《岡山》自然療法院【想~てとてと~】のつれづれ

岡山県岡山市で 自然療法院として
日々の生活や健康 カラダとココロのサポートをさせていただいてます。
代替医療・自然療法として
オステオパシー、ホロソフィーの哲学や施術
ホメオパシー、メディカルアロマ、ファスティング、などを組み合わせています。


テーマ:

ワクチンの知識シリーズの番外編④<前提編>の続きです☆

これまでの記事はコチラ
→★VPDとは、「『ワクチン』で防げる病気」のこと★  
→★子宮頸がんワクチンは積極的に推奨してないけど定期接種(無料期間あり)・・・・ふーん★  
→★ワクチンの知識①~ワクチンシリーズ記事スタート&ワクチンの有効性★  
→★ワクチンの知識②~<義務と権利>定期接種は努力義務 でも接種義務ではありません~★  

→★ワクチンの知識③~学校や保育園などから接種するよう求められたら★  
→★ワクチンの知識④~ワクチンって何が入っているの?~  

→★ワクチンの知識⑤~ワクチンの作られ方と使われている生き物たち~★  
→★ワクチンの知識⑥~ワクチンの副反応ってどんなものがあるの?~★  
→★ワクチンの知識⑦~私が考える ワクチンの問題点~  

→★ワクチンの知識⑧~不自然なものからどうフェイドアウトしていくか~★  
→ワクチンの知識【番外編①】~私が不自然なものを手放すかわりに とりいれたこと~★
→★ワクチンの知識【番外編②】~ワクチンを打たねばならぬ時もある~★  
→★ワクチンの知識【番外編③】~遺伝子の変化(進化)の仕組みと速度~★  
→★ワクチンの知識【番外編④】<前提編>ワクチンを打たないと決めたとき、周りの人との関わり方は?★  

前記事にある『前提』を理解して そのうえで、

周りとどうかかわっていけばよいか

というか 私はこう考えている、実際こうしてきたということを

例としてお伝えしていきます(^^) 学校や保育園幼稚園などとの関わり方はコチラで記事にしましたので

→★ワクチンの知識③~学校や保育園などから接種するよう求められたら★  

それ以外の 例えば家族(旦那さん 奥さん 両親 義両親など)のや友人などの場合ですね~

旦那さんや奥さんなど 人生のパートナーへの理解については最後に書きます まず両親や義両親などですが、

自分の親やその年代以上の方を 

説得するのは難しい のではないかと

私は考えています。

真の理解を得るのも。 なんていうんでしょう

自分も含めてなんですが

これまでの経験や常識を覆して

新しいことを受け入れるというのはある意味「変化」です

そして、

歳を重ねれば重ねるほど

生き物は変化に対応しにくくなっていくのです

逆に言えば、それが本人の軸にもなるし信念にもなる。

軸や信念があるということは

裏を返せば変化を受け入れにくくなる。

もう、それはそういうもんだと思った方がいいと思うのです。

だから、

私であれば、そのことに関しては

正面衝突しないようになんとか工夫します。

「なんか、有名なお医者さんの本で読んだんですけど・・・・」

「知り合いのママさんから聞いたんですけど・・・・」

「この前育児雑誌で見かけたんですけど・・・」

「私も打った方がいいのかなぁと思いつつも

も少し調べてからにしてみようかと思って・・・」

「海外ではワクチン接種が 疾病の原因となったって裁判判決もあったみたいで・・・」

「受けさせようと思っているけれど、そのときに限って熱が出て・・・」

「日程がなかなか合わなくて・・・」 など とにかく 他人の力を借りる!(笑)

または 

すり抜ける!(笑)

我々より先輩の世代は

やはりお医者さんなど権威のある方の発言とかに影響を受けますので

そういった本をそのまま見せてもいいかもしれませんね(^^) 戦いというか、バトルというか、冷戦というか

そういったふうに険悪になる可能性があるなら

自分の力だけで説得しようとしない方がいいと思います。 というか 知識を得てその知識で説得しようとすればするほど失敗する(笑)

それよりも、さらっと、本見せたり他の人の話聞かせたりすることのが

すんなり入っていくこと多数です(笑)

