全曲ライブ参加してきました~!
全曲ライブ
↑コレ

と言っても、仕事があるので泣く泣くB公演のみ。
小売業で土曜休みが取れただけでも良しとしよう。
2日4公演で約150曲を歌い切るというなんとも無謀な企画。
でもそういう心意気、嫌いじゃないぜ!

ちなみにB公演が一番好きな曲が多かったってのもある。
次点でC公演、あとはD公演、A公演の順かな。
別に嫌いってワケじゃないんだけどね。特に好みってだけ。

全曲ライブグッズ
↑今回のグッズ

新幹線近くに通ってるってやっぱり便利だよね。
意外と早く着いたので初めてグッズの先行販売並んだ。
タオルやTシャツは家の収納の関係であまり増やしたくないし、
普段使いもしたいので今回のデザインはパスした。

シリコンブレスレットは事務所の新入社員の意見らしいけど、
買いやすいし集めたくなるし定番で良いと思う。買った。
あとは記念品として全曲のれんを購入。
そういえばMCで
「奥華子の文字を30回くらい書き直しました。」
って話と、
「手形も自分のです。というか知らない人のじゃ嫌だよね(笑)」
って話があったなぁ。

今回は3rd Letterのタオルに「君と僕の道」のTシャツ、
そして購入したてのシリコンブレスレットという
謎の組み合わせで参加した。


さてさて、いい加減ライブ外の話はカットしてレポ。
いつものことながら(2年ぶりだけど)ネタバレ全開
そして主観がだいぶ入るので閲覧注意。
うろ覚えの記憶を頼りに、
いつもより曲数も多いのでダラダラいきます。

ピアノ(P)キーボード(K)も間違ってたらごめん。
そういえば今回の公演から配置を変えたとか。
客席から見て左にピアノ、右にキーボード。
右側の客席からもちゃんと見えるようにって配慮らしい。
ちょうど右側だったのでグッジョブと思ったよ。

衣装
ステージ衣装覚え書き。
帰りの電車でちびちび描いてた(笑
髪のまとめ方があまり見たことなかったから新鮮。
サイドは残しつつ、後ろだけを束ねて下ろした感じ。
こういうの何て呼ぶんだろね?知識乏しすぎて。
正面のシルエットがスッキリして、
夏っぽく爽やかな印象だった。



1.年上の彼(P)
入場してくるや否や、いきなり軽快にスタート。
これ、結構好きなんだよねー。
aikoっぽいとか当初は思ってたけど、
良い意味で奥華子っぽくない感じがツボ。
テンポ早めなのはやっぱり時間の関係かな?と思った。


2.秘密の宝物(P)
何故か知らないけど僕が行くライブだと
よく歌ってるんだよね。偶然だけどさ。
さすがに全曲フルコーラスは無理なので、
必然的に各曲がアレンジして縮めているので何か新鮮。
ちょっぴり得した気分。飽きやすい自分には今回の
ライブの程度がちょうどいいかも?


3.そんな風にしか言えないけど(P)
大サビ前の「限りある時の中~」のフレーズが
ホント好きなんだよね。いつぞやの奥華子カレンダーに
歌詞リクエストしたら載ってて嬉しかった覚えがある。


4.嘘つき(P)
今回の全曲ライブは華子さんのほうである程度
曲の括りを作っているらしい。で、これは
曖昧な感情(?)だとかなんとか。
バックライトの赤と青の対比がまさにそんな感じを
演出していて力強く響いてきた。いいね。


5.窓辺(P)
普段CDではあまり聴かない曲なんだけど、
ライブで聴くと良い曲だなぁと思うんだよねいつも。
まぁそういうのがライブの醍醐味というか、今回の
全曲ライブの甲斐があるってもんよ。
どうせ歌われないだろうなって曲、どうしてもあるもんね。


6.blue green(K)
この曲もライブでよく聴く気がするのは気のせいかな?
どこでも変わらずblue greenに染まったステージが印象的。
今の時季に聴くと海岸線を走り抜ける感じを想像する。
この曲から以後2曲まで、色シリーズとのこと。


