旗 経験者対象【ピックアップコース】はこちらです

            旗 コース入学ご希望の方はこちらです

           旗 最新の受講生一覧はこちらです   

         旗 サロン様用クレンジングシート&ジェルはこちらです 
      
  

         → お問い合わせ&お申し込みはこちらから

                   40歳からの起業 ☆愛される美的サロンの経営学☆


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-05

まつエクにするか、まつパにするか

テーマ:【経営】施術スキル

          

サロンブログ でアップされているまつげエクステとまつげカールの施術写真です  眉の位置に合わせると、向かって左の目の方(まつげエクステ装着)が下がっていますね  向かって右目のまつげカールの方が上下とも目いっぱいまつげを引っ張り出していますので、まつげが長く見えます  幅広並行二重の方はまぶたが重いので、目が下がりやすいんですよね  少し二重を細目にした方が洗練された印象になります  まつげエクステかカールかは、お客様のお好みですので、カウンセリングでお決めいただけます



イエス誕生まつげエクステ対応クレンジングウォッシュはこちらです       


柊2017年Ⅰ期(1月~3月)の単発講座の募集を開始いたしました NEW


イエス誕生1日3名様限定平日昼割のご優待はこちらです NEW  




ナカシマです(ナカジマではありません)




アントスに初めてお越しのお客様は、

「メニューはカウンセリングで相談してから決めたい」

というご希望の方が多いです




一応、HPにも、ブログにも、インスタにも、Facebookにも、

まつげエクステとまつげカールのそれぞれのメリットとデメリットを記載し、

ご来店までにご検討いただけるようにしていますが、

「実際にまつげとまぶたの状態を見てもらってから判断してほしい」

と思われるようです




何度も書いてきましたが、まつげが短く、少ない方はまつげエクステ、

まつげが長く、太く、逆まつげの方はまつげカールがいいです




日本人のまつげはほぼ下がりまつげですが、

エクステでもいろんなカールと技法がありますので、

お客様が想像される以上に、エクステでもちゃんと上がります




ただし、まつげの生え方が下向きだけなら、です




まぶたが覆いかぶさっていて、蒙古ひだがしっかりあって、

そのせいで、まつげが下向き、という方は、

エクステでまつげを上向きにしても、まぶたに押されてしまいます




「まつエクで上向きになった~」と思えるのは、

重度の蒙古ひだ、厚過ぎるまぶた、逆まつげ以外の方です


         


今挙げた方々の中で、剛毛と言っていいような

素敵なまつげをされている方は、まつげカールが絶対にお勧めです




過去の経験から、まつげカールの方が上がりますし、

4~5週間は長持ちします




エクステだとこのような方は早くバラつきが出ますので、

3週間に1度はお越しいただきたく必要が出てきます




あ、逆まつげの方は残念ながら、

危ないのですのでエクステはできません




施術をされるサロンもあるかもしれませんが、

逆まつげはまぶた自体が内向きにまくれ込んでいる状態で、

まつげが角膜方向を向いている、つまり眼瞼内反ですから、

エクステをつけて生活をするのは非常に危険です




下がりまつげと逆まつげは全く違います




まつげカールメニューがなく(地方公共団体によっては、

まつげカールができない場合があります)、

まつげエクステだけのサロンだと逆まつげ自体、見たことがないと思います




逆まつげだと思っていたのは、だいたい、ただの下がりまつげです

逆まつげは、眼科で手術が必要な状態と思っていただければいいでしょうか




常にまつげによるまぶたへの痛みを伴う状態で、

日常生活に支障がある状態です


         


このようなお客様がまつげに何かおしゃれをしたい場合は、

エクステではなく、まつげカールになります




まつげカールをかけると、視界の広さに驚かれ、

過去のエクステ装着のときと比較して、軽さにも大変驚かれます




そりゃそうですよね~、自まつげだけですから^^




さらに、まばたきをしても痛みがないし、

下まつげが下に向かっていいるので、

「念願のマスカラが塗れる!」と大変喜んでいただけます




手術をしようか悩んでいらっしゃる方が多く、

「保険適用で二重の手術ができるんだったら、

手術したらいいんじゃないの?」というものではないんですよね|д゚)