次に お友達などですね

こちらも、聞かれれば私も答えますが

普段自分から

「うちは打たせません」とか

「ワクチン危ないよ」とかは言いません

まあ、今の立場になってからは

ブログやフェイスブックでこうやって発信してますので

興味ある友人とかはひっそりとメッセージくれますし

私がこういうこと始めたころからの知り合いで

お互いに信頼していればセミナーに誘ったりもします。

でも、決して打たないように説得することはありません

だって、いつも一緒にいてあげられるわけじゃないから。

結局は本人の選択です

その話を伝えたり、セミナーに誘ったりした程度で

関係がくずれそうな相手には

そもそもその話を持ちかけることもありません

ただ

ママ友とそういう話題になった時 例えばインフルエンザワクチンシーズンなどですね(^^) そゆときに 周りがみーんな打ってて うちだけ打ってない時は

「お金もったいなくてー(笑)」

「そだねー♪そろそろ考えなきゃ~(ホントは行かないけど)」

「なんか、インフルエンザ脳症は怖いけど、インフルエンザは

ちょっとひどい風邪だから、寝てれば治るっていうから~」

「小児科の先生が、地域のお年寄りへの感染防止が目的だって言ってたから~」

みたいに、 ホントに さらっと流したりしたこともあれば ちらっと、

他の人が興味ありげなことをちらつかせる時も(笑)

で、

そこで食いついて来れば も少し危険性とかも話しますけどね~(笑)

で、ですね・・・・ ここはもう考え方だと思うのですけれど

「たとえ友人であってもどんな理由でも嘘はつきたくない!」

「隠し事はしたくない」

「真実は伝えるべき!」 という方 ここも難しい問題ですけれど 私は

「嘘も方便」 って考えるかなぁ・・・・ いや、なんていうんですかね

自分のためだけの嘘はよくないと思いますよ

でも、

じゃあ、自分が正しいと思うことを 

相手が受け入れる準備もできてないのに

押し付けるのはいいの?

って話です。

受け入れるにも やっぱり準備やステップが必要 だから、

私は話題の中にすこーしずつちらつかせる

例えばこの記事に書いてきたようなこと

→★ワクチンの知識⑧~不自然なものからどうフェイドアウトしていくか~★  

を、普段から話題に入れる

そしたら、それぞれいろんな人が

自分のアンテナにひっかかったことを きいてきます

そしたら、相手の様子を見ながらそこから広げていく いきなり 【ワクチン接種は実はすごく危険!】

なんてことは 受け入れがたくても

【ホントは無農薬のお野菜とかのがいいよね】

ってのは受け入れやすいでしょう? ワクチンセミナーに来てくださった方や このブログをご覧くださってる方は

ある程度

「新しい知識を 受け入れる覚悟」がある

と思うから かなりはっきりとリアルにお伝えしているわけで。

準備ができてると思うから

かなりショッキングな話題も出すわけです。

出せるわけです。

でも、準備なしでいきなりは・・・受け入れらないんじゃないですかね普通(笑)

私は

会話っていうのはキャッチボールだと思うから

やっぱり相手の状態もある程度 察しておくべきと思うから。 時にはズバッという時もありますけれどね

基本はチラ見せ ですね(笑)

ま、あくまでも私の考えですけれどね

で、

肝腎の旦那さまや奥様の場合

これもね

やっぱり少しずつじゃないかなぁ・・・・

最初は 両親や義両親に対してと同じように

正面衝突しないようにうまく流して

その間に

例えば調味料変えたりして食事を改善していったり 洗剤類を石鹸系にかえていったり

外食減らしていったり

そういったことを少しずつとりいれつつ

相手の想い(安心)も大事にしながら

ゆっくり伝えていくかなぁ・・・ うちは、そうやってきている気がします  

今でこそ

我が家の旦那様も

普通のお野菜やお肉とかも 50度洗いとかまでやってくれますけれど

ここまでくるのに何年もかかってますから(笑) どこかで書きましたっけ? 土壌づくりも体作りも5年は最低かかるって。

だから、5年後に、ある程度分かってもらえるように

長い目で少しずつやっていったらいいのではないかなぁ ま、その間はなんとか うまく流す(笑)

あと、自分自身が

色々な自然生活と言われるものを実践していくことで

自分の自信がつきます

40度の熱だって、あわてずに対処できるようになります

そしたら、逆に、周りに何言われても気にならなくなってくるから(笑)