7.白い足跡(K)
これねー、カップリング曲だっけ。
奥華子にハマり出した直後から大好きな曲なんだけど、
ライブDVDで見るくらいで生で聴ける機会がなかなか無くて。
季節は違えど、聴けて大満足。


8.白いハート(P)
実は去年あたりになるまで取り漏れてて、ほとんど
聴いたことが無かった曲。ライブで聴くとより良いね。
アンケートにも一番良かった曲として書いた。
なんかね。ストレートに響いたんだよねこれが。


9.手紙(P)
全曲ライブということもあり、1曲1曲の成り立ちを
前置きで説明してくれるのは親切だよね。
10周年を噛み締めてるなー、華子さん。
サビの高音が好き。ホント高いんだけどね。綺麗だった。
ちなみにここから3曲、遠くの誰かを想ってるシリーズ。


ここでちょっとしたハプニングで、
客席からLINE着信の音が…
ちょうどつなぎ目だったのでそりゃあもう
館内に響く響く。

華子さん、無言でLINE着信音を即興で真似してた(笑)
素晴らしいアドリブ。会場も変な空気にならずに済んだ。
何度か音を探ってたけど、途中で諦めてた(笑)
そう考えると絶対音感ってやっぱりスゴいよね。


10.流れ星(P)
最新のアルバムの中で結構気になってた曲なので、
生で聴けて嬉しかった。出だしから引き込まれる良いメロディー。
「あなたとパジャマで食べるカップラーメン~」
というフレーズはどうも周囲のツッコミが多かったらしい。
そのチグハグ感が生活感にじみ出ててしっくり来たんだけどな。


11.あなたと電話(P)
一番ラブラブな時期を書いた曲っていうけど、
まさにその通りで誰しもこんな甘い時期がありそうだよね。
「その内電話に出るのも嫌になるのにね」って
現実的なコメントが笑いを誘っていた。
「ラブラブって死語?」とも気にしてたけどどうなんだろ。


12.その手(K)
若い頃、渋谷で思ったことを書き綴った曲だとか。
華子さん、特に若い頃作った歌詞は独特だよね。
この辺りから座りっぱなしでお尻が痛くなってきたのと、
曲数数えてたんだけどすっかり飛んでしまった。
恐るべし全曲ライブ…!(小1時間)


13.冬の宝石(K)(シークレット曲)
いやー、全く知らなかったよ。
結構シンプルな曲だと感じた割には
さすがに1回ではちゃんと覚えてないなぁ。
「冬ですね」「寒いね」と無理やり
季節合わせようとする華子さん面白い。


14.僕のクリスマス(K)
こんな時季にメリークリスマスと聴くとは思わなかった(笑)
でも作中の「僕」の立場からしたら、クリスマス真っ只中
よりもまだこの時期のほうが優しいよね。ちょっと新鮮。


15.三度目の冬(P)
「一気に暑くなったね」とまたもや季節を進めるも、
「忘れてた。まだ冬だった。」と季節逆戻り(笑)
本人は結構お気に入りらしいが、おそらく
奥華子史上で一番未練引きずってる系の歌だとか。
確かに先程の明るい空気が嘘のように重くなったわ(笑)


16.春夏秋冬(P)
アレンジ(カット)の関係で歌詞の春夏秋冬が
揃わなかったのがなー。まぁしょうがない。
久しぶりに聴いたけどAメロ結構好き。


17.MOTHER(P)
楽曲提供曲シリーズ。
そういう曲だけでアルバム出してくれたら良いのになぁ。
この曲は絶対に聴きたいと思っていたので感動。
「伝えたい言葉」に並ぶくらい好き。
親への想いが染み染みしてくる分、歳を取れば取るほど
心にじんわりと効いてくるんだよね、こういう曲。


18.HIKARI(P)
2014年の静岡公演で母と聴いたのが印象深い曲。
最初はあまり聴かない類の曲だったんだけど、
母がお気に入りと聞いてからちょくちょくと
聴くようになったら良さがわかって来た気がする。


19.東京暮らし(K)
背景の夕焼けをイメージしたオレンジライトが綺麗。
この前カラオケで歌おうとして撃沈した曲だけに
プロの(本人の)歌声で聴けて癒やされたよ。
華子さんの郷愁系の曲はどれも沁みる。


