☆Evelynの安全生活習慣と安全なお店情報☆

愛する地球を守るため、愛する人を守るために知識の範囲での真実の情報をお届けしています。
お店記事は食べログとリンクしています。
http://tabelog.com/rvwr/lilyangel/


テーマ:

猫はとってもデリケート。

知らないことで愛猫を苦しめることがないように祈ります。

2006年と2004年に天に帰ったノンタンとチャラは、人間のお薬を与えられていました。チャラが天に帰ってから、ノンタンは病院と縁を切りました。それから元気になってくれて長寿全うして19歳まであと1ヶ月だったクリスマスアドベントに天に帰りました。

人間でさえ副作用のリスクがあるのに、小さな身体には負担が大きすぎると思いました。

Rubyのブログ HappyChristmasに書いていた記事から再度。

 

①ネギ類(玉ねぎ、ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウなど)・・・

ネギ類に含まれるアリルプロピルジスフィドなどの成分が赤血球を破壊し、貧血の原因となるそうです。血液全般に関わる病気の原因にも成るため。加熱しても落ちない毒性だそうです。

②魚介類・・・

あわび、さざえなど・・・海藻を食べる貝は、体内で毒素が作られるそうです。ネコにとっては皮膚病の原因となるそうです。アワビの内臓に多く含まれるピロフェオホルバイドaなどの光励起物質が猫の体内に吸収されると、光線過敏症の原因となるそうです。有害成分によって皮膚の組織が壊死することもあるそうです。
     
イカ、タコなど・・・

瞳の美しさを作るタウリンが含まれているため、大事な栄養ですが、与えすぎは要注意!生のイカに含まれるチアミナーゼという酵素が、
ビタミンB1(チアミン)を分解し、急性ビタミンB1欠乏症を引き起こすことがあるそうです。死に至ることも起こっているようです。チアミナーゼは、加熱すれば効力が消えるそうです。

サバ、イワシ、アジ等・・・

過食すると、猫の脂肪が酸化して 黄色脂肪症(イエローファット)になると言われています。イエローファットになると、猫の腹部や胸部、腹腔内などの皮下脂肪が酸化・変性して炎症を起こしてしまいます。
DHAやEPA などの良い脂肪酸も含んでいるため、バランスよく与えましょう。

③チョコレート・・・

カカオマスに含まれるテオブロミンという成分が、心臓や中枢神経系を刺激し、下痢や吐き気、血圧上昇、不整脈、興奮、痙攣などの症状を引き起こすと言われています。重症の場合は死亡することもあるそうです。

④生卵の白身・・・

玉子には、ビタミンの一種であるビオチンを分解する成分アビジンが含まれており、大量に食すると皮膚炎や結膜炎などを引き起こす可能性があるそうです。加熱すれば消えるそうなので、過熱して与えましょう。
卵には、ネコにとって必要なタンパク質も含まれ、尿を酸性化するメチオニンも含まれているそうなので、適度に与えましょう。