だって、

カラダはカラダがちゃんと治してくれるっていう経験

積み重なってくるから。

これが、

私が一つ大事にしている

健康に対してのじぶん軸ですよね

最初はじぶん軸を知識で支える

知識で支えられたじぶん軸で生活していくうちに

経験の積み重ねという ゆるぎないじぶん軸ができてくる

そしたら、もう揺らがないから(^^)

結局、誰かに何かを言われた時に 心がざわつくのは自分の軸がまだ育ち切っていなかったり

弱かったりするからなんですよね もしかしたら、

自分の選択は間違ってるかもしれない

そういった不安があるから、相手に攻撃されたように感じてしまう。 カラダもそうですけど

結局は日々の積み重ねです(^^) 今より一か月後 一か月後より半年後

半年後より一年後

日々、一つずつでも積み重ねていけば

かならずじぶん軸は育っていきます。 できることから、少しずつやっていったらいいのではないかと思います(^^)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【オンライン講座 ワクチン お申し込み】
全国各地 海外からもお申し込み多数!繰り返し視聴可能!無料動画あり
http://aoikei.com/websemi01/
 
【あおいけいオフィシャルサイト ~もう一人じゃないよ大丈夫~】
http://aoikei.com/
 
【ラジオ感覚で聴き流し♪ 無料音声講座(特別コンテンツ)】
http://aoikei.com/content/
   ・私のローフード離乳食失敗談
   ・「離乳食はいつから始めたらいいの?」
   ・「お悩み『子供が野菜を食べません』」
   ・「梅雨とベリーボタン」     など


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワクチンの知識シリーズの番外編④です

これまでの記事はコチラ

→★VPDとは、「『ワクチン』で防げる病気」のこと★  
→★子宮頸がんワクチンは積極的に推奨してないけど定期接種(無料期間あり)・・・・ふーん★  
→★ワクチンの知識①~ワクチンシリーズ記事スタート&ワクチンの有効性★  
→★ワクチンの知識②~<義務と権利>定期接種は努力義務 でも接種義務ではありません~★  

→★ワクチンの知識③~学校や保育園などから接種するよう求められたら★  
→★ワクチンの知識④~ワクチンって何が入っているの?~  

→★ワクチンの知識⑤~ワクチンの作られ方と使われている生き物たち~★  
→★ワクチンの知識⑥~ワクチンの副反応ってどんなものがあるの?~★  
→★ワクチンの知識⑦~私が考える ワクチンの問題点~  

→★ワクチンの知識⑧~不自然なものからどうフェイドアウトしていくか~★  
→ワクチンの知識【番外編①】~私が不自然なものを手放すかわりに とりいれたこと~★  
→★ワクチンの知識【番外編②】~ワクチンを打たねばならぬ時もある~★  
→★ワクチンの知識【番外編③】~遺伝子の変化(進化)の仕組みと速度~★  



さて、
ワクチンを打たないと決めたとき、周りの人との関わり方は?

 

ということです。

これはセミナーでもご質問として上がることも多いですね。

このことについて まず大前提にしていただきたいのが
→★ワクチンの知識③~学校や保育園などから接種するよう求められたら★  

の後半にも書いた通り

「相手を敵だと勝手に思い込まないこと!」 です(^^)

これを読んでらっしゃるみなさんもそうだったでしょうし

私自身もそうだったように、

「ワクチンは打つべきものである」


多くの人が思っています


打たないという選択ができる

ということも

打つことで大きなリスクもある

ということも

知らなかったり、あまり考えてこなかったりした人がほとんどなのです



そうですね~ 私も長年教育現場におりましたので

保健調査票とかのチェックとかもしてきましたけれど

全く打ってきていない という子どもは 10パーセントもいません

うーん そうですね~ 100人いたら1人か2人くらいはいるかな?

っていう程度です。

あくまでも私の体感ですし もちろん、

地域差や学校差は多かれ少なかれあるでしょうが

私は公立の学校におりましたので

まぁそこそこ日本全体の割合に近い部分があるのではないかと思います。


そして、 そういうご家庭に対して

私が担任として言ってきたことは ・・・・


「予防接種、受けられた方がいいと思いますよ」 です(笑) だって、

知らなかったから。

打つことが子どものためだと思ってたから。

別に、その保護者を責めたいとか、

文句を言いたいとか、受けさせることで私にメリットがあるとか

そんなことは一切なくて ただただ純粋に

「ワクチンというのは子どもを守るもの」

「ワクチンを打つことは子どもの命を救うこと」

って

信じて(思い込んで)

