《岡山》自然療法院【想~てとてと~】のつれづれ

岡山県岡山市で 自然療法院として
日々の生活や健康 カラダとココロのサポートをさせていただいてます。
代替医療・自然療法として
オステオパシー、ホロソフィーの哲学や施術
ホメオパシー、メディカルアロマ、ファスティング、などを組み合わせています。


テーマ:

ただの私見ですけど。

 

「これさえあれば間違いない」

 

「自分の言うことさえ聞いてれば間違いない」

 

「素直に聞く人だけがうまくいく」

 

そんなことばっかり言ったり発信したりしてる人は 基本的に信用してません。

 

 

 

みんな 簡単に ヒトの思考や心に入り込もうとしすぎる。

 

コントロールしようとしすぎる。

 

そう 感じてます。

 

 

 

 

そういう人たちは 知らないんじゃないかと思う。

 

指示ばかりされて、思考をなくして行く人たちが うつろ(空虚)になっていく姿の恐ろしさを。

 

 

 

私は そのかけらを 自分が教員時代にみただけで

本当に後悔しました。

 

 

余裕がなくて 時間がなくて 実力もなくて

子ども達に思考の時間をなかなか作ってあげられず、

とにかく 小さなケンカやトラブルを少しでもへらしたくて、

指示ばかりしていた 初任のころ。

 

子ども達は 考えることを手放していきました。

 

「先生に聞けばいい」

 

「どうせ自分たちが考えても 先生が決めるんだから」

 

そういう癖がついていった子ども達。

 

全員じゃないし、いつもなわけじゃない。

でも その兆しを感じ始めて どうにかしなきゃと気付き

 

立て直すのに 1年かかりました。

 

あんなにも 自分の力の無さに落胆したことはありません。

 

 

 

 

まずは 言われたことを やってみる ということは大事なこともあります。

 

技術的なこと ノウハウ的なこと そういうことは

 

やってみて 積み重ねてみてわかることもあるから。

 

 

漢字練習だって九九だって そうでしょ。

 

やるしかないこともある。

 

 

 

でも 大事なことは 自分で考える。

 

思考する時間をつくる。

 

 

 

私はそれが大事だと思ってます。

 

 

 

 

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は あまり 自分に気軽にGOサインを出すことは 多くない。 というか 少ない。

 

 

教員からの転職起業 成功していてすごいですねと 言われることもあるけれど。

(何をもって成功というかは また別の話として)

 

 

 

「講座」をするための 経験と実績は 「授業」で。

 

「セッション(コンサル)」をするための 経験と実績は 

「教育相談」「カウンセリング」「面談」で。

 

それぞれ ときには 砂をかむような思いを繰り返しながら

 

自ら練習したり 他者から厳しい助言をもらったりしながら

 

養ってきたという自負は やっぱりある。

 

 

その 土台の上で さらに応用できるよう もちろん 学びは重ねました。

 

 

 

 

「施術」に関しても

 

学び始めてから 実際にお金をいただくようになるまで 一年半以上。

 

仲間と練習を繰り返し 最後は無料のモニターさんに20人ほど(全員別の方)

 

させていただいた。

 

 

 

 

その上で 「今」がある。

 

 

 

今 SNS起業ブームで誰もが 大きな投資をしなくても 起業できるという流れがあるけれど。

 

 

やっぱり 見ている人は見ていて。

 

 

 

 

「ヒトのココロを簡単に導けるなんて思ってほしくない」

 

「誰かを育てるってそんな簡単なもんじゃない」

 

「数日習った程度の施術なんて 怖くて行けない」

 

「女性起業ってなんでもありの怖い世界だよね」

 

 

という ある意味冷めていて 冷静な話も 最近よく聞くようになった。

 

 

 

でも 一方で 起業 という形を通して

 

自分らしい生き方を模索したり 自分の生き方の表現を選べるのは

 

自由な時代の証でもあるとも思うのです。

 

 

 

だからこそ 質を大事にしたい。

 

 

 

あると思うのです。

 

自分の人生の中で 自分が積み上げてきたものが 誰にでも。

 

 

 

そこを 仕事につながるように磨き上げていきたい。

 

 

 

ま、こういう堅苦しいのは

 

「お金を稼ぐ」ということだけを目的にするのであれば

 

いわゆる「ブロック」なんだと思いますけどね(笑)

 

 

 

 

誰だって 最初はひよっこで。

 

そこからスタートするのだから それを理由に臆する必要はないけれど。

 

 

 

でも

 

それでも 自分に「お金を払う」という形で

 

「信」を寄せてくれた方々に できることは

 

昨日より今日 今日より明日

 

少しでも技を磨く 心を磨く 自分を磨く。

 

 

その誠意をもち続けることだけだと  私は 思うのです。

 

 

 

「趣味」や「好き」を仕事にできるのは 素晴らしいことだと思う。

 

 

だからこそ

 

自分のやっているものが

 

