あおちゃんのブログ

よろしくお願いします(^ω^)


テーマ:

2月11日(木)にBears Train 第一回公演 舞台「新説 笑う恐竜」を
観に行ってきました。


この舞台を観に行こうと思ったのは、徳田公華さん がご出演されるからです。



Bears Train 第一回公演
舞台「新説 笑う恐竜」

作・演出 太田善也


舞台「新説 笑う恐竜」

舞台「新説 笑う恐竜」



長崎県にある離島 祖那島(そなじま)を守ろうと若者が奮闘する内容で笑いが
有りながらその土地柄を感じさせる所がとても良かったです!


徳田さんの役、良かったなぁ!!最後には、咲ちゃん、息子、恐竜はみんな笑ってる

と思うよね!(^ω^)



舞台は、長崎にある小さな離島。これといった観光資源もなく過疎化が進んでいる。
島に残った僅かな若者たちは、年老いた親を介護しながらギリギリの日々を暮らしている。
当然、嫁もいない。毎晩「どがんかせんばいけん!」と寄り合いを開いては、
この島の行く末を話し合っている。でも、薄々わかっていた。
この島を救う方法なんて無いことを。ただゆっくり絶滅してゆくのを待つしかない。
そんなある日、大きな台風が島を襲う。
そして崖崩れの土砂の中から、小さな恐竜の化石が発見される。
やがてこの化石が、この島に大騒動をもたらすことになるのだが…
愛する故郷を守るため、奮闘する人々を描くコメディ!



舞台の幕が開けると、町の寄り合い所に集まる青年団のシーンとなり、その中
にいきなりセーラー服の徳田公華さん発見!(^ω^*)かわいくくつろいでる。
役名は須加崎咲月。20年前に他界した青年団の則夫の恋人。
大人の中にひとり、学生そのままで混じってるのが咲ちゃん!


世界遺産、飛行場、サッカーチーム(監督はオシム(笑))、島のテーマソング、
ものまね、珊瑚礁、長澤まさみ、埋蔵金、ジュラシックパーク、などなど、
なんとかしてこの島を盛り上げようと意見を出し合う青年団のみんな。
意見はまとまらず、次回までの宿題に。


高橋佑一郎さん演じる青年団団長の平古場則夫、色々悩んでたね。
咲ちゃんの距離感がすごく良かったな。頷いてたり、元気づけようとしてたりね。
2人は分かり合ってるんだなってゆうのを雰囲気から感じました。


円地晶子さん演じる青年団/神主/スナックのママの神之浦加代子が20年前、
高校生って話の時に言葉にシンクロしてる所良かった。


みんなが寄合から帰ると「のりくん」って則夫に甘える感じの咲ちゃん。
子供の頃に自分が呼ばれていた名前の呼び方で、徳田さんがお相手のこと
呼びだすからドキッとしちゃったよね(笑)


「のりくんだけが頼りなんだけん。この島守ってー。」ってかわいいね。
「俺が守る!」⇒「ありがとう。」って2人のシーンが良いよね。
その風景を吉岡毅志さん演じる青年団副団長/高比良水産の社長の高比良
定政に見られてて独り言止めろ!って言われてて早く帰る様にってね。


シーンが切り替わり、町に青年団のアナウンスが流れる中、寄り合い所に
秋元美穂さん演じる引きこもりの久住呂にえが端に座ってる。


小野友広さん演じる青年団/漁師の夫津木英輝が寄り合い所にやってくると
にえが居てビックリ!てか、英輝が四六時中ウンコしてるらしいって特徴
がおもろいよね。何度か出てきた!いや、屁しか出てませんよ(笑)


にえの雰囲気から絶対想像できなかった加代子のスナックで働くって話!
ホステス絶対似合わないよねってその時は思った。


「頑張れよ!」に「お前が頑張れよ!」ってたくましか子だよね(笑)


あと、おせんべいには興味がないけどお金には興味があってがっつこうと
してたね、にえ!(^ω^)いいキャラしてんなあ!
奇声を発したりすごいね。まわりに「つべこべ言わずに死ね!」とか。


福井利之さん演じる青年団/漁師の小瀬良遼平とにえが話していると則夫が
やってくると、にえが部屋をかけ回ってて元気がすごい。


このあとの則夫が遼平に抱きついてて、加代子に見られる所、面白かったね。


青年団が集まり、臨時の寄り合い。土砂崩れから、ちょっとしたものが
見つかったと。もったいぶって話してるその骨が、恐竜の化石だって!!


会話をよく聞いていると「ありのままの~♪」とか「馬鹿言ってんじゃないよ~♪」
とか歌の歌詞がそのまま使われているところが面白かった!


見つかった恐竜が島の未来であり、希望の星だと皆盛り上がってたね!