コンプレックスというより、手術が必要なくらいのまつげが、

チャームポイントになった瞬間の表情と、

鏡をご覧になったときの「はっ!」という思わず漏れたお客様の声を聞くと、

何百回、何千回聞いても、ニヤリとしてしまいます




逆もあります




どうして、まつげカールなのかな~

エクステの方が似合うのに。。。

というお客様もいらっしゃいます




「細くて短いまつげ、まぶたも薄め、の場合、

エクステでまつげを濃く仕上げる方が絶対可愛くなるのに~」

と思ってしまうのですが、来店頻度の問題や目をこするなどの生活習慣などから、

エクステを選ばれないお客様もいらっしゃるんですよね




最終的にはお客様の判断になりますので、

お客様が選ばれた方で力を振り絞るだけです^^





【関連記事】

宝石白まつげカールで失敗する原因

宝石白幅広二重さんに似合うまつエクデザイン

宝石白ボリュームラッシュでまつげの分布を変える

宝石白自店らしいボリュームラッシュを創る



゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


現在募集中のグループレッスンは以下の通りです♪

ご興味があればどうぞ~♡

まつげエクステ 施術 画像 綺麗



ueyajirusi☆☆1月12日(木)

①12:30~15:00(2時間30分)

【まつげフォト講座】 32400円 残1NEW

HPやブログ、インスタなどによる集客が当たり前の時代になり、リアルで洗練度の高いまつげエクステの施術写真は欠かせなくなりました  せっかく高い技術力やデザイン力があったとしても、効果的な見せ方が分からなければ、それらの価値は半減します  サロンに置くまつげエクステの見本帳はもちろん、デザイン比較表は専門知識の乏しいお客様にとって必要なアイテムです  プロのカメラマンや高いデジタル一眼レフなどは必要ありません  当サロンでもまつげフォトはコンパクトデジタルカメラで撮影しております  数あるコンパクトデジタルカメラの機能の中から、まつげフォトに必要な操作方法を効率よくピックアップし、簡単で精度の高い写真が撮れるように導きます  また、自然光の乏しいサロン内でも美しい施術写真を撮るための秘訣やPCが苦手な方でも簡単にできる画像処理のしかたを指導いたします  ただ美しいだけの施術写真ではなく、売れる施術写真がスタッフレベルで撮れるようになります


関連記事】

宝石白お客様の施術写真が最強の販促写真になる理由 ~昨日の授業より(2016.6.17)~

宝石白一重まぶたさんが可愛く撮れるようになったら合格 ~昨日の授業より(2016.4.14)~

宝石白リアルな施術写真は口コミより強力だったりするのです ~昨日の授業より(2016.4.7)~

宝石白モデルよりリアルなお客様の施術写真に軍配が上がる理由 ~昨日の授業より(2016.2.10)~


゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



2017年第1期(1~3月)のレッスン募集開始です


旗受講生一覧はこちらからです


旗1日完結の【プロチェックコース】はこちらです


旗未経験者の方も、経験者の方もコース入学希望の方はこちらです


旗講座一覧

【まつげ上下カール講座】 150000円/4時間

【上まつげブラッシュアップ講座】 40000円/3時間

【下まつげ講座】 30000円/3時間

【まつげデザイン講座】 30000円/2時間

【まつげデザイン応用講座】 30000円/2時間

【サロンワークで使えるまつげ知識講座】 30000円/2時間

【まつげフォト講座】 30000円/2時間30分

【サロンフォト講座】 30000円/2時間30分

【単価&リピート率アップのためのカウンセリング講座】 30000円/2時間30分

【小さなサロンのブランディング講座】 30000円/2時間

【集客できるサロンブログの作り方講座】 30000円/2時間30分

【できる女性スタッフを育てるシステム構築講座】 30000円/2時間30分

【集客できるスクールのシステム構築講座】 30000円/2時間30分 


旗上記の価格と時間はグループレッスンの場合です  

    個別の場合は1講座40000円(2時間)となります


※ 表示価格は全て税別です



 

       お問合せ&お申し込みはこちら      

      マウス         マウス         マウス





 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>