備忘録

「お金」が尽きてしまった・・。
大学院生っていうのは、収入がないのに案外お金がかかります。
書籍代、コピー代、渡航代、その他雑費や交際費など。

大学生の頃にそうとうに稼いだお金に、
奨学金やバイトを加えて綱渡りしてきたけど
そろそろ貯金も根絶やしになってきました。

まー、でももー卒業だから計算どおり。

それにしても今まで、お金に無頓着すぎた。
お金以外の価値を追いかけすぎてた気がします。

お金はお金ですごく大事。
それは絶対的な真実。
これからは、これでもかってぐらい荒稼ぎするぞ。
今までずっと貧乏でやってきたから、
今のこの時代に復讐してやるかのように。

実際、お金っていうバロメーターで
自分のやっていることを評価できたら、
いったいどんなに楽なことだろう。
「貧乏」の時代、それはそれで凄くいとおしい。
それを否定する気はあるわけないけど、
でも別のフィルターからの物の見方も味わってみたい。

大金を掴んでやろう。
そして、その後に
「お金よりも大切なものは最初から全部持ってた」
って言ってやろう。
お金と掴んだうえで、それ以外の価値を語れる人間になろ。
AD
そーいえば、そろそろ就活の季節ですね。
後輩から何気に相談を受けて気づきました。

去年の今ごろは、(もっと後だったけど)
僕もやっていました。
最初はドクター(マスター・修士の後の過程)に進もうと思ってたけど
ちょっと色々あって就活もやりました。

やってて思ったのが、
なにか必要以上に脅迫的なものが強くなりすぎてる気がします。
学生側も、たぶん企業側も、
ちょっとメディアに煽られすぎてる感じを受けてました。

よくいう自己分析とか自分に合った職業・適性とか、
それはたぶん短期間で出せる答えじゃない。
「就活」に本当に必要なのは、そんな大げさなものじゃなくて
ちょっとしたナレとコツだと思います。
どんな状況でも、相手が人間である限り
やりようは幾らでもあります。

それよりも、一番気をつけたいのが
初めてのいわゆる「社会の厳しさ」に触れることで
変に萎縮しちゃうこと。
あまり高飛車でいるのも良くないけど、
それよりも若いうちに絶対にやっちゃいけないことは、
自分を過少評価してしまうことです。
「うまくいかない」なんてことは当たり前。
失敗は山のように積まれても、
自分の頭で考え続けて、自分に問い続けることが大事。
(これは就活にかぎらず)
就職はあくまで「手段」であって、
「目的」じゃないです。
それは、その人なりにもっと別なところにあるでしょ。

「若い」ってことは、可能性が無限であると同時に、
曲がなきにも経験を積んできた人から見れば、叩きどころ満載ってことです。
それはごくごく当たり前のこと。
だけど、ちょっとそれが突付かれすぎてる気もします。

気楽な気持ちで、前に一歩踏みだせばいいと思います。
世の中は、いわゆる「就活」で想定されているような
せまっくるしいものではないです。
萎縮しちゃうと、ちぢこまって力が出ません。

む、頭が痺れてる・・。
とりとめない文章になってしまった・・。
要は、自分の未熟さをかみしめつつ
それでも思いっきり楽しんで無茶してきましょうってこと。
大丈夫、おもしろい人はたくさんいる。
僕の周りだけでも、世の中サプライズが満載!
そんなわけで、明日も限界に挑戦していきますです。





AD
記事書いてみたり。
前回の記事を書いたのは、11月末・・。
時の流れは矢のごとし。超特急。

まだまだ「本番」です。
なにか、短期間でおそろしく自分が変わってきてる気がします。
人間、変わろうと思えば一瞬で変わることができます。
時間こそ量より質ですね。

大学院を卒業したら、働きますです。
今書いている論文で、ちょっと敵をつくりすぎてしまい
ひとまずは身を隠す次第です。
(新しいことをやると、その評価は必ず真っ二つに分かれる)
ほとぼりが冷めたら、また学問へ戻るか
仕事を続けるが、海外逃亡するか・・。
ホームレスになっちゃたりして。(一度はなろう)
一寸先は、そのときの状況と気持ちと責任で。
そのときの匂いを大切にします。


ある知人さんがブログに来てくれたみたいだったので、
何気に更新。
人と人との繋がりほど面白いものはないっすね。
うーん誰も見てないんだろな・・。


すべて自分の手で開いていきましょう。
その責任も手うちに残しましょう。
でもてきとーな部分も大事にしていきましょう。
そんな気分です。
明日も晴れますように!

