《岡山》自然療法院【想~てとてと~】のつれづれ

岡山県岡山市で 自然療法院として
日々の生活や健康 カラダとココロのサポートをさせていただいてます。
代替医療・自然療法として
オステオパシー、ホロソフィーの哲学や施術
ホメオパシー、メディカルアロマ、ファスティング、などを組み合わせています。


テーマ:

ワクチンの知識シリーズの番外編③です


これまでの記事はコチラ

→★VPDとは、「『ワクチン』で防げる病気」のこと★
→★子宮頸がんワクチンは積極的に推奨してないけど定期接種(無料期間あり)・・・・ふーん★
→★ワクチンの知識①~ワクチンシリーズ記事スタート&ワクチンの有効性★
→★ワクチンの知識②~<義務と権利>定期接種は努力義務 でも接種義務ではありません~★  
→★ワクチンの知識③~学校や保育園などから接種するよう求められたら★
→★ワクチンの知識④~ワクチンって何が入っているの?~ 
→★ワクチンの知識⑤~ワクチンの作られ方と使われている生き物たち~★
→★ワクチンの知識⑥~ワクチンの副反応ってどんなものがあるの?~★

→★ワクチンの知識⑦~私が考える ワクチンの問題点~  
→★ワクチンの知識⑧~不自然なものからどうフェイドアウトしていくか~★
→★ワクチンの知識【番外編①】~私が不自然なものを手放すかわりに とりいれたこと~★ 
→★ワクチンの知識【番外編②】~ワクチンを打たねばならぬ時もある~★ 


今回の記事は、

かなりマニアックですので 別に読まなくてもいいかも(笑)


どうやったらわかりやすいかなあと 

数日構想も考えていたのですが 黒板もホワイトボードもなく、文字だけでは限界があるので

ある程度かいつまんでおります

また、私ももちろん勉強途中の部分もたくさんあるので 調べれば
他にもいろいろと要素が出てきますので、あくまで一つの見方です☆


それでは参りましょう(^^)

今回は ウイルスの変化(進化)の速度と仕組み

です これはそもそもコチラの記事
→★ワクチンの知識⑦~私が考える ワクチンの問題点~   で 私が


3ワクチンの有効性への疑問

これは、データとしてもいくつか出ていますが

私がそもそも有効なのか?と疑問を持つ理由がいくつかありまして。 それは、

ワクチン対象となっている病気の病原体の多くが

遺伝子が変化をしやすいものが多い

ということです。 (核酸がDNAかRNAかってところ) まあ、この辺はややこしいので気になる方は

調べていただいてもいいですし、リクエストあれば記事にもしますが とにかく、遺伝子が変化するスピードが、 人間などの生き物と比べて格段に速いのです

ということを書きまして、
リクエストいただいたので(^^)

(すんごい勉強熱心な方々もいらして 私もついつい火が付く(笑))


有効性への疑問の切り口は、

いくつかあるのですけれど 私の基本概念としては
人間の科学なんてもので

自然界の仕組みなんて永遠に解明できない

というのがありまして。

それほど、自然界の仕組み あまりの統制の取れ方

規則性 イレギュラーへの対応の仕組みなどなどなど

知れば知るほど、

人間の技術なんて、考えなんて全く及ばないなぁと

ただただ畏敬の念をいだくだけなのです。

そして、別に解明する必要もないと思っています。

・・・・あ、話がそれるからまた今度(笑)

で、遺伝子の変化(進化)の話ですね(笑)

えと、ワクチン対象となっている病原体の元には 細菌とウイルスの両方があります

ウイルスは厳密には生物というグループには入っていませんが

(細菌は生物というグループに入っています)

遺伝子情報を複製(コピー)して細胞を増やす(子孫を増やす)

ということは我々人間と似ています。


遺伝子というのは、その生き物の設計図ですね☆

ちょっと詳しい説明とかには「ゲノム」っていう言葉を使ってるものもあるかも☆

そのウイルスでも、また遺伝子情報の形に違いがありまして・・・・。

自分たちの遺伝子情報(設計図)としているものが

DNA
RNAか という違いがあります


DNAとRNA・・・高校の生物で出てきたでしょうか(笑)

