0713 ブラック

テーマ:

「よい子は真似しないでください」的な歌をふたつ。


あなたの部屋


「彼女も来るから忘れ物しないで」


「分かってるって」


トイレットペーパー三角折りにした


ざまーみろ


別に彼女と別れさせようって訳ではないんです。

「修羅場になったら、コイツはどうやって乗り切るんだろう」という好奇心からくる行動です。



喫茶店で


紹介されたあなたの彼女


友人のふりしてたくさんしゃべった


「あなたの彼、早いんですね」


今日のところは言わないでおくわ


「どうも、初めまして。いつもお世話になってます」

お世話の意味が違うってやつですね。


次回はコメント欄をオープンにして、みなさんといろんなお話ができればと思っています。

素敵な夜を。


AD

0712 学習能力

テーマ:

二十歳の頃と、つい最近の私です。


台風の夜


パジャマでタクシーつかまえ


あなたの部屋に行く


つくづく思う


私は馬鹿だ


宅配ピザでも真夜中には配達してないですよね。

なのに「今すぐ来て」って言われたら行ってしまうんです。

ほんとにもう。



深夜3時


タクシーで高速乗って


あなたの部屋に行く


つくづく思う


私は本当に馬鹿だ


これがつい最近。

何も進歩していない。

というか、悪化しているかも・・・


県境越えてまでタクシーで会いに行くのって、けっこうどきどきしますよ。

素敵な夜を。

AD

0711 生と死とあなた

テーマ:

2年前のできごとから。


真夏の昼間


病室に来たあなた


「辛気くせぇな」しか言わなかった


白いベッドに横たわる私


「今すぐ抱いて」が言えなかった



大きな病気をして入院したときに、寝たきりで一ヶ月過ごしました。

彼は、真っ先に来てくれたのにお互い言いたいことが言えずこんな感じでした。




白い病室、白いベッド


ひと月寝たきりの私


何もない空間だったのに


ドアを開けたあなたから


確かに太陽のにおいがした


健康で、ちゃんと外で活動している人は「太陽のにおい」がするんですよ。

どんなにおいか説明できないんですけど、確実に「太陽のにおい」なんです。


好きな人のにおいって無性に嗅ぎたいときありませんか。

素敵な夜を。

AD