリーズの目次は

こちらです。

→目次【起業家はじめの一歩 知識編&番外編】 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。