⑤人間の薬・・・

人間の薬はネコにとっては毒性になる成分も多いそうです。


⑥牛乳・・・

牛乳の成分の乳糖を分解する酵素が少ないためネコに負担になります。本物の牛乳は日本には1%もありません。ネコには不要。

⑦化学物質の入った食べもの、キャットフード・・・

小さな身体に入って、負担が大きくなるため色んな病気(特にガン)の原因にもなります。酸化防止剤、合成保存料、合成着色料など気をつけましょう。

⑧水道水・・・

塩素は人間にも良くありません。活性酸素です。

蛇口をひねるまでは必要なものですが、有害です。

安全なお水をあげましょう。

⑨カフェイン、アルコール類・・・

ネコに必要のないもの。身体(肝臓、腎臓)に負担になります。コーヒー、紅茶、お茶、アルコールなどはネコが本来欲しがらないもの。

⑩塩分の強い食べもの・・・ネコの腎臓に負担をかけます。本物のお塩を最低限。

⑪ドッグフード・・・

ネコと犬とは身体の組織が違います。タウリン、タンパク質などのバランスが犬とは違うため、病気になることがあります。

⑫鳥の骨や魚の骨・・・

のどに刺さりやすいため、小さく砕いてからあげましょう。

⑬レーズン・・・

アメリカで報告された事故があります。嘔吐、下痢、食欲不振、腹痛、腎不全などを起こした犬の症例あり。ネコにも避けるほうが無難。
 
⑭ 加工品、不自然な食品(添加物の多いもの、農薬のかかったもの)・・・

人間でも同じです。

⑮このほか、植物にもネコには危険と言われているものがあるそうです。以下・・・ 
アイリス・アザレア・アジサイ・アマチャ・アマリリス・アロエ・イチイ・イヌホウズキ・イラクサ・インドゴムノキ・カラジウム・キンポウゲ・クサツゲ・月桂樹・ケマンソウ・ジギタリス・ジャガイモ(花・葉・茎)・シャクナゲ・スイセン・スズラン・セイヨウキョウチクトウ・チューリップ・チョウセンアサガオ・ツツジ・デフェンバキア・ニシキギ・ヒエンソウ・ヒヤシンス・フィロデンドロン・ラッパスイセン・ロベリアなど。

植物や動物、魚介類などの欠点(毒性)を取り除き、他のものとの相乗効果で栄養がアップしたり、バランスが良くなったり、毒消しができるような技術を持っている研究者たちによって、ネコも人間も安心して食べたり生活できたり・・・そんなものをできる限り使いたいものです。

 

猫と暮らすときは猫に人生を捧げるくらい慎重に、

なのですね。

猫は天使だから

神さまと暮らしているような生活が理想かもしれません。

http://yaplog.jp/evelyn2008/archive/55

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「」 の記事

テーマ:

愛には限界がありません。

神は愛であり、愛は神だからです。

ですからあなたがほんとうに神の愛のうちにいるなら、神の愛は無限なのです。

だからこそ、こう言うのです。

どれだけたくさんのことをするかではなく、どれだけたくさんの愛をその行為にこめるかが大切なのです。

マザーテレサ

先月の第4日曜日の朝のことでした。

礼拝のお花を買いに行った帰りに、不思議な声が聞こえました。

 

人には様々な職業がある。

どんな仕事も楽なものはひとつもない。

政治家になりたい人は必死に学び、必死にお金を貯める。

花屋さんになりたい人は美しさの陰にぼろぼろになった手、

パン屋さんは美味しいパンの陰に早朝出勤、重たいものを持ち運ぶ労働、過酷な勤務がある。・・・。

猫は神さまから託されて各家に遣わされている。

人間の病、こころの重荷、一つずつ、ことあるごとに猫のいのちとひき換えに神が叶えられる。神とのさいごの仕事が終わるのと同時に猫もいのちを終える。

人は知らない。

猫はどんなに神に忠実であるかを。

 

不思議な声の響きでした。

帰宅してすぐに書き留めました。

 

それからRubyの入院、

一時退院、

通院、

召天。

ペット棺での保管

真空だったはずの棺にトラブルが起きました。

入れてたお花が枯れたのでわかりました。

販売店に連絡を取ると、最後の1個だったと言われました。

ネットでもほとんどの業者が取り扱いを中止していました。

メーカーに連絡を取ると、そんなはずはないと言われました。

現実に起きたのだからと話しましたが、また連絡しますでそのままです。

ノンタンの時に利用したことがあったので、感謝していたことが、悲しみに変わってしまいました。

そのため、日程を早めて火葬することにしました。

ところが、知り合いの住職さんは人間のお葬式が入っているので無理と言われて日程が合いませんでいした。

ネットで色々と探して、最終的に家まで来てくれる移動火葬車で火葬することにしました。最終的に、クチコミなどを読んでから、娘が帰省する前に探していた業者さんに決めました。

住職さんの所で利用していた移動火葬車のかたと同じだったこともまた不思議なご縁でした。

ペット産業も多くありすぎて驚くほどでしたが、わたしも娘も同じ所に決めて良かったと思えました。

「飛行機に乗ってきて空より高い所に行っちゃったのですね」

この業者さんもまた、愛犬を亡くされてこの仕事をされるようになったと話してくださいました。

2時間弱の時間を娘と二人で賛美しながら、待ちました。

やがて連絡が入りました。

近所の公園の横でまた娘と一緒に賛美をしながら、

Rubyの小さくなった骨を壺に入れました。

 