たから。 ただそれだけです。

だから、 もしこれをご覧になっているみなさまが


今後

打たない打たせないという選択をなさったときには かなりの確率で 誰かしらに

「打った方がいいよ?」 と言われる日が来ることでしょう。

お医者さんとか薬剤師さんといったプロではなくて

一般の方とか自治体の方とかに でもその90%以上が

善意または責任感の可能性
が高いです だから、

そういったワクチン接種をすすめられたときに 相手に

「責められた!」 と 

勝手に思い込まないこと

ワクチン接種をすすめる方で

あなたほどワクチンのことを学び、進んで調べている人は

ほとんどいないでしょうから。


その大前提をまずはしっかりと理解しておいてください。

ということで 次は【具体例編】に続きます☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【オンライン講座 ワクチン お申し込み】
全国各地 海外からもお申し込み多数!繰り返し視聴可能!無料動画あり
http://aoikei.com/websemi01/
 
【あおいけいオフィシャルサイト ~もう一人じゃないよ大丈夫~】
http://aoikei.com/
 
【ラジオ感覚で聴き流し♪ 無料音声講座(特別コンテンツ)】
http://aoikei.com/content/
   ・私のローフード離乳食失敗談
   ・「離乳食はいつから始めたらいいの?」
   ・「お悩み『子供が野菜を食べません』」
   ・「梅雨とベリーボタン」     など

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワクチンの知識シリーズの番外編③です


これまでの記事はコチラ

→★VPDとは、「『ワクチン』で防げる病気」のこと★
→★子宮頸がんワクチンは積極的に推奨してないけど定期接種(無料期間あり)・・・・ふーん★
→★ワクチンの知識①~ワクチンシリーズ記事スタート&ワクチンの有効性★
→★ワクチンの知識②~<義務と権利>定期接種は努力義務 でも接種義務ではありません~★  
→★ワクチンの知識③~学校や保育園などから接種するよう求められたら★
→★ワクチンの知識④~ワクチンって何が入っているの?~ 
→★ワクチンの知識⑤~ワクチンの作られ方と使われている生き物たち~★
→★ワクチンの知識⑥~ワクチンの副反応ってどんなものがあるの?~★

→★ワクチンの知識⑦~私が考える ワクチンの問題点~  
→★ワクチンの知識⑧~不自然なものからどうフェイドアウトしていくか~★
→★ワクチンの知識【番外編①】~私が不自然なものを手放すかわりに とりいれたこと~★ 
→★ワクチンの知識【番外編②】~ワクチンを打たねばならぬ時もある~★ 


今回の記事は、

かなりマニアックですので 別に読まなくてもいいかも(笑)


どうやったらわかりやすいかなあと 

数日構想も考えていたのですが 黒板もホワイトボードもなく、文字だけでは限界があるので

ある程度かいつまんでおります

また、私ももちろん勉強途中の部分もたくさんあるので 調べれば
他にもいろいろと要素が出てきますので、あくまで一つの見方です☆


それでは参りましょう(^^)

今回は ウイルスの変化(進化)の速度と仕組み

です これはそもそもコチラの記事
→★ワクチンの知識⑦~私が考える ワクチンの問題点~   で 私が


3ワクチンの有効性への疑問

これは、データとしてもいくつか出ていますが

私がそもそも有効なのか?と疑問を持つ理由がいくつかありまして。 それは、

ワクチン対象となっている病気の病原体の多くが

遺伝子が変化をしやすいものが多い

ということです。 (核酸がDNAかRNAかってところ) まあ、この辺はややこしいので気になる方は

調べていただいてもいいですし、リクエストあれば記事にもしますが とにかく、遺伝子が変化するスピードが、 人間などの生き物と比べて格段に速いのです

ということを書きまして、
リクエストいただいたので(^^)

(すんごい勉強熱心な方々もいらして 私もついつい火が付く(笑))


有効性への疑問の切り口は、

いくつかあるのですけれど 私の基本概念としては
人間の科学なんてもので

自然界の仕組みなんて永遠に解明できない

というのがありまして。

それほど、自然界の仕組み あまりの統制の取れ方

規則性 イレギュラーへの対応の仕組みなどなどなど

知れば知るほど、

人間の技術なんて、考えなんて全く及ばないなぁと

ただただ畏敬の念をいだくだけなのです。

そして、別に解明する必要もないと思っています。

・・・・あ、話がそれるからまた今度(笑)