20.どさん子華子のうた(K)
ご当地ソングシリーズ。
ベストアルバムの時のCDで聴いていたけど、
北海道のラジオで歌詞をリレー方式で
繋ぎ合わせたとは思えないくらいちゃんと完成してる。
言い方アレだけど、地味に良い曲。


21.DREAM SONG(P)
共作で作った曲で、夢をテーマにお互い持ち寄った
メロディーを合わせたら上手い具合にハマったそうな。
でもなんとなくだけど、この部分は奥華子だろうな
ってのがわかる。気がする。初聴だけど結構好きかも。


22.愛のしずく

公演後に掲示されてるセットリスト見てみんな気づいた模様。
華子さんも律儀だなーと思ったけど、ちょうど目の前の
カップルの片方が「一番聴きたかったのになぁ」とつぶやいてた
ので、まぁそういう人もいるもんなぁとは思った。


23.生きるということ(P)(シークレット曲)
「片想い」と並んで、最古(かも知れない)曲だとか。
それにしても17歳が作ったとは思えないほど重い!(笑)
父の言葉を借りたら、実は有名な人の言葉だったらしい。
音源化してないのは、だからじゃないですよね?


24.Birthday(K)
ここで一旦スタンディング。ちょっとありがたい。
手拍子付けて、「まだまだ元気ですかー!?」と
衰えを見せない華子さん。
「それではいきます!Birthday!」という掛け声とは
裏腹に「Happy days」の前奏。みんなキョトン。
華子さんも気付いたようで、曲に合わせながら
「これはBirthdayじゃありませんでした~!」と謝罪(笑)

気を取り直してやり直し。7月誕生日の人が28人、
本日(7月9日)が誕生日の人が3人だったかな?
いつも思うんだけど、ホントにそんなにいるのかな?
確率的には60人もいれば同じ誕生日の人がいるとか
聞いたことがあるような気もするけど…


25.ta.la.la.(K)
前曲のBirthdayと合わせて英語シリーズ、
と説明しながらも「英語じゃないよねコレ」と
セルフツッコミ。でもこの曲名、独特で好きなんだけどな。
歌詞も聴く度に結構勇気付けられてるところがある。


26.シンデレラ(P)
「長くやってれば色々あるよね」と黒眼鏡スカート
を振り返る。このくらいのニュアンスで留めてくれるから
いいけど、絶対にその時期を黒歴史とか間違いみたいには
しないでほしい。そうやって作られた曲も好きな曲多いので。
ちなみにここから怒涛のカタカナシリーズだとか。


27.プレゼント(P)
ロールキャベツがとても印象的なこの曲。
生活感溢れるというか、こういう近しい感じの歌詞好き。
ta.la.la.で明るい曲終わりと言った割には明るめの曲が続く。
終盤に差し掛かるにあたってそういうスパイスは必要だよね。


28.ロスタイム(P)
「好きな人」?だっけ?曲名を途中で変えたらしい。
カタカナ語辞典で「これだ!」と降りてきた割には
周囲の反応が薄味だったようで(笑)
この曲はCメロがたまらなく好き。


29.パズル(P)
もう軽くホラーだよなぁってくらいに暗い(笑)
真っ赤なライトが余計にダークな感じをさらけ出す。
でも力強い演奏と相俟って、こう荒れる心の内を
吐き出す感じがお気に入り。


30.ピリオド(P)
2014年に3度聴く機会があったからか、
この曲も随分とライブで聴いている印象。
「恋愛」に対して「愛」→「恋」と
振り返ってるのがいいなぁってのは
確か初聴の時にもブログに書いた気がする。


31.迷路(K)
いじめ撲滅キャンペーンみたいなものの要請から
作り始めた曲だとか。そう聞くと歌詞にも頷ける
箇所がいくつもあるよなぁ。
単純にサビの切実な訴えがガツーンと心に響くので、
これも生で聴いたらスゴいだろうなと思ってた。
実際スゴかった。