でも「新発見の恐竜ではないか?」って言わせてる感があってあれれ?って
思ったよね。新発見の恐竜だったら島が発展するって、嬉しくて英輝
「則夫やったな!」って泣いてたよね。


そして、プロの学者さんを呼んでそれを見てもらうことに。


「ようこそ祖那島へ」と寄り合い所を飾り出す面々。


牧田雄一さん演じる古生物学者の星野輝臣がやってくると、恐竜の話に
めっちゃ熱くなってて。則夫が江間直子さん演じるフリージャーナリスト
の三島清香を連れてくる。今日まで島に居て、見極めるらしい。


今後のプログラムがびっしりなほどの歓迎に時間がないのでと三島。


咲ちゃんは生まれたこの島が好きなんだよね。みんな一緒の考えだ。
則夫頭抱えてたよね。みんなをガッカリさせたくないって。


今のうちに包み隠さずに総てを明らかにって、恐竜って嘘なん?って
ゆうのが舞台を観ながらに頭にちらほら浮かんでる。


そんなこんなしていたら、加代子が恐竜?ゆるキャラ?
恐竜の着ぐるみきて寄り合い所に現れたのびっくり。てか、背びれ的なものが
全部、手の形みたいで怖かったよお!(笑)


咲ちゃんごまかす方法考えてって言ってたよね。


ゆるキャラの設定、恐竜くん(仮)
そして、恐竜のポーズに熱が入る件←(笑)


とさか揺らしてる恐竜に共鳴して咲ちゃんもゆらゆら揺れてたでしょお!
これすごくかわいかった(^ω^*)


「この恐竜は笑う!」って化石だけでそうゆうことにしてるのすごいね。
生まれ育った島を盛り立てようと頑張ってる!


でも、途中で「レプリカ」って言葉が漏れちゃってて気になったよね。
恐竜の化石で「レプリカ」ってありえんくね?って。


遼平が「すいません。」って謝ってて、則夫は知らなかったって嘘ついて
みんながどういうことだ!?と怒り出してた。
逃げようとすると、英輝に止められてて。


島を救うためのきっかけだったけど、これを全部ひっくるめて記事にする?
ってゆう逆にやばい状況になっちゃってて。


社長が謝って、みんなで土下座してた。


英輝「できるもんならやってみろ!」って言ってたね。


フェイントを避けてジャーナリストが帰ってしまう。


シーンが切り替わり、町に青年団のアナウンスが流れる中、寄り合い所に
またもやのにえ!てか、顔面白塗り!(笑)
英輝がやってきて「聖飢魔II!」って形容してたあ(笑)
それにしても、にえの変わりっぷりがすごい!
そして、お約束の英輝が四六時中ウンコ(笑)(笑)(笑)

てか、押し入れに縛られてる学者さんが居てびっくりした!
何でこんなのとしてるの?と思ったら、話を聞いてもらって分かってくれたら
返すって、ジャーナリストの三島さんまで!


社長が来たら、にえのメイクをシルクドソレイユって言って変えて来てた(笑)
そのあとのチークダンスやら耳元での件やら面白かったなあ。


縛られている身の者はもちろん「話を聞いてほしければはずしてください!」
と縛られているのをほどくよう要求。


三島が「どうしてあんな嘘付いたんですか?」と島民に問いかける。


島の為?どうして、この島にしがみつくのか?


則夫の「この島を守りたい!」って気持ちがすごく伝わったよね!
咲ちゃんはこの島にずっといるんだもんね!守ってって!!


鳴き声が聞こえる。押し入れの中で泣いてる。
「お願い、この島ば、守って。」って。


則夫の「分かった!俺が絶対守ってやる!」と気持ちがすごかった!
包丁を取り出して、急に暴れ出す則夫は三島さんを人質に。


過去を引きずる則夫に三島さんが話してくれたところすごく良かった!
自身の子供が3歳のこと亡くなった話とか交えてくれて。


咲ちゃんがどんな子だったのかを則夫に思い出させる三島。


明るくて優しい子。←ぴったりだね!


今は何を想っているのかを想像すると、咲ちゃんも、三島さんの息子さんも、
恐竜も笑ってるんだよね!


咲ちゃんの「ありがとう。」って言葉に救われる則夫の涙良かった!


てか、終盤のにえ、変わりすぎやろ!←待て!待て!って感じで面白かったあー!
AKB48の峯岸みなみっぽいって言われてたよね。確かに、分かる気がした!
この島で結婚して子供作って暮らしていくって、島にとっていいことだよね!


三島さんと学者さんが島から帰ることに。


三島さんはこの島のこと最終的には悪く思ってなかったよね。良かったあ。
一安心だわ(^ω^)


ラストシーンは、則夫が寄り合い所に来て押し入れをあけると中から怪獣の
お面が出てきてて笑ってたね(^ω^)


これぞ、笑う恐竜だ!



終演後は、徳田さんと久しぶりにお話もできたし、2013年ぶりかな?
久しぶりにお芝居観れて嬉しかったです。ほんと久しぶりだあ。


でも、その間、テレビドラマとかでしっかりご活躍も観れてたからね(^ω^)


また、お芝居観れるといいなあ。



■キャスト
高橋佑一郎・・平古場則夫(青年団団長/高比良水産の社員)
吉岡毅志・・・高比良定政(青年団副団長/高比良水産の社長)
小野友広・・・夫津木英輝(青年団/漁師)
牧田雄一・・・星野輝臣(古生物学者)
福井利之・・・小瀬良遼平(青年団/漁師)
こいづか登・・阿比留優一(青年団/高比良水産の社員)
江間直子・・・三島清香(フリージャーナリスト)
円地晶子・・・神之浦加代子(青年団/神主/スナックのママ)
秋元美穂・・・久住呂にえ(引きこもり)
徳田公華・・・須加崎咲月(20年前に他界した則夫の恋人)


■スタッフ
作・演出 太田善也


そんなこんなで。



ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。