「仕事」といえるレベルなのかという客観視を

 

ときおり 仲間内ではない 全く違う人の意見でもらった方がいいし、

 

 

 

インターネットの世界から抜け出して

 

現実社会をみて 比較することを 定期的にやった方がいい。

 

 

 

 

「趣味」「好き」を 「仕事」のクオリティレベルにまで引き上げる。

 

その信念は 持ち続けたい。

 

 

 

色んな 自戒を込めて。

 

今日はそんな気分(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

もう 5年以上前でしょうか。

 

ナチュラルハイジーンという ローフードの元となっている健康理論と出逢ってから

 

私はブログを書きはじめました。

 

 

 

そして その時のご縁で ある方にパン作りを習いに通ったことがありました。

 

といっても 数回なんですけどね。

 

 

 

その方が 現在は 山梨にお住まいの 

 

パンとお菓子 akikki店主の 亜希さんです。

 



亜希さんは 当時は・・・あれ?八王子?相模原?どこだっけ そのあたりにお住まいで(笑)

川崎から車で 下の娘を連れて通いました。


しかも 一番最初にならったのは パンじゃなくて 天然酵母のマフィンだった(笑)

 

 

 

 

亜希さんは ローフードやマクロビなども当時から深く学ばれていて

 

パンも 完全ベジタリアン仕様(卵 乳製品など 動物性食材を一切使わないヴィーガン仕様)だったんですよね。

 

だから そういうパンを作りたいという 健康目的だったんですよ 最初は。

 

 

 

 

でもね

 

初めてパンを作るのを教わった時に、私 すごくすごく 衝撃受けたんです。

 

 

 

 

パンにしても お菓子にしても 粉類をちゃんと計量しますよね。

 

そして 

 

油類とか入れてこねるんだけど だんだん べたべたしてくるでしょ。

 

 

 

で ある程度まとまったら ボウルから  こねるための台の上に

 

生地を移すんです。

 

 

そのときにね、 亜希さんが さらりと 言ったんです。

 

 

「ボウルに残った粉類も 手についたパン生地のかけらも

 

全部全部が このレシピで必要な分量だから

 

丁寧に最後までとって 一緒にこねてね」

 

って。

 

 

そして お手本見せてくれるときも 本当に丁寧に丁寧に

 

少しも無駄が出ないようにしてた。

 

 

 

その姿にはね 愛とプライドがあった。

 

 

 

 

レシピ一つとっても 材料一つとっても そこにたどり着くまでに経てきた過程があったりさ、

 

パンの焼き加減一つだって その日の気温 湿度 オーブンの癖 材料の特性

 

そういうもので変化があるわけで。

 

 

 

そういうこと全部を ひっくるめて 材料や パン生地とかと対話しながら

 

焼き上げたパン なんだと思うんですよね。

 

 

 

小さいことかもしれない。

 

 

 

色んな色素を使った 色鮮やかな 市販のパンと比べたら

 

もしかしたら 派手さはないのかもしれない。

 

 

 

でも 本当に本当に 丁寧に 愛情かけて材料を選び 手間暇かけて作って

 

焼き上げてもらったパンは この上なく あったかくて おいしくてね。

 

 

 

そこに ひっそり小さく深く 感動していたため

ブログが変わったり フェイスブックやるようになってからも

 

つながらせていただいていて(笑)

 

(その間に とうとうお店までオープンされちゃうんだもん!!!びっくり!!!)

 

 

 

年に数回あるかないか だけど 注文させていただいたりしてるわけです。

 

・・・ストーキングじゃないよ!(笑)

 

 

 

 

そういう 愛の形が 実は レシピにもあらわれてて。

 

亜希さんのレシピって 数字がキリよくないの(笑)

 

普通さ、 たとえば29g とかだったら まあ 30gも変わんないからって

 

30にしちゃうことってあると思うんです。

 

お菓子作りとかでも。

 

 

 

でもね 亜希さんのレシピは そうじゃない。
(いや、今は知らないけど(笑))

 

端数 が出てること 普通にあります。

 

そういうところにも こだわりと愛を感じるわけです(笑)

 

 

 

 

ま、私ウェッティだからね(笑)

 

勝手にそういうの 自分の中で増幅させてるのかもしれませんけど。

 

 

 

でも そうやって やっていることや 提供しているものに

そのまま 愛やこだわりを感じられるものって

 

私 本当に好きなんだなぁ。

 

 

 

ということで 今度ある講座で 久々に亜希さんのパンを

 

お取り寄せさせていただくことになり

 

なんか 無性にこのエピソードを書きたくなったので

 

記事にしてみました。

 

 

 

フェイスブック以外ではやってないのかなぁ?


