《岡山》自然療法院【想~てとてと~】のつれづれ

岡山県岡山市で 自然療法院として
日々の生活や健康 カラダとココロのサポートをさせていただいてます。
代替医療・自然療法として
オステオパシー、ホロソフィーの哲学や施術
ホメオパシー、メディカルアロマ、ファスティング、などを組み合わせています。


テーマ:

 

4月から、二つのことが、新しく始まることになりました。

 

和カフェむすひさん(岡山市南区)でのナチュラルランチ&スイーツ提供

 (不定期 一応 週一予定)

・同店舗内にて、自然療法院 むすひ分院として、施術・療法相談スタート

 

 

実は少し前から、これまで以上にしっかりと自然療法院を運営していくために、

場所を借りることを考え始めておりました。

(現在は自宅兼用)

 

 

そんな中、お抹茶を目の前で点てていただけるというカフェむすひさんに

ふらっと行くタイミングが訪れたのが3/4(土)。

 

そこのお庭の苔たちがあまりにも美しくて、

また会いたくなって行ったのが3/9(木)。

 

 

 

その、2度目にお伺いしたときに、店主の小玉さんが、

周年記念事業として、食をテーマにしている個人・法人への

カフェキッチン開放をするということ。

 

そして、私のFBを見てくださって、何かしら感じてくださったとのことで

月に数回でもいいから、カフェを是非やってみないかとのお声をいただき
(目の前で小一時間繰り広げられたプレゼン(笑))

 

とはいえ、やっていきたいことは施術だし、自然療法だから

それを見込まれたのであれば、もう二つ返事でお受けしていただろうけれど、

だいぶ 方向性が違うような気もして 即決はもちろんできず。

 

考えるお時間をいただくことにして。

 

 

そのままその日は、お香講座へ。

 

 

講座でのお線香づくりをする中で、

最後の成形で集中力が切れている自分を発見し。

 

 

そういえば、料理に愛がないとか、盛り付けに興味がないと
ずっと言い続け、料理教室は避け続けてきたけれど、

 

昔からバレンタインだなんだと機会があるたびに

大量に手作りして友達に配っていた自分がいて

「作ったものを食べてもらうこと自体は好き」

という自分がいたことも思い出し。

 

結局のところ

 

「最後の仕上げ」の仕方がわからなくて

避けていただけの話で。 

 

(自分の中にわからない感がある分野には

手を出したくないビビりな完璧主義タイプです・・・)

 

 

なんか、そういう自分の姿勢が 全部に通じている気がして。

 

 

どうしようどうしようと悩んだ挙句、

それでも施術じゃないしなぁと

明日の朝にはお断りのメールを入れようと思った翌朝。

 

店主の小玉さんからメッセージが入っていて。

 

 

最近、ただただ頂いたご縁を大事にしようという気持ちも強かっただけに、

もう、考えに考え抜いて、どうにもわからん!と、

最後に頼ったのが、易経(笑)

 

 

 

信頼する友人に、

 

「何も聞かずにコイン6回投げて!!!」

 

と、お願いしたら、朝日に向かって集中してやってくれたとのこと。

 

そして 立った卦が

 

 

 

【火雷噬盍(からいぜいごう)】

噛み砕く。邪魔者を毅然と、思い切って取り除くとよい。

 

 

 

 

・・・・なんやねん!邪魔者って!!!

 

まあ、まだ易経は学んでないので、グーグル先生によりますと

邪魔者はあるけれど、進むと決めたなら

毅然と取り除いていけばよいということらしい。

 

 

もう、よくわかんないけど、

好きなことしてみようと思って。

  

どんな理由であれ、きっかけであれ、

お話をいただけることは、本当にありがたいことで。 

  

 

「自分で決めたことだけをやる」という思考

 

その「自分」「自分」っていうのを

 

ということを、少し手放して、今ある目の前を

大切にすることに集中してみようって、思いました。

  

 

 

療法院のお仕事も変わりなく続けることができるし、

これまでお休みにしていた日の分(事務仕事の日)を

自分の好きなこと、やってみたいこと、自分を高めることに

当ててみるだけのことだし。

 

 

という感じで、やらせていただきますと返事をしたのが、3/10(金)。 

 

 

 

翌日に打ち合わせに行って、色々話を聴いていたら

店舗内に和室もあり、そこで施術もできるとのこと!!!