で、遺伝子の変化(進化)の話ですね(笑)

えと、ワクチン対象となっている病原体の元には 細菌とウイルスの両方があります

ウイルスは厳密には生物というグループには入っていませんが

(細菌は生物というグループに入っています)

遺伝子情報を複製(コピー)して細胞を増やす(子孫を増やす)

ということは我々人間と似ています。


遺伝子というのは、その生き物の設計図ですね☆

ちょっと詳しい説明とかには「ゲノム」っていう言葉を使ってるものもあるかも☆

そのウイルスでも、また遺伝子情報の形に違いがありまして・・・・。

自分たちの遺伝子情報(設計図)としているものが

DNA
RNAか という違いがあります


DNAとRNA・・・高校の生物で出てきたでしょうか(笑)

この辺になると、教えてきた高校生たちも名前だけ憶えて精一杯な感じでした(笑)

DNA・・・デオキシリボ核酸

RNA・・・リボ核酸 でしたね~


簡単に言うと

DNAは2本の鎖

RNAは1本の鎖

だと イメージしておいてください(^^)

ちなみに、この画像はDNAです それぞれ向かい側のまるいのとペアになってるイメージ★

 

遺伝子が傷つく原因は 紫外線や電磁波、毒素など様々ありますし(外的要因)

遺伝子を常にコピーし続けて新しい細胞を作り出しているので イレギュラーも普通に起こります(代謝要因)

普通に生活していても

1つの細胞で一日あたり5万~50万回のコピーミス
起きていると言われています。

その遺伝子情報ですが DNA(2本鎖)の場合は

たとえば、そのうちの片方の一部がこわれたとしても

もう一本があるので

正常な一本をもとにして、また正常な状態に修復

してあげることができます


また、 本来2本の鎖は、パズルのピースのようにきっちり組み合わさっているので

片方がおかしくなると
「ここおかしいよ!」と気づくこともできます


上の画像で言うなら お互い青でくっついてたのに、

いきなり黄色やほかの色が混じってきたら すぐに気づくし

元々青の鎖なんだから、また青に戻してあげればいいってわかる。


ところが、 遺伝子情報がRNAだと、一本の鎖なので

一度壊れてしまうと、正しい形に戻すことが難しい場合が増えます

コピーミスも非常に格段に増えます

もちろん、 ウイルス含め、遺伝子という設計図は、ものすごく緻密に細かくできておりますので、コピーミスがあれば修復もするし、

治せなければ自己破壊させる機能などもあります。


あと、単純に、設計ミスが起きるから、働かなくなって自滅もします。

ただ、

本来設計ミスであったものが、偶然にもうまくいって働くようになると


突然変異といわれ、これが進化へとつながっていきます。

DNAを遺伝子情報とするウイルスと比べ

RNAを遺伝子情報とするウイルス

遺伝子情報が変異するスピードが数千倍早いと
言われています


自然界で最も早く変異するとも言われています。


だから、

例えば一年以上前から予測して作ったインフルエンザワクチンが

果たして1年後のウイルスに完全に効くのかなぁと・・・・私はひっかかっているということです。

ファッションみたいなものですね~


店頭に並んでる服とか小物とかって

ある程度流行りそうなものを予測して デザイン考えて

生産して販売しているでしょう?

(ほんとは流行を作ってるんですけどね・・・)


でも、そこで、ものすごく人気が出て 爆発的に売れるものは限られていますよね

そして、売れ残りも沢山出ますよね(笑)

一体どれだけの確率で ヒットするのか


ま、

あくまでも私の中のイメージですけれど(笑)

ということで、簡単ではありますが

遺伝子の変異速度なんてことを書いてみました☆



これは、マニアックなので書いてあることがちんぷんかんぷんで

全く問題ないと思います(笑)


では


次回は

「ワクチンを打たないと決めたとき、周りの人との関わり方は?」

です☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【オンライン講座 ワクチン お申し込み】
全国各地 海外からもお申し込み多数!繰り返し視聴可能!無料動画あり
http://aoikei.com/websemi01/
 
