今日は完敗です。

 

 

ファジアーノ岡山 2-1 松本山雅FC

 

 

前半終了間際の謎PKで流れが変わってしまった感がありますが、それはそれ。

今日の山雅に力があったならひっくり返してみせたはず。

でも違ったという事です。

中3日の3連戦最後にアウェイという事もあってコンディションが悪かったように見えました。

今日は単純に弱かった。

 

負けたことを誰かのせいにしたい気持ちは分かる。

でも主審の村上や最後の矢島の行動にSNSで個人攻撃しても何も始まらない。

特に矢島は味方に思いっきり踏まれて本当に傷んでたように見えたし。

もしあれが時間稼ぎだったとしてもそれはサッカーの一部。

山雅も含めてどこだって勝っている時は大なり小なりやってるし、反対の立場で同じこと言われたら気分悪いでしょ?

外的要因よりも自分たちがどうだったのかをこれからに活かすことが大切だとわたくしは思ふのであります。

 

まだ半分終わってないしこれからも目の前の試合に全力を傾けるだけです。

6月は山形、京都と強豪との対戦が続きますが何とか上位にくらいついて行きましょう。

 

 

AD
かまたまより 普通に そばが好き~!(永野風)


松本山雅FC 0-0 カマタマーレ讃岐


今、NHKでN響の定期公演を見ながら書いてますよ。
クラシックはいいですね。ニッコリ


今日は両チーム共ストレスが溜まる試合でしたね。
ペナルティエリア内でGKが足引っ掛けても、手を使って引き倒してもファウルにならないんだからそりゃ荒れますわ。
まあそんなこと言っても決定機を決められ無かったことは事実なので次に向けて切り替えるしかないですね。
攻撃はちょっと遅攻すぎな印象。
ボールを奪ってから縦のスピードが遅いので相手が完全にブロックを敷いてしまいスペースが無い。
そこを打開出来る力を付けないとJ2で戦うのは難しいと思った。

次節は町田戦。
直接叩いて上位に挑戦状を叩きつけましょう。

それにしても・・・木島兄弟は相変わらずで安心しました。笑

AD
東京ヴェルディ 0-4 松本山雅FC

味スタでのヴェルディ戦は念願のJ2に上がって初めて対戦したチームでありスタジアム。
あの日、味スタに一歩踏み入れた時のワクワク感。
試合では何も出来ず現実と厳しさを教えてもらいました。
同じ年のホーム戦でリベンジし、ヴェルディ出身の選手たちと共に泣いた事を鮮明に覚えています。
今回は大差となりましたが、私にとってヴェルディはいつまでも目標である事に変わりません。
山雅の緑のルーツは読売クラブに憧れてのものですしね。
そして毎回様々な企画で新参クラブを快く受け入れて頂き感謝しています。
今度は11月のアルウィンでお待ちしています。

試合内容はついにやりたいことが形になった一戦となりました。
高崎のハットも宮坂のフリーキックも素晴らしかった。
色々ときっかけや自信に繋がったと思います。
これからはJFL時代にしのぎを削って来た讃岐、町田、金沢との対戦。
厳しくもプライドを掛けた大事な試合が続きます。
是非とも3連勝したい。
今の山雅なら出来るはずです。

AD