日本を「にほん」と「にっぽん」基準はあるんでしょうかね。



国は読みかたまでは決めてないので、「にほん」、「にっぽん」両方正解です。

しかし、地名や会社名は、固有名詞ですから正解が各々決まっていますよね。


★にほん
東京の日本橋、日本大学、日本生命、
★にっぽん
大阪の日本橋、日本体育大学、日本電気、日本銀行、

大阪は「にっぽん橋」、東京は「にほん橋」です。


しかし、国際表記はNIPPONとしているため、

国の関連の名前の呼び名は「にっぽん」で統一されています。
(日本銀行も「にっぽん」です)


日本シリーズは正式名称を日本選手権シリーズ(にっぽんせんしゅけん)だそうです。
でもテレビでは日本シリーズ(にほん)ですよね。正式名称「にっぽん」、通称「にほん」になるのですかね。








AD

ドルの省略記号は何故$

テーマ:




ドル記号の$はどっから見ても S の字に縦棒ですが、

貨幣単位の dollar S が絡む所以はどこにもありません。

U.S. S だ、などと乱暴なことを言う人がいますが、

鋳造はすでに1519年ボヘミアで始まっています。

代わりに考えられるのが数字の8です。

16
世紀初め、海外交易で広く通用したのはスペイン貨で、

通貨単位はレアル(real)でした。

このうち特に流通したのが8レアルという銀貨で、

その表面には8Rと刻まれていました。

8レアルは一回り大きい貨幣単位1ペソ(peso)に相当し、

すでにその記号は$となっていました。

今日ある記号の$は、この8R を模したもの、という説が有力です。


結局、新参のドルは、当時の換算レートで1ペソに等しかったことから、

これも$としたものです。

つまり、$は元々、スペインの貨幣単位を表すために使用されていたもので、

ドルはこれを借用したに過ぎません。

今日でも、ペソを貨幣単位とする中南米のほとんどの国でペソの記号には$を使っています。

もとよりペソがドルと等価であったことの名残です。

したがって、これらの国では$2020ドルではなく、20ペソを表します。











AD

プロ野球の始球式

テーマ:




マウンドから捕手に向かって投げられたボールを、

打者は大きく空振りをする。

始球式と呼ばれる試合前に行なうセレモニーです。



始球式のルーツ

日本で最初に始球式が行なわれたのは、

1908年のメジャーリーグ選抜対早稲田大学野球部の試合だと言われています。

投手役を務めたのは、

早稲田大学創設者で政治家でもあった大隈重信。

羽織袴で中折れ帽をかぶった姿でマウンドに立ちました。

当時、大隈重信は70歳という高齢で、

投げたボールはストライクゾーンから大きく逸れてしまいましたが、

「ボール球にしてはいけない」と機転を利かせた早稲田大学の打者が、

空振りをしてストライクにしたそうです。このことが始まりで、

始球式ではバッターは空振りをするということが通例となったと言われています。





プロ野球最高の始球式と言えば、

⇊  ⇊  ⇊  ⇊  ⇊

プロ野球を引退した選手が、

始球式の投手役に選ばれることもよくありますが、

その中でも、2013年5月5日は記念すべき日となりました。

国民栄誉賞が授与された、元読売ジャイアンツの長嶋茂雄と松井秀喜が、

始球式のために東京ドームのグラウンドに立ったのです。

ジャイアンツの元選手・監督で「ミスタープロ野球」と呼ばれた長嶋茂雄と、

ジャイアンツやヤンキースで活躍し、「ゴジラ」の愛称で親しまれた松井秀喜、

どちらも日本の野球界を代表する人物です。

マウンドには松井秀喜、打席には長嶋茂雄。

そして、捕手には巨人監督の原辰徳、さらには、

審判を第96代内閣総理大臣の安倍晋三が務めるという、

プロ野球史上最高とも言える始球式が行なわれました。












AD