注文とか お取り寄せとかが 可能かどうかは

直接お問い合わせしていただくのがいいと思うけれど。


久々に 亜希さんのパン 食べられるのが楽しみです。

 

 

講座にいらっしゃらない方も もしよければ FBページ のぞいてみてくださいね♪

 

 

Iパンとお菓子 akikki

 

この記事の中の画像は全て 亜希さんのところからお借りしました~♪

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分探しを 馬鹿にする人がいる。

 

自分探しを 勧める人がいる。

 

自分探しを 否定する人がいる。

 

 

 

自分の軸を 探す人がいる。

 

自分の軸なんて考えない人がいる。

 

自分の軸を 感じる人がいる。

 

 

 

私は 

 

氷のように固くもなれるし 

 

水のように流れることもできるし 

 

水蒸気のように飛ぶこともできる。

 

 

 

そんな 柔軟でもあり 不安定でもある性質が強いから、

 

ある程度

 

「軸」

 

を 定めておくことで 安定して安心できる。

 

 

 

 

 

肩書も、仕事やプライベートという枠も

 

はっきりしてる方が

 

自由にできる。

 

 

 

自分の中の線引きが欲しいだけ。

 

 

でも その軸は 変化するときは変化する。

 

元々が 物質として不安定だから。

 

 

 

氷の結晶が 二度と同じ形にならないように。

 

 

 

 

でも 世の中には

 

土のように 軸がないこと自体信じられないという人もいれば、

 

風のように 軸なんて作ったら 自由さが押し殺されてしまう性質の人もいれば

 

火のように  オレさまが通った道が軸になる!w 的な性質の人もいる。

 

 

 

 

 

探したければ 探せばいい

 

定めたければ 定めればいい。

 

いらないなら手放せばいい。

 

 

どっちでもいいじゃない。

語れることは 自分のことだけ。

 

自分がしたいことすれば いいじゃん。

 

 

 

 

お得なお茶会

→*残5【募集】10/28(火)なんでも聞いちゃえ!ど・ストレート好きな人限定の会@岡山

 

自分のことを好きになる生き方をしたい方はこちら

本気の人のための ど・ストレートな 姉御肌リファインタイム 

 

【11月募集開始】 2017年1月スタート 

→ヒト塾 自然美生活学≪初級編≫ 誰でも楽しくおいしく自然生活を♪ 
→ヒト塾 自分クリエイション科 

 


 


 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私たちは 結構小さいころから

 

「本気じゃないからできないんだ。」

 

「覚悟がないからできないんだ。」

 

って 大人に言われ続けてきた気がします。

 

 

 

そして

 

大人になった今でも 

 

そうやって言われることがあります。

 

 

でも はっきり言って、

 

本気や覚悟なんてものは

 

モノサシではかれるようなものではないので、

 

 

誰かに

 

「あなたは 覚悟が足りない」

 

「あなたは 本気になってない」

 

なんて言われたところで そんなの あてにもならないことも多いです。
 

 

基準なんて人それぞれだから。

 

そんなことに振り回されたって仕方がない。

 

 

 

 

でも

 

自分なりに 具体的な 「本気」「覚悟」の基準って

 

あった方がいいです。

 

私にはあります。

 

 

 

起業してまだ1年くらいだったでしょうか。

 

お金のやり取りが発生する契約的なものがあったんですが、

 

相手が近しい人だっただけに、

 

金額ははっきりしていたけれど、内容が曖昧だったんですね。

 

 

 

でも

 

その時は言えなかったんです。

 

私は払う側で。

 

相手はお世話になっている人で。

 

 

 

ただ、どうも色々 疑問もある。

 

でも言えない。

 

 

 

そんなときに、起業家としては大先輩の友人に 相談したことがありました。

 

 

 

そして言われた一言が

 

「それさ、自分が甘いんだよ。

 

もし自分がシングルマザーだったらそんな甘ったれたこと言えるの?」

 

って。

 

 

その言葉を聞いて、はっとしました。

 

まだまだ甘かったなって。

 

そして 楽になりました。

 

 

なんか ちっさいこと 気にしてたなぁって。

 

 

 

 

昨日 ここ最近の色々を 旦那さんと話してて。

 

今朝起きたら 似たような感覚になって。

 

 

ああ、覚悟が問われるタイミングなんだなって感じたと同時に

 

楽になりました。

 

 

 

 

 

基準としては 厳しいかもしれないけれど

 

基準は厳しい方がいい。

 

 

 

その方が 自分の目指す方向が クリアになるから。

(ただし、恐怖心を増大させるのはやめてね。)

 

 

よくあるのは

 

「余命1年だとしたら 何をする?」ってのとか、あれも基準ですよね。

 

 

 

何を大切にし 何を手放していくのか。

 

決めるのは自分です。

 

 

さあ どこまで目指しちゃおうかな 私w。

 

 

自分らしい生き方をしていきたい方はこちら

本気の人のための ど・ストレートな 姉御肌リファインタイム 

 

【11月募集開始】 2017年1月スタート 

→ヒト塾 自然美生活学≪初級編≫ 誰でも楽しくおいしく自然生活を♪ 
→ヒト塾 自分クリエイション科 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。