 

実は、私個人はこれがすごくうれしくてありがたすぎて。

 

 

で、結局4月から、冒頭の通りになりました。

 

 

と、まあ色々考えてまた理由がたくさんついてますけど。

 

 

カフェむすひさんの 苔の美しさと

目の前で点てていただいたお茶と

その空間から感じる世界が好きで。

 

店主の小玉さんのこだわりと求めるものの高さがとてもフィットして。

 

 

「自分の限りを尽くして、この世界に委ねる」ということを 

好きな空間で味わってみたいんだと思います。

 

 

まだ、詳細とかはこれから決めていきますので

決まり次第お知らせしていきますね(^^)。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

先日の ブラッシュアップ&情報交換会のあと、

 

いつも仲良くしてくれている広島のりさちゃんと一緒に、

 

ご近所の オサレなカフェ Skipさんにランチデートに行きました。

 

 

 

 

 

 

「健康」「自然治癒力」「施術」などの知識と考え方のベースがかなり似ているりさちゃんとは、

 

色々なことが心置きなく話せます。

 

 

 

この時も、色々話していたんですが、

 

ここ最近の自分の変化も、少し話題に出しました。

 

 

 

私は、教員時代はもちろん、多数の子どもたちの前で

 

授業をしたり、話したりしてきていて。

 

教科通信や学級通信もずっと書いてきています。

 

 

さらに、退職して今の道に入ってからも、

 

もちろん講座もたくさんしてきましたし、

 

ブログなどでも発信してきました。

 

 

 

そう、私にとっては

 

「言葉」というのは、自分の発信をまだ見ぬ誰かに伝えてくれて

 

そこから人との出逢いやご縁もつないでくれる、

 

とてもかけがえのないものではあるのです。

 

 

 

ま、ちょっと前までよく自分のウリにもしてたんですけどね、それ。

 

「教えることや話すことがうまい」

 

「文章書くのが好き、少しも苦ではない」

 

ってさ。

 

 

 

とーこーろーがーーーーー。

 

最近ですね、

 

「言葉がうまく」出てこないんですよ。

 

 

 

あ!疾病疾患じゃないですよ。

 

普通におしゃべりできるしこうしてブログも書いてるし(笑)

 

 

 

でも、なんていうんだろう、

 

私の基準からすると、うまくないんですよね。

 

うまく言葉が出てこない。

 

うまく言葉が出てこない自分に気づくから、

 

滑舌悪いし、言い間違えるし(笑)

 

 

講座をするときには、かなり致命的―――(笑)

 

 

でも、昔だったら、

 

「うまく話せない自分」はダメだって

 

ただただ、焦ってました。

 

 

 

でも今は、

 

最近のこの自分の変化は 一体自分にどんな気付きを

 

与えるために起きているんだろうって、考えてます。

 

 

 

そして、思い当たることもありました。

 

 

たまにブログに書くんですが、

 

私、もともとは口下手だったんですよね。

 

四人兄弟なんですが、その中でも一番か二番くらいに口下手だと

 

よく親からは言われてました。

 

 

 

口下手が原因と思われるトラブルや、しんどい時期も

 

まあ、幼少期から学生時代まであったのでね。

 

 

 

私にとっては、言葉は鎧でもあり、武器でもあったんだと思います。

 

 

 

そして、いつしか、「言葉」で微調整をすることを私は覚えていたんだと思います。

 

 

 

 

帳尻合わせだったり、

 

 

少し大げさにしたり、

 

 

逆に大したことないようにみせたり。

 

 

 

 

もちろん、嘘を書いてきたつもりはないです。

 

例えその時の自分が、自分に強い思い込みをもたせてたとしても(笑)

 

嘘はなかったと言えると思う。

 

 

 

でも、本当に全てが そのまんまの事実真実だったかと言われると、

 

そうでもないなぁって。

 

 

癖なんですよね、

 

自分で文章とか書いてるうちに、妄想というか、

 

あおいワールドがどんどん広がっていって

 

そこに感情移入や投影して、ドラマティカルに自分の中でとらえるの。

 

 

 

その 自分の好みに脚色してドラマティカルに仕上げたものを

 

言語化してしまう癖がある。

 

 

いつもじゃないっすよ もちろん(笑)。

 

 

 

でも、まあ、要するに、それができなくなったってことでしょう。

 

 

 

 

それは、りさちゃんの言葉がすごくフィットしたんだけど

 

「色んなことが見えてくると、『うまいこと言えなくなる』よね」

 

って。

 

頭の中で、損得を考えた計算ができなくなったとも 言えるかもしれない。

 

 

 

