気まぐれ影丸のブログ● ● ●

★From 2005.10.16★ 気まぐれに綴ります。これまでも、これからも。

◆◇◆ご訪問ありがとうございます◆◇◆
★どうぞごゆっくりぃ♪ヾ( ̄∇ ̄*)


過去記事へのアクセスは右側サイドバーにある「ブログ内検索」
または中央の記事上部などにある「記事一覧」より
「月別記事一覧」や「テーマ別記事一覧」をご利用下さい。

テーマ:
今回はちょっとした愚痴記事になります。
あまり気分の良いものではないので、ブラウザバック推奨です。
それでも読むという物好きな方のみどうぞ。

裏サンデーというのは、2012年4月にOPENしたWEB漫画サイトです。
これまでのWEB漫画の常識をぶっ壊す的なノリで開設し、
当初の全話無料公開こそ無くなりましたが、
個人的には一番好きなWEB漫画サイトで開設時からずっと見てきました。

そしてMangaONE(マンガワン)というのは、今月からスタートした
小学館の新しい漫画アプリです。
与えられた時間を消費してこれまでの名作はもちろん、
裏サンデー作品も全話公開、
その上1週先取り&おまけ付きで読めるというもの。
自分は導入していないので詳しくは知りませんが、
課金することで時間を追加したり、投げ銭のように
作品を応援することができるようです。



-愚痴タイムSTART-

いや、いいんですよ。
新しい漫画アプリ、良いじゃないですか。
でもそこに、裏サンデーを巻き込んでほしくなかったのが本音。
今どきスマホも無くてアプリを落とせない自分が時代遅れなのは
わかってますし、1週遅れること自体にはそれほど文句は無いんです。
ただ、マンガワンのシステムの一つとして
「全作品の命運は投票によって決まる」と説明されてるんです。
これって、今まで裏サン作品を応援してきた(つもり)
の自分にとっては結構ショックなことなんですよ。
これまで裏サン作品についてはTwitterで宣伝したり、
布教用の単行本を買ってみたり、少しでも裏サン作品を知ってもらえるよう
amazonのレビューを発売日にできるだけ早く書いてみたり、
好きな作品にはFAなんか描いてみたり、様々な形で作品を
応援することができました(多分)。
もちろん自分の力なんて微々たるもんですし、
「お前一人いなくなったところでどうってことない」と
言われてしまえばまぁ確かにその通りなんですけど、
一読者として好きな作品を応援する行為っていうのは
それ自体が楽しみでもあるんですよ。

たとえ結果に繋がっていなくても、自己満足です。
応援している自分に酔っている?ええ何とでも言ってください。
マンガワンができてしまった今、それに触れることができない
自分が何をしようがもうほとんど意味が無いんだなぁ考えた時、
急激に裏サンデーへの熱も冷めてしまったように思います。
結局マンガワンが第一ならば、今ある裏サンデーは何なのでしょうか。
個人的にはビューワーの要らないクラブサンデーと同じです。
ここ最近は連載投稿トーナメント以外にも様々な企画を盛り込み、
やっと裏サンデーが様になってきたなぁと思っていただけに残念です。
挙句、iOS版のリリースが間に合わないからと急遽裏サンデーでも
先行公開分を読めるようにするという迷走ぶり。
そんなことしたら、逆にマンガワンで時間消費して、
あるいは課金してまで読んでいた方々の不満が募るだけでしょうに…
もうちょっと、WEB派とアプリ派の双方に歩み寄れなかったのでしょうかね。
それこそ裏サンデーは開設時から読者・ファンによって少しずつ
拡大していったものだと思っていたので、
WEB派をバッサリ切るような今回の動向には悲しい気持ちでいっぱいです。
勝手に悲観的になっているの、自分だけかもしれませんが。

-愚痴タイムEND-


じゃあ、結局自分はどうするの?
って言ったら、どうもしようがないですねこれは。
だからと言ってこれまで集めてきた単行本を
急に買わなくなるなんてこともありませんし。
あまり変わらないと言ったら変わらないです。

ただ、もう積極的に裏サンデーを応援しようとか、
進んで企画に参加してみようという気は失せました。
これからは発売日にレビュー書くこともないでしょう。
(既存のものも全て消しました。
まぁマンガワン次第なら無くても同じでしょう。)

とりあえず公開されたものを読んで、
面白いと思った作品は単行本を買う。それに尽きます。
何か子供みたいに勝手にいじけた感じになってますが、
それだけ裏サンデーに失望してしまったという表れです。

ひっそりと見守りましょう。
考えの固い老兵はただ去るのみです。

影丸アイコン影丸の一言:
裏サンデー、好きだったんですけどね…
もちろん漫画作品自体はずっと好きですし
作家にも作品にも罪は無いですからね…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

[PR]気になるキーワード