《岡山》自然療法院【想~てとてと~】のつれづれ

岡山県岡山市で 自然療法院として
日々の生活や健康 カラダとココロのサポートをさせていただいてます。
代替医療・自然療法として
オステオパシー、ホロソフィーの哲学や施術
ホメオパシー、メディカルアロマ、ファスティング、などを組み合わせています。


テーマ:

こんばんは あおいです。

さて、かなりご反響もたくさんいただいております
コチラのシリーズ、

一体いくつまで続くのかわかりませんが(笑)

ワクチンの知識シリーズ⑤参りましょう♪

今回はワクチンの作られ方です。


これまでの記事はこちら→
★VPDとは、「『ワクチン』で防げる病気」のこと★ 
→★子宮頸がんワクチンは積極的に推奨してないけど定期接種(無料期間あり)・・・・ふーん★ 
→★ワクチンの知識①~ワクチンシリーズ記事スタート&ワクチンの有効性★ 
→★ワクチンの知識②~<義務と権利>定期接種は努力義務 でも接種義務ではありません~★ 
→★ワクチンの知識③~学校や保育園などから接種するよう求められたら★
→★ワクチンの知識④~ワクチンって何が入っているの?~ 



まず、ワクチンというのは

→★ワクチンの知識④~ワクチンって何が入っているの?~ 

でお伝えしました通り、

予防したい病気の病原体(ウィルスや細菌)

製品として維持するための添加物が入っております。

そもそも

ワクチン(予防接種)というのは、 弱めた病原体を体に入れて、

それをやっつけることを体に覚えさせる

ということが目的です。


ですから、必ず元となる病原体が必要

 

で、

そのために入れる病原体はとても弱くしてはあるけれど、

感染力がほんの少しはあるという「生ワクチン」と

完全に感染力をなくしている「不活化ワクチン」なんて

わかれていたりもします。
(これがポリオの生ワクチンと不活化ワクチンの違い)


とにかく、ワクチンを製造するためには

大量の病原体が必要!!!

でも・・・・


あ!!!

今 神奈川県でインフルエンザ流行っているから 採取してくるぞ!!!

お!今度は沖縄でポリオが出始めたから、とってこよう!!!


なんてことは到底できないわけで(笑)

どうするかというと、人工的に増やします。



それが 培養

あれです。

よく石鹸とかのCMで、ガラスの丸い入れもの(シャーレ)に

菌をちょんっとのせといて、24時間後には

こんなに増えてました~!!! 

みたいな(笑) あれも培養です。   その病原体ごとに、増えやすい条件が違うのですが

まずは、増やすための培地というものに 菌を入れて、

温度管理したり、他の菌は入ってこないようにしたりしながら

増やします。


その途中で、毒を弱めたり(弱毒化)、

毒を無くしたり(無毒化) 全く動かなくしたり(不活化)してます。


そうやって、ワクチンの元となる病原体は大量に生産(培養)されます。



で、先ほど

「培地」

という言葉が出てきましたが 培地というのは、

病原体が増やすための、畑で言うなら土壌の様なものです。


その病原体が増えやすく、

なおかつ生産するうえで管理しやすいものが用いられます。

さて、ここで少し頭を使ってください。



病原体が増えやすいのは

一体どんなもの(場所)でしょう?


というか、病原体は一体、自然界の中で一体どこで

一気に自分たちの数を増やしていると思いますか?

そう、生き物の体です。

インフルエンザウィルスも、たとえば私の体に入って

急激に自分たちの数を増やし、

咳やくしゃみという私たちのカラダの反応を利用して外に出て

他の人へと感染していく。


そうやって、自分たちの数をずっと増やし続けようとします。


だから、

生き物の体で増やすのが一番です。

みなさんがよく目にするのは、

にわとりの卵だと思います。

卵は大量生産もしやすく、ワクチンの生産には、よく使われます。

ところが、聞くと驚くものもいくつか使われています。

●卵

●動物の内臓

●昆虫

●嬰児(えいじ)

などが代表的なものです。

・・・・・嬰児というのはご存知でしょうか?

堕胎した(人工中絶した)赤ちゃんのことです。

これは、セミナーでもみなさまの表情が一番変わることですね。

私も知った時は仰天しました。


ワクチンができた当初かと思っていましたが

今でもそれが使われています・・・・。

いやあ、それはさすがにアンチワクチン派の

ちょっと行きすぎた誇張表現では?と、思いました?


私、思いました(笑)


だから、調べました。

・・・・使われていました。

もちろん、全てのワクチンにではないですけれども・・・・・・ 乾燥弱毒生水痘ワクチン「ビケン」 より


で、

MRC-5ってなんだろうと思い調べてみましたところ・・・。

 ヒト胎児肺由来正常線維芽細胞。継代数は少ないが 正確な分裂齢は不明。ワクチン生産に多用されている。」

MRC-5 | 細胞株 | 理研サイネス - Riken Base  より

だそうです。

また、こういったものも見つけました。

MRC-5 細胞  MRC-5 細胞は、
ヒトの14週男性胎児肺からえられた細胞で、
WI-38細胞と類似した性格を持つ細胞をとして樹立されました(Jacobsら、1970)[1]。

ウィルスワクチンを生産するのが目的
のため、
充分に細胞の正常性が調べられました。

その染色体は正常二倍体(2n=46)で男性型(XY 型)で、
分裂停止に至るまでの分裂回数は48 回でした。  

MRCの由来は、細胞の樹立が行われた英国の Medical Research Council の頭文字に由来します。

英国では、細胞老化研究にも使われています。

 MRC-9 細胞は、ヒトの15 週女性胎児肺からトリプシン法でえられた線維芽細胞です(Jacobsら、1979)[2]。

MRC-9 細胞はワクチンやインターフェロン産生のため細胞の正常性が確かめられています。

その染色体は正常二倍体(2n=46)で、女性型(XX 型)を持っています。分裂停止に至る分裂回数は44 回でした。(MRC-5細胞  より)

これがいいとか、悪いとかは私は何とも言えません。

科学の発展はそもそも、
戦争という血塗られた歴史のおかげという側面を
否定できないことと同じで

 

医学の発展も、元は、生きていた生き物たちのご献体の力があってこそですから。

この記事を書くのには、かなり戸惑いもありましたが


事実は事実として、受け止めていただければ幸いです。 まだまだ続きますよ~(^^)


9/8(火) 岡山にて ワクチンセミナー開催します!
→9/8(木)岡山開催 ”見えない不安が笑顔に変わる!ワクチンセミナーin東区*開催決定!!!”


遠方で参加できない方のために 動画もあります!
→→http://aoikei.com/websemi01/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【ママパパなら必見!無料公開中!ワクチンの基礎知識】
→http://aoikei.com/websemi01/

 

【オンライン講座 ワクチン お申し込み】
全国各地 海外からもお申し込み多数!繰り返し視聴可能!

→http://aoikei.com/websemi01/

 

【あおいけいオフィシャルサイト ~もう一人じゃないよ大丈夫~】
→http://aoikei.com/

 

【ラジオ感覚で聴き流し♪ 無料音声講座(特別コンテンツ)】

→http://aoikei.com/content/
   ・「離乳食はいつから始めたらいいの?」

   ・「お悩み『子供が野菜を食べません』」
   ・「梅雨とベリーボタン」     など


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

《岡山》自然療法院 あおいけいさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。