(ついき)
そーいえば、最近アジトとつくりました。
何人かで出資して、アパートの部屋を借りてます。
もちろん誰かが住んでるわけじゃなくて、
好きなときに好きなメンバーで集まれるサロン風の。
様々な音楽と酒が常時完備されてます。
管理人の僕が命名した栄えあるサロン名は、
「夜の盗賊団」。・・・。
当然、メンバーからネーミングに対しての不満が続出しましたが、
そんなの気にも留めません。
このサロンは、某作家さんのアイディアのパクりです。
秘密基地をつくりたがる癖は、
ちっちゃいときから全然変わらない・・。

そんなわけで、
ゆとりの時間は、逆方向から発想してつくりましょう。
おしまい。

(ついきついき)
よし、もう「忙しい」っていうの止めよ。
この言葉は良くない。
これぞ新年の誓い(おそ)

噂をすれば、さっそく弁慶さんがくしゃみしつつ登場!!
そのうちメールもしますね。(何気にメアドは保存してました)
コメレスはまた明日です!むんさん、ちぇりーさんありがとー!

そんなわけでがっつり寝ます!
おやすみなさい!
もーすぐ、たくさんの休みが手に入ります。
その間に書道イベントをまた開きますです。
その模様も更新したいです。
AD

本番

やばい、ご無沙汰もいいところに。
しかもコメレスすらできてません!!
す、すいませんです・・。
励ましの言葉、じんじんきましたー。

最近、いよいよ「本番」って感じです。
このブログでは、あまり具体的な近況は書いてなかったから
何のことやらって?ですね。

何個か手がけてることがあります。
本業としてやらなきゃいけないことと、
アドバイザー的な立場からやらなきゃいけないこと。

どれも、石に噛り付くような感じで何とか取り組んでます。
一人の人間が、限られた時間でできることは少ない。
でも、そこからどれだけの「形」「足跡」を残せるか。
どれだけ自分以外の誰かに波を送ることができるか。
そしてどれだけ自分もまた変わることができるか。

時間は常に限られているものです。
でもそのなかで、一つでも多くのサプライズを残せれば。
当たり前にこなしてくんじゃなくて、
何かしらの限界値・ラインを突破していくこと。
残念ながら楽しんでる暇すらないけど、
まずは今の状況に感謝感謝。

はい、何を言ってるんでしょうね・・。
とりあえず、ラーメンがおいしいです!
ずるずる。
先はまだまだ見えないけど、
ジェットコースターに乗ってるときは
乗り終わったときのことなんか考えちゃいけない。
お疲れさまです!!
長らく姿を消していました!!あいすいません!!
神出鬼没っすね。
でもそれはリアルの世界でもそうなんですよね。
ちょっとこれから、
少しだけ更新が不定期になるかもしれません。

前に「ギャップ」の記事を書いたことがあるけど、
他にも僕が心がけていることの一つに、
「どんなジャンルの人とでも付き合えるようにする」
ってのがあります。
そうすると、入ってくる情報量がまず飛躍的に高まる。
そして何より、楽しい。

今まで付き合うことのできた人。
社長、イラストレイター、フォトグラファー、
コピーライター、作家、NPOの人、研究者、
風俗やキャバクラ、旅人、アル中の人、ボクサー、ほかほか・・。
まったく一貫性なんかあったもんじゃありません。
そんなの気にも留めていません。

何年もかけてほぼ無意識に築いてた大切な人脈。
別にそんな大したことない僕に
快く胸を開いてくれた人たち。

そんな人達に触れ合って思うことは、
やっぱり人間って捨てたもんじゃないよな、ってこと。

大人になってくると、どんどん汚いことも増えていくし、
毎日のスピードが驚くほど早くてすごく大変。
でもそんな中でも、
真直ぐに前を見据えてる人達は確かにいる、ということ。
自分が守りたいもののために、
臆せず戦っている人はどこにでもちゃんといる、ということ。
こういう人に会える会えないで大分違うんでしょうね。

最近そんな人達を思い出しつつ頑張ってます。
世の中はまだまだ捨てたものじゃないし、
決して捨ててはいけないものっすね。

あ、なんか凄いテンションの文章書いてる気がする(笑)
まいっか。

というわけで、日にちも回って月の初めです。

今回の月初めは、まるで神様が降ってきたように幸せ全開!
なぜなら!!なぜならー!!!
「無くしてた時計が帰ってきたから」!!!

く~最高!!
一週間前ぐらいに無くして100%諦めてしょぼくれてたけど、
今日、颯爽と交番へと届けられてました。
なんでも、公園のベンチにポツンとたたずんでいたそうです。
なんでそんなところにあったかは全くわからないけど・・。

届けてくれた人には、目いいっぱいご奉仕するつもりです!
なにせ、長年苦楽を共にしてきたザ・時計君。
もはや義兄弟のような関係。
もう離れちゃ暮らせない!

