《岡山》自然療法院【想~てとてと~】のつれづれ

岡山県岡山市で 自然療法院として
日々の生活や健康 カラダとココロのサポートをさせていただいてます。
代替医療・自然療法として
オステオパシー、ホロソフィーの哲学や施術
ホメオパシー、メディカルアロマ、ファスティング、などを組み合わせています。


テーマ:

先日のこちらの記事には、たくさんコメントや共感いただきありがとうございました。 

 

→プラ容器をガラス容器への買い替えと 太陽光発電 「その行為の先に何があるのか」

 

コチラの記事に、いただいたコメントで、布ナプの扱いや経血カップの医療用シリコンなどについてどう考えるかというご質問を頂いたので、少し私の考えをお伝えしたいと思います。 

 

 

私自身が一番メインでやっていることは施術なので、まずカラダのつくり(構造)から見た時にどうかから始めますね(^^)

 

■カラダの作り(構造)から見た時の「経血」■

 

私たちは、便や尿は通常はある程度ためることができる、カラダのつくりをもっています。

それは、ためておく場所(ぼうこうや直腸、大腸など)があり、そこは、雑菌が繁殖しないような仕組みにもなっています。

 

ところが、

経血は、ためる場所がありません。

子宮内はもちろんのこと、膣内も、はがれ落ちてきた経血をためるためのつくりはもっていないということです。

 

このことから考えると

 

そもそも「経血」はためるものではない

 

という見方ができます。

 

 

 

 

■経血コントロール■

 

次に経血コントロール。

私も以前 おまたぢから®というセミナーを受講したり

経血コントロールなどのお話をされている方に教わったりもしましたが、

基本的に、出てくる経血を、限界いっぱいまでためるというものではありません。

 

食生活や生活リズムの改善、ストレッチや運動などを組み合わせて

経血の質をよくするというか、経血の質によって生活の振り返りができるので、

改善していくことで経血量が減ります。

 

その減った経血を、できるだけトイレで排血するためにポイントやコツがあるので

それを学んで実践する、というものが多かったです。

 

もう一度言いますが(笑)

陰部に常に力をぎゅぎゅっといれて、膣口をしめておいて、経血をためることが

経血コントロールではありませんので、それはやめてください(笑)

 

ちなみに、江戸時代の人はみんなトイレで排血できてたとかって話もありますが、

一方で、生理中の女性がいるための小屋があったという話もあるし

そもそも、たしか肌襦袢?あれ、ちがうっけ、腰に巻くやつ。

 

あれ、赤いのありましたよね。

あの赤は、血がついても大丈夫なようにだって聞いたこともあります。 

 

昔のことは昔のことなので分かりません(笑) 

 

量の違いはあったかもしれませんけど。

 

 

 

 

■布ナプキン■

そして布ナプキンですね。

経血の質などの改善や、経皮吸収を考えた時に、

石油由来のケミカルナプキンを使うことは、健康によくないので

布ナプキンを使うことで、粘膜からの科学成分吸収を抑えられる、というもの。 

 

布ナプキンを使うだけで生理の時の嫌なにおいがなくなったとか

量が減ったとか体調がよくなったとか聞くことも多いです。 

 

一方で、じゃあその経血がついた布ナプキンをどうするのか、ということなんですけども。 

 

これ、医療従事者の方々でもかなり賛否両論あるようで。

 

ある方は、血が付いたものは医療現場ではものすごく慎重に厳重に処理して、再利用なんてありえないのが当たり前。

だから、家庭レベルの洗濯や殺菌なんて危なっかしくて仕方ないとも言いますし、

 

ある方は、きちんと洗濯して洗って太陽光で殺菌すれば大丈夫だと思う、とも言います。

  

 

んー、私個人としては・・・わかりません(笑)

でも、私もたまに、布ナプキンも使うし、オーガニックコットンの使い捨てナプキンも使います。 

その時の気分と、仕事などの自分の予定によるかな。

 

とりあえず、ケミカルナプキンはないです(笑) 

タンポンも論外(笑) 

 

 

どちらにしても、経血がついたらすぐに新しいのに交換がいいと思いますし、

布ナプキンは心配だけどケミカルナプキンは嫌という方は、

古い下着とかタオルとか切って、布ナプ代わりに使って、使い捨てしたらいいと思います。

そういう友達、私も何人か知ってます。 

 

 

 

■経血カップ■

経血カップって何かというと、膣の中に医療グレード?のシリコーンカップを入れて経血をためておき、

それをトイレに行ったときに出して、洗い流してまた使う というものらしいです。

  

数年前に話題になった時に調べたこともあるんですが

最初にカラダのつくりの視点にお伝えした通り、経血をためるための場所は

カラダにはないんですよね。

 

ということは、

便や尿はためておける=逆流もしないようになっている

けれど

経血は、普通に構造から考えたら逆流もあり得るし、雑菌繁殖の可能性もあるということです。 

 

本来ためる仕組みをもっていないものを、何かの力をつかってためておくことは

私は体には相当負担であると考えます。

 

その負担が疾病につながる可能性も十分にあり得ます。 

  

  

ですので、経血カップについては、私なら使いません。 

 

 

そして、シリコーンについてですが、

シリコーン自体が環境ホルモン指定されているわけではないようですが、

使いやすくするための添加剤として心配なものはいくつかあるようです。 

 

これは、自然生活学勉強会でもお伝えしているところですが

私は、科学という学問はとても好きだけれども、

でも、全幅の信頼を置いているわけではありません。 

 

だから、今大丈夫と言われているものであっても

10年後 20年後 100年後に、害が見つかる可能性もあります。 

かつては夢の物質と言われたフロンガスのように。

(フロンガスは安くて無害で一気に広まりましたが、たしか10年以上たって

オゾンホールに到達してオゾン層を壊してしまっていることが発覚しました)

