自費出版の経費シュミレーション

してて気づいたのです。


今までは

「最低限、作家さんが使った経費を

回収できること」を

計算していました。


守り系の計算ですね。


ただ、いろいろ計算した中で

「損しない」計算じゃなくて

「得する」計算はできないの?

という疑問が。


せっかく本作る=攻めの姿勢

なわけです。

それを援護する情報はないのか?


印税計算してて

出版社で出したとして

1500円の本で5%印税で

1000部売れたら

手元に入る金額は75,000円。

(有名な方はもう少し割がいいです)


じゃ、単純計算して

30万円自費で出して

1000部作った本で

1500円の売価にしたら

何冊売ったら同じ額儲かるの?


1500円のうち、原価は300円。

つまり、1冊売ったら1200円儲かる。

75,000円儲かるためには

手売り(直接販売)で


なんと

たった「63冊」


売ればいいんです。


いやいやたくさんの人に

見てもらうために作るんだから

同じ1000冊売れないと!

って話もありますね。


1000冊売ったときの差は?


出版社では75,000円の印税。

手売りだったら

1500×1000=1,500,000円の売上。

うち30万は経費ですから

120万円の粗利です。


すごい差なことないですか?


ただ自分で1000冊売るのは大変。


(でも実際、寺地先生、実売数

もうその冊数軽く超えてますから

コンテンツ次第で実現可能です)


そしたら

どっかに委託で預けましょう。

委託料5割で卸したとしても

45万円の粗利です。


いいコンテンツさえ生み出してる人なら

これは、手芸作家さんが

自らビジネスにすることが

できるじゃないですか!


それだけの売り上げが

あげられるなら、


出版社経由で書店売りしてもらって

ビジネス話が舞い込んでくるのを

ただ待つだけじゃなくて


自分で予算が作れるから

自分でやりたい

次の展開を自由に考えることができます。


もちろん、うちで本を作ったなら

中の作品でキット組もうが

教室で教えようが、

中身はご自身の自由にできます。


あら!これ作家さんたちにとって

めっちゃメリットがあるやん!


今のとこ儲けるために本を作る人は

少ないと思うのですが、

本を作ることによって

儲けることができる可能性が

あるわけです。


夢が広がりますよね!


あくまで机上の空論と

言われればそれまでですが、


実際寺地先生はもう実現してるので


他の人にはない

勝負コンテンツを持ってる方は

やれるんですよ!

って実証済み。


今ご相談をいただいているお話を

1つ1つ形にして


夢を実現するお手伝いをしながら

これからそれをもっと証明していきたいと

思います。

楽しみです。


えーっと、でも7.8.9月は

すでにいっぱいなので

新たなお話は

多忙すぎて無理そうです(笑)。

ごめんなさい。




AD