ペット産業の様々な面も見せられた数日でした。

 

10月第4日曜日はRubyのメモリアル礼拝をしました。

礼拝は神さまにお献げするものです。

いつもと変わらず賛美の中に主の愛が満ちていました。

 

聖餐式が終わった時でした。

Rubyだけでなく、

沢山の動物たち、

沢山の人たちが、

なんと、翼をつけて自由に部屋を飛んでいました。

天使の姿でした。

 

永遠の世界でRubyがわたしたちと過ごした期間はほんの数年でしかなかったこと。

永遠はずっと続いていること、

Rubyはわたしとも娘とも一緒にいることを

頭ではなく、ハートでキャッチして受け止め感謝しました。

 

死は終わりではない永遠の世界がある。

天国を教えに来てくれた猫さんRuby。

タリタクミ!

わたしが人生の大きな決断をした時に、

Rubyは天に帰っていきました。

深いいやしと希望を届けてくれて

わたしを立ち上がらせてくれました。

神さまが我が家に送られた意味も深く知ることができました。

 

神さまの愛のなかでは、

いつも永遠に一緒にいるのだとわかりました。

 

だから、

良かったね!

なのだと。

 

辛い時や悲しい時は楽しかったことを想い出してねと、

娘に言ってくれた言葉をわたしも心に刻みました。

 

沢山の賛美をうたうと、

しっぽを振りながら一緒に喜んでくれたRuby

即興でつくったRubyとの歌も沢山ありました。

賛美ってすごいんだね。

 

賛美していると

この世が知らないような深い平安が訪れます。

 

そのままの存在を神さまは愛されるから、神さまなんだよ。

 

Rubyの願いだったこと。

娘ともわたしとも一緒にいられる世界が実現したようです。

 

これから神さまが見せてくださることを

希望を持って見ていきたいと願います。

 

Twitterにもアップ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

イエスの愛は無条件で、やさしく、ゆるしに満ちていて、完全。
損得を計算せず、限度を置かず、見返りを求めない。
イエスは傷ついてまでもお与えになるのです。
マザーテレサ

Rubyが天に帰った最初の朝、
一緒に賛美する手は、天使のつばさ(ペットの真空棺)の中です。
ぽっかりと空いた大きなこころの穴に
主の愛が満ちてきました。
娘と手を取って。主の祈りをしてから、永遠の朝の賛美をして祈りました。
Rubyの肉体はお花に包まれて静かに眠っています。

霊はもう会話をしてくれていますから、不思議です。

Rubyと会話できるようにしてください。
祈ってきたこと

祈りを、神さまは人の会話でできるようにしてくださいました。

特に娘と沢山の会話をしています。

悲しい時は、
ボクと過ごしたしあわせだったことを想い出してね。

娘は、Rubyが与えてくれたしあわせをRubyノートに書き始めました。
泣きながら感謝を言いながら、書いています。
もう100超えたよと娘。

昨日の朝、
見上げた空に十字架の雲が浮かんでいました。
神さまからの憐れみを思い、感謝しました。

イメージ 2


数秒で消えていく雲のなかにも見せて下さる神の愛がある。

憐れみに感謝でいっぱいになりました。

娘がお昼過ぎに見た空には、天に昇る雲と猫。
イメージ 1

夜は中秋の名月でした。

イメージ 3


主の愛は完全です。

イエス様は貧しいものとともにおられ、
共に泣き、
共に傷つき、
十字架ですべての罪を購い、
今も働いて下さっています。

過去も未来も現在も永遠の愛の中に完全なものとして下さっています。
天にあるものも
地にあるものも
地下のものも
神さまの御手にある世界です。

泣きたい時には思い切り泣こうね。
そして
神さまが願われている光の方を見て歩こうね。

死んでよみがえられた唯一の神、
神ご自身が人となって地上に来て下さったすべてが聖書に書かれています。
罪なきかたが、すべての人の罪のために十字架につけられ、
十字架の上で苦しみ、人としての叫びもされました。
そして、
最期の最期に、