じゃあ、どうしてそんな風に自分が変わったかって言ったら、

 

私の中では、この一年以上受け続けてきた施術による、

 

カラダ自体の変化が大きい気がしてます。

 

 

 

 

施術によって変化していく自分自身のカラダとココロを通して、

 

見える世界もどんどん変わっているし

 

土台がしっかりしてきたら、そりゃあ 武器も鎧もなくてもいいよね。

 

だって、芯の強さができるんだもん。

 

 

 

書くのをやめるとか、話すのをやめるとか、そんなこと別に考えてないけど、

 

まさか、こんなことまで自分が考えるようになるとは思ってなかったなぁ・・・。

 

 

 

 

でも・・・・実はずいぶん楽な自分がいます。

 

 

 

言葉が武器と鎧にもなっていたということは、

 

私にとっては日々は戦いだったのかもなぁとかね。

 

戦う前提の人生・・・・そらしんどいわ(笑)

 

 

 

 

精神面、メンタルについては聞いてないのでわかりませんが、

 

少なくとも、「カラダ」という構造の部分には、まだまだまだ

 

改善(変化)の余地はありまくりのようなので、

 

今後も、施術による体の変化で

 

一体自分の内面と言動はどう変わっていくのか、

 

さらに楽しみすぎです(笑)

 

 

 

 

あ、思い出しました。

 

最近、私なんかがオステオパシーを語るなんておこがましいかもとかって思ってて

 

言語化してなかったんですけども。

 

 

 

一番最初にオステオパシーを知って感じたのは

 

「すっげーーー!」「おもしろーーい!」「不思議ー!」

 

でした、そういえば・・・・。

 

そう、面白いんだよほんとに、オステオパシーって。施術って。

 

 

 

 

ほんと、この先私、どうなるんでしょうね(笑)

 

気長に変化をお待ちくださいませ(笑)

 

 

 

って、ライトにまとまったなぁなんて思ってたのに。

最後の画像選んでて、たまたまこれ見たら、泣けてきちゃったよ。

 

そうだよね、言葉なんてなくても、分かり合えた経験、

 

誰もが・・・・・してきてたのにね。

 

もう、武器も鎧も、もちたくないなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コチラの記事をあげましたが。

 

→引き寄せの法則と素粒子の世界 カラダという物質と 思考という見えないもの。 

 

これの続きというか、書いた後に、数人の方からコメントとかももらって
ああ、何が言いたかったんだろう私、と考えて

少し整理されたので、続編(笑)

 

私が最近よく見かける「引き寄せ」の話は、結局のところ

 

引き寄せといえば 自分のマインドや思考で自分の欲しいものや未来が手に入る

引き寄せと言えば量子力学

量子力学といえば素粒子

素粒子と言えばダブルスリットの実験結果という、科学的な根拠のあるものも出てきている。

 

 

だから

 

【引き寄せ=科学的に証明されている】

 

 

という短絡的なものが多いことが、どうにもこうにも引っかかるってことを

言いたかっただけでした(笑)。

 

 

私は、科学のロジカルなところもとても愛しているし、

この世界の神秘的な法則にとてつもなく 魅了されています。

 

 

どちらも、あると思っているし、どちらも素晴らしいと思っているんですわ。

 

科学を愛してるけど、科学が万能じゃないことなんて誰が見ても明らかだし。

 

科学はこの世界の法則を解き明かすことは、今もまだまだできていない。

 

でも、科学のロジカルな展開、ロジカルさを徹底する哲学が好きなのです。

 

 

 

 

それと同時に、

 

科学じゃとうてい解明することなどできない、この世界の運行法則や

 

スピリチュアルな要素はとても美しく 不可思議で神秘的。

 

ま、どっちもあるし、どっちも好きなんです。

 

好みの問題だからねこれは(笑)

 

正否も優劣もつけられません。

 

 

でさ、ロジカルって書かれたときに、ロジカルの意味、ちゃんとわかる?