【あおいけいオフィシャルサイト ~もう一人じゃないよ大丈夫~】
http://aoikei.com/
 
【ラジオ感覚で聴き流し♪ 無料音声講座(特別コンテンツ)】
http://aoikei.com/content/
   ・私のローフード離乳食失敗談
   ・「離乳食はいつから始めたらいいの?」
   ・「お悩み『子供が野菜を食べません』」
   ・「梅雨とベリーボタン」     など

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは あおいです

さて

ワクチンの知識シリーズの番外編です これまでの記事はコチラ

→★VPDとは、「『ワクチン』で防げる病気」のこと★
→★子宮頸がんワクチンは積極的に推奨してないけど定期接種(無料期間あり)・・・・ふーん★  
→★ワクチンの知識①~ワクチンシリーズ記事スタート&ワクチンの有効性★  
→★ワクチンの知識②~<義務と権利>定期接種は努力義務 でも接種義務ではありません~★  
→★ワクチンの知識③~学校や保育園などから接種するよう求められたら★ 
→★ワクチンの知識④~ワクチンって何が入っているの?~ 

→★ワクチンの知識⑤~ワクチンの作られ方と使われている生き物たち~★
→★ワクチンの知識⑥~ワクチンの副反応ってどんなものがあるの?~★
→★ワクチンの知識⑦~私が考える ワクチンの問題点~  
→★ワクチンの知識⑧~不自然なものからどうフェイドアウトしていくか~★
→★ワクチンの知識【番外編①】~私が不自然なものを手放すかわりに とりいれたこと~★ 


さて、
、今回はワクチン接種が避けられない場合についてです。

え? とお思いでしょうか。

定期接種だって義務ではないのに、

受けなきゃいけないことがあるってどういうこと?

って感じですよね・・・・ 実は セミナーで触れることもあるのですが

旅行や就労、就学などで海外
に行く場合です。   例えば以下のようなものがあります

黄熱・・・・・・・感染リスクのある地域に渡航する人

A型肝炎・・・途上国に中・長期(1か月以上)滞在する人。特に40歳以下

B型肝炎・・・血液に接触する可能性のある人

破傷風・・・・冒険旅行などでけがをする可能性の高い人

狂犬病・・・・イヌやキツネ、コウモリなどの多い地域へ行く人で、

       特に、近くに医療機関がない地域へ行く人

       動物研究者など、動物と直接接触する人

ポリオ・・・・・流行地域に渡航する人

日本脳炎・・・流行地域に長期滞在する人

        (主に東南アジアでブタを飼っている農村部)

海外渡航のためのワクチン   より)

日本国内での就労に当たっては 基本的には、ワクチン接種を業務命令とはできないはずで 断っても処分の対象にはならないのが原則ですが

医療従事者など、接種しないことで 二次感染の原因となる可能性があるなど

特殊な仕事の場合は

業務命令とすることも可能なようです。

私が、記事シリーズをかなり続けていたら 知人が次のような経験談をご連絡くださいました。

『息子は高校生の時に、交換留学で約1年間アメリカに行きました。

その時にワクチン接種が必須なのです。
それもてんこ盛り大量の!
それを受けないといくらテストにパスしていても留学できないのです。
ワクチンの種類、回数は留学先の国、アメリカでしたら州によっても違います

私もワクチンについては当時(20年くらい前)から疑問をもっていたので、

任意のワクチンは受けていなかったのですね。

そのことが更に裏目に出て、他の子よりも多く受けなければいけないことに。

そりゃぁーもうね!毎週ですよ!毎週!
2-3ヶ月の間に毎週の様に受けなくちゃいけなかったんです。

お医者さんと真剣に接種スケジュールを考えました。
もうバンバン打ちました(笑)。

今よりずっとワクチンを受けない派が少数だった時代です。
おかーさんのささやかな抵抗は何だったのかしら~って、ちょっとショックでした。

もちろんこういう状況に直面するお子さんは少数かと思います。

子供たちが成長した時に…そうです!もうワクチン接種とはもうあまり関わりがなくなった頃に、こんなこともありうる。。。という事を一つの事例として参考になればと思いメッセージを送らせていただきました。

既にご存知でしたらすみません。
がんばってくださいね!』



こういうメッセージくださる方がいること、
私、ホントに恵まれてるなぁと思わずウルウル(;O;) 視野や視点を広げてくれていただき、思わず ブログへ掲載させていただけるかお願いしちゃいました(^^)