父なる神のご計画を全うするために、すべてを委ねて死んで下さいました。
3日目に神さまのご計画のとおりによみがえられました。

すべてが終わって
すべてが新しくされました。
歴史はBCからADに変わったのです。
過去の歴史で終わったのではありません。
イエス様が、自らの死を持って、
死をも喜びに変えて下さる永遠の世界をお与えになっています。

この世界は人が造った宗教ではなく、

現実に神さまが天地創造されたことを
すべてのいのちに教えて下さっています。

自然界を見れば

そのことがわかるように。

 

木や草や

動物や鳥や魚や・・・

あらゆるものが神さまを賛美しています。


宗教は人を縛ります。
神さまは愛ですから、

人間の意思を尊重されます。

すべてのことを感謝して賛美に生きなさい。
賛美はうたうことだけではなく、
感謝することもいやしも祈りも礼拝も・・・
すべて含まれます。

永遠のいのちに生きよ。
よみがえりのいのちに生きよ。
永遠の朝です。

”神はそのひとり子を賜わったほどに、

この世を愛して下さった。
それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、

永遠の命を得るためである。
(ヨハネ17:3)”


Rubyと一緒に、
毎朝、大阪のために、
日本のために、
地球の平和のために祈り続けてきました。

今日も地球が平和でありますように。
愛と平和の神、主イエスキリスト様のお名前で祈ります。
Amen.

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

愛は、今日始まります。
今日、だれかが苦しんでいます。
今日、だれかが路上にいます。
今日、だれかが飢えています。
私たちの働きは、今日という日のためにあるのです。
昨日は過ぎてしまいました。
明日はまだ来ていないのです。
マザーテレサ

愛するRubyが10月3日の夜、
天に帰りました。

神さまが送ってくださった天使は、
神さまのご計画のままに
神さまの愛を放ち、
小さな猫の姿で
神さまのご臨在を
地上にいる人たちに示し、
地上での働きを終えて天に帰りました。

 

お祈りいただいた方々に

心から感謝いたします。

天の下では、何事にも定まった時期があり、

すべての営みには時がある。
生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。

植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある。
 殺すのに時があり、いやすのに時がある。

くずすのに時があり、建てるのに時がある。
 泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。

嘆くのに時があり、踊るのに時がある。
石を投げ捨てるのに時があり、石を集めるのに時がある。

抱擁するのに時があり、抱擁をやめるのに時がある。
 捜すのに時があり、失うのに時がある。

保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。
 引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。

黙っているのに時があり、話をするのに時がある。
 愛するのに時があり、憎むのに時がある。

戦うのに時があり、和睦するのに時がある。
働く者は労苦して何の益を得よう。
私は神が人の子らに与えて労苦させる仕事を見た。

神のなさることは、すべて時にかなって美しい。
神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。
しかし、人は、神が行なわれるみわざを、

初めから終わりまで見きわめることができない。

伝道者の書3章~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

忘れないでください、あなたは神の手の中にいるということを。

そして、あなたが苦悩の中でもっとも苦しんでいるまさにそのとき、

神のまなざしがあなたに注がれているということを。

あなたは、神にとってかけがえのない者だということを。

マザーテレサ

 

Rubyが入院して今日で6日目です。

 

動物病院は木曜日が休診。

10月の第一日曜日は臨時休診。

火曜日に面会に行ったら、診療時間が午前も夜も30分短縮になっていました。先生は休む間もなく動物たちを診ておられます。

 

水曜日に面会に行ったとき、わたしが一番恐れていたことを告げられました。

 

「猫エイズにかかっています。

エイズは治りません。」

 

見せられた検査結果は陽性でした。

 

「このまま入院させますか?連れて帰りますか?」

 

わたしはどう返事をすれば良いかわからずにいました。

先生は、

「明日はお休みですが、わたしはいますから。

呼吸は戻っていますし、肺も陰が映っているから、金曜日に一度仮退院も可能です。」

 

そう言ってRubyを預かってくださいました。

 

Rubyは1ヶ月にもなっていない時に、

飛行機に乗って来た迷子猫として我が家で預かった猫です。

自分でPCに名前を打っていた不思議な猫さん。

 

「家の中だけですし、感染経路はありませんが・・・。」

 

先生は、性別もわからない時期に無料で診察してくださったことを想い出されて、

「もう10年近く経ったのですね。

エイズはお母さんからです。」

と言われました。

 

Rubyが生後1ヶ月も経たない間に?