 

ロジカルって 「論理的」って意味です。

 

筋が通ってるってこと。

 

 

論理的って言われれば、なんとなく漢字の意味とかでわかるけど

ロジカルって言葉だけ聞くと、

なんか 使ってる人がすごそうに見えたりするじゃん。

 

特に日本人は、英語に苦手意識があるし、女性は物理的な言葉とか好まない人多いしね。

 

 

その「一見すごそうなこと」が、

 

なんか さもわかったように 使われてるのが、私はどうも 居心地が悪い。

引っかかる。

 

 

私もそういうところあるけど

 

やっぱり私たちって、すごそうなこと、自分には理解できなそうなことをやっている人って

 

なんとなくすごい気がするし、自分よりなんでもわかってるように見えることもある。

 

 

でーもーーーー。

 

それ、見かけ倒しのことも多いよってこと。

 

 

 

そもそも、引き寄せの法則は、たしかに量子力学の分野が絡んでる。

 

でも、さっきのブログ記事に書いたようなダブルスリットの話は、

 

引き寄せの法則とは、あんまりからんでない。

 

この世界への思念による干渉と

 

共鳴は違うから。

 

 

 

ダブルスリットの実験結果自体は、それはものすごい発見だし、

 

びっくりな話なわけです。科学者的には。

 

ただし、結果自体はすごい発見だけど、

 

なぜそうなるのかは 分かってない。解明されてない。

 

 

これからなんですよ、量子力学の世界っていうのは。

 

なにせ、量子力学で扱う素粒子は、そもそも、単体ではとりだせてないみたいだからね。

(世界の研究機関では進んでるかもだけど、英語の読めない一般人の私には

まだそれらしきものは目に触れないっす(笑))

 

 

 

この世界には、「意図や意思が、物理的に物質に影響することを証明する結果があったよ」

 

ってだけの段階。

 

 

 

だから、少なくとも、引き寄せの法則の根拠として、

 

量子力学が出てくるだけならまだしも、

 

「ほら、こういう実験結果もでてるんだよ!本物なんだから!」

 

って ダブルスリットの実験が引き合いに出されてた時点で、

 

私なら、アウト。

 

 

論理破綻とみなすかな。

 

だって、関係ないもん。

 

ああ、素粒子とか量子力学とかって言葉を出して、信頼性を高めようとしてるだけね

 

って見えちゃう。

 

 

 

 

 

で、コメントでたまたま、ボイジャータロット?と量子力学の関係を学ばれたって方がいらしたので、

 

せっかくなので、そのあたりのつながりも書いてみるとですね。

 

 

 

この世界を 波動振動としてとらえるのならば、

 

(ボイジャータロットと普通のタロットの違いはわからないんです ごめんなさい)

 

少なくとも、タロットと思考が引き合うのはある。

 

充分にあり得る。むしろ、無い方がおかしいと、個人的には思う。

 

 

タロットが形作られた時点で

 

その絵柄や色、使われる文字、数字という 言霊というか

 

契約がそこに刷り込まれていて、

 

すでに固有の振動数を発している。

 

 

 

ただ、共鳴という形で、思考や潜在意識を反映するのか、

 

易経のように、未来を時空に問うのかは、

 

うーーん、やり方によるのかなぁ?

 

たぶん、ちょっと違うはず。

 

  

そこは、占者さんの力量やフラットさにもよるかもね。

 

 

でも、説明がつく。

 

 

 

 

そして、トンデモ話的にもう少し話を進めるならば、

 

 

 

パワーストーンとかさ、水の入れ物に入れて置いたり

 

上に載せておいたりすると、味とかが変わるとかっていうでしょ。

 

 

あれも 間違いなくあり得る。

 

まあ、水に直接石を入れて置いたら、微量でも溶けるって可能性も

無いわけではないので、あまりお勧めはしないけど。

 

 

でも少なくとも

水の容器の上に パワーストーンをそれぞれ違うものを置いておいたら

水の質は変わるよ。

 

味として反映される形で変わるかどうかはわかんないけどね(笑)

 

 

で、もっと トンデモ話で言うなら(笑)

 

それこそ、赤とか、黒とか、白とか、一色だけの布で

 

水の入った容器をぐるぐる巻きにしておくだけでも

 

水の質は変わるだろうね、理論的には。 

 

 

 

陰陽五行に基づく 東洋医学とか薬膳とかって

 

そこを前提に さらに細分化されてるようだし。

 

 

 

そういうつながりが私は面白いし、

 

それこそ科学の飽くなきチャレンジだし、

 

人間のこの世界へのチャレンジだし

 

それをもう4000年近く前から読み解いてきている

 

古の人たちの知恵と労力には脱帽と敬服しかないし。

 

 

 

っていうこだわりがあるから、やっぱり表面上のものは

私個人は 好まない。

 

 

いいじゃん、好きなら好きで。

 

引き寄せ、あると思うよ。

 

そしたら、引き寄せはあるし、自分は信じてる、でいいじゃん。

 

そういう世界が好きだって 胸張ってればいいじゃん。

 

 

現代が科学が中心な世界なのは

 

科学は再現性を大事にしてるので、共通言語にしやすいんだよ。

 

わかりやすい。

 

 

そう、お金みたいに。

 

ただそれだけ。

 

 

 

 

で、私はさらに突き詰めるのが好きなわけ。

 

どうして、好きなものをただ好きと言えず、

 

正解や答え、説得力、科学的根拠がないと

 

自分の好きも言えなくなった?