32.灯(K)
こちらは新潟震災がきっかけだったかな?
歌詞は好きなんだけど曲はちょっと苦手で、
疲れも来たのか少し意識飛んでた気がする。


33.rebirth(P)
テイルズ・オブ・ファンタジアの提供曲3曲の
中では一番好き。というか奥華子の曲で一番
前奏・旋律が好き。「蛍火」も外し難いけど。
アルバム発売前のポニーキャニオンのページでは
「あなたを忘れない」って曲になってたハズなんだけど、
特に触れられて無かったから気にしないほうがいいのかな。


34.変わらないもの(P)
“時かけ”の曲では断然こちら派。
最近ちゃんともう一度観たからより響く。
正直「初恋」や「ガーネット」は
またか、と思っちゃうこともあるんだけど、
この曲はライブで何度出てこようが良い。
まぁ好みの問題だよね。


35.笑った数(K)
この歌詞良いよね。「笑った数は同じだね」ってヤツ。
特に「それだけは」って挟むのがグッとくるんですよ。
お互い色々あるけど、「それだけは」ってね。
もうそれが最重要で、それがあれば良いんだって思えるので。


36.自由のカメ(K)
勝手に奥華子らしさの最たる曲だと思ってる。
ホントに自分は恵まれてるんだって思えるし、
考え方次第でとても自由だ、楽になれるんだって
元気になれる曲。「ららら~」と皆で歌う部分も
いつもより短め。でもこのくらいのが丁度いいワタクシ。


37.本当の世界(K)
前奏でまた「灯」が来たのかと思った;
何処で聴いたのか、サビは聴き覚えがあった。
これまた独創的な曲を隠し持ってたなぁ、と。
ラストをこういうあまり知られていない曲で
飾るのも全曲ライブらしくて良かったと思う。


(Ec)38.思い出になれ(P)
アンコール用に新曲を用意していたとは。
まだ出来立てで、歌詞もまだまだ変わるかもしれないとか。
久しぶりの男性視点って印象。後悔の恋をひたすら忘れて
過去のものにしようともがく様がよく表されてる。
曲のインパクト自体はあまり無いんだけどね。

そう言えばどこのタイミングか忘れたけど、MCでローソンの
からあげクンとカフェラテを店出た直後に落としてしまった
悲しいエピソードを暴露してた。つい2日3日前のことで、
全曲ライブもあるから拾わずに捨てて買い直したようで。
そういうやっちまったエピソードって他人に語って
スッキリしたい面ってあるよね。

ちなみにアンコール恒例の華子ショッピングは
タオルとのれんとシリコンブレスレットの宣伝。
あと終演後のアナウンス聞き逃しちゃってたけど
本人また自分でやってたりしないよね?


終わってみればあっという間の3時間半だった。
終演後に流れてた新曲(愛という宝物?)結構好き。
早く音源化して発売してくれないかな。
というか牧場物語の曲とかアンコールの新曲とかと
合わせてまた年内にアルバム出そうぜ!


拙いライブレポ、読んでくださってありがとうございます。
仕事の休みがやはりネックではあるけれど、
可能な限り今後もライブ行きたいッスね。
今回のライブでよりそう思えた。
(ホントは当日券買ってそのまま
夜のA公演も聴こうかと思ってしまった)

全曲ライブ、4公演全部参加するって人が
会場の8割くらいを占めてて、なんだか
申し訳なくなったのと同時にみんなスゲェなって思った。
自分じゃ実際参加したら飽きるか疲れきってしまうかも。
3時間半38曲、2日4公演で14時間約150曲でしょ?
歌う方も聴く方ももうお祭りだ!いいねぇ!粋だねぇ!

またこういう面白い試みはどんどんやってほしいね。
カラオケツアーとかそこまで密じゃなくていいので、
もっと気楽に参加できるのが良いかなぁ。
デビュー10周年経ったけど、まだまだ楽しみだね。
(それにしてもホント歳取らないよなぁ華子さん)


影丸アイコン影丸の一言:
昼はきしめんと天むす、
夜は味噌カツとどて煮と手羽先と、
ちゃんと名古屋めしも堪能。
高血圧に拍車をかけそうだね!
AD