お母さんの胎内?

罪なき所から、9年以上も経って現れた?

 

いいえ、Rubyが検査をしたのは初めてでした。

 

Rubyにはわかっていたことがあったのかも?

これまでの9年間に不思議なことがあまりにも多くありました。

 

「とにかく、最善を尽くします。少しでも元気になって欲しいですから」

 

先生に委ねて帰りました。

 

昨夜、診療が終わる頃が一番早くRubyに会えるので、

19時半過ぎに病院に行きました。

わたしが最後でした。

 

ドアを開けると、先生が、

「よくないです。」

と言って、レントゲンに映ったRubyの肺の写真を見せてくださいました。

入院した時のものとほぼ同じ。

 

診察台に乗せられていたRubyの呼吸がまた早くなっていました。

そっとなでながら祈りました。

わたしの手に頭を乗せて悲しげにしているRuby.

 

「どうしますか?連れて帰っても良いですけど・・・。」

 

わたしは、娘も心配していることを伝えました。

すると、先生は、

「お嬢さんにも、後悔するよりは、帰っていただく方が良いでしょう。帰ってきて良くなっていけば、それは一番良いことですからね」と。

 

連れて帰るべきなのか

預けて診て戴くべきなのか

判断がつきませんでした。

素人ではなにもできませんので、預けるしかありません。

 

礼拝が一番好きなRuby.

頑張ろうね!!

帰ってきたらいっぱいいっぱい賛美をしましょうね。

 

いま、Rubyを通して救われた多くの人たちが祈ってくれています。

教会にも祈りのリクエストを出しました。

祈りの柱は大きく天に伸びています。

 

娘夫婦も今日帰って来ると連絡が入りました。

妹も来てくれます。

祈り手がいっぱい。

 

2人3人がわたしの名によって集まるところにわたしもいる。

イエス様の言葉が響いてきます。

 

毎朝、永遠の朝♪を手を取って一緒に賛美してきたRuby

永遠の世界から、

主のいやしが成りますように。

 

♪おはよう

 おはよう

 朝だ 朝だ

 永遠の朝

 主をほめよ

 ほめよ

 主をほめよ

 

アレル アレル アレルヤ

アレルヤ アレルヤ アレルヤ

 

Name Jesus,Amen.

 

 

礼拝するときは礼服にゃん

大阪のために

地球の平和のために

毎朝祈っています。

賛美が地球を覆いますように。ニャーメン

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ただいま~

家に帰ってくると、

いつも迎えに出てくるRubyの姿がありません。

 

天と地の差。

光と影。

家族って本当に大切な存在です。

 

昨夜、Rubyがはじめて入院しました。

夏の熱中症以来、ずっと頑張って9歳の夏を乗り越えてきました。

娘夫婦が大きなエアコンに買い換えてくれて

温度も最適に過ごせて感謝していました。

この数日、いつものような食欲がなく、

呼吸が苦しくなっているようで、気になって病院に連れて行きました。

Rubyのおなかに耳をあてると、

何かがおなかに住んでるかのように、

ヒューヒューと聞こえていました。

 

第4日曜日は自宅で礼拝。

礼拝ではとても元気にしていました。

聖餐式のパンも食べてジュースも飲みました。

主のお身体と血潮をいただき喜んでいました。

いやされたんだよね。

そう思いながら感謝していました。

けれど・・・

呼吸をする時、

肩で息をしているように見えました。

Rubyが我が家に来たときからずっとお世話になっている動物病院では、先生が心配してくださり、

すぐにレントゲンと血液検査をしていただきました。

診察して戴くと、

「レントゲンに心臓が映っていません」と。

映像に映るはずの心臓を何かが覆っているとのこと。

胸水がたまっていて危険な状態と言われました。

先生はすぐに処置をしてくださいました。

原因追及より、まず助けましょう。

先生はいつも優しくて、愛のあるかた。

Rubyも安心して委ねています。

 

留守番をしているひとりの時間、

なにが起きているのかわかりません。

いつも、何かわからないことが起きるRuby.