 

なぜ、直感なんてあてにならない、理由を求めなさいって時代になった?

 

なぜ、自分の感覚よりも、他人の基準を大事にするようになった?

 

 

って考えたら、学校教育 幼児教育だったり、この社会の構造だったりにも行き着くんだけれど、

 

 

じゃあ、そんな 人間があとから作った枠にのまれない、ながされない、惑わされないような

 

社会にシフトするには、どうしたらいいの?って思った時に、

 

私は、健康とか、自然生活とか、カラダとか、施術とか、

 

そういったものが昔から好きだから

 

そこからアプローチをしてみようと思うだけなのです。

 

ま、別に究極的には、アプローチしてもしなくてもいいんだよ。


私はやりたいからやるだけ。

 

 

 

 

うーーーん。

 

ちょっと前まではね、何でもアリだよね、その人の真実はその人にあるだけだよね、

 

っていう、フラットであること、公平であることを意識してたんだけど

(絶対フラットにも公平にもなれないんだよ。でも、目指すことは大事でしょ。)

 

最近は、その先の、それで私はどう思う?ってとこも大事にしてみてるので、

 

まあ、二記事続けて、持論展開してみた(笑)。

 

 

 

結局は何でもいいんだけど

 

私個人にはゆずれないものがあるよっていう話でした(^^)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「引き寄せ」という言葉を耳にするようになってから、2年くらい?

願うだけで未来が変わるなら 楽かも!

 

とか

 

思考で得たい未来が得られるなんて素敵!

 

とか

 

見た目によらず、ミーハーな私は、とっても興味がありました(笑)。

 

 

 

が、興味はあって、「いいかも!」って思うんだけど

 

そこに 納得のいく理論がなければ、納得がいかないのが私のめんどくさいところ。

 

 

 

 

引き寄せの本も読んだことあるし、

 

掲載されてるワークとかもやったことあるけど、

 

でも 心の底で納得はしてなくて。

 

 

 

まあそのうち勉強してみるかと思っていた時に

 

昨年夏に たまたま ワクチン講師養成のブラッシュアップ会でいった

 

新宿(あれ?代々木?いや、どこだっけ、東京駅じゃないしなー)、都内のホテルの

 

すぐ下にあったコンビニで出逢ったのがこの本。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宇宙のはじまり [ 多田将 ]
価格:820円(税込、送料無料) (2017/2/21時点)

 

 

 

高エネルギー加速器研究機構とかいうところの いわゆる本物、本職の


素粒子物理学者の書いたものですね。

 

クウォークとかレプトンとかミューとかニュートリノとか

 

  17

10  (10の17乗)とか 

物理苦手な私からすると、専門用語も山ほど出てきて、

何度も 前に戻ってはまた進めて、みたいな感じで、 結構時間かかりました。

 

ウィークホゾンとか・・・・なにもの!!みたいな(笑)

 

東京からの帰りの新幹線で ちょっと読んだけど すぐ寝た(笑)

 

 

で、本の要点をいくつか書きますと、

 

・現在の最先端科学技術で解明されている この世界の全てを構成する物質(素粒子)は
 たった 12種類。

・ただし、それらの素粒子は、そう簡単に分離できず、そのままの形で取り出すことは不可能。

 
・それらが発生した瞬間にすぐ壊れた後、その残骸をかき集めて、分類している。

 

・宇宙の始まりの1秒後に、いわゆる元素(水素とか 炭素とか)が合成されるが

 それらを合成するための素粒子はが自由自在に素粒子の形で存在していたとき、

 宇宙は、ものすごい高温だった。(10000000000℃以上)

 

・宇宙の始まりのときの温度は 

 100000000000000000000000000000000℃

 (10の32乗度)

・1秒後には 10の32乗℃から 10の10乗℃まで冷えてしまっていたので

 もう、素粒子は何にでもなれる自由自在な存在ではなくなっていた。

 