それはそーと、
僕は物を無くしまくる人なんですよねー。
ある日ふっと気づいたら、いつも僕の元からいなくなっています。
7万円したアクセを一週間で無くしたり、
「おごっちゃる!」って居酒屋で息巻いてたら
財布が無かったり。

よし、これからは何も離さないぞ!!決意だ!
でも今月はいいことありそう。
みなさんも、大切なものこそ肌身離ささないようにしてくださいね。
最近、CMで「トュートュートュー」流れてますね。
ブルーハーツのキスして欲しい~って曲で、
プレステ2のCMです。
あの曲大好きです。胸がワンサカ熱くなる。


そんなわけで初キスのお話、それは中学生のころ。
当時大好きだった子に思い切って告白をしようと、
部活帰りにお決まりの体育館裏に呼び出しました。
(そこでコクるとうまくいくという伝説があった)

当時の僕には珍しく熱上げまくりの彼女。
あんまり話したこともなかったけど、
友達のコネをフル活用してそこまでこぎ着けました。

でも、そこからが大変!
ウブ全開だった僕には言葉が一つも出てこない。
頭まっ白状態・用意してた言葉完全に消去、
時間だけ汗と共にダラダラ流れてく。

そこで僕が出た行動→言葉の代わりに「初キス」!!
今考えれば犯罪同然の暴挙、もー訳わからん。
僕はチャリに乗って、面食らいまくりの彼女を尻目に
時速120キロで転がり帰りました。

でもそのときの感覚は、まさにさすが初キス。
チャリに乗りながらそのまま空飛びそうな勢い。
初キスのマジックとゅーとゅーとゅー。

でも案外そのきすが吉と出て、
その子も何を思ったかその行動を「男らしい」
と勘違いし、しばらくは付き合っていました。
めでたしめでたし。


・・・・。
って何を書いてるんだろ・・。
言いたかったことは、下の記事との関連で
「トュートュートュ」みたいな裸の心が「原点」ですな、
ってことです。

大人になる。
自分だけの問題じゃないことがどんどん増えていく。
毎日がすごく大変。
ここでは書けないけど、最近では大学院の域を越えて
色んな人の人生や利害関係に絡んでいます。それは事実。
それでも、いつまでも心は「童貞」のままで。
守るべきものは守っていくという決意をもつ。


(ついき)
ぎゃー一個下にあった「ごーばっくとゅ・原点」って
記事を間違って消してしまった!!
今度また書きます!
「原点」の記事がマジメすぎたからこれは緩く書いたのに、
ただの初キス体験談になってしまった・・。
コメントくれてた人たち、すいません!!!

(ついきの2)
プロフィールに青心ジェットメール追加!!
リンクのさせ方は大体ウサギ屋・カズミさんに教えて頂きました。
感謝!
これを使って何か新しいことができそうだけど、
ウィルスが怖くもあるのでしばらく様子見します。


限界は

今日は忙しい~。
しかも風邪がまた再発してきて、
頭がグイングイン回ってます。

でも今日は徹夜かなー。
人間の「限界」はどこまでか可能なのか。
答え:どこまでも。
と、信じていたほうが都合がいい気がする。
限界は自分が決めるもの。
プロフィール書いてみました。
というわけで、世にも稀少な文型大学院生です。
勉強はしてるけど、見た目は絶対そう見えないようにしてます。

僕が絶対的に心がけていることは、
「ギャップをつくる」ことです。
それを決意したのは、まだ青々とした中学生のころ。

当時の僕は、違反した制服に身を包んで
髪の毛は校内でただ一人の茶髪でした。
そのときに、生徒指導の先生が僕に言った言葉は
「見た目が汚い奴は心も汚い」

何を言われても右の耳から左の耳への僕が、
その言葉がやたら刺さってきました。
それ以来、僕の人生を全部使って
この言葉は間違っていると証明しようと思ってます。

ギャップを持つということは、
何よりもまず面白い。
いろんな世界を垣間見れて
いろんなタイプの人間の気持ちがよくわかる。
たくさんの人の痛みも、
他の人よりもよくわかってくるのかも。

旅行のときにはよくヒッチハイクしてます。
特に、アメリカとか北海道ではしまくってたかな。

北海道のヒッチハイクでは、
人の優しさに助けられ続けた感があります。
いろんな人がいました。
下着のワコー○を辞めてトラックの運転手になったおっちゃん。
熊の研究をしている大学院生。
北海道のように大きな心を持ったオカマさん。
兄弟のような長野の大学生二人組。などなど・・・。

ヒッチハイクって案外簡単です。
なぜなら、昨今ではヒッチをしてる人があまりいなくて、
みんな珍しがってくれるから。

あと、会うはずの無い運命だった人と
しばし時間を共有するのは格別です。
ひと時の出会いであるから、
乗せてくれた人もかなりプライベートな話などもしてくれます。

ビバ・ヒッチ!!