雪の音

テーマ:
true-1425

昨日は、東京都心にも、雪が降り積もり、
 交通機関に影響を及ぼすかと思いきや、
  翌日には、路面凍結することもなく、
   見事に、肩すかしの降雪でした。

北国出身の人には、
 「こンなン、雪のウチに入らねぇ~!」
   と言われそうですが、
    南国育ちの私としては、
     何か寂しい・・。

雪と言えば、シンセサイザーの巨匠、
 冨田勲さんの逸話に、こンなのがありました。

true-1426

『月の光』、『惑星』など、多重録音や、
 サンプリングの手法で、
  ユニークな音の作曲をする冨田さん。

ある時、雪が深々(しんしん)と、
 降り積もるイメージの音を作ろうと、
  小雪が降る寒空の下、
   集音マイクで録音したところ、
    単なるノイズにしか聞こえなかったとか。

レベルを調整したり、
 フィルターをかけたりしたところ、
  やはり、雑音にしか聞こえなかったモノの、
 
暫く聞いていると、
 雨戸を隔て降る、雪の気配が、
  微かに感じられたそうです。

true-1427

雪は、大気中の塵を核として、
 水蒸気が凍結し、結晶化するので、
  結晶と結晶との隙間には、
   空気が詰まっています。

その空気が周りの音を吸収するので、
 雪の降り積もった日は、
  とても静かなンです。

true-1428

また、雪は、大気中のゴミや、
 臭いまでも吸着するので、
  いつもと違って、
   雪化粧された町並みの風景は、
    荘厳でキリッと引き締まって見えます。

白銀の世界とは、
 良く言った物ですね。

true-1424

AD