皆さんこんばんは!




前回は
『しんた会津若松へ行く~前編~』
お墓、自刃の地、宇賀神堂、さざえ堂、記念館に行った事を書きました。






そして今回は
『しんた会津若松へ行く~後編~』です。






お土産を買ってとりあえずご飯を食べることにした安西親子。




お店を探していると、とても気になる看板を発見。




『民芸処 番匠』さん。



このお店は(赤べこ)作りが出来るらしく!




あっ!


ちなみに赤べこは、福を呼んだり、災難をさけたり、願い事を叶えたりと縁起物のお守りとして有名です!





これはやりたい!!






よし入ろう!!!笑っ





絵が得意な僕としては凄く嬉しい体験だー♪(笑)





お絵かき中。。。





んー!






んー!!!






できた!!!







どうですか?





ちなみに。


左が僕。(真ん中は見本で、右が母。)



ちなみに僕の赤べこは
どんなときでも守ってくれるダンディな赤べこさんです。






赤べこを描き終わり、お腹が空いたので、『そば処 和田』さんに来ました。



お店に入って席に座ると僕と母は即答で同じものを注文。





親子ですなー♪笑っ












久しぶりにおそばと天ぷらを食べたんですが、やっぱり和食最高ー!!






美味しくいただきました!!






次に鶴ヶ城天守閣に行きました!




中は撮影NGだったので写真はありませんが、



城内は5層になっていて中深い歴史が刻まれていました。



当時の状況・・・。

使っていた、武器や服・・・。





色々なものを見て、聞いて、感じるとその当時の情景が浮かびあがってくるようでした。








次に展望台に行き、鶴ヶ城から飯盛山を見ました。





はっきりと、飯盛山が見えました。





この後約一時間くらい展望台からみえる街を眺めていました。







鶴ヶ城、色々なものが詰まった素敵な場所だった。





次にここ。






今は酒屋さんになっていますが、ここ付近が戊辰戦争終結の地だそうです。





形は変わってしまっているけど、確かにこの場所で終結したのか。。




約150年でこんなに変わるんだ。




改めて、時代の流れを感じました。















最後にバスの時間まで、喫茶店に入り、
ロールケーキと『蔵物語』を注文しました。




美味しくいただきました!!









この後帰りのバスで、会津若松での1日の振り返りをしました。



資料で見るより実際に行って良かった。


勉強になったことも沢山あった。
でもそれ以上に肌で感じるものがあった。


形は変わってしまっているけど、確かにその場所に白虎隊がいた。



それを感じれて良かった。


そして僕は

もののふ白き虎では、飯沼貞吉を演じます。


白虎隊の一人一人のドラマをつむいでいく語り部を担います。



今回勉強したこと感じたことを舞台でも活かして、
飯沼貞吉として、みなさんの心を動かしていけるよう頑張ります。




そしてカンパニー一丸となり、魂を皆様にぶつけていきます。


それを感じ取って頂けたら幸いです。





皆様是非、劇場にいらしてください!



安西慎太郎























コメント(20)