夜のお菓子

テーマ:
1143

「夜のお菓子」と言う、意味深なキャッチフレーズで、
 全国に親しまれている銘菓「うなぎパイ」。

このたび、国内の深刻なバター不足により、
 製造元である「春華堂」が、涙を飲んで、
  「うなぎパイ」の値上げを表明。

うなぎパイの主原料では、 
 バターだったンですね。

こンなところにも、
 バター不足の弊害があったなンて・・。

ちょっと悲しい・・。

うなぎパイは、社員旅行や出張で、
 浜松へ行く度に、おみやげで買い求めていました。

昭和36年に、静岡県浜松市の小さな和菓子店、
 「春華堂」の菓子職人 木村正さん(65歳)が、
   浜松の名産物であるウナギを象った、
    お菓子を作ろうということでスタートしました。

蒲焼き型の串刺しにしたり、四苦八苦しながら、
「く」の字に折れ曲がった現在の形に改良されて、
  売り出された途端、巷で大好評!。
   
砂糖の甘さと、バターの風味が相まって、
 さらに、ニンニクとウナギのエキスで元気になり、
  夏バテ解消という効果もあってか、
   飛ぶように売れたそうです。

何しろ、あまりの美味しさに、
 営業で配る試食品が無くなってしまう程、
  好評だったとか・・。

『夜のお菓子』という、
 妖し気なキャッチフレーズの由縁も、
  うなぎパイ7個で、蒲焼き100グラム分の、
   ビタミンに相当するくらい、元気になるコトから、
    そう付けられているのかと思ってましたら、

『家族だんらんのひと時を、
  うなぎパイを食べて過ごしてほしい』という、
   願いが込められてつけられた「うなぎパイ」が、
    浜松の温泉街や、繁華街のおみやげとして、
     売られるようになってから、

「家族だんらん」=「夜のお菓子」となり、
  精力増進のウナギと結びついて、      
   キャッチフレーズだけが、
    一人歩きしてしてしまったンですね。

AD