・現在の科学で再現できている高温状態は10の17乗℃までなので

 完全に自由自在の素粒子の状態は 少なくとも科学ではほんの一瞬しか再現できていない。



 

こんなとこですかね。

もちろんもっともっと 細かく丁寧に書かれていますけれど。

 

 

つぎに、引き寄せでよく聞かれるダブルスリットの実験ですが、

 

こちらについては、電子銃というものを使っています。

 

 

 

電子は、素粒子12種類の内の一種類であり、

 

この電子が、

 

一本のスキマ(スリット)を通り抜ける時と

 

二本のスキマ(ダブルスリット)を通り抜けた時では

 

動き方が違ったとか、

 

 

人間が観察のためのカメラを設置しているかしていないかで

 

粒のように動いたか、波のように動いたかが違うとか、

 

そういう話です。

 

 

ちなみに、このダブルスリットの実験は、真空化(電子の動きを邪魔するものが何もない状態)で行われています。

 

 

で、引き寄せの法則などで

 

「観察者の意図(思念)があるかどうかで、この世界を作っている素粒子の動きが変わるのだから、自分たちの意識で 未来が変わる。引き寄せられる。」

 

的な話がよく出ます。

 

 

 

ここからは私の考察ですけれども、

 

まず、ダブルスリットの実験から考えても、

 

私たちの思念が、この世界に何かしらの影響を与えたり、

 

干渉していることは間違いないと思います。

 

 

 

だから、ある意味、私たちの思考が未来を創るというのは 正しいと

いえると思う。

 

が!!!!

 

ここからが本題なんですけど(笑)

 

・まず、私たちの世界を作っている12種類のうちのたった一つである電子でしか、実験は証明されていない。(他のは見たことないんですが、もし見かけたら教えてください)

 

・実験下では真空状態だったが、私たちが生きているこの世界は真空ではない。

 (思念の広がりや動きを邪魔するものが物理的にある)

 

 

 

ということが、ずっと引っかかっています。

 

条件が同じでないのに、全く同じ結果になるってことは基本的にないわけですよ。

 

 

実験ってね、本当に、条件をつくる、環境を整備することが

 

ものすごく大事なんです。

 

 

 

 

さらに、冒頭で紹介した本を読んで、感じたんですけど、

  

ものって、冷えて固まるときに、そこの型にあわせて 固まるんですよね。

 

 

 

核になるものというか、集まれる場所というか、そういうものが

 

物質が形作られるときには、必要なわけで。

 

 

 

ということは、

 

思念が固まる、影響するときも、自由自在というよりも

 

たまたまそこにあったり、ぶつかったりしたものと一緒になって固着する。

 

物質化する。

 

 

 

これに照らし合わせて考えるなら、

 

思念があって それが形になるときは、思念がある程度強くても

 

それよりも現実にある物質や状況(実際の言動や在り方そのもの)にそって 形作られる可能性が高い。

 

 

 

そう考えると、思念だけで 思い通りになるなんて そんな単純なことが

 

この世界で起きているとは思えない。

 

 

 

 

いや、可能性は十分にあると思うよ。

 
他の空気みたいなものとか、

そもそも思念が脳内で生まれてから 自分のカラダの外に出るために通過する

 

頭蓋骨とか皮膚とか

 

そういった邪魔者とか、他の思念やらなにやらに 

 

邪魔されないくらい強固な意志を持っている人がいたら、それはありえる。

 

  

 

  

でも それくらいの強固な意志がある人は

 

おそらく それに負けないくらいの行動力があるからさ、

 

たぶん、行動もしてる(笑)。

 

 

 

思念よりも、行動の方が、強いんですよね。

 

マインド云々じゃなくて、実際に物質(カラダとかその場の空気とか)が動いてるでしょ。

 

 

素粒子よりも大きくてがっつり重さがあるものが動いてるんだから

 

そりゃこの世界への影響力も強い。

 

そして、ゆらがないよね。

 

 

 

私たちの一歩では コンクリートは割れないけど

 

ゴジラがあるいたら 地割れするのと同じ(笑)

 

  

 

  

そして 思念が固着しやすいのは、思念が出たすぐ近くにある私たちのカラダで

 

カラダがゆがんでいたら、あたらしいものも 歪んでくっついていくよね、とか

 

思うわけです。

 

 

 

もちろん、その行動を引き起こすのは私たちの感情や思考なので

 

そういう意味では、感情も思考もとっても大事だけどね。

 

 

 

 

ただ、スプーン曲げとかは 自分でやったことないのでわかんないっす。
 

場の支配、ということを考えた時には、十分に可能性としては考えられけど、

 

