いい人そうな芸能人 ブログネタ:いい人そうな芸能人 参加中
本文はここから







いい人そうな芸能人といえば、
 阿部サダヲ さんですね。

極悪人の役が、イメージ出来ない。

阿部さんが、主役と言っても良い、
 ハートフルなこの映画。


『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』

銀行員なのに、融資している会社が、
 不幸になって、悲惨な現場を垣間見るにつれ、
  お金の怖さが身に染みて、
   アレルギーになり、

 「何も売らない」「何も買わない」という、
   お金を一銭も使わない生活を試みるのために、
     東北地方の“かむろば村“に移住するタケ
      (松田龍平)。

東北の寒さと田舎生活のキビシさを知らない、
 ヒクソン・グレーシーに挑む、
  Mrオクレの様な、身の程知らずのそのタケを、

「田舎なめとんのか~」とか、
 「死んでも知らんぞ~」とか言いながら、
   とにかく世話を焼きまくるいい人の天野村長(阿部サダヲ)!。


村で起きる神懸かりな不思議な現象や、
 ヤクザ、村会議員の陰謀やら、
  曲者だらけの住民に囲まれて、
   タケの新生活は成功するのか?

監督・脚本・本作の俳優までこなすのは、
 俳優から小説家まで幅広く活躍する、
  松尾スズキの3本目の長編映画監督作。

原作は、漫画家
 いがらしみきおの漫画『かむろば村へ』が原作。

都会から限界村一歩手前の寒村にやってきた青年が、
 クセの強いシタタかな住人に囲まれながら、
  おカネを一切使わない生活を目指す、
   奇想天外なドラマ。

主演の松田龍平の壊れっぷりと、
 「アウトレイジ」ばりの西田敏行の快演。

モロ師岡の、怖い笑顔!。

”れでぃご~”の印象を覆す、
 松たか子のエロさ。


面白すぎて、切なくて、
 重くて、お金が絡んでくるテーマなので、
  現実味を帯びてくるのに、笑えてしんみり来ます。

阿部サダヲのキャラが、
 凄味があって、厳しさの中に、
  優しさと愛が煌めいて、かなり飲み込まれました。

タケを見守る表情とか、
本質的に良い人でなくては、こなせない演技だと思います。

ほのぼのとした田舎でも、
 ドロドロとした政治の圧力や、
  お金に関わる醜い欲や、闇の部分があったり、
   バイオレンスが垣間見れて、
    それでも、みんな生きていることが、
 
 ロハスや、単なるファンタジーでもなく、
  何処にでも起こりうる、日常で、
   リア充に奮起して行く成年の物語。

とにかく、芸達者で個性的な登場人物と、
 地元の爺ちゃん婆ちゃんの、
  エキストラの演技を観ているだけで、
   ここに住んでみたい!、
    
   と思わせるくらい、良い雰囲気の映画です。
ぼのぼの人生相談 [ いがらしみきお ]

¥1,620
楽天

かむろば村へ(上)〔新装版〕 [ いがらしみきお ]

¥859
楽天

AD