住まいを通して、あなたと家族の幸せを考えるライフオーガナイザー@名古屋の いわつか しんこ です。


こんばんは!


今日は久々にブログ投稿です。

もっぱら最近はインスタとFacebookの投稿ばかりでしたアセアセ

しかも、たまにブログ書いかたと思えば、えらく長文です、はい。


日付的には昨日ですが、夕方から春日井で西野亮廣さんのトークライブを社長と(主人です、つまり夫婦で)聞きに行ってきました!


{45A8A3C4-E27A-442A-886A-49A2D6B4FE5D}

とってもおもしろいお話が聞けました。楽しかった〜照れ



私は日頃、西野さんをFacebookでフォローしているので、投稿はちょこちょこ読ませていただいているのですが「もうちょっとここ、詳しく聞きたいな〜」とぼんやり思っていたところがいくつか聞くことができました。


例えば、

昨今すでに「お金を稼ぐ」という概念は崩れつつある。お金を集めたければ(稼ぎたければ)



信頼を集めることでお金は集まってくる。



これは、西野さんのお話の中でよく出てくる内容。「信頼の面積を広げる」という西野さん独特の表現をされています。著書「魔法のコンパス」でもその表現はあったかと記憶しています。



信頼を得るためには「嘘をつかない」となると、「テレビに出る」という選択肢は西野さんの中ではあり得なくなってきたので、テレビの露出度が減った。

つまり、テレビはそれだけ嘘が多いということですよね。視聴者だってバカじゃない。今時はネットで調べれば嘘がバレることもありますからねニヤリ



西野さんの言われる「信頼」とは、好感度や認知度である「社会的信頼」ではなく、「個人的信頼」を指します。



つまり、テレビで頻繁に見るあの芸能人は認知度が高いという社会的的信頼はあるかもしれないが、それと個人的信頼がある、というのは別話で、むしろその二つは反比例する関係なんじゃないか?というのが西野さんの持論のようです。なるほど❗️



次にためになった話は「芯の強さ」について。

西野さんは、これを



自分達が一生懸命やっている、または考えている量



と答えられました。なるほどね〜。これはすごく納得した。

確かに考えただけでは芯の強さは持てないし、行動してまた考えて、トライアンドエラーの繰り返しの中で出てきた「自分なりの答え」みたいなものが芯となり、またそれの繰り返しによって太くなり強さに繋がっていくんだな〜と私は理解しました。本当、経験した人にしか発することのできない言葉だと思います。



今回は西野さんの単独トークライブのコーナーと、地元春日井でお仕事をされている方々と西野さんとのパネルディスカッションのコーナーがあり、そのうちのお一人がお坊さんだったので、私が付かず離れず学んでいる仏教的なお話も出ましたが、それはまた別の機会に(笑)



最後の方で、若い世代や子ども達の方が圧倒的に「未来対応能力が優れている」のは間違いないので、自分が先輩ヅラしてアドバイスするなんておこがましい。といったこともお話しされ、あーやっぱり西野さんもそう感じていらっしゃるんだな〜と。

未来対応能力という言葉は西野さんならではな表現でしたが、言い方は違えど、少し前に安城まで聞きに行った五味太郎さんの講演会のときも、私が最近月一で勉強会へ行っている内海聡さんも、子ども達から学ぶことが多いといったことをおっしゃっています。



本当、つくづく


「子育てではなく、親育て」


ですね照れ

親になるために子に育ててもらってると思わなきゃねラブ



余談ですが、社長は西野さんのことは別にファンでも何でもありません。どちらかというと「アンチ西野」かも?ニヤリ

でもなぜそんな社長をトークライブへ誘ったかというと、今回の主催者は春日井青年会議所だったので、青年会議所と言えば経営者の方々が集まる会。そこで話される内容はきっと経営者目線の話も出てくるだろうから、社長にも参考になるのではないか?という目論見でしたウインク

その予想は大当り!以前から西野さんもとても経営者的な考えをお持ちだと思っていたので、社長も楽しそうにトークライブを聞いている感じでした(よっしゃー❣️爆笑)


付き合ってくれた社長(ダンナ殿)ありがとうございましたハート


ここまで読んでくださりありがとうございます照れ


ではまた!

インスタの投稿で、ブログでお会いしましょう!

いつのことやら…チュー



AD