入院した方が安心だと思って、

先生に委ねて帰ってきました。

 

Rubyはいつも、私と距離を置く猫さんです。

何かあったときのため?

 

わたしは東京に行く予定でしたが、

当然ながらキャンセル。

 

愛する主よ、

小さな小さなRubyのいのちをお守りください。

永遠のいのちを与えられていることを信じています。

天に帰ったチャラやノンタンたちも、

みんなが助けに来ていると信じて祈ります。

今のことの時も感謝します。

 

苦しみの時、辛い時にも、

一緒にいてくださる主に祈ります。

NameJesus,Amen.

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

猫にも犬にも健康的に生きる権利があります。

 

悪質な業者からも守れるようにペットフード安全法と言う法律が制定されましたが、

まだまだおかしなフードが出回っています。

規制されていない化学物質も多くあります。

 

法の抜け道をすり抜けてでも儲けようとする業者に、

天からの光が当てられ、

愛とまごころを持った業者に変えられますように。

 

環境省のサイトです。

 

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_law.html

 

 

人間が食べられるペットフードって言ってるけど、

気にしないで食べる人間のことなら、意味がないニャン

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
15日の日曜日、
近所の団地には桜が満開でした。
大きな鳥が、まるで神さまを賛美しているかのように桜の木の上で遊んでいました。





我が家のベランダにも、ヒアシンスが開花してきて
甘い香りを放ってくれています。


今年のイースターは4月5日です。
イースターが近付いているので
木々や花や鳥や
自然界の被造物は待ち遠しい思いで主を賛美をしています。


人間が造った神は八百万と言われるほど多くあります。
人間を作られた神は、唯一、GODのみです。

だから、
いやしを祈る時、
信じて感謝して
イエスさまのお名前を使うと
無条件でいやされるのです。

イースターは
十字架の購いが完成している事実を知る時です。


すべての被造物と調和する時
本当のしあわせ、
生きる喜びが訪れます。

薬害や化学物質の害で
苦しむ人たちに
電磁波過敏症
化学物質過敏症の方たちにも
また、
薬品漬けにされている方達、
精神障害を受けている多くの方に
病で苦しむ人たちに
主のいやしが届きますように。




”今までは、あなたがたはわたしの名によって求めたことはなかった。
求めなさい、そうすれば、与えられるであろう。
そして、あなたがたの喜びが満ちあふれるであろう。( ヨハネ16:24)”



”わたしは主、あなたをいやす者である。
(出エジプト記15:26)”
















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
猫虐待容疑で男逮捕、警視庁 45匹の死骸、関連捜査

猫の首を絞めるなどして傷つけたとして、
警視庁保安課は18日、会社員の久保木信也容疑者(33)=東京都大田区蒲田1=を動物愛護法違反の疑いで逮捕した。
「ストレスのはけ口だった」と供述しているという。

 同区内では今年4月以降、計45匹の猫の死骸が見つかっている。同容疑者はキャットフードに農薬を混ぜるなどして公園に置いたと供述しており、同課は関連を調べる。

 逮捕容疑は18日午前2時半ごろ、大田区大森西の駐車場で猫の首を絞めたり路面にたたきつけたりして傷つけた疑い。日経NP 20140919~  



ストレスのはけ口で命がもてあそばれる時代。

アメリカの刑務所で、安全な食べ物と添加物一杯の食べ物で受刑者が実験された際、
後者はイライラ、ストレスだらけで、
争いも多かったと言う報告がされていたことを思い出します。

自己中心の表れではありますが、
こんな社会にしてしまったメーカー、業者、行政の責任は問われないのでしょうか?

知らないで食べているもの
使っている生活習慣のもので
この人の人格ができてしまったことも
一因していると思わずにいられません。

義人は一人もいない
と、イエスさまは言われました。

犯人が捕まってよかった。
もうこんな悲劇がおこりませんように
祈ります。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。