 

ですので、不自然なもの、どうやって作っているのか分からないものをなるべく使わない

というのは、食べ物に限らず、身の回りのこと全てで言えると思います。

 

 

■ということで■

自分の生活や、女性の性というものの見直し、という意味で

経血コントロールや布ナプキン、経血カップについても、意識をされたことは

とても素晴らしいことだと思うんですね。 

 

そして、何が入口でもいいと思うんです。

たとえそれが、病気になりたくないとかっていう不安感や恐怖であっても。 

 

でも、少しずつ、そういうきっかけはあくまできっかけであって

それを使いながら、どういう未来をつないでいきたいのか、

自分はどんな生き方をしたいのか、一緒に考えていってくれる人が増えたら、私はうれしいです。 

ご質問ありがとうございました(^^)

 

 

 

→ 【募集】4/28(金) アレルギーや肌症状がある方向け 自然生活学勉強会 体験会

 

→【5月スタート第6期】 花粉症やアトピーなどにならないカラダとココロを育む自然生活学≪初級編≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
川崎の 夫の実家に帰省しております。 
 
近くに徒歩で行けるスーパーがないので
お買い物は全て姑がしてくれます。 
 
そしてある日のお昼に用意してくれたのは焼きそば。

 
肉系はウィンナー。
 
  

焼きそばの麺などは
絡み防止乾燥防止とか あとは多分油分があることで美味しく感じるためにかな

麺には かなりの油がまぶしてあります。 
 
特に症状がない方はもちろんのこと
子どもや
すでに花粉症 アトピー性皮膚炎 その他アレルギー症状がある方は この油は かなり避けたいところ。 
 
とゆーことで
 
{6902A0F9-E505-4CD5-84D6-050D854C37A3}


熱湯にいれて10〜20秒
 
いれた時点でかなりの油がまぶされてたことがよくわかります。
 
別に 全部洗い流さなくても
大半落とせばだいぶちがいます。
 
 
そして カラダには負担の大きい添加物こんもりのウィンナー。
 
{4BB9B8F9-FEEB-4354-B2E9-E01E2FC364A0}

こちらも熱湯で 5分ほど。 
 
ウィンナーの場合 皮があるのでどこまで落とせるかはわかりませぬが 減らせるところは減らす。 
  
 
アレルギー体質という言葉が 当たり前になってるけれど
うーむ 体質じゃなくて カラダの一部がオーバーヒートしたり 働けなくなってたり暴走してたり なだけだよなあ。

「歳だから」
「体質だから」
 
都合の良い言葉なんだろうなと感じる今日この頃です。 
 
ただ
どんな症状があっても 何の不自由もなく
日々充実してるならそれでよし。
 
でも 困り感があるなら 少し 体について 知ってみるとよいとおもいます^ ^ 
 

自然美生活学講座でお待ちしてますねー^ ^
 

修了生のみなさんとの新年会♪
 
{858C7CBE-3977-4FF0-B0DC-37C52E6E9841}



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは☆碧井啓衣です♪


ゴールデンウィークの連休もいよいよ終わりですね♪

ずっと我が子が家にいるのは、とっても幸せですが、自分の時間がとりにくいのもたしかですね(笑)

さて、予告通り(笑)

放射性物質についてです。



放射性物質・・・・放射能じゃなくて?


紛らわしいですね~(笑)


○○物質と○○脳・・・なんでもよかです(博多出身じゃありません(笑))



とりあえずですね・・・・。


放射能をなぜ避けているかというと、破壊力がずば抜けているからです。

1ベクレルってすごく少ない気がしますけど・・・単位の意味はご存知ですか?

私も初めて聞いたときは、すんごくおどろきましたです・・・・。



それでも、まだ、細胞を完全に破壊してくれるならまだしも、微妙にDNA(体の設計図ですね)が傷ついた場合に、DNAが一部故障したままの細胞が新たに作られるから・・・

ドラえもんの、ふえるミラーって秘密道具ご存知ですか?

鏡に増やしたいものをうつすと、どんどんコピーされるという。

以前、調味料の記事でレゴブロックの正規品と100円ショップでかったブロックの話を出しましたが、正規品のレゴブロックがどんどん増えるのはOKですが、角が一か所欠けたブロックがそのまま増え続けたら・・・・?

困りますよね~


体も同じです。


だから、放射性物質は百害あって一利なしという考え方です。


どこまでがOKで、どこからがNGとかってのは、残念ながら個人で判断するしかありません。


ただ、参考までに、関東、東海あたりまでは数値として出やすい食材を上げておきます。


・キノコ類(これは九州ならぎりぎりOKにしてます)

・かんきつ類

・たけのこ

・山菜

・キウイ

・玄米

・さつまいも

・大豆


あと、魚は基本的に太平洋産は極力避けています。


ただし、きちんと放射性物質の検査を、1ベクレル基準でしていて、未検出のものは購入しています。


必要な情報は、自分から調べ、学ばなければ手に入らないと思っておりますので、放射性物質に関しても、検査を定期的にしている団体の有料会員になって情報は取っておりまする・・・。



ちなみに、チェルノブイリの原発事故後、何年もかけて基準値が下がり、

今のベラルーシでは大人は8ベクレル以下、子どもは4ベクレル以下が基準となっているそうです。


なぜ、直後ではなく何年もかけて基準値が下がったかは・・・また別の記事にしますね☆



放射性物質だけを避けていても意味はありません。


でも、知っていれば避けられますものね☆



一つずつ、恐れずに学んでまいりましょうね♪




読んでくれてありがとうございます☆

今夜もどうぞよい夢を半月





ペタしてね



読者登録してね


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。