話を聴いてる限りでは、素粒子うんぬんとは違う話な気がするんだよねー。

 

 

 

いつかやってみたいと思うけど、

 

一瞬の思念よりも、一つずつの物理的な積み重ねのが強いと思ってるので、

 

それは機会がめぐってきたときに、実際体験してみて検証してみたいと思います。

(誰か誘ってください(笑) あんまり怪しいのは嫌だよ(笑))

 

ということで、私の今の見解としては

 

・思考だけの引き寄せ的なことは 充分にあり得るが、そう簡単には起こらない。

 (実際にはかすかには起こっているけれど、他のものにかき消されている可能性高い)

 

・もちろん、マインド、思考もとっても大事だけれど、行動や今の状況のがより強い。

 

・憧れのヒトや、尊敬する人が引き寄せとか マインドとかって言ってると、

 さもそれだけで成功してたり輝いているように見えるけど

 実際にその人たちは、相当の行動をしているので、 引き寄せに頼るよりは、動いた方が早い。

 

 

って感じです。

 

すみません、時流や流行に逆らったみたいな結論で。

 

 

でもね

この世界はもっと複雑で絡み合ってて難しくて

科学なんかじゃ解明されてないことが山ほどあって

 

でもその混沌の中にシンプルな法則がある。

 

それが科学のおもしろさです。

 

引き寄せってほんとにあるんだね!とか

思考が未来をつくるってほんとなんだね!とか

 

そこで終わってたらもったいない^_^

 

また、新たに学んだり体験したり検証したりして、このことに関して

 

進展したら、また記事も書こうと思います(^^)。

 

 

と思ったけど 続きも書いちゃいました(笑)

→引き寄せの法則と素粒子の世界 カラダという物質と 思考という見えないもの。続き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日の主催講座で、
 
 
参加者向けのランチプレートを作っていただけるようお願いしました。
 
すごくお料理上手で、食材にも、お料理にも愛がある方なので。
 
 
開催数日前に、あるママさんからの講座のお申し込みもあり、お子さまもご同伴とのこと。
 
 
 
よく 講座などに参加してくださっている方なので、お子さんがアレルギーがあることは
 
私も知っていたので、申し込み時にはなにも書いてなかったし、
 
いつもお子さん用のお弁当をご持参されていたのも知っていたけれど、
 
ゆみこさんにもアレルギー対応をお願いしたところ、
 
快く引き受けてくださいました。
 
 
 
そしたら、当日それを知って、すごく喜んでくださってね。
 
とても丁寧に感謝を伝えてくださるわけです。
 
 
申し訳ないです、ありがとうございますって言いながら。
 
「安心して子どもと同じものが外で食べられることがこんなにありがたいなんて」って。
 
頭下げてくださるわけ。
 
 
 
そう言われながら、うれしさと 切なさと ふつふつとわき上がる違和感が 実はありました。
 
あ、違和感は その方にではないですよ。

とても謙虚でまっすぐな方でね、私もいつも見習いたいと思わせてくれる方なのです。
 
 
 
 
アレルギー対応をしたいとの私や由美子さんの行動に
 
感謝がいただけたことは本当にありがたいこと。
 
ありがとうって言われたら、そりゃうれしいっす。
 
すんなり受けてくださり、ひと手間かけてくださった由美子さんにもほんとに感謝しかない。
 
 
(卵 乳製品 魚介類 肉類 白砂糖など 全てフリー かつお節は後のせ)
 
 
 
 
でも、アレルギーさえなければ、アトピーさえなければ、
 
他の人たちがしているように、普通に何も気にせず、楽しく笑いながら
 
子どもと一緒に同じものを食べられるのに。
 
その場でみんなと一緒に笑って食べられるのに。
 
って、切なくなった。
 
 
 
そして、違和感の理由は・・・・やっぱり怒りだね。
 
どうして、普通のお母さんが、普通に子どもと一緒に同じものを食べられない
 
今になっちゃったの、現代になっちゃったのって。
 
なんで必死に子育てしてるお母さんが、私なんかに頭下げなきゃいけないのって。
 
 
 
 
私は、こういう現代になっちゃったのは、私たち大人の責任だと思ってる。
 
責任がある=悪いことをした
 
というわけではない。
 
 
でも どこか、なにか間違った選択をし続けたからこそ、今の課題がある。
 
 
アレルギー
 
アトピー
 
子どもの生活習慣病
 
発達障がい
 
原発
 
環境破壊
 
大気汚染
 
土壌汚染
 
 
なんでもそうよね。全部つながってるから。
 
政治が悪いだの、企業が悪いだのって一般庶民の私たちは言う。
 
でも そういう政治家を選んできたのも、企業の製品を買い続けてきたのも
 
今大人である私たちだから。
 
 
政治や大企業という、形がありそうで、実はないものに責任をなすりつけるのは
一番楽なの。

不調とかを「年のせいで」って言い訳するのも、誰も傷つかないからだしね。
 
 
 
・・・・違うなんて 誰も言えないでしょう?
 
