2006-01-25 19:14:13

あのさ

テーマ:日記
さっきコンビニに行ってきたんですけど。
ビールのつまみに堅あげチップス買ってきましたよ。
これおいしいですよねぇ。今あるポテトチップスの中で一番好き。

それはまぁいいとして。
駐輪場に自転車を止めたら、小学生が2人、


このくそ寒い中でカップ麺食ってた

家で食えよ!
もう一回言うぞ?家でk(ry



そいで他方に目をやると、


マグナ50に跨った中学生がガン飛ばしてやがるし


おまいら一体何がしたいんだよ('A`)


人のことをとやかく言うのはあんまり好きじゃないですけど、
さすがにこれはどうかと思った。

それでも、日本に生まれたことは幸せだと思ってます。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-01-18 15:23:18

新年会があるらしい

テーマ:日記
今度、学科で新年会の呑みがあるらしいんだけど、
参加するかどうか迷ってます。
別に行くのが嫌なわけではないけれど、
特別行きたいというわけでもない。

こういう時になると、改めて大学での人間関係の希薄さを感じる。
といっても今更そんなことは気にもしてないんですが。

自分はどうもいわゆる「軽いノリ」的なものが合わない人間なんだけど、
今回の呑みの参加者もそれっぽい(こういう言葉で軽率に判断するのも
まぁ、どうかとは思うけど、そういうのって大体わかるよね?w)
のが多いようなので、たぶん行っても中途半端な盛り上がりで終わる予感。

だから成人式の日に、中学の同窓会兼、呑みがあったときも
気が合う友達とだけ固定でまったり呑んでました。

でも半年に一回ぐらいだから、せっかくやしなぁて気がしないでもないw
どっちだよwwww

・・・・もういいか。シラネ(´д`)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-10 23:34:24

久々におすすめブツを

テーマ:日記
今日は久々におすすめのものでも紹介してみます。

【蟲師】
友達に漫画を薦められてツボにはまりました。
現在アニメも放映中で、
メディアミックスには珍しく相当デキがいいのでよければ是非みてみてください。

優しく、静かで、奇妙な雰囲気の漂う作品。
「蟲」と呼ばれる生と死のはざまにある曖昧な存在。
彼らと主人公「ギンコ」を中心に、人間達の生活を描いた上質な「語り」です。

【STRATOS4】
隕石迎撃部隊の士官学校に通う、少女4人を中心に展開する青春SF。
SF要素もそこそこ面白く、青春劇が爽やかでいい感じです。
この作品は大絶賛、というわけでもないのですが、
僕にとって少し特別な意味を持つ作品です。

ネトゲ依存症とバイトの人間関係疲れから、
ほとんど引き篭もりになっていた去年の夏ごろ。
無気力で何もする気が起きず、対人恐怖症に近い状態にもなっていました。
そんな時、ぶらっと近所のTUTAYAへ行って借りたのがこれでした。

この作品に元気付けられてヒッキーが治ったよ!
とかそんな都合のいい話ではございません(笑)
経験者なら分かると思いますが、
うつ病はそんな簡単なもんじゃないです(・ω・`)

でも、今振り返ってみると、序々に回復していく中で
背中を押してくれた一因となってるのは間違いないと思います。
爽やかなOPが印象的で、優しく元気付けられました。

今でもこの作品を見ると、ゾンビのようにベットに
寝転がって観ていたあの頃を思い出します。
締め切った部屋の空気とか、
気分とは裏腹に爽やかすぎる夏の匂いとか、
窓ごしに滲んでくる蝉の鳴き声とか。
いろんなものが、この作品を見ると鮮明に思い出せます。

もうあんな状態にはあんまりなりたくないですけど、
「ああいう時期」があってよかったなぁ、と
今ではそう思います。
あの時期は、おそらく然るべくして訪れたのであって、
おかげで色んな「乗り越えるべきもの」に出会えました。
よじ登るように、這うように、無様だったとしても
なんとか乗り越えて、いまここにいます。

人生の節目であったり、辛い時期、大事な時期に
出会った作品は自分にとってすごく大切なものになります。
世間で評価が高いとか、
そういうことは二の次で、自分だけの宝物。

そうやって人は自分の歩いた道に「財産」を築いてゆくのかもしれませんね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-04 23:01:43

Keyの名曲は果たして万人向けか?

テーマ:日記
遅れましたがあけましておめでとうございます。
今年も不定期更新でぼさぼさやっていくので、どうぞよろしくです(^ω^;)

さて、僕はいま実家に帰省中なのですが。
ついさっきまで姉夫婦と姪も遊びにきていました。
いやー赤ちゃんまじでかわいいですね(笑)
純真無垢な寝顔に癒されまくりでした。

それで、癇癪を起こしたときに僕も時々あやしていたんですけど、
抱っこしながら歌を歌ってあげるとすごく落ち着くんですよ。

え?何歌ったのかって?

そりゃあなたKeyの名曲オンパレードですよwww

主に「鳥の詩」、「Light colors」、「青空」、
たまに「Last reglets」や「夏影」の鼻歌なんかも。

自分はこれらの曲に相当癒されてるので、
もしかして、とふと思いつき歌ってみれば
泣き止むどころかそのまま眠ることもしばしばでした。

世間を知らない赤ちゃんに偏見は全く無くて、
ほぼ直感で感じ取っていると思うのですが・・・
ではやはりKeyの曲の良さは万人共通なんでしょうか?
(もちろん好み云々の個人差はありますが)

「夏影」なんかに至ってはそれだけ聴いて感動し、
AIRをプレイするきっかけになったって話もネット上でありましたし、
Keyのゲームはしないけどサントラだけを買うって人もいるらしいです。


「本当の良さ」は二の次で、

いかに一般的であるか?
どれだけメディアに取り上げられたか?
俗に言う「流行」であるか?

これらの前提条件の上でしか、名作の一般認知がされ難いこのご時世。
資本主義社会の悲運な宿命とも言えそうだけど、
Key作品が生まれたのも資本主義社会あってこそかもしれない。
うーむ。ジレンマ?ちょっと違う気もするが・・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。