ゴジラ

テーマ:
1328

昭和29年(1954年)の11月3日は、
 「ゴジラ」が封切りされ、
   まさにゴジラが産声をあげた日。

ハリウッドまで出稼ぎに言った程、
 全世界で暴れ回る、世代を超えたキャラクター。

それまでの特撮映画は、
 ミニチュア人形をコマ撮りする、
  どこかチョコマカした動きだったのに対して、
   日本のゴジラは、ゴツゴツした着ぐるみを、
    人が着て演技をするので、重厚感があり、
     また、下から煽って撮影するので、
      ホントに怖い!。

あの有名なゴジラの鳴き声も、
 誰も聴いた事の無い雄叫びを作ろうと、
  革手袋に松ヤニを着け、
   楽器(コントラバス)を鳴らした音を録音し、
    ゆっくりスピードを調整しながら、
     テープを逆回転して再生した音だそうです。

核兵器実験のために巨大化したという、
 獰猛で不気味、かつ、哀愁のある、
  何とも言えない、魂の叫びなンですね!。

「ゴジラ」という名前の由来は、
 スタッフの中に、当時は容易く食べられた、
  「クジラ肉」が大好物で、
   「ゴリラ」によく似ていた人の、
    あだ名をもらって、
     強そうな「ゴリラ」と「クジラ」を合わせ、
      かつ、何処か憎めない、
       誰からも好かれる愛嬌も入れて、
       「ゴジラ」と命名したそうです。



スティーブン・セガールをはじめ、
 多くのハリウッドスターや、
  映画関係者が支持する、
   様々なエンターテイメントの、
    要素を含んだ「ゴジラ」。

因みに、特撮監督の円谷英二は、
 あの、街角によくある証明写真、
 「自動スピード写真ボックス」の発明者!。

AD