全ては 私たちの世代、私たちの親世代、私たちの祖父母世代、
 
そしてずっとずっと前からの先人たちの選択の積み重ねとして 今がある。
 
 
 
【過(あやま)ちて改(あらた)めざる 是(これ)を過ちと謂(い)う】
 
 
 
私たちは、あやまち、間違いを起こす。
 
間違わない人間なんていない。
 
 
 
でも、その過ちを、あらためないことや、
 
反省もせず、 次も同じことを繰り返すこと
 
それは 罪深い過ちだと 私は思う。
 
 
 
これまでの選択で、少なくとも科学技術が発展し、医療も発展し
 
救えなかった命が救えるようになったのも事実。
 
 
 
そういうような、良い結果に結びついたものは、きちんと評価したらいい。
 
それは きっと、素晴らしいこと。
 
 
 
でも、科学の進歩には、人間の文明の発達には
 
犠牲はつきものだと。
 
大事の前の小事には 目をつぶるしかないのだと
 
・・・・そんな屁理屈は いらない。
 
 
 
 
だって、私は母だもの。
 
 
 
どうして、どうして、普通に恋した相手と結婚して、イノチを授かって
 
出産して、子育てして、一緒にご飯食べて、またその子が大きくなって恋をして・・・。
 
 
そんな自然のサイクルが なぜこんなにも乱れたのか。

多少のイレギュラーがあるのは自然の摂理。自然淘汰。
 
 
 
でも どう控えめに見ても 自然の域をこえておかしいくらいに
 
イレギュラーが多発していることは、誰が見たってあきらか。
 
 
 
私は、子どもたちに今たくさん降りかかっている、起きているたくさんの症状や状況は
 
大人へのメッセージだと私は感じてる。
 
 
【いい加減気付いてよ 大人!  いい加減 考えようよ 人間!】って。
 
 
そういう時代を選んで生まれてきたんだから、なんてスピ的な話は
 
はっきり言ってどうでもいい。
 
(そういう部分は多分にあるけど、それを理由にするのは、無責任と思ってます)
 
 
 
誰も悪くないさ、戦前の時代、戦後の時代、私たちの上の世代の人たちも
 
精一杯生きてきた。
 
 
 
そんなの知ってる。
 
でも、どの時代も、誰もかれも、必ず間違いがある。
 
 
 
それに気付いたら、方向修正しなきゃ。
 
間違うことも、間違ってきた過去も、未来に生かすためにある。
 
人間は 反省を未来に生かすことができる。
 
 
 
私にとっては、アレルギーに対応するなんてのは 当然も当然だし、
 
発達障がいのお子さんが生きやすい社会を考えていくなんて
 
当たり前すぎる話だし。
 
 
そして、誰も言わないけれど、でもきっと誰もが思ってると思うよ。
 
未来には アレルギーもアトピーも発達障がいも 子どもたちから減っているといいなって。
 
(簡単にこんなこと言っていいとも思ってないです。
それでも、2年間 特別支援学級担任として過ごしてきた日々があることを鑑みていただければと思います)
 
 
今ある現状を 受け入れることと
 
未来を考えて選択することは ちょっと違うよね。
 
 
今できることを精一杯。
 
そして、未来を考えて、少しでもよりよい未来を紡ぐための小さな選択を積み重ねる。
 
それが、子ども達世代に生きる未来を創る。
 
 
 
私一人の100の力より
 
 
100人のヒトの1の力の方が、未来への影響力は大きいし、
 
 
 
100人のヒトの1の言動よりも、
 
10000人のヒトの 0.5の誠意ある行動が 未来を紡ぐ。
 
 
だから私は 伝え続ける。
 
 
 
大人の考え無しは、無責任ですやっぱり。
 
 
「過ちて改めざる、是すなわち、過ちという」
 
 
古のヒトの言葉を 胸に刻んで。
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。