ミロのヴィーナス

テーマ:
試験に出ない!-1780


今日4月8日は、1820年、
 エーゲ海に浮かぶ、ギリシャのミロス島で、
  農作業中の農夫が、地中に埋まっていた、
   ヴィーナス像を発掘した日。

発見された地名から、
 「ミロのヴィーナス」と名付けられたその象は、
   紀元前4世紀頃のものとされ、
    発掘した当時から、
     すでに両腕は無かったそうです。

研究者からは、
 「リンゴを持っていたのではないか」とか、
  「横にもうひとりの人物がいて、
    その人に手を差し伸べている」とか、
     はたまた「最初から腕が無かった」、
      という珍説もある程、
       時空を越える、ミステリアスな美しさ!。

試験に出ない!-1779
       
因みに、ミロのヴィーナスのプロポーションは、
 推定 バスト 94cm
   ウェスト 66cm
    ヒップ 97cm
     体重 約60㎏ だそうです。
 
また、ミロのヴィーナスには、
 妊娠線が確認され、出産経験のある女性が、
  モデルだという説もあるそうです。

AD