有り難いですね♪

で、 コチラの方の体験談のように こういったこともあります。

行く場所にもよります。

青年海外協力隊なども 訓練の時期に数種類打つことになっています。
このように、場合によっては

ワクチン接種をしなければならない状況

も発生してまいります。   ただ、

このメッセージをくださった方にもお伝えしたのですが、

カラダの基礎がしっかりとできて、
脳などへ重金属など毒性の強いものを
ブロックする
体内の仕組みが出来てからの年齢


まだ生まれて間もなく
機能も仕組みもこれから成長という年齢とでは

カラダへの影響力も異なります。

だから この方のご判断は 決して無駄ではなかったのではないかなと、私は考えます(^^)

こういうことも、ある程度知ったうえで

また、ご自身やお子さんのワクチン接種についての

ご判断をしていただけたらと願っております☆

ということで、


次回はリクエストいただいたのでマニアックに 病原体となる細菌やウイルスの遺伝子情報 DNAやRNAの 複製のお話です(笑) ああマニアック~♪


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【オンライン講座 ワクチン お申し込み】
全国各地 海外からもお申し込み多数!繰り返し視聴可能!無料動画あり
http://aoikei.com/websemi01/
 
【あおいけいオフィシャルサイト ~もう一人じゃないよ大丈夫~】
http://aoikei.com/
 
【ラジオ感覚で聴き流し♪ 無料音声講座(特別コンテンツ)】
http://aoikei.com/content/
   ・私のローフード離乳食失敗談
   ・「離乳食はいつから始めたらいいの?」
   ・「お悩み『子供が野菜を食べません』」
   ・「梅雨とベリーボタン」     など

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは
碧井啓衣(あおいけい)



です☆ 





すっかり間があきましたが・・・・m(__)m

ワクチンの知識シリーズの目次です



記事内でも、セミナーでもお伝えしていますが



ワクチンを打つべきとか打たないべきとか

私がジャッジすることはありません






でも


自分も義務だと思っていたワクチンが

★実は打たない選択もできるということ



義務だと思っていたから


★疑いもしなかったワクチンの安全性・危険性のこと



流れに任せるのではなく

自分自身やベビたん、お子ちゃまの親御さんに


★打つ打たないの判断をしてほしいこと



こういったことを

知ったり考えたりしてほしいという願いを込めての

ワクチンの知識シリーズです





ワクチンセミナーも有料で行っておりますが

私自身、子どもが小さい頃になかなかセミナーなんて行く余裕もゆとりもなく


こうしたブログなどで知識をあさりまくった時期がありましたので

セミナー参加が難しい方々が、

一通り読むことで 判断の材料を手に入れられるように仕上げました。



また、

セミナーの内容と重なるのはごく一部ですので

セミナー受講者のみなさまには

復習というか、より、知識を深められるものとして

構成してあります



かなりボリュームがあるので


難しいところもあるかもしれませんが

必要な人、というより


ぜひとも このシリーズは一度は

たくさんの方々に読んでいただきたいなぁと


心から願っております(^^)

→★VPDとは、「『ワクチン』で防げる病気」のこと★


→
★子宮頸がんワクチンは積極的に推奨してないけど定期接種(無料期間あり)・・・・ふーん★


→
★ワクチンの知識①~ワクチンシリーズ記事スタート&ワクチンの有効性★


→
★ワクチンの知識②~<義務と権利>定期接種は努力義務 でも接種義務ではありません~★



→★ワクチンの知識③~学校や保育園などから接種するよう求められたら★


→
★ワクチンの知識④~ワクチンって何が入っているの?~


→★ワクチンの知識⑤~ワクチンの作られ方と使われている生き物たち~★


→
★ワクチンの知識⑥~ワクチンの副反応ってどんなものがあるの?~★


→
★ワクチンの知識⑦~私が考える ワクチンの問題点~


→★ワクチンの知識⑧~不自然なものからどうフェイドアウトしていくか~★


→
★ワクチンの知識【番外編①】~私が不自然なものを手放すかわりに とりいれたこと~★


→★ワクチンの知識【番外編②】~ワクチンを打たねばならぬ時もある~★


→★ワクチンの知識【番外編③】~遺伝子の変化(進化)の仕組みと速度~★


→★ワクチンの知識【番外編④】<前提編>ワクチンを打たないと決めたとき、周りの人との関わり方は?★



ワクチンの知識【番外編⑤】はしか(麻しん)と予防接種


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。