この辺になると、教えてきた高校生たちも名前だけ憶えて精一杯な感じでした(笑)

DNA・・・デオキシリボ核酸

RNA・・・リボ核酸 でしたね~


簡単に言うと

DNAは2本の鎖

RNAは1本の鎖

だと イメージしておいてください(^^)

ちなみに、この画像はDNAです それぞれ向かい側のまるいのとペアになってるイメージ★

 

遺伝子が傷つく原因は 紫外線や電磁波、毒素など様々ありますし(外的要因)

遺伝子を常にコピーし続けて新しい細胞を作り出しているので イレギュラーも普通に起こります(代謝要因)

普通に生活していても

1つの細胞で一日あたり5万~50万回のコピーミス
起きていると言われています。

その遺伝子情報ですが DNA(2本鎖)の場合は

たとえば、そのうちの片方の一部がこわれたとしても

もう一本があるので

正常な一本をもとにして、また正常な状態に修復

してあげることができます


また、 本来2本の鎖は、パズルのピースのようにきっちり組み合わさっているので

片方がおかしくなると
「ここおかしいよ!」と気づくこともできます


上の画像で言うなら お互い青でくっついてたのに、

いきなり黄色やほかの色が混じってきたら すぐに気づくし

元々青の鎖なんだから、また青に戻してあげればいいってわかる。


ところが、 遺伝子情報がRNAだと、一本の鎖なので

一度壊れてしまうと、正しい形に戻すことが難しい場合が増えます

コピーミスも非常に格段に増えます

もちろん、 ウイルス含め、遺伝子という設計図は、ものすごく緻密に細かくできておりますので、コピーミスがあれば修復もするし、

治せなければ自己破壊させる機能などもあります。


あと、単純に、設計ミスが起きるから、働かなくなって自滅もします。

ただ、

本来設計ミスであったものが、偶然にもうまくいって働くようになると


突然変異といわれ、これが進化へとつながっていきます。

DNAを遺伝子情報とするウイルスと比べ

RNAを遺伝子情報とするウイルス

遺伝子情報が変異するスピードが数千倍早いと
言われています


自然界で最も早く変異するとも言われています。


だから、

例えば一年以上前から予測して作ったインフルエンザワクチンが

果たして1年後のウイルスに完全に効くのかなぁと・・・・私はひっかかっているということです。

ファッションみたいなものですね~


店頭に並んでる服とか小物とかって

ある程度流行りそうなものを予測して デザイン考えて

生産して販売しているでしょう?

(ほんとは流行を作ってるんですけどね・・・)


でも、そこで、ものすごく人気が出て 爆発的に売れるものは限られていますよね

そして、売れ残りも沢山出ますよね(笑)

一体どれだけの確率で ヒットするのか


ま、

あくまでも私の中のイメージですけれど(笑)

ということで、簡単ではありますが

遺伝子の変異速度なんてことを書いてみました☆



これは、マニアックなので書いてあることがちんぷんかんぷんで

全く問題ないと思います(笑)


では


次回は

「ワクチンを打たないと決めたとき、周りの人との関わり方は?」

です☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【オンライン講座 ワクチン お申し込み】
全国各地 海外からもお申し込み多数!繰り返し視聴可能!無料動画あり
http://aoikei.com/websemi01/
 
【あおいけいオフィシャルサイト ~もう一人じゃないよ大丈夫~】
http://aoikei.com/
 
【ラジオ感覚で聴き流し♪ 無料音声講座(特別コンテンツ)】
http://aoikei.com/content/
   ・私のローフード離乳食失敗談
   ・「離乳食はいつから始めたらいいの?」
   ・「お悩み『子供が野菜を食べません』」
   ・「梅雨とベリーボタン」     など

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

《岡山》自然療法院 あおいけいさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。